ユベントス、ダービーで“スペルガの悲劇”の犠牲者侮辱のサポーターに5年間のスタジアム入場禁止処分2019.05.08 17:09 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスが先日の“デルビー・デッラ・モーレ”で“スペルガの悲劇”の犠牲者を侮辱したサポーターに対して、5年間のスタジアム入場禁止処分を科した。イタリア『スポルト・メディアセット』が伝えている。“スペルガの悲劇”は、1949年5月4日にイタリアのトリノ郊外の丘陵地、スペルガの丘で起きた航空機墜落事故。乗員、乗客31名全員が犠牲となり、その死亡者の中にはトリノの選手18名とチームスタッフ5名が含まれていた。

そして、今年5月3日に行われたユベントスvsトリノの“デルビー・デッラ・モーレ”では、試合翌日に事故から70年という節目を迎えることもあり、普段の年以上に厳かな雰囲気が保たれていた。

しかし、同試合では1人のユベントスサポーターが事故犠牲者を侮辱する振る舞いを見せていた姿が中継カメラによって捉えられていた。

これを受けてユベントスは地元当局と協力しながら当該サポーターを特定。そして、同サポーターに対して5年間のスタジアム入場禁止処分を科すことになった。
コメント
関連ニュース
thumb

ディバラがユーベ残留希望を表明!

ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(25)が残留希望を表明した。 2017-18シーズンからユベントスの象徴的な背番号「10」を受け継ぎ、新たなエースとして、さらなる活躍に期待が集まったディバラだが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが加入した今シーズンは序列が低下。29試合に出場したセリエAで5得点にとどまるなど、精彩を欠く。 そうしたなか、実兄のグスタボ・ディバラ氏が先日、母国アルゼンチンのラジオ番組で「パウロが去る可能性は高い。幸せじゃないから」と発言。これが火種となり、ディバラの去就がより騒がしくなる事態に発展している。だが、当のディバラに移籍の意思はないという。 イベントに出席したディバラは、イタリア『スカイ』のインタビューで去就について問われると、次のように話した。 「僕は来シーズンもユベントスと一緒にいたい。(スポーツ・ディレクターのファビオ・)パラティッチと話をしたよ。だから、彼は僕の考えを知っている」 「もちろん、僕だけじゃどうすることもできない。ユベントスが新たな監督とともに決断を下すことになるけど、僕はユベントスでプレーし続けたい」 2019.05.25 11:25 Sat
twitterfacebook
thumb

CR7がユーベにS・ラモスの獲得を要求?

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(34)が、レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモス(33)の獲得をクラブに要求しているようだ。スペイン方面からのレポートをイタリア『メディアセット』が伝えている。 今シーズン、物議を醸す行動が多く、フロンティーノ・ペレス会長やマドリディスタの反感を買う場面が目立ったセルヒオ・ラモス。そうしたことにより、周囲の自身への接し方など微妙な変化に気付き始めた同選手は、今夏の退団を考慮し始めていることがスペインメディアによって伝えられていた。 この状況を受けて、昨シーズンまで長きにわたってレアル・マドリーで共闘したC・ロナウドが、セルヒオ・ラモスの獲得をユベントスに要求したという。また、同選手に関してはマンチェスター・ユナイテッドやパリ・サンジェルマン(PSG)も関心を示しているようだ。 2005年にセビージャから加入して以降、エル・ブランコの最終ラインに君臨し続けているセルヒオ・ラモス。今シーズンも頼れるキャプテンとして公式戦42試合に出場し、ディフェンダーながら11得点を記録した。 なお、セルヒオ・ラモスの推定契約解除金は8億ユーロ(約981億6000万円)となっている。 2019.05.24 23:39 Fri
twitterfacebook
thumb

衝撃走ったペップとユーベの合意報道…シティ役員が一蹴!

マンチェスター・シティの役員を務めるアルベルト・ガラッシ氏がジョゼップ・グアルディオラ監督(48)のユベントス移籍報道に言及した。イギリス『BBC』が報じた。 ユベントスは先日、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の退任を発表。後任候補として数名が挙がっており、ユベントスのアンドレア・アニェッリ会長が招へいを夢見ているグアルディオラ監督もその1人だ。 そうしたなか、イタリア『AGI』は23日、ユベントスがグアルディオラ監督と年俸2400万ユーロ(約29億円)の4年契約で合意したと報道。6月4日にサインをする予定で、14日に正式発表とも大々的にスクープした。 だが、ガラッシ氏がイタリア『スカイ』を通じて、この衝撃的な一報を「根拠なき噂」だと真っ向否定した。 「ユベントスのようなクラブがマンチェスター・シティに知らすことなく、ひと声なしにそのようなニュースを世に飛ばすことを許すはずがない」 「メディアがこの類のニュースを追いかけているなんて信じられないね。馬鹿げている。グアルディオラは残りたがっているのだからね」 「彼は素晴らしいプロフェッショナルで、ここを去りたがっていない。したがって、何の問題もない」 なお、グアルディオラ監督は今シーズン、イングランド史上初の国内3冠を達成。先日、たびたび取り沙汰されるユベントス行きの憶測を改めて否定するとともに、シティ残留希望を明確にしている。 2019.05.24 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

シティ、約72億円でカンセロ獲得に接近?

マンチェスター・シティがユベントスに所属するポルトガル代表DFジョアン・カンセロ(24)の獲得に近づいているようだ。イギリス『デイリー・メール』がポルトガル『record』を引用して伝えている。 シティでは現在、ブラジル代表DFダニーロ(27)の今夏での退団が濃厚に。そのため、イングランド代表DFカイル・ウォーカーのバックアップ探しが急務となっており、同クラブはユベントスの攻撃的サイドバックであるカンセロに関心を示していることが伝えられていた。 今月上旬にはユベントス側もカンセロの売却に前向きな姿勢であることが報道。そして今回、シティは移籍金5200万ポンド(約72億3000万円)で獲得に迫っているようだ。 バレンシア、レンタル先のインテルでの活躍によって評価を高めたカンセロは今シーズンからユベントスに加入。シーズン序盤から爆発的なスピードと攻撃センス、ビルドアップ能力を発揮し、公式戦34試合に出場した。しかし、シーズンが進むにつれては守備の脆さやイージーミスの多さなども目立っていた。 2019.05.23 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

CB獲得目指すユーベ、マルキーニョスをリストアップ! ピャニッチを提供か

ユベントスが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表マルキーニョス(25)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 2013年にローマからPSGへステップアップを果たしたマルキーニョス。世界屈指のセンターバックは今シーズン、ボランチ起用が増えたものの、公式戦43試合に出場し、DFチアゴ・シウバとDFプレスネル・キンペンベと共に強固な守備築いた。 そのマルキーニョスに対して、センターバックの補強を目指すユベントスが関心を寄せているようだ。選手当人も2022年まで契約を残しているものの、イタリアに復帰することに前向きな姿勢を見せているという。 同選手の推定移籍金は6000万ユーロ(約73億5000万円)前後。ユベントスは、PSGが昨夏に獲得に動き、市場価格が8000万ユーロ(約98億1000万円)と推定されているボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(29)とのトレードでブラジル代表DFの獲得に動くことを考慮しているようだ。 2019.05.23 20:56 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース