サッリ監督はイタリア人初のELファイナリスト…最後はUEFA杯時代の20年前2019.05.10 16:56 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトとのPK戦までもつれ込む激戦を制し、ヨーロッパリーグ(EL)の決勝に駒を進めたチェルシー。チームを指揮するマウリツィオ・サッリ監督が歴史に名を刻んだ。今シーズンは決勝でアーセナルと対戦するチェルシー。チャンピオンズリーグ(CL)の決勝もトッテナムとリバプールのカードに決定し、4クラブ全てがイングランド勢という点で大きな話題となった。

そんな中、チェルシーの指揮官として決勝の舞台に立つサッリ監督だが、実はヨーロッパリーグになってから初めて決勝に進出したイタリア人監督となった。

2009-10シーズンにUEFAカップから名称がヨーロッパリーグに変更したが、今シーズンを含めた10シーズンでイタリアのクラブは決勝に進出しておらず、監督としてもイタリア人指揮官は決勝にたどり着いていなかったのだ。

なお、サッリ監督の前に決勝の舞台に立ったイタリア人指揮官は1998-99シーズンにまで遡る。パルマvsマルセイユの決勝となったこのシーズン、パルマを率いるアルベルト・マレザーニ監督が最後。20年ぶりのファイナリストとなった。

ちなみに、パルマvsマルセイユは3-0でパルマが勝利。当時のエースであったエルナン・クレスポ、そしてパオロ・ヴァノーリ、エンリコ・キエーザのゴールで3-0と勝利している。ちなみに、クレスポ、チームメイトのフアン・セバスティアン・ヴェロンはのちにチェルシーでプレー。対するマルセイユは、アーセナルでプレーしたロベール・ピレスが出場していた。
コメント
関連ニュース
thumb

ドログバがチェルシーとランパードの交渉を認める「まあ落ち着け、落ち着け」

秒読み段階となっているフランク・ランパード氏のチェルシー指揮官就任だが、あの男がこの話題に言及している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 チェルシーファンにとって待ち望んでいたような、もう少し待ってほしいような瞬間が日に日に現実味を帯びてきている。 就任からわずか1シーズンでマウリツィオ・サッリ監督を更迭したチェルシーは、その後任としてクラブのレジェンド、ランパードの招へいに動いている。すでに交渉は最終段階を迎えていると言われ、近日にも3年契約が発表されるのではないかと予想するメディアもある。 そんな中、もう一人のレジェンド、ディディエ・ドログバ氏がこの話題に言及。チェルシーとランパード氏の交渉が実際に行われていることをインスタグラムに上げた動画で確認した。 「ある人物が新たな仕事について話し合いを進めている。フランク・ランパードだ」 そうコメントし、ランパード監督の誕生を待ち望むファンの興奮を誘った。だが、ドログバはそんな気持ちを察してか「まあ落ち着け、落ち着けよ」と、ファンの心を落ち着かせた。 2019.06.23 14:58 Sun
twitterfacebook
thumb

チェフに続いてマケレレもブルーズスタッフ入りか…ランパード招へいの舞台着々整う

21日に発表となった元チェルシーのGKペトル・チェフの帰還。アドバイザーとしてチェルシー全体のマネジメントに関わるようで、今後はゴールではなくクラブを守る活躍が期待されている。 そんな中で、『ESPN』によると今度はクロード・マケレレ氏のスタッフ入りが近づいているという。2017年11月からベルギーのオイペンで指揮官を務めていたが、今季終了を以って退任し現在はフリーの身となっている。チェルシーは同氏にはローン選手らのマネジメントの仕事を依頼している模様。 なお、チェルシーではすでにカルロ・クディチーニ氏、エンリケ・イラーリオ氏、パウロ・フェレイラ氏らがフロント入りしている。 そして、連日報道されているフランク・ランパードの監督就任の噂。すでにほとんどのメディアが確実視しており、来週にも3年契約が発表されると予想しているところもある。レジェンド招へいのために、チェフ氏やマケレレ氏などランパード氏がチェルシーでともにプレーした仲間を迎えて、その舞台を整えている。 2019.06.21 21:57 Fri
twitterfacebook
thumb

マルコス・アロンソ、今夏の移籍はなし?

チェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソ(28)の今夏の移籍の可能性は下がってきているようだ。スペイン『Cadena Cope』が伝えている。 今夏の移籍市場でレアルとアトレティコのマドリー勢からの関心が報じられていたマルコス・アロンソ。チェルシー加入3年目の今シーズンは、リーグ戦31試合に出場し2ゴール6アシストとまずまずの成績だったものの、ヨーロッパリーグ決勝に出られなかったことが、退団の引き金となるのではないかと考えられてきた。 だが、この間にチェルシーではマウリツィオ・サッリ監督がユベントスに移籍したことで同選手は再考の余地があると改めているようだ。 また、レアル・マドリーは先日フランス代表DFフェルラン・メンディを獲得したことで左サイドバックを補填。一方、DFリュカ・エルナンデスの退団とDFフィリペ・ルイスの契約満了に伴い、マルコス・アロンソに照準を絞っていたアトレティコだったが、チェルシーが移籍金4000万ユーロ(約48億5700万円)を要求したため撤退したという。 今後2度の移籍市場において選手登録が禁止される危機に直面しているチェルシーにとって、主力級の放出は出来るだけ避けたいところ。新監督も決まっていない中で、この夏どのような動きを見せるのだろうか。 2019.06.21 17:52 Fri
twitterfacebook
thumb

現役引退のチェフが古巣チェルシーに役員として帰還!

チェルシーは21日、元チェコ代表のペトル・チェフ氏(37)がテクニカル兼パフォーマンスアドバイザーとしてクラブに戻ってきたことを発表した。 クラブによると、仕事の焦点はすべてのサッカーとパフォーマンスについて助言を提供すること、シニアとアカデミーの両カテゴリーの強い連係を構築し促進させること、そして様々な部署が効果的に連帯できるよう努めること、とのこと。 また、ファーストチームのコーチングスタッフも務めるというチェフは、古巣復帰について以下のようにコメントしている。 「再びチェルシーに戻る機会を与えてもらえることは私にとって素晴らしい特権だと感じている。このクラブが過去15年間で培ってきたことを今後も続けていけるための最高の環境を築く助けになりたい」 「新しい挑戦を楽しみにしている。私のフットボールの知識と経験をフル活用して、チームがさらなる成功を収められるようサポートしていくつもりだ」 2004年にチェルシーに加入したチェフ氏は2015年までの11年間で公式戦494試合に出場し、プレミアリーグやチャンピオンズリーグなど13個もの主要タイトルを獲得。2015年からはライバルのアーセナルに活躍の場を移し、今シーズンを以って引退。現役最後の相手はヨーロッパリーグ決勝戦で戦ったチェルシーだった。 2019.06.21 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

プリシッチ、バカンス返上でチェルシーに早期合流へ!日本ツアーに照準

チェルシーの新加入選手であるアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチが、バカンス返上でプレシーズンを迎える準備をしているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今年1月に推定5800万ポンド(約78億9000万円)の移籍金でドルトムントから加入したプリシッチ。レアル・マドリーに移籍したMFエデン・アザールの後釜として、チェルシーが争奪戦を制して獲得した。 現在はアメリカ代表としてゴールドカップに参加中。決勝戦は7月8日に行われるが、決勝に進んだにせよ敗退したにせよ、プリシッチは早めに休暇を切り上げてチェルシーに合流する計画をしているようだ。 チェルシーではユベントスに就任したマウリツィオ・サッリ監督に代わる指揮官が未決定。クラブのレジェンド、フランク・ランパードが有力視されているが、プリシッチはまだ見ぬ新監督へのアピールも含めて、日本へのツアーも予定しているプレシーズンに向けて早めの調整を行う姿勢を見せているという。 18歳未満の外国人選手への不正なアプローチが問題視され、2度の移籍市場における補強禁止処分に直面しているチェルシー。その中でプリシッチは救世主になることはできるだろうか。 2019.06.21 15:04 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース