バロウ&カスターニュ弾で逃げ切ったアタランタが暫定3位に浮上!《セリエA》2019.05.12 00:01 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アタランタは11日、セリエA第36節でジェノアと対戦し、2-1で勝利した。公式戦4連勝中の4位アタランタが、残留争い中の16位ジェノアをホームに迎えた一戦。前節チャンピオンズリーグ(CL)出場権争うラツィオとの上位対決を逆転勝利で飾ったアタランタは、その試合の先発から出場停止のアレハンドロ・ゴメスとアンドレア・マジエッロに代えてパシャリッチとゴセンズを起用した。

立ち上がりからボールを支配するアタランタは、8分に決定機。パシャリッチのスルーパスでボックス右から侵入したカスターニュがシュート。これはGKラドゥに弾かれたが、こぼれ球をゴセンズがゴール左隅へ流し込んだ。

このゴールでアタランタの先制かと思われたが、カスターニュのシュートを相手GKが弾いた際にD・サパタがオフサイドの判定となり、このゴールは取り消された。

さらにアタランタは、18分にもデ・ルーンのロングパスから相手DFの裏に抜け出したD・サパタがゴールネットを揺らしたが、これもわずかにオフサイドを取られゴールとはならない。

今節の結果次第でセリエA残留の決まるジェノアは30分、ベッサの右クロスをファーサイドのヴェローゾがヘディングシュート。しかし、これは相手DFに当たり枠を外れる。さらに44分には、バイタルエリア手前からヴェローゾがロングシュートを放ったがが、これはGKゴッリーニのセーブに阻まれた。

ゴールレスで迎えた後半、アタランタはパシャリッチを下げてバロウを投入。すると46分、デ・ルーンのロングフィードから相手DFの裏に抜け出したバロウがボックス内まで持ち上がりシュート。このシュートはGKラドゥが弾いたが、ボールはゴールに吸い込まれた。

先制点で勢いづくアタランタは、53分にもスルーパスで左サイド深くまで抜け出したゴセンズの折り返しをボックス左で受けたディムスティが相手GKとDFの間にクロスを入れると、ゴール前に抜け出したカスターニュがワンタッチで流し込み、追加点を奪った。

2点をリードしたアタランタだが、63分にアクシデント。腰を痛めたバロウがピッチに座り込み、そのままペッシーナとの交代を強いられた。

2点を追うジェノアは、83分にチャンス。クリーシトの左クロスをゴール前で合わせたロメロのヘディングシュートが枠を捉えたが、これはGKゴッリーニが好セーブ。

それでもジェノアは89分、ベッサのスルーパスに抜け出したロメロがボックス右からヒールパスで折り返すと、これをパンデフが流し込み、1点を返した。

1点差に詰められたアタランタは、89分にイリチッチを下げてイバニェスを投入し試合を締めにかかる。結局、試合はそのまま2-1で終了。バロウとカスターニュのゴールで逃げ切ったアタランタが、インテルをかわし暫定3位に浮上した。
コメント
関連ニュース
thumb

四つ巴でCL出場権を争うセリエAも残り1節!各クラブの獲得条件は?

セリエAも残すところあと1節となり、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権争いが混沌としている。 18日、19日とセリエA第37節が開催(20日に1試合開催)された。すでに優勝を決めているユベントスと対戦したアタランタは、1-1のドロー。2位のナポリと対戦した3位インテルは4-1で敗戦。6位のローマはアウェイでサッスオーロどゴールレスドロー、5位のミランはホームで2-0とフロジノーネに勝利した。 この結果、アタランタとインテルが勝ち点66で並び、ミランが勝ち点65、ローマが勝ち点63に。セリエAは勝ち点で並んだ場合、得失点差や総得点ではなく、当該チーム間の成績が優先されるため、順位決定がわかりづらい状況となる。 すでにユベントス、ナポリの順位は確定しているものの、3位と4位はまだ確定しておらず、最終節に全てが決定することとなる。 クラブ史上初のチャンピオンズリーグ出場を目指す3位のアタランタは、10位のサッスオーロと対戦。4位のインテルは17位のエンポリと対戦する。また、5位のミランは11位のSPALと、6位のローマは12位のパルマと最終節で対戦する。 ローマに関しては、勝ち点差が離れている上に得失点差も離れているため、勝利が絶対条件な上で、他3チームの結果が重要となり、全ての条件が揃うのは厳しい状況だ。 また、カギを握りそうなのはインテルか。対戦相手のエンポリは、残留ラインギリギリの17位。自動降格となる18位のジェノアとは勝ち点差「1」のため、自力で残留を掴むために最終節への意気込みは強いはずだ。ちなみに、ジェノアは15位のフィオレンティーナと対戦する。 4チームが争う来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権争い。最終節は来週末に行われる。 ◆各クラブのCL出場権獲得条件 3位:アタランタ(vsサッスオーロ) 【勝利】 ・無条件 【引き分け】 ・インテルまたはミランが引き分け以下 【負け】 ・ミラン&ローマが引き分け以下 4位:インテル(vsエンポリ) 【勝利】 ・無条件 【引き分け】 ・ミランが引き分け以下 【負け】 ・ミランが引き分け以下 ・1-0で敗れた場合、ミランが負け&ローマが4点差以下で勝利 5位:ミラン(vsSPAL) 【勝利】 ・アタランタまたはインテルが引き分け以下 【引き分け】 ・アタランタ&インテルが負け、ローマが勝利 ・アタランタが負け&インテルが引き分け以上 6位:ローマ(vsパルマ) 【勝利】 ・5点差以上での勝利&インテルが1-0で敗戦、アタランタが引き分け以上、ミランが敗戦 ・アタランタ&インテル&ミランが敗戦 ちなみに、今シーズンの対戦成績を整理しておく。最大4チームが勝ち点66で並ぶ可能性があるため、その場合は下記が参考となる。 3位:アタランタ(勝ち点66) 【vsインテル】1勝1分け 【vsミラン】1分け1敗 【vsローマ】2分け 4位:インテル(勝ち点66) 【vsアタランタ】1分け1敗 【vsミラン】2勝 【vsローマ】2分け 5位:ミラン(勝ち点65) 【vsアタランタ】1勝1分け 【vsインテル】2敗 【vsローマ】1勝1分け 6位:ローマ(勝ち点63) 【vsアタランタ】2分け 【vsインテル】2分け 【vsミラン】1分け1敗 当該チーム間の成績が加味されるのは、前述の通り勝ち点で並んだ場合。この場合、勝ち点で並ぶ可能性があるのは、アタランタとインテルの勝ち点「69」、「67」、アタランタ、インテル、ミラン、ローマのいずれかが並ぶ勝ち点「66」の2パターンだ。勝ち点「69」、「67」の場合は、現状通りアタランタがインテルを上回ることとなる。この場合は来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権に関わるのは最大で1チーム。インテルが5位となる。 問題は「66」で並んだ場合だ。最大4チームが並ぶ可能性があるパターンだが、4チーム並んだ場合でトップに立つのは勝ち点9のインテル。続いて、ミランの勝ち点8、アタランタの勝ち点7、ローマの勝ち点5の順だ。 インテル、ミラン、ローマが並んだ場合でもインテルが勝ち点8でトップ、続いてミランの勝ち点4、ローマの勝ち点3だ。 アタランタ、ミラン、ローマが並んだ場合は、ミランが勝ち点8でトップ、アタランタとローマが勝ち点3。アタランタとローマは2試合ともドローのため、得失点差で上回るアタランタが上位となる。 アタランタとインテルが勝利してしまえばそれまでだが、どちらかが勝利しなかった場合には、色々な条件が絡んでくる。5大リーグで最も遅くシーズンが終わるセリエAの最終節からも目が離せない。 2019.05.20 11:50 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタが王者ユーベにドローで3位浮上! クラブ史上初のCL出場に王手!《セリエA》

セリエA第37節、ユベントスvsアタランタが19日に行われ、1-1で引き分けた。 A・ゴメスら主力3選手を出場停止で欠きながらもジェノアを退けた4位アタランタは、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位を死守。しかし、4日前に行われたラツィオとのコッパ・イタリア決勝では0-2と敗れて56年ぶりのタイトル獲得はならなかった。そのラツィオ戦のスタメンからパロミーノに代えてゴセンズのみを変更した。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=13kpcrsz4t98t1v0vzwnhwc8fd" async></script> </div> 個人セリエA5連覇を果たしたアッレグリ監督の退任が決まったホーム最終戦の王者ユベントスに対し、開始1分にC・ロナウドに決定機を許したアタランタは、圧力を受ける入りとなる。 そんな中7分、フロイラーが枠内シュートを浴びせたアタランタは直後に決定機。左CKからクアドラードのクリアボールが自陣ゴールに向かったが、GKシュチェスニーのセーブに阻まれた。 その後もショートカウンターを狙うアタランタが流れを引き寄せる中、28分にも先制のチャンス。D・サパタが単騎突破でボックス中央に侵入。枠の右を狙ったシュートはわずかに枠の右に外れた。 それでも33分、アタランタが先制する。右CKからニアサイドのマジエッロが頭で逸らすと、ファーサイドのイリチッチが押し込んだ。ハーフタイムにかけてもアタランタが主導権を握ったまま前半を1点のリードで終えた。 後半からアレックス・サンドロに代えてベルナルデスキを投入したユベントスは、クアドラードを右サイドバックに、カンセロを左サイドバックに回した。 そのユベントスが押し込む展開とするも、シュートには持ち込めない。そんな中61分に今季をもって引退するバルザーリに代えてマンジュキッチを投入した。 自陣に引いて逃げ切りを図るアタランタは71分、イリチッチのFKで追加点に迫るも、80分に同点とされる。 右サイドからのクアドラードのクロスをファーサイドのマンジュキッチが右足アウトに当ててのボレーシュートでゴールに流し込んだ。 その後、ケアンを投入して逆転を目指してきたユベントスを、アタランタが凌いで1-1で試合終了。勝ち点1を積み上げたアタランタが、同時刻の試合でナポリに敗れたインテルに勝ち点で並び、当該対決で上回っているため3位に浮上した。 最終節、アタランタはクラブ史上初のCL出場権獲得を懸けてサッスオーロとホームで対戦する。 2019.05.20 05:27 Mon
twitterfacebook
thumb

【セリエA第37節プレビュー】残り2試合! 4位アタランタはユーベと、3位インテルはナポリと対戦!

前節は3位インテル(勝ち点66)、4位アタランタ(勝ち点65)、5位ミラン(勝ち点62)、6位ローマ(勝ち点62)のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う4チームが揃って勝利した。残り2試合となって迎える第37節、勝利すればCL出場権獲得が決まるインテルは2位ナポリ(勝ち点76)と、クラブ史上初のCL出場へあと一歩のアタランタは王者ユベントスと、それぞれ日曜の27:30同時開催で行われる。 前節、降格の決まっている最下位キエーボを2-0と退け、4試合ぶりの勝利を飾って3位を死守したインテル。苦しみながらもナポリに勝利すればCL出場が決まる状況に持ち込んだ中、ホーム最終戦以外にモチベーションのないナポリを下して、最終節エンポリ戦を前にCL出場を決められるか。降格圏に位置するエンポリは最終節、残留の望みを懸けて死に物狂いでぶつかってくることが予想されるだけに、インテルとしてはナポリ戦でCL出場を決めたいところだ。 そして、A・ゴメスら主力3選手を出場停止で欠きながらもジェノアを退けたアタランタは、ユベントスとのアウェイ戦に臨む。水曜に行われたラツィオとのコッパ・イタリア決勝では0-2と敗れて56年ぶりのタイトル獲得はならなかった。気持ちを切り替え、ホーム最終戦のユベントスを下し、4位の座を死守できるか。 後半の攻勢を凌ぎ、フィオレンティーナに逃げ切り勝利を飾って2連勝としたミランは、降格の決まっている19位フロジノーネとホームで対戦する。ピョンテクの当たりが止まり、停滞感のあるミランだが何とか勝利をもぎ取り、CL出場へ望みを繋いでいる。今節はアタランタがユベントスとの対戦となるだけに勝ち点を落とす可能性がある。ミランとしてはフロジノーネを確実に下し、アタランタにプレッシャーをかけたい。 そしてユベントスを終盤の主将フロレンツィ弾で撃破したローマは、土曜に10位サッスオーロ(勝ち点42)とのアウェイ戦に臨む。アタランタを3ポイント差で追走する中、何のモチベーションもない相手を確実に下し、上位勢にプレッシャーを与えたいところだ。 ◆セリエA第37節 ▽5/18(土) 《22:00》 ウディネーゼ vs SPAL 《25:00》 ジェノア vs カリアリ 《27:30》 サッスオーロ vs ローマ ▽5/19(日) 《19:30》 キエーボ vs サンプドリア 《22:00》 パルマ vs フィオレンティーナ エンポリ vs トリノ 《25:00》 ミラン vs フロジノーネ 《27:30》 ナポリ vs インテル ユベントス vs アタランタ ▽5/20(月) 《27:30》 ラツィオ vs ボローニャ 2019.05.17 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

アタランタ躍進の立役者ガスペリーニがローマの指揮官就任か

アタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督(61)が新シーズン、ローマの指揮官に就任する可能性が高いようだ。イタリア『Radio Radio』が伝えている。 同メディアによればガスペリーニ監督はローマに3年契約、年俸250万ユーロ(約3億円)+ボーナスの条件を要求しているとのことだ。 残り2試合となったセリエAで6位に付けるローマは、シーズン途中に就任したクラウディオ・ラニエリ監督の今季限りでの退任が決まっており、新監督探しに奔走している。 一方、アタランタでの3シーズンで好結果を残しているガスペリーニ監督は今季、チームをコッパ・イタリア準優勝、セリエAではチャンピオンズリーグ出場権争いに導き、現在4位と大健闘のシーズンを戦っている。 2019.05.17 02:40 Fri
twitterfacebook
thumb

56年ぶりの悲願逃したアタランタ指揮官が疑惑の判定に激怒 「スキャンダルだ」

コッパ・イタリア決勝、アタランタvsラツィオが15日にローマのスタディオ・オリンピコで行われ、0-2でラツィオが勝利し6シーズンぶり7度目の優勝を飾った。同試合で1962-63シーズン以来2度目の優勝を逃したアタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が疑惑の判定に激怒した。イタリア『Rai Sport』が伝えている。 10日前にセリエAで対戦した両者による一戦は互いに攻め合う展開も後半終盤まで0-0の状態で推移。しかし、79分にシモーネ・インザーギ監督が最後の交代カードとして投入したMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチの82分のセットプレーからのゴールで均衡を破ったラツィオが、90分にもMFホアキン・コレアのゴールで突き放し、最終的に2-0のスコアで勝利した。 ガスペリーニ監督は試合後、「バランスの取れた試合」と評するなど試合自体が拮抗したものだと認めたが、どうにもこうにも納得がいかなかったのが、前半のラツィオDFバストスの“ハンド疑惑”だ。 この試合の前半半ばにはアタランタのMFマルテン・デ・ルーンがボックス付近でシュートを放った際、ブロックを試みた相手DFバストスの上げていた腕付近にボールが接触。当然、目の前でこれを見ていたデ・ルーンを含めアタランタの選手たちはハンドをアピールしたが、ルカ・バンティ主審やビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)担当からVARによる検証が行われることはなく、ノーファウルの判定に。 判定に救われたラツィオ陣営はこのプレー直前に1枚カードをもらっていたバストスをすぐさまベンチに下げてDFシュテファン・ラドゥを投入する強かな采配も見せていた。 一連の判定に関してガスペリーニ監督は、ライブの状態でハンドを確認していなかったものの、自分たちの選手の反応を受けて、ベンチでリプレー映像を確認し、ハンドを確信していたようだ。 「あんな酷い判定は見たことがない。これは非常に深刻な問題だ。ボールは間違いなくゴール方向に向かい、相手に当たったことでコースが逸れている。私は試合を通じてルカ・バンティのジャッジが好きではなかったが、あの場面は間違いなくVARレビューの案件だ」 「VARが元々なければ、あの判定も理解できる。ただ、VARが存在するうえでの判定だと考えれば不当な出来事だ。そして、この判定はこれまでセリエAで行われてきたすべてのことを完全に変えてしまうものだ。我々にとって受け入れ難い出来事だ」 「我々は敗戦を受け入れるし、ラツィオは非常に良いチームだった。それに試合自体は非常にバランスが取れていた。だが、それだけにあの一件は絶対に容認できない」 「私自身、リプレイを見るまでは判定に怒っていなかった。我々のプレーヤーのアピールに関してもシーズン中によくある光景だと思っていたが、あれは明確なハンドだった」 また、試合後会見でも怒りが収まらないガスペリーニ監督は、今回の出来事がイタリアサッカー界においてVARへの信頼を失わせるものであるとも主張している。 「これはアタランタにとって衝撃的な恥ずべき事件だ。この一件はVARに対する信頼を失わせる類のものだ。同様にイタリアサッカー界にとっても悪い兆候だ」 「都合の良いときだけVARを使うつもりか? あれは間違いなくペナルティでレッドカードに値するものだった。これはスキャンダルだ! なぜあのような事件が起きたのか教えてほしい。正当な説明がほしいよ!」 「主審が確認できなかったことは理解できるが、VAR担当がなぜあの場面を見ていなかったんだ? 考えられることはあの時間帯に停電となり、彼らはモニターを見られなかったのだろう。もしくは、目を閉じて別の方向を眺めていたのだろうね」 「あれはゲームを変えてしまった。試合開始25分で11人と10人になり、ペナルティまで与えられるはずだった。今日スタジアムにはベルガモから2万1000人もの我々のサポーターが来ていた。彼らはその人たちをきっとバカにしているのだろう」 2019.05.16 16:23 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース