広島、強敵広州恒大を倒し首位突破決定! 日本勢一番乗り《ACL2019》2019.05.08 21:02 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンフレッチェ広島は8日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・2019グループF第5節で広州恒大と対戦し、1-0で勝利した。

ここまで3勝1敗で首位に立つ広島。だが、リーグ戦では3連敗中と決していい状態ではない。引き分け以上でグループステージ突破が決まる中で、直近の横浜F・マリノス戦からスタメンを7人変更して臨んだ。

ファーストシュートは広島。9分、左CKのこぼれ球を東がボックス手前左からダイレクトシュート。インサイドステップで丁寧に合わせたが、シュートは枠の上を越えてしまった。11分には右からのクロスにパトリックが飛び込んだが、頭一つ分届かずボールは流れた。

相手の守備の隙間を突いて縦パスを量産する広島は左CKを得た15分、森島のクロスをニアの佐々木がバックヒールで後ろに流すと、これが相手の足に当たってオウンゴールを誘った。

先制点に絡んだ佐々木は21分に左サイドから中へカットインし自らミドルシュート。30分には森島がトライ。だがこれは相手にブロックされる。

守備では素早いチェックで自由にボールを持たせず主導権を掴んでいく。それでも42分に右サイドを攻められると、クロスを収めたヤン・シュウウェイにボックス内からシュートを打たれる。しかし、ゴールライン上で野上がブロック。ファインプレーでチームを救う。

広島の1点リードで迎えた後半、広州恒大は2人選手を入れ替えてテコ入れ。立ち上がりは広州恒大が攻勢を強めたものの、堅守が売りの広島もしっかり対応。

61分に広島も東を下げて柏を投入。64分には渡が野津田に代わってピッチに立った。

攻撃的な選手を投入したが、70分の時点で後半はシュート無し。我慢の時間帯が続く。そんな中75分にガオ・リンにボックス右からのシュートを許すが左に外れた。

広島は最後の交代カードでパトリックを下げて皆川を送り出す。あくまで点を奪いに行く作戦のようだ。それでも広島は防戦一方。後半初のシュートは84分。敵陣左サイドからのFKを皆川がダイビングヘッド。バックヘッドとなったシュートはGKの手の中に納まった。

その後、4分の後半アディショナルタイムも広島は粘り強く守り抜き、前半のオウンゴールで逃げ切りに成功。大会4連勝で最終節を残して首位突破を決めた。

一方、グループFもう一試合、大邱FCvsメルボルン・ビクトリーは4-0で大邱FCが勝利した。

開始9分にエドガルのゴールで早々に先制した大邱FCは、1点リードで試合を折り返すと、後半怒涛の3得点で敗退が決まっているメルボルン・ビクトリーを粉砕。広州恒大を抜いて2位に浮上した。最終節は広州恒大と大邱FCが激突する。
コメント
関連ニュース
thumb

コパメンバー入りの広島2選手が意気込み! 初招集の松本は「謙虚に自分らしく」《コパ・アメリカ・ブラジル2019》

日本サッカー協会(JFA)は24日、6月に行われるCONMEBOLコパ・アメリカ・ブラジル2019に向けた日本代表メンバー23名を発表した。 日本代表は6月14日にブラジルで開幕するコパ・アメリカに招待国として、20年ぶりに参加する。 今回、フル代表初招集となったサンフレッチェ広島のMF松本泰志、前日のキリンチャレンジカップに続き招集のGK大迫敬介がクラブを通じてコメントしている。 ◆MF松本泰志 「初めてA代表に選出されて、とても光栄に思います。日の丸を背負って戦う責任と自覚を持ち、謙虚に自分らしく頑張りたいと思います。また、今回はなかなか経験できない南米の強豪国と戦えるので、自分の成長にもつなげていきたいです。応援をよろしくお願いいたします」 ◆GK大迫敬介 「日本代表に選出されて嬉しく思います。 南米の強豪国とたくさん試合ができる滅多にない機会ですので、ぜひピッチに立ちたいですし、その時はいいパフォーマンスを見せたいと思います。チームとしても良い内容と良い結果で大会を終えられるように頑張ります。応援をよろしくお願いいたします」 2019.05.24 16:07 Fri
twitterfacebook
thumb

初招集された広島の若き守護神GK大迫敬介「小さい頃からの夢が叶い、とてもうれしく思う」《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は23日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー27名を発表した。 トリニダード・トバゴ代表(6月5日/豊田スタジアム)、エルサルバドル代表(同月9日/ひとめぼれスタジアム宮城)と対戦する今回のキリンチャレンジカップは、コパ・アメリカに臨むメンバーとは別に発表された。 今回のメンバーに招集されたGK大迫敬介(サンフレッチェ広島)がクラブを通じてコメントしている。 ◆GK大迫敬介(サンフレッチェ広島) 「小さい頃からの夢が叶い、とてもうれしく思います。日本代表に選ばれることができたのも、僕だけの力だけでなく、チームメイトやスタッフ、ファンやサポーターの皆さんのおかげです。みんなの思いをしっかりと背負って、堂々としたプレーを見せたいと思います。応援をよろしくお願いいたします」 2019.05.23 15:20 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島のACL決勝T進出でJ1の日程が変更

明治安田生命J1リーグは22日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の鹿島アントラーズの決勝進出に伴い、リーグ戦の日程が変更されたことを発表した。 鹿島は、山東魯能、慶南FC、ジョホール・ダルル・タクジムと同居のグループEに。第3節まで2勝1分けと好調だったものの、その後の2試合で連敗。2位で迎えた最終節で山東魯能に2-1の逆転勝利を収め、2位通過を決めた。 これにより予定されていたJ1リーグ第15節の鹿島アントラーズvsセレッソ大阪および第17節の鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島の日程が変更となった。 ◆日程変更 第15節 鹿島アントラーズvsセレッソ大阪 6月15日(土)18:30→6月14日(金)19:00 第17節 鹿島アントラーズvsサンフレッチェ広島 6月29日(土)18:30→6月30日(日)18:30 2019.05.22 22:35 Wed
twitterfacebook
thumb

広島が本田ラストマッチのメルボルンVに快勝!GS5勝1敗で堂々の首位突破!!《ACL2019》

サンフレッチェ広島は22日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループF最終節でメルボルン・ビクトリーと対戦し、3-1で勝利した。 前節にグループ首位突破を決めている広島。国内リーグでは5連敗で絶不調であるのとは裏腹に、こちらでは4連勝と絶好調だ。今回のアウェイ戦に向けては若手主体の構成に。ベンチ入りは4人のみとなった。 メルボルン・ビクトリーでは本田圭佑がラストマッチ。そんな一戦で先制したのは広島だった。5分、森島の右CKを松本大弥が頭で逸らすと、もう一人の“松本”、松本泰志が押し込んでネットを揺らした。 だがその後は攻め込まれる展開に。メルボルン・Vは17分にトイヴォネンの突破からバエナがボックス左からシュート。ゴール右下を狙ったシュートだったが枠を外れた。27分には本田のパスからトイヴォネンにチャンスが訪れたが、シュートは右に逸れた。 その2分後には水本のファウルでメルボルン・VがFKを獲得。ボックス手前右という絶好の位置でキッカーは本田。短い助走から味方に合わせるようなキックはGK林が直接キャッチした。なお、このプレーでイエローカードを受けた水本は、次戦は累積で出場停止となった。 劣勢の広島は36分、左の森島のクロスをファーから飛び込んだ松本大がヘディングシュート。しかし、GKトーマスのファインセーブに遭いネットを揺らせず。前半は1点リードで折り返した。 後半開始早々、広島はボックス手前左の位置でFKを与えてしまう。トイヴォネンのシュートは枠の右を捉えたが、GK林が横っ飛びで弾き出した。 対する広島は56分に細かくパスを繋いで右サイドからクロスを供給。流れた先にいた清水がボックスの外から狙ったがGKトーマスに止められた。 広島のリードのまま迎えた70分。ここから試合は大きく動く。まずはメルボルン・V。トロイージが獲得したFKをトイヴォネンがボックス手前真ん中から直接決めて同点に。 しかしこの失点をきっかけに広島が猛攻を見せる。失点から3分後の73分に左から中へ仕掛けた野津田から森島へと繋ぎ、森島はワンタッチでボックス左へ。これを皆川がダイレクトで狙うと、ゴール右に綺麗に決まって再び勝ち越した。 さらにその2分後には、ハーフスペース右でボールを持っていた森島が、GKの位置を見てミドルシュートを選択。するとこれが見事に突き刺さり、リードを2点に広げた。 その後、広島は78分に今季初出場の高橋、82分に2種登録の土肥がピッチに立った。 そして試合終了。アウェイの広島が3-1で勝利し、グループステージを5勝1敗という成績で突破を決めた。決勝トーナメント1回戦の相手は鹿島アントラーズに決まった。 また、これで本田はメルボルン・ビクトリーで最後の試合を終えた。 グループFもう一方の試合は、1-0で広州恒大が大邱FCに勝利し、逆転で2位通過を決めている。 ◆グループF最終順位※勝ち点/得失点 1.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">サンフレッチェ広島</span> 15pt/+5 2.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">広州恒大</span> 10pt/+4 3.大邱FC 9pt/4 4.メルボルン・ビクトリー 1pt/-13 2019.05.22 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】本田圭佑ラストマッチ、広島はリーグ戦に繋がる試合を《メルボルン・ビクトリーvsサンフレッチェ広島》

22日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019のグループステージ最終節が開催。サンフレッチェ広島はアウェイでメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)と対戦する。 <span style="font-weight:700;color:#973ed0;font-size:1.1em;">◆消化試合は課題解決へ</span> 4勝1敗の勝ち点12で首位に立つ広島が、1分け4敗で最下位のメルボルン・ビクトリーと対戦。すでにグループステージ突破を決めている広島としては、この試合で経験値を積むことに加え、リーグ戦での不調を払拭しておきたいところだろう。 また、リーグ戦とACLをターンオーバーさせていたものの、直近は混在させる起用に。しかし、出場を続けている選手もいるため、今節は出場機会の少ない選手を多く起用すると予想する。 攻撃陣には得点力不足解消を、守備陣には失点の減少を望む今節。チームバランスを見直すためにも、大事な一戦となるだろう。 <span style="font-weight:700;color:#062b87;font-size:1.1em;">◆本田圭佑ラストマッチ</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190522_27_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>対するメルボルン・ビクトリーはすでにACL敗退が決定。そして、この試合が元日本代表MF本田圭佑にとってのメルボルン・ビクトリーでのラストマッチとなる。 チームの中心として活躍を見せてきた本田は、広島とのアウェイゲームでもゴールを記録。メルボルンのサポーターの声援を受け、最後の公式戦での勇姿を見せたいはずだ。 また、本田だけでなく、ケビン・マスカット監督も今シーズン限りでの退任が決定。なんとしてもACLで1勝をという気持ちが強いはずだ。消化試合のためグループステージの結果には関係ないものの、両者にとって大事な一戦となりそうだ。 <span style="font-weight:700;color:#973ed0;font-size:1.1em;">◆サンフレッチェ広島予想スタメン</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190522_27_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> GK:林卓人 DF:荒木隼人、井林章、水本裕貴 MF:高橋壮也、松本大弥、稲垣祥、清水航平 MF:森島司、野津田岳人 FW:皆川祐介 監督:城福浩 広島はすでにグループステージの突破が決定。消化試合としてアウェイゲームに臨む。遠征メンバーも15名と少数であり、若手主体のメンバー構成となることは間違いない。リーグ戦5連敗という悪循環から抜け出すためにも、そして個人のアピールのためにも結果を残したいところだ。 <span style="font-weight:700;color:#973ed0;font-size:1.1em;">◆注目選手</span> MF森島司(22) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190522_27_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 広島の注目選手は、MF森島司だ。今節は若手主体となるが、シャドーストライカーとしての活躍が求められる森島は、リーグ戦での出場機会を得るためにも大事な一戦となる。 いかにゲームをコントロールし、自分たちの攻撃の形を作り出せるかが重要となる。5連敗中のゴールはわずかに「1」と得点力不足に悩んでいる状況なだけに、ここでチームの力になれるかは、森島にとっても大きなことだろう。 消化試合とはいえ、チームを再浮上させるための大事な一戦。この先の戦いにつながるプレーをできるかに注目だ。 2019.05.22 17:25 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース