嬉し泣きのポチェッティーノ、逆転突破に「魔法の夜を過ごした」2019.05.09 14:26 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が決勝進出に向けて喜びを爆発させている。スペイン『マルカ』が伝えている。トッテナムは8日、チャンピオンズリーグ(CL)準決勝でアヤックスとの2ndレグに臨んだ。ホームで行われた1stレグを0-1で落としたトッテナムは、この試合でも前半に2失点を許す苦しい展開に。だが、後半にブラジル代表FWルーカス・モウラがハットトリックの大暴れ。アウェイゴール差でアヤックスを上回ったトッテナムがクラブ史上初のファイナル進出を決めた。

試合後、ポチェッティーノ監督は嬉し泣き。逆転での突破に「魔法が起きた」と感無量になった。

「私たちはフットボールにおける魔法の夜を過ごした。選手たちを祝福したい。逆境の中で彼らが戦っている姿を見ると、うれしくて泣いてしまうよ」

「大きなことを成し遂げるには、情熱をもって取り組まなければならない。まだ我々はファイナリストに過ぎないが、マドリッド行き(決勝戦行き)に値するチームだ」

なお、6月1日に行われる決勝の対戦カードはトッテナムvsリバプールに決まり、アトレティコ・マドリーの本拠地ワンダ・メトロポリターノが会場に。CL決勝でのプレミアリーグ勢対決は2007-08シーズンのマンチェスター・ユナイテッドvsチェルシー以来、11年ぶりだ。
コメント
関連ニュース
thumb

スパーズ、エリクセン後釜にロ・セルソをリストアップ…約73億円を用意か

トッテナムがベティスに所属するアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・セルソ(23)の獲得に動いているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 絶対的な司令塔に君臨しているMFクリスティアン・エリクセン(27)が流出の危機に瀕しているトッテナム。レアル・マドリーが同選手に対して強い関心を寄せており、ロ・セルソがエリクセンの去就のカギを握っていると『アス』は主張している。 エリクセンの流出に備えてトッテナムは、ロ・セルソに関心を寄せており、ベティスと数日間に渡り交渉を続けている模様。移籍金として6000万ユーロ(約73億4000万円)を投じる準備ができているという。 母国のロサリオ・セントラル出身であるロ・セルソは、足元の技術に加えパスセンスが光るトップ下を主戦場とするレフティーだ。パリ・サンジェルマン(PSG)からベティスにレンタル移籍した今シーズンは、公式戦46試合で16ゴール6アシストをマーク。今年4月には、推定移籍金2500万ユーロ~3000万ユーロ(約30憶6000万円~約36億7000万円)で完全移籍に切り替わっている。 以前、同メディアからエリクセンの後釜としてマドリーのスペイン代表MFダニ・セバージョスに興味を示しているとの報道があったトッテナムだが、本命は果たして…。いずれにせよ、エリクセンの今夏の動きに注目したい。 2019.05.25 19:03 Sat
twitterfacebook
thumb

怒りのマドリーが公式声明! ポチェッティーノ監督のジョークに余裕なし?

シーズンの悪い流れを引きずっているのだろうか。レアル・マドリーが余裕のなさを露呈してしまった。 6月1日に行われるチャンピオンズリーグ決勝。今シーズンの舞台は、マドリッドにあるアトレティコ・マドリーの本拠地、ワンダ・メトロポリターノだ。 決勝に勝ち進んだのは、リバプール、トッテナムとプレミアリーグの2クラブ。スペインの首都・マドリッドで対戦する珍しい光景ともなる。 そんな中、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、『El Partidazo de COPE』で決勝に向けたプランを明かし、「決勝に先立ち、我々はバルデベバス(マドリーのトレーニング施設)でトレーニングし、近くのホテルで宿泊する」とコメントした。 そして「我々は、スポーツセンターで宿泊できるようにフロレンティーノ(・ペレス/レアル・マドリー会長)に頼んだのだが、レアル・マドリーの監督になったら、初めてそこに宿泊できると言ってきたんだ」とコメント。かつてマドリーからの監督就任オファーの噂もあっただけに、ポチェッティーノ監督はジョークとしてコメントしていた。 しかし、マドリーはこの発言に対し公式声明を発表。ポチェッティーノ監督の発言に驚いていること、そして宿泊の要求が嘘であり、どのクラブでも利用可能であると主張した。 「レアル・マドリーはトッテナム・ホットスパーもマウリシオ・ポチェッティーノ監督が明らかにした、チャンピオンズリーグ決勝のためにシウダー・レアル・マドリーに宿泊できるようにというクラブへの要求について驚いている」 「レアル・マドリーは、この要求が明らかに嘘であることを明確にしたいと思います。我々のクラブは、常にUEFA、スペインサッカー連盟、アトレティコ・マドリー、リバプール、トッテナムの全ての要求に応えるために、完全に利用可能であることを示してきました」 「レアル・マドリーに提出された全ての要求は、シウダー・レアル・マドリーのトレーニングキャンプと、そのドレッシングルームの使用のみを参照としたものです。そして、それら全てが、我々のクラブによって認められています」 「したがって、リバプールは6月1日の土曜日の午前中に我々の施設でトレーニングする計画です。トッテナムは、5月30日(木)と31日(金)にトレーニングをします」 「レアル・マドリーはチャンピオンズリーグのファイナリストの宿泊施設は、組織と安全の基準に従い、UEFAによって割り当てられていることを強調します。我々のクラブは、トッテナムがシウダー・レアル・マドリーの施設に宿泊する要求をされたことはありません」 宿泊施設がUEFAから割り当てられることは明確であり、ポチェッティーノ監督の発言がジョークであることも明白だったが、まさかの公式声明となった。 これまでにもガレス・ベイルやルカ・モドリッチをはじめとして、選手の移籍でも関係を築いている両者。ポチェッティーノ監督の発言が一人歩きし、誤解を避けたいという意図があったのかもしれないが、余裕のなさを感じざるを得ない声明とも言える。または、ジョークに公式声明で返すという高等なお笑い技術なのかもしれない。 2019.05.25 13:15 Sat
twitterfacebook
thumb

スパーズ、フルスカッドでCL決勝へ! ケイン&ウィンクスが順調に回復

トッテナムは6月1日にリバプールとのチャンピオンズリーグ(CL)決勝を戦う。この大一番をフルスカッドで戦える可能性が高まっている。イギリス『スカイ・スポーツ』が最新のチームニュースを伝えている。 トッテナムにとって今回のファイナルを戦ううえでの懸念材料は、エースストライカーのFWハリー・ケインと中盤の主力MFハリー・ウィンクスのコンディションだ。 ケインは先月9日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのマンチェスター・シティ戦で左足首じん帯を損傷。一方、ウィンクスは4月29日にそ径部の手術を受けていた。 トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は23日、ケインの回復具合に関して以下のように言及している。 「ケインはトレーニングをこなしている。回復は順調に進んでいる」 「我々は彼がスタメンかベンチからか、またはロッカールームでの道徳的なサポートか、そのいずれにしても彼が我々と一緒にいて助けとなることを期待している。ただ、我々は彼がピッチ上で助けになってくれるということを楽観視している」 また、ウィンクスに関しては今週に入ってチームメート共にすべてのトレーニングメニューを消化しており、一部別メニューのケインに比べてコンディションは良好のようだ。 その他の負傷者に関しては、それぞれ足首と太ももに問題を抱えるDFヤン・ヴェルトンゲン、DFダビンソン・サンチェスの2選手に関してもトレーニングに復帰しており、決勝までにはプレー可能な状態に仕上げられるようだ。 2019.05.24 23:02 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズ、ベンフィカの20歳新星FWジョタ獲得に動く

トッテナムがベンフィカに所属するU-21ポルトガル代表FWジョタ(20)の獲得に動いているようだ。ポルトガル『record』が伝えている。 “ジョタ”の愛称で知られるジョアン・フィリペは、ベンフィカの下部組織出身の右利きのウインガー。ポルトガル代表FWリカルド・クアレスマや利き足は異なるものの、ベンフィカ時代のポルトガル代表MFベルナルド・シウバを想起させるトリッキーなドリブルや創造性溢れるパス、シュートセンスを誇る新進気鋭のアタッカーだ。 今季トップチームでは公式戦6試合の出場に留まっているが、ポルトガルの年代別代表ではU-17欧州選手権、U-19欧州選手権で同国の優勝に貢献し、ベンフィカBでは主力を担う大器だ。 トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、バイエルンも獲得を狙っていると言われるジョタを高く評価しており、来シーズンの攻撃オプションの1つと考えているようだ。 なお、ジョタは1億ユーロ(約123億円)超えの評価額となっているポルトガル代表FWジョアン・フェリックス(19)と異なり、契約解除金はお手頃な3000万ユーロ(約37億円)に設定されている。 2019.05.22 17:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スパーズ、エリクセン流出ならセバージョスを指名か

トッテナムが、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が報じている。 デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(27)の契約延長が難航しているトッテナム。同選手はレアル・マドリー移籍が盛んに取り沙汰されており、一部メディアでは個人合意したとも報じられていた。 そして『アス』によれば、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、エリクセンが流出した場合の後釜としてセバージョスに関心を寄せているという。アルゼンチン人指揮官は以前からスペイン代表MFに興味を示しており、チームの中心に据えたいと考えているようだ。 そのセバージョスは今年3月に復任したジネディーヌ・ジダン監督のもとで構想外になっている。事実ジダン体制では3試合しか出場しておらず、出場機会を求める同選手の今夏の退団は有力視されている。 2019.05.22 14:44 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース