ヴォルフスブルクがブラジル人ウィンガー、ジョアン・ビクトールを獲得2019.05.11 01:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴォルフスブルクは10日、オーストリアのLASKリンツに所属するブラジル人FWジョアン・ビクトール(25)を獲得したことを発表した。移籍金は200万ユーロ(約2億4500万円)で、契約期間は2023年6月30日までとなっている。

ウインガーのジョアン・ビクトールは、今季のオーストリア・ブンデスリーガで25試合に出場して12ゴール7アシストを記録。新シーズンよりヴォルフスブルクを指揮するオリバー・グラスナー監督の下で再びプレーすることになったジョアン・ビクトールは、ヴォルフスブルクへの移籍について次のように語っている。

「ここのサッカースタイルがマッチすると感じたから移籍を決断した。見事に組織化されたクラブであり、インフラも素晴らしい。来季からのブンデスでの挑戦を楽しみにしている。僕の考えでは、ここは世界最高のリーグの一つだ」
コメント
関連ニュース
thumb

ヴォルフスブルク、昨夏加入のDFルシヨンと2023年まで契約延長

ヴォルフスブルクは19日、フランス人DFジェローム・ルシヨン(26)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。 母国のソショーやモンペリエでプレーしたルシヨンは、昨夏にヴァルフスブルクに加入。卓越したスピードを武器に開幕から左サイドバックのレギュラーとしてプレーすると、今季はブンデスリーガ28試合に出場し3ゴール6アシストを記録した。 2019.05.20 02:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、下部組織出身のMFレジュベツァイと2023年まで契約延長

ヴォルフスブルクは6日、ドイツ人MFエルヴィス・レジュベツァイ(21)との2023年6月30日まで延長したことを発表した。 2010年にヴォルフスブルクの下部組織に入団したレジュベツァイは、2017年8月にトップチームに昇格すると、2018年1月のハノーファー戦でトップチームデビュー。今季はここまでブンデスリーガ23試合に出場し1ゴール1アシストを記録している。 クラブと新契約を結んだレジュベツァイは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「ヴォルフスブルクは高いレベルで僕を成長させてくれる最高の環境だし、僕や僕の家族にとってホームなんだ。だから契約延長の決断は難しくなかったよ」 2019.05.07 02:51 Tue
twitterfacebook
thumb

久保途中出場のニュルンベルク、ヴォルフスブルクに敗戦で残留険し《ブンデスリーガ》

ニュルンベルクは4日、ブンデスリーガ第32節でヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れた。ニュルンベルクのFW久保裕也は75分から出場している。 前節バイエルン戦を引き分けた17位ニュルンベルク(勝ち点19)だったが、残留プレーオフに回れる16位シュツットガルトが勝利したため、5ポイント差を付けられた。勝利を逃せば今節にも降格が決まる中、バイエルン戦で出場機会のなかった久保は引き続きベンチスタートとなった。 ヨーロッパリーグ出場を目指す8位ヴォルフスブルク(勝ち点49)に対し、互角の攻防で立ち上がっていったニュルンベルクは、膠着状態に持ち込んでいく。 互いにシュートシーンがなかった中、38分にニュルンベルクはミスから失点した。DFのGKへのバックパスミスをメーメディにカットされ、ルーズボールをクラウスに押し込まれた。 迎えた後半もゴールに迫れずにいたニュルンベルクは、65分に同点弾に近づいた。ボックス手前中央からイシャクの放ったミドルシュートが枠を捉えた。だが、GKペルヴァンの守備範囲だった。 この試合初のオンターゲットを記録したニュルンベルクは75分に久保を右MFに投入した。 しかし78分、ヴォルフスブルクに決定的な2点目が生まれる。FKからティセランにヘディングシュートを決められた。 結局、終盤にかけても反撃の糸口を掴めなかったニュルンベルクは成す術なく敗戦。同時刻に試合を行っていたシュツットガルトが敗戦したため、今節での降格は避けられたが、残留が非常に厳しくなっている。 2019.05.05 00:43 Sun
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルク、ヤング・ボーイズからスイス代表DFムバブの来季加入を発表!

ヴォルフスブルクは25日、ヤング・ボーイズからスイス代表DFケビン・ムバブ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「19」に決定。契約期間は来季から2023年6月30日までの4年となる。 DRコンゴにルーツを持つムバブは、スピードと対人守備、攻撃センスに長けた右サイドバック。また、184cmの恵まれた体躯と戦術理解度を武器にセンターバックや左サイドバックでもプレー可能なユーティリティー性も売りのひとつとしている。 2012年に母国のセルヴェッテでプロデビューを飾ったムバブは、翌年にニューカッスルに移籍。同クラブでは出場機会に恵まれず、レンジャーズ、ヤング・ボーイズへの武者修行を経験。その後、2017年にはレンタル先だったヤング・ボーイズに完全移籍し、在籍期間に公式戦93試合に出場し5ゴール15アシストの数字を残している。 また、スイスの世代別代表の常連だったムバブは昨年9月に行われたUEFAネーションズリーグのアイスランド代表戦でフル代表デビュー。ここまで通算3試合に出場している。 ヴォルフスブルクの今夏最初の補強選手となったムバブは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。 「ブンデスリーガでの新しい挑戦と冒険をとても楽しみにしているよ。ヴォルフスブルクの環境は自分がフットボーラーとして更なる高みに成長していくうえで理想的な環境だと思っているよ」 また、ムバブは2015年1月に自動車事故によって20歳の若さで逝去したベルギー人MFジュニオール・マランダの背負った背番号19を着用することに関して、「もちろん、19番を着用するという意味を理解しているよ。この番号はジュニオール・マランダが背負っていた番号だ。この番号を身につけられることはとても名誉なことだと思っているし、この番号に相応しいプレーヤーであるということを示すために全力を尽くしたい」と語っている。 2019.04.26 01:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴォルフスブルクの来季監督が決定! オーストリアで好成績を残すグラスナ―氏

ヴォルフスブルクは23日、オーストリア人のオリバー・グラスナー氏(44)が来季から指揮を執ることを発表した。契約は2022年までとなる。 現在は母国のLASKリンツを率いているグラスナ―氏。2012年にロジャー・シュミット監督の下でザルツブルクでアシスタントコーチからキャリアを始めた。初めて監督としてチームを率いたのは2014年に就任した現役時代の古巣でもあるSVリート。その後、2015年に同じく古巣のLASKリンツに就任し、3シーズン目に2部から1部に昇格させた。そして、今季はここまで14勝9分け3敗で2位に付けている。 初めてドイツブンデスリーガで戦うことになったグラスナ―氏は「大きな挑戦だ。とても楽しみにしている」とコメント。また、リンツに対しても「私を監督として成長させ、トップレベルで働かせてくれたことに感謝している」と述べた。 クラブは先月12日、現行のブルーノ・ラッバディア監督が今季終了後の契約満了を以って退任することを発表。レバークーゼンやハンブルガーSV、シュツットガルトなどで指揮を執り、シュツットガルトとHSV時代には元日本代表DF酒井高徳の指揮官としても知られるラッバディア監督は2018年2月にヴォルフスブルクの監督に就任。 昨季は残留争いに巻き込まれていたチームを降格から救い、今季は第30節を終えた時点で13勝7分け10敗で9位につけている。 (※写真は8年前の現役時のもの) 2019.04.23 21:06 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース