レーティング:バレンシア 2-4(AGG:3-7) アーセナル《EL》2019.05.10 06:02 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグのバレンシアvsアーセナルが9日にメスタージャで行われ、2-4でアーセナルが勝利した。この結果、2戦合計スコア3-7でアーセナルが決勝進出を決めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。▽バレンシア採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
13 ネト 5.0
ビッグセーブもなく4失点

DF
21 ピッチーニ 5.0
3失点目の場面でラカゼットに寄せきれず

(→ソレール 5.0)
可もなく不可もないプレーに終始した

24 ガライ 5.5
多くのピンチがあったが、及第点の出来

5 ガブリエウ 5.0
守備を統率できず

14 ガヤ 5.5
攻撃では鋭いスルーパスでチャンスを演出

MF
18 ヴァス 5.5
右サイドで攻守に奮闘

17 コクラン 5.5
中盤のバランサーとして及第点の出来

10 パレホ 5.5
ミドルシュートやハードワークで存在感

7 ゴンサロ・ゲデス 6.0
裏抜けやドリブルでの仕掛けで序盤は起点となった

(→フェラン・トーレス 5.0)
特にアクセントを付けるようなプレーはなかった

FW
19 ロドリゴ・モレノ 5.5
絶妙クロスで先制点をアシスト。自身でも積極的にゴールへ迫った

(→サンティ・ミナ 5.0)
目立った仕事はなし

9 ガメイロ 6.0
2ゴールを記録し一矢を報いた

監督
マルセリーノ 5.0
勇敢に戦う意図は見えていたが、失点を止められず準決勝で敗退

▽アーセナル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 チェフ 5.5
失点は致し方なし。堅実なゴールキーピングでチームを決勝へ導く

DF
5 パパスタソプーロス 5.5
ゴンサロ・ゲデスにやや苦戦も耐える

6 コシエルニー 6.0
大きなミスなくプレー

18 モンレアル 6.0
守備の局面で粘り強い対応が光った

MF
15 ナイルズ 6.0
前半は守備に追われたが、後半は攻撃力を生かし1アシスト

11 トレイラ 6.0
攻守にさぼらず

(→グエンドウジ -)

10 エジル 5.5
時折違いを見せたが消える時間も多かった

(→ムヒタリアン 6.0)
試合を決定づけるにアシストを記録

34 ジャカ 6.0
終始、安定したプレーを見せていた

31 コラシナツ 5.5
攻守両面でそつのないプレー。71分に負傷交代

(→ムスタフィ 5.5)
攻守に安定した出来だった

FW
14 オーバメヤン 8.0
ハットトリックを達成。4点に絡んだ

9 ラカゼット 7.0
気の利いたプレーで味方を生かし、自身もゴール

監督
エメリ 6.0
苦手アウェイ戦で快勝。チームを19年ぶりの決勝へ導く

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
オーバメヤン(アーセナル)
難所メスタージャでハットトリックを達成しバレンシアにトドメを刺した。

バレンシア 2-4(AGG:3-7) アーセナル【バレンシア】
ガメイロ(前11)
ガメイロ(後13)
【アーセナル】
オーバメヤン(前17)
ラカゼット(後5)
オーバメヤン(後24)
オーバメヤン(後43)
コメント
関連ニュース
thumb

レーティング: U-20メキシコ 0-3 U-20日本《U-20W杯》

U-20日本代表は26日、U-20ワールドカップ(W杯)・グループB第2節でU-20メキシコ代表と対戦し、3-0で快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽日本採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190526_35_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 若原智哉 6.0 立ち上がりのピンチを好守で凌ぐ。その後も的確なポジショニングでシュートやクロスに対応 DF 5 菅原由勢 6.5 安定した守備に加え、初戦では見せられなかった果敢な攻撃参加から決定機を創出 4 瀬古歩夢 6.5 チームが押し込んだことで初戦に比べ守備機会は多くなかったが、的確な潰しとカバーリングでクリーンシート達成 3 小林友希 6.0 後半半ばに顔面を蹴られて流血も球際で互角以上の強さを見せた 15 鈴木冬一 6.0 相手のキーマンとなったライネスに粘り強く対応。攻撃でも積極的に高い位置を取った MF 9 斉藤光毅 6.0 ややフィニッシュの局面の判断に粗さがあったが、果敢な仕掛けで菅原と共に右サイドで優勢に (→20 中村敬斗 5.5) 投入直後に3点目の起点に。短い時間の中で積極性を見せた 10 齊藤未月 6.5 藤本とポジションを入れ替えながら攻守両面で多くの仕事をこなす。相手の懐に入り込むボール奪取は見事 8 藤本寛也 7.0 先発起用に応える2アシスト。積極的にサイドに流れて数的優位を作り出し、正確なパスでゲームをオーガナイズした。守備面での読みも冴えた (→7 伊藤洋輝 -) 16 山田康太 6.5 初戦と同様に切り替えの局面などハードワークが光った。逆サイドの攻撃が機能していたこともあり、バランス重視のプレーに FW 11 田川亨介 7.0 1ゴール1アシストとエースストライカーの仕事。初戦のうっ憤を晴らす躍動感と戦う姿勢を見せ続けた 13 宮代大聖 7.5 19歳の誕生日を自ら祝う2ゴール。見事な決定力を発揮した (→18 原大智 -) 監督 影山雅永 6.5 先発起用の藤本や宮代、鈴木がいずれも機能。完勝で今大会初勝利 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! 宮代大聖(U-20日本) ゲームメークで違いを見せた藤本や田川も見事だったが、この大舞台でバースデーゴールを決めるなど見事な勝負強さを見せたJ王者川崎の新鋭をMOMに選出。得点以外にボールを引き出す動きも秀逸だった。 U-20メキシコ 0-3 U-20日本 【U-20日本】 宮代大聖(前21) 田川亨介(後8) 宮代大聖(後31) 2019.05.27 00:39 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング:ローマ 2-0 ユベントス《セリエA》

セリエA第36節、ローマvsユベントスが12日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが2-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽ローマ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190513_19_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 83 ミランテ 7.0 クアドラード、ディバラの絶好機を圧巻の反応で阻止。結果的に前半のピンチを凌いだことが勝利に繋がる DF 24 フロレンツィ 6.5 値千金の決勝点を記録するなど要所で気の利いた攻撃参加をみせた。守備では対面にアタッカーがいない場面が多く無理を強いられず 44 マノラス 6.0 ラインコントロールに難があったが、球際での勝負では身体を張れていた 20 ファシオ 6.0 相変らず背後への対応に弱さも、マイボール時は局面を打開するプレーを果敢に狙った 11 コラロフ 5.5 クアドラードと見応えのある攻防。ただ、守備のウィークを補って余りあるほどの攻撃面のプラスは出せず MF 7 ペッレグリーニ 5.5 ポスト直撃の惜しいシュートを放ったが、全体的な仕事量はいまひとつ (→クリスタンテ 5.5) 先制後は中盤のリスク管理を徹底した 42 エンゾンジ 6.5 地対空の競り合いで強さを発揮。とりわけ、奪い切る球際のプレーは味方を助けた 22 ザニオーロ 5.5 先日のユーベ移籍希望報道が影響したか、全体的にミスが目立って存在感を欠く FW 34 クライファート 5.0 持ち味のスピードは見せたが、老獪な相手守備の脅威になるまでには至らず。また、不用意なボールロストであわや失点という (→ジェンギズ・ウンデル 6.0) 2点に絡むジョーカーの役目を完遂 9 ジェコ 6.5 前半は味方と呼吸が合わず、孤立した挙句に相手の徹底監視に苦しむ。だが、後半に見事な1ゴール1アシストでエースの役目を果たす 92 エル・シャーラウィ 5.5 守備でコラロフをサポートしつつ素早い攻守の切り替えで決定機に絡んだ 監督 ラニエリ 6.5 一見消極的な戦い方に見えたが、結果的に辛抱の戦いが実って見事な勝利を手にする ▽ユベントス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190513_19_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 シュチェスニー 5.5 失点に責任なし。古巣対戦も冷静なゴールキーピングを披露 DF 2 デ・シリオ 5.5 クアドラードを後方から支援。守備では粘りの対応でエル・シャーラウィのカットインやコラロフのクロスに対応 (→カンセロ -) 4 カセレス 5.5 キエッリーニと共にジェコを徹底監視。カバーリングも安定 3 キエッリーニ 6.0 ジェコにタイトな寄せを敢行しつつ持ち味の危機察知とシュートブロックで好守を連発 37 スピナッツォーラ 5.5 左サイドで比較的高い位置を取っていたが、攻撃にアクセントを加えられず。ただ、守備のタスクはきっちりこなした MF 16 クアドラード 5.0 立ち上がりの決定機は決め切りたかった。ボールを持った際の仕掛けは脅威となったが、全体的な仕事量は物足りず 23 ジャン 5.5 攻守の切り替えの意識は高かったが、攻守両面でプレー精度がいまひとつ 5 ピャニッチ 5.5 前半はディバラとのコンビプレーでチャンスを演出したが、後半はなかなかチームのリズムを作り出せず (→ベンタンクール 5.0) 自身の出来は可もなく不可もなかったが、投入後の失点はマイナス査定 14 マテュイディ 6.0 インサイドハーフとサイドハーフの2役をうまくこなす。要所で見せる献身的な守備も素晴らしかった (→アレックス・サンドロ -) FW 10 ディバラ 5.5 前半は2度の決定的なシュートを放つなど、ライン間でボールを引き出してからのプレーで起点になったが、後半は完全に消えてしまった 7 C・ロナウド 5.5 前半に鋭い突破を見せたが、コンディションの問題か全体的なプレー精度が低かった 監督 アッレグリ 5.0 手駒が少ない中で前半は試合を支配したが、後半の低調な出来は頂けない ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ミランテ(ローマ) ゴールに絡んだジェコやフロレンツィの活躍も評価したいが、序盤のビッグセーブで後半の反攻に望みを繋いだベテランGKをMOMに選出。前節、終盤のPKストップに続いて大きな仕事を果たした。 ローマ 2-0 ユベントス 【ローマ】 フロレンツィ(後34) ジェコ(後47) 2019.05.13 05:28 Mon
twitterfacebook
thumb

レーティング: チェルシー 1-1(PK4-3) フランクフルト《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグ、チェルシーvsフランクフルトが9日に行われ、1-1で90分を終了した。この結果、2戦合計スコアが2-2となり、延長戦でも決着が付かずに迎えたPK戦を4-3で制したチェルシーが決勝に進出している。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽チェルシー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190510_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ケパ 6.5 120分の中で2本のファインセーブを見せ、PK戦では2本ストップ DF 28 アスピリクエタ 5.5 コスティッチの突破を制限。クリステンセン負傷後はセンターバックでプレーも安定感を欠いた 27 A・クリステンセン 5.0 失点の場面では危機感が希薄だった (→ザッパコスタ 5.5) 延長戦で好クリアを見せたが、クロスは合わなかった 30 D・ルイス 6.0 失点の場面ではヨビッチに競り負けたが、延長戦にスーパークリアを見せた 33 エメルソン・パルミエリ 5.5 もっと攻撃に絡みたいところ MF 17 コバチッチ 5.5 コスティッチの対応に腐心 5 ジョルジーニョ 5.5 前半はゲームを作ったが、後半以降は厳しかった 12 ロフタス=チーク 6.5 先制点を決め、攻撃を牽引 (→バークリ 5.0) 流れを変えられず、ボールへの関与も少なかった FW 22 ウィリアン 5.0 守備を献身的に行うも攻撃面で物足りず (→ペドロ 5.0) 試合に入れず 18 ジルー 5.0 際どいシュート1本放つも存在感がなかった (→イグアイン 5.0) ペドロ同様に試合に入れず 10 アザール 6.0 先制点をアシスト。前半はさすがのキープ力と突破力を発揮も後半は存在感が薄まった 監督 サッリ 5.5 乏しい内容だったが、何とかPK戦で決勝に勝ち上がった ▽フランクフルト採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190510_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 31 トラップ 5.5 やや不安定な面もあったが、何とか凌ぎ、PK戦では1本セーブ DF 19 アブラアム 5.5 前半はアザールに対応できていなかったが、後半は修正した 13 ヒンテレッガー 6.0 PK失敗もジルーにしっかり対応していた 3 ファレット 5.5 時間の経過とともに安定感を増していった MF 24 ダ・コスタ 5.5 運動量落ちずに戦い抜いた。惜しいボレーシュートを1本放つ 17 ローデ 5.5 ロフタス=チークに裏を取られて失点に関与も、後半は持ち直した (→デ・グズマン 5.5) 堅実なプレーに徹した 20 長谷部誠 6.0 バックラインに下がってビルドアップに参加。ゴールにも関与し、ゴールライン上での好クリアも見せた 11 ガシノビッチ 6.0 よく動き回り、ヨビッチのゴールをアシスト (→パシエンシア -) 10 コスティッチ 5.5 複数人に対応され、持ち味の突破はなかなか見られなかったが、延長戦でビッグチャンス演出 FW 4 レビッチ 5.0 出場停止明け。本来の馬力ある突破は見られず (→アラー 6.0) 負傷明け。2つ決定機に絡んだ 8 ヨビッチ 6.5 消えている時間も多かったが、さすがの決定力を発揮 監督 ヒュッター 6.0 戦力的には劣る中、内容では上回って見せた。悔しいPK戦負け ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ケパ(チェルシー) PK戦でシュートを2本止めたケパを選出。後半以降、低調な内容だったチームを決勝に導いた。 チェルシー 1-1(PK4-3) フランクフルト 【チェルシー】 ロフタス=チーク(前28) 【フランクフルト】 ヨビッチ(後4) フランクフルト 3-4 チェルシー 1.アラー 〇 〇 バークリー 2.ヨビッチ 〇 × アスピリクエタ 3.デ・グズマン 〇 〇 ジョルジーニョ 4.ヒンテレッガー × 〇 D・ルイス 5.パシエンシア × 〇 アザール 2019.05.10 06:59 Fri
twitterfacebook
thumb

レーティング:アヤックス 2-3(AGG:3-3)トッテナム《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、アヤックスvsトッテナムが8日に行われ、2-3でトッテナムが勝利した。この結果、2戦合計スコアが3-3となり、アウェイゴール差でトッテナムが決勝に進出した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽アヤックス採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190509_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 24 オナナ 6.5 キックがやや不安定だったが、2つのファインセーブを見せるなどショットストップで存在感 DF 12 マズラウィ 6.0 ソン・フンミンの対応で前半は攻撃参加を自重。途中からボランチをそつなくこなした 4 デ・リフト 6.5 ユベントス戦に続くゴール。守備面でも身体を張った 17 ブリント 5.0 ミスパスが目立ち、ルーカス・モウラのスピード、ジョレンテの高さに苦しんだ 31 タグリアフィコ 5.0 守備重視のプレー。耐えきれなかった MF 20 シェーネ 5.0 前半はベテランらしく攻守のバランスを取ったが、後半に2失点に関与 (→フェルトマン 6.0) 右サイドバックでプレー。守備を締め、ゴールライン上でのクリアも見せた 6 ファン・デ・ベーク 6.0 相変わらずの運動量。2点目に関与 (→マガジャン -) 21 F・デ・ヨング 6.5 攻守に存在感。ビルドアップの起点となり、ピンチの芽も摘んだ FW 22 ジイェフ 7.0 ラマダンの影響なし。幅広く動いて起点となり2点目を決めた。惜しいシュート2本が入っていれば… 25 ドルべリ 5.0 ネレスの負傷により急遽スタメン。ほぼボールが収まらなかった (→シンクフラーフェン 5.5) 左サイドでプレー。守備に追われた 10 タディッチ 6.5 本職ウイングでのプレー。2点目をアシスト。後半途中から最前線でプレーし起点に 監督 テン・ハグ 6.5 前半はいつも通りの戦いを見せたが、後半は押し込まれ過ぎて無念の準決勝敗退 ▽トッテナム採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190509_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロリス 6.5 試合立ち上がりと終盤に2つのファインセーブを見せて奇跡を起こさせる DF 2 トリッピアー 5.0 セットプレー時、デ・リフトとのミスマッチを突かれる。2点目を演出したが、2失点に関与 (→ラメラ -) 4 アルデルヴァイレルト 6.0 後半に入って高い位置を取り攻撃の起点に。守備も落ち着いていた 5 ヴェルトンゲン 6.0 フェイスガードを付けての出場。その影響を感じさせないプレー 3 ローズ 5.5 後半に入って攻撃参加を増やし、アクセントとなった (→B・デイビス -) MF 23 エリクセン 6.0 アクセントを付けるパスで攻撃にリズムを与えた。後半からボランチでプレー 17 ムサ・シソコ 6.0 馬力あるプレーでチームに勢いを与える 20 デレ・アリ 6.0 デ・リフトに競り負けて1失点目に関与。前半は消えていたが、後半に盛り返して決勝点をアシスト 12 ワニャマ 4.5 ボールを受けられず展開もできなかった。そして2失点目はジイェフに付ききれず (→ジョレンテ 6.5) 後半から出場。前線で起点となり反撃の要因に 7 ソン・フンミン 6.0 出場停止明け。仕掛けのプレーで攻撃を牽引 FW 27 ルーカス・モウラ 8.0 劇的過ぎるハットトリックでチームを決勝に導いた 監督 ポチェッティーノ 7.0 過密日程と勤続疲労の影響もあって前半は苦労したが、後半のジョレンテ投入で流れを大きく変えた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ルーカス・モウラ(トッテナム) この大一番で見事な活躍。決定機をことごとく決め、最後のチャンスをモノにして決勝に導いた。 アヤックス 2-3(AGG:3-3) トッテナム 【アヤックス】 デ・リフト (前5) ジイェフ (前36) 【トッテナム】 ルーカス・モウラ (後10) ルーカス・モウラ (後14) ルーカス・モウラ (後51) ※2戦合計スコア3-3、アウェイゴール差でトッテナムが決勝進出! 2019.05.09 06:35 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: リバプール 4-0(AGG:4-3) バルセロナ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)準決勝2ndレグ、リバプールvsバルセロナが7日に行われ、4-0でリバプールが勝利した。この結果、2戦合計スコアを4-3としたリバプールが大逆転で2季連続の決勝進出を果たしている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190508_1_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 アリソン 6.5 彼の好セーブがなければ大逆転劇は生まれなかった DF 66 アーノルド 7.5 コウチーニョを消し、2、4点目をアシスト。とりわけ4点目のアシストは頭脳的だった 32 マティプ 6.5 安定感あるプレーでクリーンシートに貢献 4 ファン・ダイク 6.5 ロングフィードで先制点の起点に。守備面も冷静だった 26 ロバートソン 6.0 質の高い攻撃参加からミドルシュートでゴールを狙ったが、負傷のため前半で交代 (→ワイナルドゥム 7.5 後半からの出場で2ゴール。奇跡の立役者に MF 14 ヘンダーソン 6.5 タイミング良く前線に絡み、先制点に関与 3 ファビーニョ 7.5 潰しのプレーが秀逸だった。配球も問題なし 7 ミルナー 6.0 後半から左サイドバックでプレー。どのポジションでもそつなし FW 23 シャキリ 6.0 久々の先発でなかなか乗り切れなかったが、3点目をアシスト (→スタリッジ -) 27 オリジ 7.0 全体的なプレーの質は高かったとは言えないが、先制点と4点目を決めて大仕事を果たした (→J・ゴメス -) 10 マネ 6.5 サラーとフィルミノが不在の中、攻撃を牽引 監督 クロップ 8.0 主力不在の中、不可能だと思われた大逆転劇を演出。2季連続の決勝進出の偉業を達成 ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190508_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 テア・シュテーゲン 5.0 防げるシュートは止めていたが4失点 DF 20 セルジ・ロベルト 5.0 攻守に良さが出なかった 3 ピケ 5.0 守備を統率できず 15 ラングレ 5.0 ゴール前で身体を張れず 18 ジョルディ・アルバ 5.0 バックパスミスで1失点目に関与し、2失点目にも関与。守備に回った際のプレーに難 MF 22 ビダル 5.5 1stレグに続きハードワークをこなした (→アルトゥール 5.0) 無難にパスは捌いたがそれだけ 5 ブスケッツ 5.0 ゲームを作れず良さは出なかった 4 ラキティッチ 5.0 攻守に低調だった FW 10 メッシ 6.0 個人技で幾つかチャンスを生み出すもゴールを決めるには至らず 9 スアレス 5.5 動きは悪くなかったが、決定的なシュートはアリソンに止められた 7 コウチーニョ 5.0 惜しいシュート1本。古巣対決で存在感示せず 監督 バルベルデ 5.0 後手後手に回る采配に。ビダル交代が裏目に ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ワイナルドゥム(リバプール) 奇跡を起こした全選手がMOMに相応しいところだが、逆転の可能性を大きく手繰り寄せる2ゴールを挙げたワイナルドゥムを選出。1stレグでは不慣れな1トップでの起用から本職中盤の位置からゴール前に絡む動きで持ち味を遺憾なく発揮した。 リバプール 4-0 バルセロナ 【リバプール】 オリジ(前7) ワイナルドゥム(後9) ワイナルドゥム(後11) オリジ(後34) ※リバプールが2戦合計4-3で決勝進出! 2019.05.08 06:04 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース