【質疑応答】年齢もチームも関係なし…高倉監督、選ばれし23名に期待「爆発的な力を発揮してくれそうな選手もいる」《女子ワールドカップ》2019.05.10 16:42 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
日本サッカー協会(JFA)は10日、フランスで行われる女子ワールドカップに向けたなでしこジャパンのメンバーを発表した。

6月7日に開幕する女子ワールドカップで、なでしこジャパンはアルゼンチン女子代表、スコットランド女子代表、イングランド女子代表と同居。6月10日(月)の25時からアルゼンチンと、同14日(金)の22時からスコットランド、同19日(水)の28時からイングランドと対戦する。また、開幕前の6月2日は、スペイン女子代表と国際親善試合を行う。

会見にはJFA女子委員長の今井純子氏と、なでしこジャパンを指揮する高倉麻子監督が出席。メンバー発表後、高倉監督はメディア陣からの質疑に応対し、選出したメンバーへの期待や大会の目標などについて言及した。

──前回大会と比べると全体的に年齢が若くなったが、意図や期待している点は。また、ケガで試合に出ていない選手もいるが、招集した理由は?
「若い選手が多いという話がありましたが、先ほども言いましたけど、年齢ということではなく、様々な選手を試す中で、しっかり返ってきた(応えてきた)選手を選んだ結果、若い選手が残ってきたのかなと思います。やはり大会中に何かをきっかけに爆発的な力を発揮してくれそうな選手もいます。その辺には大きく期待しています」

「サッカーをやっている限りは、ケガはつきものです。少し不安要素を持っているかなという選手もいますけど、チームもメディカルも話をした結果、プレーできるということで呼んでいます。不安はありません」

──FW遠藤純(日テレ・ベレーザ)が選出。去年11月に初招集されて代表経験が浅いと思うが、選出理由と期待している点について
「どうしても年齢のところで皆さんは話題になるのかもしれませんが、私自身はグラウンド上でのパフォーマンスを見て、十分にやれるというところで招集しました」

「左利きで突破からシュートまでいく形は素晴らしいものがあります。身体も大きく、当たり負けしない強さやスピードもあります。他の選手も同じですけど、期待を込めて、得点やチャンスメークという部分にFWの選手には期待したいと思います」

──MF阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)は試合の出場が少ないと思うが、同選手のコンディション状態をどう見ているか。また、ピッチ内外でどういう役割をして欲しいか
「先程も言いましたけど、コンディションは大丈夫だと聞いています。あとは、招集してからパフォーマンスを上げていくということになると思います。もちろん、経験が豊富な選手ですし、チームにも落ち着きをもたらしてくれるという意味でも大きな期待をしています」

──グループリーグでの対戦相手の中で、アルゼンチン女子代表、スコットランド女子代表、イングランド女子代表のこれまでの印象は
「アルゼンチンは初戦になりますし、FIFAランキングも37位となっていますけど、映像を観てもトリッキーなプレーであったり、技術的に南米の選手らしく強引にゴールを狙ってきたりする点から、簡単な試合にはならないと思います。初戦の難しさもあります。しっかりと勝ち点3を取れるように全力で臨みたいと思います」

「スコットランドも新鋭ではありますけど、ヨーロッパ予選をしっかりと戦って勝ってきているチームです。最近も良い試合をしているので、決して侮れないと思います。未知の力という意味では、今回のW杯は強豪と言われているアメリカ、ドイツ、開催国のフランスが優勝候補して挙げられていますけど、どの国が勝つのか分からないという大会になると思います。しっかりと一つ一つ戦っていくだけだなと思います」

「イングランドも監督が変わり、経験豊富な監督です。優勝を目指して戦ってくると思います。まずこの3つ目の試合も大きな山になるのかなと思います。山ではない試合はないですけど、まずこの予選の3つは、慎重かつ大胆に戦っていけるようにしたいです」

──優勝を目指すと常々に言っているが、改めて今大会の目標は? また、前回大会に比べれば各ポジションでW杯経験者が少ないと思うが、DF宇津木瑠美(シアトル・レイン/アメリカ)やDF熊谷紗希(リヨン/フランス)、DF鮫島彩選手(INAC神戸レオネッサ)らベテラン選手に求めたいことは
「難しい挑戦ではあると思いますけど、優勝を目指さない限り、手に入れることはできないので、やはり優勝を目指してW杯に臨みたいと思います。ベテランの優勝経験がある選手たちに関しては、月並みではありますけど、本番にしかない緊張感や不測の事態が起きると思うので、その時にチームをしっかりと支えてもらいたいと思います」

──メンバーを見ると、日テレ・ベレーザの選手が10人と多く選出されているが、その意図や期待することは
「チームを見て選んでいる訳ではありません。あくまでも個人のパフォーマンスを見ながら、結果的にベレーザの選手が10人という数になりました。リーグでも非常に良いパフォーマンスをチームとしても見せてくれているので、その辺のコンビネーションも含めて、良いものが出てくれば良いなと思います」

──地元・福島への思い
「Jヴィレッジはこの間、なでしことしてもキャンプをやらせていただきました。非常に思い入れのある、昔から選手の育成を含めて使わせていただいたグラウンドですので、綺麗に元通りになっているピッチを見て、嬉しかったです。そこで選手たちが素晴らしいグラウンドで走っている姿を観るのも、感慨深いものがありました」

「福島出身というところでというよりは、やはり日本の代表として大きな期待と責任持って、選手たちが伸び伸びとグラウンドで輝けるように全力で戦っていきたいと思います」

──なでしこリーグで3年連続得点王になっているFW田中美南(日テレ・ベレーザ)が外れているが、攻撃陣に対してはどういうメッセージ性を持って選出したか。
「近年、女子サッカーのレベルが急速に上がっているということは、皆さんはもちろん、私自身、選手自身も感じる中で、やはり後ろ向きに戦いたくはないですし、攻撃のところで考えた時に、オンで強い武器を発揮できる選手と、オフの中で戦える選手、両方を持ち得ながら戦える選手がいると思います」

「この選んだ選手たちというのは、どの組み合わせになっても何かを作り出すことができるのではないかという期待を持たせる選手が多いと思います。やはり劣勢な試合であっても、3人、4人がコンビネーションを作った時に鉄のディフェンス、大きくて強い選手たちを翻弄できる崩しというのが、できるのではないかという点で楽しみにしていますし、その辺の能力の高さをみんなが持ち得ていると思います」

「もちろん、田中選手の得点力というところも大きな期待を持ってはいましたけど、本当に考えた結果、この選手たちを選びました」

──これまで多くの選手を試している分、チームビルドの時間がなかったり、大幅にメンバーが入れ替わっている中、これからの限られた時間でどういった準備が必要になるか。また、阪口の状態は、初戦から行けるのか、それともある程度、大会が進んでから臨めるというイメージなのか
「チームビルディングに関しては、私がなかなかメンバーを固めないので、普通固めて戦うだろうという意見も多く聞きましたけど、いろいろな状況の中で、ケガ人も多くいましたし、なかなかメンバーを組めなかったことが実際にありました。普通は固めて戦うだろうという普通が、別に私にとっては普通ではありません。色々な選手の可能性を最後まで見極めながら、やることは選手にずっと伝えてきています。これから選手をしっかりと並べて、スペインとの試合がありますけど、練習の中でもしっかりコンビネーションというのは取れていくと思います。大会中にもチームの成長というのが見れると思います。その辺に期待しながら大会を戦っていきたいなと思います。

「(阪口について)もちろん初戦というところもターゲットにはしていますけど、やはり招集して彼女自身のパフォーマンスがどこまで上がってくるかというところも見なければいけません。どの選手にも言えますけど、やはり集まってから選手のコンディションとどれだけ研ぎ澄ましてグラウンドに立ってくるかというところで、メンバーも決まってくるのではないかなと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

なでしこジャパンを激励に訪れた森保一監督「逆に良い刺激をもらった」

25日、6月7日に開幕する女子ワールドカップに向けて、なでしこジャパンが千葉県内でトレーニングを行なった。 22日からスタートした国内合宿も4日目を迎えた中、日本代表の森保一監督がトレーニング施設に登場。練習の最後になでしこジャパンの選手たちに向かって言葉を掛けていた。 その後、報道陣の囲み取材に応じた森保監督は、今回の視察の目的に加え、なでしこジャパンへのエールを口にした。 「女子の日本代表チームがワールドカップに向けて練習していると聞いたので、激励に来れればなと思っていましたが、逆に良い刺激をもらいました。すごく緊張感がある雰囲気でしたし、チームで目標に向かっていくというコミュニケーションをとりながら練習しているということころは、我々の活動に生かしたいなと思います」 「高倉監督とは同級生なので、同期会を時々やっているんですが、今度練習を見に行く機会があったら行くねというのを実現できて良かったです」 <span style="font-weight:700;">──練習を見られて感じたことは</span> 「すごく練習が目的を持って行われていますし、緊張感が凄くあっていいと思いました」 <span style="font-weight:700;">──なでしこジャパンは世界一を獲ったことがあるチームですが学べることはありますか?</span> 「あります。世界一というのは簡単なことではないと思いますので、我々男子も世界一を獲ることを目標としていますので、女子から学んで高みを目指してやっていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──なでしこジャパンに改めてエールを</span> 「まずは最大限努力をしているので、大会前にくいの残らないように準備を続けてもらいたいなと思います。大会期間中はプレッシャーがあったり、厳しい試合の連続だと思いますが、楽しむことを忘れずに頑張ってきてもらいたいです」 2019.05.25 13:40 Sat
twitterfacebook
thumb

熊谷紗希途中出場のリヨンが大会4連覇! 初優勝目指したバルセロナを粉砕!《UEFA女子チャンピオンズリーグ》

UEFA女子チャンピオンズリーグ決勝、リヨンvsバルセロナが18日にハンガリーのブダペストにあるフェレンツヴァーロシュ・シュタディオンで行われ、4-1で勝利したリヨンの4大会連続最多6度目の優勝が決定した。なお、リヨンの女子日本代表DF熊谷紗希は72分から途中出場した。 大会4連覇を目指すリヨンと初優勝を目指すバルセロナによる、フランスとスペインの隣国対決。 試合は立ち上がりから王者リヨンが圧巻の強さを見せつける。開始5分、右サイドのスペースに飛び出したFWファン・デ・サンデンからの折り返しをゴール前に走り込んだFWマロジャンが冷静に押し込んで電光石火の先制点とする。 これで完全に流れを掴んだリヨンは14分、先制点と似たような形からファン・デ・サンデンが入れた折り返しをFWヘガーベルグが流し込んで追加点を奪取。19分には左サイドで高い位置を取ったDFマイリからの折り返しを、再びヘガーベルグがワンタッチで流し込む。 その後も攻撃の手を緩めないリヨンは30分、右サイド深くからDFブロンジェが入れた低いクロスを三度ヘガーベルグがボレーで合わせ、わずか30分でハットトリックを達成した。 前半を4点リードで終えたリヨンは後半も試合の主導権を掌握。幾度かバルセロナに決定機を許したものの、キャプテンのDFルナールを中心に冷静に凌いでいく。 72分にはMFフィシュロックに代えて熊谷が投入される。そして、熊谷はセンターバックではなくセントラルMFに入り、クローザーの役目を担う。89分にはバルセロナがカウンターからFWオショアラのゴールで一矢報いるも、試合はこのまま4-1でタイムアップ。バルセロナ相手に王者の力をまざまざと見せつけたリヨンが大会4連覇を達成した。 ◆女子CL決勝 リヨン 4-1 バルセロナ 【リヨン】 マロジャン(5) ヘガーベルグ(14) ヘガーベルグ(19) ヘガーベルグ(30) 【バルセロナ】 オショアラ(89) 2019.05.19 03:45 Sun
twitterfacebook
thumb

日テレ・ベレーザ、W杯メンバー選出のDF清水梨紗&MF長谷川唯とプロ契約を締結

日テレ・ベレーザは10日、なでしこジャパンのDF清水梨紗(22)、MF長谷川唯(22)とプロ契約を結んだことを発表した。 清水と長谷川は2013年にトップチームに昇格。両選手ともに今シーズンはここまでなでしこリーグに7試合出場している。ちなみに、二人は10日に発表された女子ワールドカップに臨むなでしこジャパンのメンバーに選出された。 クラブとプロ契約を締結した両選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆清水梨紗 「この度、プロ契約を結ぶことになりました。サッカーに専念できる時間が多くなる環境を作ってくださったことへの感謝を忘れず、プロとしての自覚を持ち、精一杯頑張りたいと思います」 ◆長谷川唯 「この度、プロ契約を結ばせていただくことになりました。サッカーに専念できる素晴らしい環境を作ってくださった皆さんに感謝しています。ワールドカップやオリンピックでの優勝、ベレーザでのタイトル獲得のために精一杯努力していきたいと思います」 2019.05.10 19:20 Fri
twitterfacebook
thumb

2大会ぶりのW杯制覇へ…高倉麻子監督「令和という新しい時代に新しい光、強い光を」《女子ワールドカップ》

日本サッカー協会(JFA)は10日、フランスで行われる女子ワールドカップに向けたなでしこジャパンのメンバーを発表した。 6月7日に開幕する女子ワールドカップで、なでしこジャパンはアルゼンチン女子代表、スコットランド女子代表、イングランド女子代表と同居。6月10日(月)の25時からアルゼンチンと、同14日(金)の22時からスコットランド、同19日(水)の28時からイングランドと対戦する。また、開幕前の6月2日は、スペイン女子代表と国際親善試合を行う。 会見にはJFA女子委員長の今井純子氏と、なでしこジャパンを指揮する高倉麻子監督が出席。メンバー発表後、高倉監督は就任してからの約3年間を振り返りながら、選出したメンバーについて言及し、「令和という新しい時代に新しい光、強い光を持ってこれるように全員で戦っていきたい」と意気込みを語った。 ◆高倉麻子監督(なでしこジャパン) 「ただいま23名のメンバーを発表させて頂きましたけど、私が就任して約3年ほどが経ちます。全てがこのW杯のために準備をしてきたつもりです。総勢63名、チャレンジキャンプを入れると、90名ほどの選手を呼び、様々な選手の可能性、チームの可能性を探る中で、最終的に選ぶ大きな理由の一つは、様々な選手を試合でも、力が足りないという状況であっても、積極的に試合で使い、練習をしていく中で、必ずその壁にぶつかり上手くいかないということが起きてきました。しかし、その時に選手が考え、工夫をして、努力をして、次に会ってプレーした時に、やはりしっかりと修正してきた選手が残ってきたのかなと思います。その跳ね返りの強さというところはいつも注目して見ていました」 「就任した時に、代表選手に求める4つの条件を挙げましたけど、テクニックがあって賢く、走る力がある、代表に対する思いが強い、この4つをベースに選手を常に見てきました。その中で、やはり平均的にレベルの高い選手+何か一つでも強いものを持った選手ということも、選考する中では、大きなキーになりました」 「W杯での戦いですけど、日本の現在地はFIFAランク7位という位置にいますし、今までの勝率を見ても圧倒的な強さを持って、戦うところはなかなか難しいと思います。ただ、そのことをチームがしっかりと自覚して戦っていく。これからW杯で選手を集めて、1カ月ほどの長い戦いになりますけど、その中で様々な起こると思いますし、上手くいくこといかないことということは出てくると思います。やはり、普通にやっていては勝てないということをみんなが分かり、ある時は何かを壊し、また作り上げるという作業をしながら、頂点に強い思いを持って向かっていきたいなと思います」 「チーム一丸となって選手には、勇気と想像する力、そして献身を求め戦っていきたいと思います。今まで、読んだ多くの選手たちは常にサッカーと真摯に向き合って、100%の力でプレーしてくれました。今回、選べなかった選手の分も精いっぱい戦っていきたいと思いますし、この新しい時代、令和という新しい時代に新しい光、強い光を持ってこれるように全員で戦っていきたいと思います」 2019.05.10 16:41 Fri
twitterfacebook
thumb

今井女子委員長、女子サッカーの普及・発展のために「ポジティブなインパクトを残せるような大会に」《女子ワールドカップ》

日本サッカー協会(JFA)は10日、フランスで行われる女子ワールドカップに向けたなでしこジャパンのメンバーを発表した。 6月7日に開幕する女子ワールドカップで、なでしこジャパンはアルゼンチン女子代表、スコットランド女子代表、イングランド女子代表と同居。6月10日(月)の25時からアルゼンチンと、同14日(金)の22時からスコットランド、同19日(水)の28時からイングランドと対戦する。また、開幕前の6月2日は、スペイン女子代表と国際親善試合を行う。 会見にはJFA女子委員長の今井純子氏と、なでしこジャパンを指揮する高倉麻子監督が出席。メンバー発表に先立ち、今井氏は女子サッカーの普及・発展において、W杯での活躍が重要であると語り、「ポジティブなインパクトを残せるような大会にしたい」と意気込みを語った。 ◆今井純子氏(JFA女子委員長) 「2016年4月になでしこジャパンを高倉麻子監督に託してから3年間、監督と共に様々なトライをしながら環境を整えて準備をしてまいりました。再び世界のなでしこへ。なでしこジャパンがこれまで築き上げてきた歴史を引き継げるような成果を出せるように精いっぱいサポートしていきたいと思います。また、女子サッカーにとっては代表チーム、なでしこジャパンの世界での活躍が、その普及・発展に大きく影響を与えますので、このW杯が大きく、ポジティブなインパクトを残せるような大会となるようにしたいと考えています。是非、ご注目をよろしくお願いします」 2019.05.10 16:40 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース