名将・カペッロ氏が選出! 自身が指導した選手の“ベストイレブン”2019.05.11 20:40 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
数々の選手を見てきたファビオ・カペッロ氏が、自身が指導した選手の中でベストイレブンを選んでいる。スペイン『マルカ』がイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』を引用して伝えている。1991年7月にミランのトップチームで監督業をスタートさせたカペッロ氏は、レアル・マドリー、ローマ、ユベントス、イングランド代表、ロシア代表などを指揮し、チャンピオンズリーグ(CL)やセリエA、リーガエスパニョーラ制覇と数々のタイトルを獲得。その超リアリスティックな戦術は確実に勝利をもたらし、“優勝請負人”とも称された。

2018年に監督業引退を発表したカペッロ氏だが、そんな名将がこれまで指導してきた選手の中で選ぶベストイレブンは誰なのか。スタメンの11人に加え、1人の交代カードを選出している。

◆カペッロ選出ベストイレブン
GK
ジャンルイジ・ブッフォン
DF
カフー
フランコ・バレージ
パオロ・マルディーニ
ロベルト・カルロス
MF
フェルナンド・レドンド
ルート・フリット
デヤン・サビチェビッチ
FW
マルコ・ファン・バステン
ロナウド
ラウール・ゴンサレス

◆交代カード
フランチェスコ・トッティ
コメント
関連ニュース
thumb

敵でもデ・ロッシは敬意を払うべき男! ラツィオのウルトラスが宿敵に別れのメッセージ

ラツィオのクルヴァ・ノルド(ウルトラス)が、今シーズン限りでローマを退団する元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシに向けて別れのメッセージを送った。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えた。 共に永遠の都ローマに本拠地を置くローマとラツィオのライバル関係はイタリアでも屈指のものだ。その中でローマ生え抜きのデ・ロッシは、過去の“デルビー・デッラ・カピターレ”で幾度となく退場沙汰を起こすなど、ラツィオにとって宿敵とも言えるプレーヤーの筆頭だ。 ラツィオのクルヴァ・ノルドに陣取る熱狂的なサポーターは、人種差別や地域差別、男女差別など、多くの問題を抱えている一方、ローマっ子ならではの粋を大事にすることでも知られる。 ちょうど、2年前に宿敵のFWフランチェスコ・トッティに引退報道が出た際には「生涯の敵、フランチェスコ・トッティに敬意を表する」と、長年戦ってきたジャロロッシのカピターノに粋なメッセージを送っていた。 そして、20日に行われたセリエA第37節、ボローニャ戦ではローマと共同で使用するスタディオ・オリンピコでのホーム最終戦ということもあり、前述のトッティに倣うかのようにデ・ロッシに向けた以下のようなメッセージを掲げた。 「ノルドはデ・ロッシに敬意を表する。お前は誇り高く、常にピッチ上では簡単に屈しない敵だった。(Curva Nord 12)」 デ・ロッシは先日の退団発表会見で、「デルビーやナポリ、ベルガモ、レッジオ・カラブリアでの激しい戦いは僕に生きている実感を与えてくれた。フットボールはライバル意識、サポート、それに対する誠実さを表すものなんだ。スポーツを通じた友人、ライバルを持つことができたことは本当に嬉しいことだし、自分が相手にとってそう認識されたなら嬉しいよ」と、ライバルたちとの関係に関して言及。 また、直近のデルビーでの敗戦時には「相手の方が優れていた」と素直に認めたコメントが、多くのラツィアーレに好意的に受け止められていた。 2019.05.21 17:19 Tue
twitterfacebook
thumb

コッパ王者ラツィオ、ホーム最終戦を勝利で飾れず… 上位相手にドローのボローニャは残留が決定!《セリエA》

セリエA第37節のラツィオvsボローニャが20日に行われ、3-3の引き分けに終わった。 ミッドウィークにコッパ・イタリア決勝でアタランタを撃破し、6年ぶり7度目のコッパ・イタリア制覇を達成したラツィオが、ホームにセリエA残留を目指す14位ボローニャを迎えた一戦。 試合が動いたのは14分、ルーカス・レイバの縦パスをボックス内で受けたコレアが絶妙なターンからシュートを流し込んだ。幸先良く先制したラツィオは、39分にもパロ―ロのパスでゴール前に抜け出したインモービレが決定機を迎えたが、シュートはゴール左に外れた。 ラツィオリードで迎えた後半は、開始早々からアウェイチームが反撃に出る。50分、リャンコのロングスルーパスで左サイドを突破したパラシオがマイナスの折り返しを供給すると、ボックス左でこれを受けたポーリが縦に切り込み、ニアサイドに首都を突き刺した。 さらにボローニャは、52分にもロングパスで右サイド深くまで駆け上がったオルソリーニのクロスをファーサイドのパラシオが頭で折り返すと、最後はゴール前のデストロが流し込み、勝ち越しに成功した。 逆転を許したラツィオは、53分にルイス・フェリペを下げてアルミニを投入。すると59分、左サイドからドリブルで仕掛けたルリッチの折り返しをインモービレが落とすと、ボックス左で受けたバストスがコントロールショットをゴール右隅に突き刺した。 追いつかれたボローニャだが、すぐに反撃転じる。63分、プルガルの左CKのセカンドボールをボックス内のデストロが頭で繋ぐと、最後はゴール右前のオルソリーニが左足で流し込み、再び勝ち越しに成功した。 ラツィオは、64分にバデリを下げてカタルディ、73分にルーカス・レイバを下げてミリンコビッチ=サビッチをピッチに送り出す。すると80分、バイタルエリア中央右でコレアが倒されてFKを獲得すると、このFKをミリンコビッチ=サビッチが直接ゴール右へ突き刺した。 結局、試合はそのまま3-3で終了。ラツィオは、打ち合いとなったホーム最終戦を勝利で飾ることができなかった。一方、上位相手に勝ち点1をもぎ取ったボローニャは、最終節を残してセリエA残留を決めた。 2019.05.21 05:36 Tue
twitterfacebook
thumb

四つ巴でCL出場権を争うセリエAも残り1節!各クラブの獲得条件は?

セリエAも残すところあと1節となり、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権争いが混沌としている。 18日、19日とセリエA第37節が開催(20日に1試合開催)された。すでに優勝を決めているユベントスと対戦したアタランタは、1-1のドロー。2位のナポリと対戦した3位インテルは4-1で敗戦。6位のローマはアウェイでサッスオーロどゴールレスドロー、5位のミランはホームで2-0とフロジノーネに勝利した。 この結果、アタランタとインテルが勝ち点66で並び、ミランが勝ち点65、ローマが勝ち点63に。セリエAは勝ち点で並んだ場合、得失点差や総得点ではなく、当該チーム間の成績が優先されるため、順位決定がわかりづらい状況となる。 すでにユベントス、ナポリの順位は確定しているものの、3位と4位はまだ確定しておらず、最終節に全てが決定することとなる。 クラブ史上初のチャンピオンズリーグ出場を目指す3位のアタランタは、10位のサッスオーロと対戦。4位のインテルは17位のエンポリと対戦する。また、5位のミランは11位のSPALと、6位のローマは12位のパルマと最終節で対戦する。 ローマに関しては、勝ち点差が離れている上に得失点差も離れているため、勝利が絶対条件な上で、他3チームの結果が重要となり、全ての条件が揃うのは厳しい状況だ。 また、カギを握りそうなのはインテルか。対戦相手のエンポリは、残留ラインギリギリの17位。自動降格となる18位のジェノアとは勝ち点差「1」のため、自力で残留を掴むために最終節への意気込みは強いはずだ。ちなみに、ジェノアは15位のフィオレンティーナと対戦する。 4チームが争う来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権争い。最終節は来週末に行われる。 ◆各クラブのCL出場権獲得条件 3位:アタランタ(vsサッスオーロ) 【勝利】 ・無条件 【引き分け】 ・インテルまたはミランが引き分け以下 【負け】 ・ミラン&ローマが引き分け以下 4位:インテル(vsエンポリ) 【勝利】 ・無条件 【引き分け】 ・ミランが引き分け以下 【負け】 ・ミランが引き分け以下 ・1-0で敗れた場合、ミランが負け&ローマが4点差以下で勝利 5位:ミラン(vsSPAL) 【勝利】 ・アタランタまたはインテルが引き分け以下 【引き分け】 ・アタランタ&インテルが負け、ローマが勝利 ・アタランタが負け&インテルが引き分け以上 6位:ローマ(vsパルマ) 【勝利】 ・5点差以上での勝利&インテルが1-0で敗戦、アタランタが引き分け以上、ミランが敗戦 ・アタランタ&インテル&ミランが敗戦 ちなみに、今シーズンの対戦成績を整理しておく。最大4チームが勝ち点66で並ぶ可能性があるため、その場合は下記が参考となる。 3位:アタランタ(勝ち点66) 【vsインテル】1勝1分け 【vsミラン】1分け1敗 【vsローマ】2分け 4位:インテル(勝ち点66) 【vsアタランタ】1分け1敗 【vsミラン】2勝 【vsローマ】2分け 5位:ミラン(勝ち点65) 【vsアタランタ】1勝1分け 【vsインテル】2敗 【vsローマ】1勝1分け 6位:ローマ(勝ち点63) 【vsアタランタ】2分け 【vsインテル】2分け 【vsミラン】1分け1敗 当該チーム間の成績が加味されるのは、前述の通り勝ち点で並んだ場合。この場合、勝ち点で並ぶ可能性があるのは、アタランタとインテルの勝ち点「69」、「67」、アタランタ、インテル、ミラン、ローマのいずれかが並ぶ勝ち点「66」の2パターンだ。勝ち点「69」、「67」の場合は、現状通りアタランタがインテルを上回ることとなる。この場合は来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権に関わるのは最大で1チーム。インテルが5位となる。 問題は「66」で並んだ場合だ。最大4チームが並ぶ可能性があるパターンだが、4チーム並んだ場合でトップに立つのは勝ち点9のインテル。続いて、ミランの勝ち点8、アタランタの勝ち点7、ローマの勝ち点5の順だ。 インテル、ミラン、ローマが並んだ場合でもインテルが勝ち点8でトップ、続いてミランの勝ち点4、ローマの勝ち点3だ。 アタランタ、ミラン、ローマが並んだ場合は、ミランが勝ち点8でトップ、アタランタとローマが勝ち点3。アタランタとローマは2試合ともドローのため、得失点差で上回るアタランタが上位となる。 アタランタとインテルが勝利してしまえばそれまでだが、どちらかが勝利しなかった場合には、色々な条件が絡んでくる。5大リーグで最も遅くシーズンが終わるセリエAの最終節からも目が離せない。 2019.05.20 11:50 Mon
twitterfacebook
thumb

ナポリがホーム最終戦でインテルを4発粉砕! 来季CL出場争いは最終節まで持ち越し《セリエA》

セリエA第37節のナポリvsインテルが19日に行われ、4-1でナポリが勝利した。 引き分け以上でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位以内が確定する3位インテル(勝ち点66)が、すでに2位フィニッシュを決めているナポリの本拠地サン・パオロに乗り込んだ一戦。 前節のキエーボ戦でリーグ戦4試合ぶりの勝利を飾ったインテルは、その試合から先発4人を変更。イカルディやボルハ・バレロ、ヴェシーノらに代えてラウタロ・マルティネスやブロゾビッチ、ガリアルディーニらを先発で起用した。 一方のナポリは、メルテンスとミリクを2トップに配置した[4-4-2]を採用。カジェホンやアラン、クリバリら主力が順当に先発に名を連ねた。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、ナポリが先手を取る。16分、アサモアのクリアボールを敵陣でカットしたファビアン・ルイスがワンタッチで落とすと、これを受けたジエリンスキがバイタルエリア中央からの強烈なミドルシュートをゴール左に突き刺した。 先制を許したインテルは、37分に決定機。敵陣でガリアルディーニがパスカットすると、この繋ぎを受けたペリシッチのラストパスからゴール前に抜け出したL・マルティネスがシュートを放ったが、これはGKカルネジスの好セーブに阻まれた。 迎えた後半、1点を追うインテルはポリターノを下げてイカルディを投入。さらに58分には、ガリアルディーニを下げてヴェシーノをピッチに送り出す。しかし、再びスコアを動かしたのはナポリ。 61分、右サイドでボールを受けたカジェホンがアーリークロスを供給すると、ゴール前に走り込んだメルテンスがヘディングシュートを叩き込み、追加点を奪った。 リードを広げられたインテルは68分、右CKのこぼれ球をボックス左で拾ったL・マルティネスがコントロールショットでゴール右隅を狙ったが、これはクリバリがゴールライン手前でクリア。 ピンチを凌いだナポリは71分、メルテンスの左クロスをゴールエリア右で受けたミリクがシュート。これはGKハンダノビッチに弾かれるも、こぼれ球をボックス右深くで拾ったマルキュイが折り返すと、ファビアン・ルイスが無人のゴールへシュートを流し込んだ。 さらにナポリは、78分にもメルテンスのパスを受けたファビアン・ルイスがボックス左まで持ち上がると、ニアサイドに強烈なシュートを突き刺し、試合を決定付ける4点目。 インテルは、81分にイカルディのPKで1点を返したが反撃はここまで。ナポリが今季のホーム最終戦を4発快勝で締め括った。 一方、完敗のインテルは4位に後退し今節でのCL出場権獲得はならなかった。なお、インテルは最終節でセリエA残留を目指す17位エンポリと対戦する。 2019.05.20 05:32 Mon
twitterfacebook
thumb

アタランタが王者ユーベにドローで3位浮上! クラブ史上初のCL出場に王手!《セリエA》

セリエA第37節、ユベントスvsアタランタが19日に行われ、1-1で引き分けた。 A・ゴメスら主力3選手を出場停止で欠きながらもジェノアを退けた4位アタランタは、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位を死守。しかし、4日前に行われたラツィオとのコッパ・イタリア決勝では0-2と敗れて56年ぶりのタイトル獲得はならなかった。そのラツィオ戦のスタメンからパロミーノに代えてゴセンズのみを変更した。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=13kpcrsz4t98t1v0vzwnhwc8fd" async></script> </div> 個人セリエA5連覇を果たしたアッレグリ監督の退任が決まったホーム最終戦の王者ユベントスに対し、開始1分にC・ロナウドに決定機を許したアタランタは、圧力を受ける入りとなる。 そんな中7分、フロイラーが枠内シュートを浴びせたアタランタは直後に決定機。左CKからクアドラードのクリアボールが自陣ゴールに向かったが、GKシュチェスニーのセーブに阻まれた。 その後もショートカウンターを狙うアタランタが流れを引き寄せる中、28分にも先制のチャンス。D・サパタが単騎突破でボックス中央に侵入。枠の右を狙ったシュートはわずかに枠の右に外れた。 それでも33分、アタランタが先制する。右CKからニアサイドのマジエッロが頭で逸らすと、ファーサイドのイリチッチが押し込んだ。ハーフタイムにかけてもアタランタが主導権を握ったまま前半を1点のリードで終えた。 後半からアレックス・サンドロに代えてベルナルデスキを投入したユベントスは、クアドラードを右サイドバックに、カンセロを左サイドバックに回した。 そのユベントスが押し込む展開とするも、シュートには持ち込めない。そんな中61分に今季をもって引退するバルザーリに代えてマンジュキッチを投入した。 自陣に引いて逃げ切りを図るアタランタは71分、イリチッチのFKで追加点に迫るも、80分に同点とされる。 右サイドからのクアドラードのクロスをファーサイドのマンジュキッチが右足アウトに当ててのボレーシュートでゴールに流し込んだ。 その後、ケアンを投入して逆転を目指してきたユベントスを、アタランタが凌いで1-1で試合終了。勝ち点1を積み上げたアタランタが、同時刻の試合でナポリに敗れたインテルに勝ち点で並び、当該対決で上回っているため3位に浮上した。 最終節、アタランタはクラブ史上初のCL出場権獲得を懸けてサッスオーロとホームで対戦する。 2019.05.20 05:27 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース