オーバメヤンのハットで難所メスタージャを攻略したアーセナルが19年ぶりの決勝進出!《EL》2019.05.10 06:01 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグのバレンシアvsアーセナルが9日にメスタージャで行われ、2-4でアーセナルが勝利した。この結果、2戦合計スコア3-7でアーセナルが決勝進出を決めた。先週に敵地で行われた1stレグを1-3で落としたバレンシアは、逆転突破のために少なくとも2点以上が必要なる中、1stレグのスタメンから先発を3人変更。ソレール、ディアカビ、ロンカーリアに代えてガメイロ、コクラン、ヴァスを先発で起用。前回対戦に行った奇策の[5-3-2]から普段の[4-4-2]に布陣を変更した。

一方、0-1の敗戦でも突破となるアーセナルは、直近のリーグ戦で17位のブライトン相手にホーム最終戦で痛恨のドロー。これにより事実上の5位以下が確定し来季チャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得するためにEL優勝が絶対条件となったアーセナルは、1stレグから先発を2人変更。グエンドウジとムスタフィに代えてトレイラとモンレアルを先発で起用した。

試合はホームのバレンシアが積極的な入りを見せると11分、ゴンサロ・ゲデスのパスでボックス左に侵入したロドリゴ・モレノが相手GKとDFの間へ折り返しを供給。これを逆サイドから走り込んだガメイロがすべり込みながら右足で合わせ、ゴールネットを揺らした。

先制点で勢いの増すバレンシアは、14分にもスルーパスで左サイドを抜け出したゴンサロ・ゲデスの折り返しからロドリゴ・モレノが決定機を迎えたが、左足から放たれたシュートはゴール前のガメイロに当たってしまった。

先手を許したアーセナルだが、17分に反撃に出る。GKチェフのゴールキックを前線のラカゼットが頭で繋ぐと、これを胸トラップで収めたオーバメヤンがペナルティアーク右まで持ち込み、アウト回転をかけたシュートをゴール右に突き刺した。

一進一退の展開が続く中、アーセナルは33分にエジルのラストパスをボックス中央で受けたオーバメヤンがシュートを放ったが、これはGKネトが正面でキャッチ。さらに39分には、ボックス右から侵入したオーバメヤンの折り返しをラカゼットが合わせたが、これは枠の右に逸れた。

1-1で迎えた後半、先にスコアを動かしたのはアウェイチーム。敵陣でロストボールを拾ったトレイラがボックス中央へパスを送ると、これを受けたラカゼットが相手DFを背負いながらも巧みなターンからシュート。これがゴール右に突き刺さった。

勝ち越しを許したバレンシアは58分、パレホのスルーパスをボックス右まで侵入したヴァスがマイナスに折り返すと、ボックス内に走り込んだロドリゴ・モレノがダイレクトシュート。これがゴール前のガメイロに当たると、上手くトラップしたガメイロがそのままゴールに流し込んだ。

同点に追いつかれたアーセナルだが69分、ジャカからのサイドチェンジを右サイドで受けたナイルズが縦への突破からクロスを供給すると、ニアに走り込んだオーバメヤンがスライディングシュートでゴールネットを揺らし、再び勝ち越しに成功した。

さらにアーセナルは、試合終了間際の88分にもグエンドウジのパスをボックス手前のムヒタリアンがワンタッチではたくと、ボックス右深くまでに抜け出したオーバメヤンが豪快なシュートをゴールに突き刺した。

結局、試合はそのまま2-4で終了。オーバメヤンのハットトリックで難所メスタージャを攻略したアーセナルが、2戦合計スコア7-3で19年ぶりのEL決勝へ駒を進めた。
コメント
関連ニュース
thumb

古巣が恋しいヴェンゲル氏、ムヒタリアン問題について「普通ではない」

昨シーズンまでアーセナルを率いていたアーセン・ヴェンゲル氏が、アーセナルやヨーロッパリーグについて語った。イギリス『BBC』が報じた。 22シーズンに渡りアーセナルの監督を務めてきたヴェンゲル氏だったが、2017-18シーズンを最後に退任。その後は、監督業を行わず、様々な形でサッカーに関わってきた。 再び現場に戻ってくることが常に噂されているヴェンゲル氏だが、現在は「分岐点にいる」とコメント。「すぐにマネジメントに戻ると思っていたが、少し距離をとって楽しんでいた」と明かし、色々な視点でサッカーを楽しんでいたと語った。 そんな中、古巣であるアーセナルは自身の後任であるウナイ・エメリ監督の下、プレミアリーグはトップ4を逃し5位でフィニッシュ。しかし、ヨーロッパリーグでは順調に勝ち上がり、決勝にまで駒を進めた。 来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得するには、優勝しか残されていないアーセナル。ヴェンゲル氏は、古巣が恋しいとコメントした。 「競争することが恋しくなり、アーセナルも恋しい」 「私は人生の22年間をアーセナルに費やしてきた。人生のすべての時間をこのクラブに捧げており、クラブの中で育てた価値観が恋しい」 「アーセナルをサポートする。それは私のクラブにとって永遠だ」 また、チェルシーとの決勝はアゼルバイジャンのバクーで開催されるが、チケットや移動手段の問題がファンを直撃している。さらに、アーセナルのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンが政治的な影響でプレーを回避せざるを得なくなったが、ヴェンゲル監督は両問題について言及した。 「ファンにとっては少し悪夢だろう」 「チームに問題はない。彼らは理想的なコンディションを持っている。プライベートジェット機、素晴らしいビジネスシートを持っている。問題はファンだ」 「そして、ムヒタリアンの状況は、サッカーでは起こり得ないことだ」 「ヨーロッパで、とても民主主義が洗練されている中、政治的な理由でプレーすることができないというのは、2019年では普通ではない」 2019.05.25 15:38 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル退団のウェルベック争奪戦、エバートンがリードか

今シーズン限りでアーセナルを退団する元イングランド代表FWダニー・ウェルベック(28)にエバートン移籍の可能性が高まっているようだ。イギリスのロンドン地元紙『イブニング・スタンダード』が報じた。 ウェルベックは2014年夏に5年契約でマンチェスター・ユナイテッド加入後、公式戦通算126試合に出場して32得点15アシストを記録。契約最終年の今シーズンだったが、昨年11月に行われたヨーロッパリーグ(EL)のスポルティング・リスボン戦で足首を骨折してから欠場が続き、契約満了で退団が決まった。 そのウェルベックを巡ってはウェストハムやニューカッスル、クリスタル・パレス、ウォルバーハンプトンらプレミアリーグの複数クラブが関心を示しているが、現時点でアーセナルで受け取る週給10万ポンド(約1300万円)の支払いをいとわないエバートンがポールポジションに立っているという。 また、アーセナル時代の同僚である元イングランド代表FWセオ・ウォルコットの存在もウェルベックにとって、エバートン行きの魅力になり得るとも…。だが、2020年のユーロでイングランド代表に返り咲くべく、より出場機会を得られる移籍先を選ぶ意向とのことだ。 2019.05.25 12:15 Sat
twitterfacebook
thumb

プレミア勢がRBライプツィヒの逸材CBコナテに関心

RBライプツィヒに所属するU-21フランス代表DFイブラヒマ・コナテ(19)にマンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リバプールの3クラブが関心を示しているようだ。『Euro United』が伝えている。 2017年夏に母国のソショーからライプツィヒに移籍したコナテは、193cmの巨躯に加えて、快足揃いのライプツィヒの中でもトップクラスのスピードを誇るアスリート型のセンターバックだ。また、積極的な持ち出しや正確な右足のフィードも兼備している。今季は公式戦42試合に出場し3ゴールを記録していた。 先日にスイスのスポーツ研究国際センター(CIES)が発表した1999年以降に生まれたヨーロッパ5大リーグに所属する20歳以下の若手プレーヤーの市場価値ランキングでは4000万ユーロ(約49億円)で11位にランクインした逸材だ。 『Euro United』が伝えるところによれば、そのコナテには守備の改善が急務のユナイテッド、アーセナルの2クラブが強い関心を示しているという。 また、FWサディオ・マネ、MFナビ・ケイタと“レッドブル・グループ”産のタレントが主力として活躍しているリバプールも、コナテの獲得に興味を示しているようだ。 2019.05.24 18:15 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルからユナイテッドに移籍…ファン・ペルシが当時を回想

現役を退いた元オランダ代表のロビン・ファン・ペルシ氏がアーセナルからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した当時を振り返った。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ファン・ペルシは2004年から8年間にわたり、アーセナルで活躍。公式戦278試合132得点を記録した。だが、個人として得点王に輝いた2011-12シーズンも夢だったプレミアリーグが叶わず、同シーズン終了後に宿敵ユナイテッド移籍を決断。個人として2年連続のプレミアリーグ得点王に輝き、移籍初年度に悲願のリーグ優勝を経験した。 その後、フェネルバフチェを経て、キャリアスタートの地フェイエノールトに戻り、今シーズン限りで現役を引退したファン・ペルシ。イギリス『BBC』のインタビューで、当時、物議を醸したユナイテッド移籍決断の背景を語るとともに、ときを経て、アーセナルファンに感謝した。 「ファンは怒っていたと思う。あの当時(2011-12シーズン)の僕はキャプテンであり、ゴールスコアラー。そして、(プレミアリーグで)3位だった。でも、誰しもが挑戦や新たな冒険の必要性を感じるときがある」 「みんなを傷つけてしまったのなら、ごめん。でも、それが私なんだ。私があの決断を下して、私自身がそれを支持した。ただ、アーセナルのことをネガティブに見ているわけじゃない。彼らを悪く言うことは無理だ」 「彼らは美しいフットボールクラブで、私も素晴らしい時間を過ごさせてもらった。若造として加わり、大人として、より成熟した選手として旅立った。アーセナルの誰にも悪い気持ちはない。むしろ、感謝している」 2019.05.24 12:05 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナル、新CBにスペイン代表DFエルモソをリストアップか…移籍金は25億円

アーセナルがエスパニョールに所属するスペイン代表DFマリオ・エルモソ(23)の獲得に興味を示しているようだ。イギリス『メトロ』が報じている。 レアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)でプロデビューを飾ったエルモソは、バジャドリーへのレンタル移籍を経て、2017年7月にエスパニョールへ完全移籍。左利きで優れたインターセプトやカバーリング能力を武器に、今シーズンのリーガエスパニョーラ35試合に出場し、昨年11月にはスペイン代表デビューも飾っている。 今回伝えられるところによると、そのエルモソに対して、アーセナルが獲得を検討。ウナイ・エメリ監督は、ドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィのパフォーマンスに満足しておらず、新たなセンターバックの獲得を希望しているようだ。 バイエルンやパリ・サンジェルマン(PSG)も獲得に興味を示している同選手の推定移籍金は1800万ポンド(約25億円)。だが、エルモソには、エスパニョール加入時に買い戻しオプションが含まれており、レアル・マドリーが600万ポンド(約8億3000万円)で連れ戻し、高値で売却する可能性があるとのことだ。 2019.05.23 18:07 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース