「スタンフォード・ブリッジでのラストゲームだった?」マドリー移籍噂アザールの返答は…2019.05.10 09:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールが、ヨーロッパリーグ(EL)での決勝進出に歓喜した。イギリス『Tribal Football』が伝えている。チェルシーは9日、EL準決勝2ndレグでフランクフルトと対戦。敵地での1stレグを1-1で引き分けたチェルシーは、28分にアザールのスルーパスをMFルベン・ロフタス=チーク が決めて先制する。しかし、後半開始早々にフランクフルトにゴールを許すと、2戦合計スコアは2-2となり、延長でも決着がつかず、PK戦に突入。それでもGKケパ・アリサバラガの2本のシュートストップもあり、4-3で勝利して、優勝した2012-13シーズン以来6年ぶりの決勝進出を果たした。

試合後、アザールは決勝進出を喜び、ファイナルに向けて意気込みを語った。

「とても難しい試合だった。でも、試合開始から決勝に進めると信じていたよ。特にアウェイでの1stレグを引き分けてからはね」

「僕らは素晴らしいゲームをした。しかし、準決勝は簡単なものではなかった。僕らは幸せさ。そして、トロフィーを獲得するためにバクーに行く」

「今日、僕らは幸せさ。でもまだ終わってはいない。アーセナルとのもう一試合がある。高いクオリティと共に、勝利する必要があるね」

また、今回の試合は、チェルシーにとって今シーズン最後のスタンフォード・ブリッジでの一戦であった。そんな中、レアル・マドリーへの移籍が噂されるアザールは、記者から「自身にとって最後のスタンフォード・ブリッジでのゲームだったか?」と問われ、以下のように答えた。

「そのことについては考えていないよ。僕が唯一考えていることは、このクラブとチームのために何かを勝ち取るということだけさ。もし、それが僕の最後のゲームになるのなら、トロフィーを獲得するためにこのクラブのために全力を尽くすよ。まだ(最後の試合になるかは)わからないよ」
コメント
関連ニュース
thumb

チェルシーに追い打ち…カンテがヒザ負傷でEL決勝に暗雲

チェルシーのフランス代表MFエンゴロ・カンテが負傷したとの情報が届いた。『GOAL』が伝えている。 29日にアーセナルとのヨーロッパリーグ(EL)決勝を控えるチェルシー。プレミアリーグ3位、EFLカップでは決勝でマンチェスター・シティに敗れ今季無冠のブルーズにとっては、タイトル獲得のラストチャンスだ。 しかし、そんなチェルシーに凶報が続いている。 チェルシーはプレミアリーグ終了後、アメリカに赴きニューイングランド・レボリューションとのフレンドリーマッチを行った。その試合で、MFルベン・ロフタス=チークがアキレス腱を断裂し、EL決勝出場不可能に。 そして今回、今度はカンテの負傷情報が届いた。『GOAL』によると、カンテは練習中にヒザを打撲。今のところ容体は判明していないが、ELに向けて暗雲が立ち込めている。同選手はハムストリングの負傷から回復していた矢先だった。 チェルシーでは両選手の他、FWカラム・ハドソン=オドイとDFアントニオ・リュディガーがケガで離脱中。主力に多くの故障者を抱えて、決戦の地・バクに向かうことになる。 2019.05.26 20:17 Sun
twitterfacebook
thumb

アザール狙うレアル、移籍金で溝…チェルシーが180億超を要求

レアル・マドリーが獲得を狙うベルギー代表MFエデン・アザール(28)に関して、チェルシーは一步も譲る気がない。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 今シーズンもチェルシーのエースとして活躍し続けるアザール。今夏のレアル・マドリー移籍が有力視されるなかで、先日に自身の将来を決断したことを明らかにしており、29日に行われるアーセナルとのヨーロッパリーグ(EL)終了後に移籍実現の可能性も浮上している。 だが、アザールの売却を迫られていないチェルシーは移籍金として1億3000万ポンド(約180億5000万円)を要求。レアル・マドリーはチェルシーとの契約が1年しか残っていないアザールの状況を鑑みて、8800万ポンド(約122億2000万円)を上限にしているという。 そのアザールの移籍交渉に関して、レアル・マドリーは期日を設けている様子。ベルギーのフットボール界が誇る有識者のクリストフ・テルール氏の見解によれば、EL決勝後からベルギー代表の合宿スタート日である6月4日までを交渉期限に設定しているとのことだ。 2019.05.26 08:55 Sun
twitterfacebook
thumb

解任するなら今して! サッリがコメント

チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督(60)がヨーロッパリーグ(EL)決勝終了後に解任される可能性に言及した。イギリス『メトロ』が報じた。 紆余曲折の末、今シーズンのプレミアリーグで3位に入り、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したサッリ監督。29日、今シーズン初タイトルを目指して、アーセナルとのEL決勝に臨む。 だが、クラブのオーナーを務めるロマン・アブラモビッチ氏はサッリ監督の仕事ぶりに納得しておらず、EL決勝後の解任を検討しているとの見方が浮上している。 渦中のサッリ監督は記者から同報道の件を問われると、次のように返答。EL決勝の結果が将来の行方を左右するのであれば、今すぐにでも解任を求むと訴えた。 「そのような状況であるのなら、私は今すぐにでもそうしてもらいたいね。10カ月間も仕事をしてきたのに、この90分間に全てがかかっているなんて、正しいことじゃない。私の働きに満足しているか、そうじゃないかのどちらかだ」 2019.05.23 13:15 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシー、第2GKカバジェロと1年契約延長

チェルシーは22日、元アルゼンチン代表GKウィルフレッド・カバジェロ(37)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 カバジェロは契約延長について「とても嬉しいよ。来季も楽しみつつ、目標に到達できれば良いね」とコメントしている。 リーガエスパニョーラのエルチェやマラガで正GKとして活躍し、マンチェスター・シティ退団後の2017年7月にチェルシーに加入したカバジェロ。チェルシーでは第2GKを務め、今季は正GKケパ・アリサバラガの控えとして公式戦9試合に出場していた。 2019.05.23 00:35 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーとコンテの裁判が決着…チェルシーが12億円支払いへ

しばらく続いていたチェルシーとアントニオ・コンテ氏の間の違約金に関する裁判が決着したようだ。イギリス『サン』が伝えている。 昨年夏、チェルシー監督解任の憂き目に遭ったコンテ氏は、契約年数の残り1年分の給料と損害賠償金を求める裁判を起こしていた。 その裁判がこの度決着。チェルシー側がコンテ氏に900万ポンド(約12億円)支払うことになったようだ。 チェルシーには上訴できる権利があり、今後高等裁判所で今回の決定が変更になる可能性も伝えられている。 それでも、もし900万ポンドの支払いが確定した場合、チェルシーは2003年にロマン・アブラモビッチ氏がクラブを買収して以降、解任してきた指揮官らに、違約金など総額9000万ポンド(約120億円)以上支払ったことになるという。 2019.05.22 15:27 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース