ブンデス昇格・降格プレーオフの日程が確定! 日本人対決の可能性も…2019.05.09 01:05 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドイツサッカー連盟(DFB)は8日、今季行われるブンデス昇格・降格プレーオフの日程が確定したことを発表した。ブンデス昇格・降格プレーオフでは、ブンデスリーガ16位のクラブとブンデス2部で3位のクラブと対戦する。DFBの発表によれば、第1戦は5月23日(木)20:30(日本時間27:30)から、第2戦は同27日(月)20:30(日本時間27:30)よりキックオフ。

なお、ブンデスリーガでプレーオフ進出の可能性を残しているのは、シュツットガルト(勝ち点24)、ニュルンベルク(勝ち点19)、ハノーファー(勝ち点18)の3クラブのみ。現在16位のシュツットガルトは、残り2試合で1勝すればプレーオフ進出が確定。17位ニュルンベルクと最下位ハノーファーは、共に2連勝が必須であり、シュツットガルトが1分1敗ならば得失点差により、ニュルンベルクが逆転でプレーオフ進出となる。

一方、ブンデス2部では現在2位のパダーボルン(勝ち点54)含め、3位のウニオン・ベルリン(勝ち点53)、4位のハンブルガーSV(勝ち点53)、5位のハイデンハイム(勝ち点49)、6位のザンクトパウリ(勝ち点48)まで、プレーオフ出場の可能性が残されている。
コメント
関連ニュース
thumb

デュッセルドルフ、降格シュツットガルトからMFトミーをレンタルで獲得

デュッセルドルフは10日、ブンデスリーガ2部に降格したシュツットガルトからドイツ人MFエリック・トミー(24)をレンタルで獲得したことを発表した。 アウグスブルクで2014年2月にプロデビューを飾った両サイドでプレー可能なトミーは、2018年1月にシュツットガルトへ完全移籍。シュツットガルトでは移籍後即レギュラーの座を掴んだが、2018-19シーズンはブンデスリーガ19試合の出場で1ゴール1アシストに終わり、シーズン後半はベンチを温める機会が多かった。 デュッセルドルフは今夏、マンチェスター・シティからアメリカ代表GKザック・ステッフェン(24)を、シャルケからガーナ代表FWベルナルド・テクペテイ(21)らを獲得している。 2019.07.11 06:46 Thu
twitterfacebook
thumb

初昇格ウニオン・ベルリン、POで対戦したシュツットガルト退団のゲントナーを獲得

ブンデスリーガ1部に初昇格したウニオン・ベルリンは5日、シュツットガルトを退団していた元ドイツ代表MFクリスティアン・ゲントナー(33)を1年契約で獲得したことを発表した。 1999年にシュツットガルトの下部組織に入団したセントラルMFのゲントナーは、2005年2月にトップチームデビュー。2007年夏から2010年冬まで一時ヴォルフスブルクに移籍した時期があったものの、キャリアの大半をシュツットガルトで過ごした。 そのシュツットガルトでは公式戦373試合に出場して50ゴール45アシストを記録。2018-19シーズンもブンデスリーガで29試合に出場して5アシストと、主力としてプレーしていた。しかし、1部残留の懸かったウニオン・ベルリンとのプレーオフではゴールを決めたものの、チームはアウェイゴール差で敗退。3シーズンぶりに2部降格の憂き目に遭っていた。 そのゲントナーはシュツットガルトとの契約満了をもって退団していた中、プレーオフで敗れた相手への移籍が実現する形となった。 2019.07.06 06:17 Sat
twitterfacebook
thumb

シャルケ、ミランらとの争奪戦を制してトルコ代表DFカバクを獲得!

シャルケは30日、シュツットガルトからトルコ代表DFオザン・カバク(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「4」に決定。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 ビッグクラブとの争奪戦を制して19歳の逸材獲得に成功したシャルケのヨッヘン・シュナイダーSD(スポーツ・ディレクター)は、以下のようなコメントを残している。 「ヨーロッパ屈指の若きタレントをシャルケに連れてくることができて本当に嬉しいよ。オザン・カバクは他の多くのクラブとの争奪戦の中で、意識的に我々を選んでくれた」 ガラタサライ下部組織出身のカバクは、足元の技術に加えて優れたカバーリングが武器のセンターバック。昨シーズンのトルコリーグ第33節のコンヤスポル戦でトップチームデビューを果たし、実質1年目となった今シーズンも公式戦17試合に出場していた。 また、今年1月にガラタサライから加入したシュツットガルトでは、ブンデスリーガで15試合に出場し3ゴールを記録していた。 今冬にシュツットガルトに加入したばかりのカバクだが、クラブの2部降格に伴い今夏の移籍が有力視され、アーセナルやトッテナム、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルンといったビッグクラブと共に一時はミラン行き濃厚とされたが、引き続きドイツでのキャリア続行を選択した。 2019.06.30 21:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ミラン、ビッグクラブ注目の19歳トルコ代表センターバックの獲得に接近

ミランがブンデスリーガ2部に降格したシュツットガルトのトルコ代表DFオザン・カバク(19)の獲得に接近しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 同メディアによればミランはカバク獲得のために移籍金1500万ユーロ(約18億3000万円)を用意。そして24日にミランの幹部とカバクの代理人を務める兄弟が会談を持ったとのことだ。そして、残すはカバク本人との契約を詰めるだけと同メディアは主張している。 今年1月にガラタサライからシュツットガルトへと移籍したカバクは、ブンデスリーガで15試合に出場し3ゴールを記録していた。そのカバクには、アーセナルやトッテナム、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルンといったビッグクラブが興味を持っているとのことだった。 2019.06.25 01:41 Tue
twitterfacebook
thumb

シント=トロイデンで躍動の鎌田大地、ドイツ2部行きか

フランクフルトからシント=トロイデンへとレンタル移籍していたFW鎌田大地だが、フランクフルトへ戻ることはなさそうだ。ベルギー『voetbalkrant.com』が報じた。 2017年7月にサガン鳥栖からフランクフルトへと完全移籍で加入した鎌田だったが、加入1年目はニコ・コバチ監督(現バイエルン監督)の信頼を得られず、ブンデスリーガで3試合、DFBポカールで1試合の出場にとどまっていた。 迎えた2シーズン目も構想外となると、シント=トロイデンへとレンタル移籍。するとベルギー・ジュピラー・プロ・リーグで24試合に出場し12ゴール2アシストを記録。チームの攻撃の中心として活躍し、日本代表にも招集されていた。 プレーオフ2へ進んだチームにおいても、10試合に出場し3ゴール5アシストと活躍を見せた鎌田。市場価値も加入時に比べ2倍に高騰したものの、フランクフルトへ戻ることはないとされている。 そんな鎌田の移籍先に浮上したのが、ブンデスリーガ2部のシュツットガルトだ。今シーズンはリーグ戦を16位で終え、プレーオフに進んだもののウニオン・ベルリンに敗れて2部へ降格。1年でのブンデスリーガ復帰を目論みるシュツットガルトは、チーム再建に動いており、鎌田が優先的に考えられているという。 シュツットガルトは、かつて日本代表FW岡崎慎司(現レスター・シティ)や元日本代表DF酒井高徳(現ハンブルガーSV)、FW浅野拓磨(現ハノーファー)ら日本人がプレーしたことでも知られている。 フランクフルト加入時は160万ユーロ(約1億9400万円)程度だった価値も、450万ユーロ(約5億4500万円)にまで上昇しており、どこが獲得するのか注目が集まる。 2019.06.21 10:50 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース