日本代表DF塩谷司、アル・アインと2021年まで契約延長!2019.05.08 08:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アル・アインは7日、日本代表DF塩谷司(30)との契約を2021年6月まで延長したことを発表した。

水戸ホーリーホックでプロキャリアをスタートさせた塩谷は、2012年8月にサンフレッチェ広島に加入。在籍6シーズンで公式戦186試合23ゴールを記録し、3度のJ1リーグ制覇を経験した。その後、2017年6月にUAEの強豪・アルアインに活躍の場を移すと、昨シーズンにはリーグタイトル獲得に貢献。今シーズンも公式戦30試合7ゴール5アシストを記録し、昨年のクラブ・ワールドカップでは準優勝に輝いた。これらの活躍も認められ、今年1月に行われたアジアカップでは3年3カ月ぶりに代表復帰を果たした。

アル・アインとの契約を延長した塩谷は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「僕がこの2年間で経験した挑戦は歴史的なものであり、世界的なクラブでプレーしているという意味でもとても重要なものでした。僕らは特別な試合をし、僕のキャリアにとっても特別なタイトルを獲得することができました」

「これまでの間、僕を支えてくれたファンに感謝したいです。そして、僕はこれからも最善を尽くすことを約束します」
コメント
関連ニュース
thumb

塩谷と中島がマッチアップの日本人対決は中島のアル・ドゥハイルに軍配!《ACL2019》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019・グループC第4節のアル・アイン(UAE)vsアル・ドゥハイル(カタール)が24日に行われ、0-2でアル・ドゥハイルが勝利した。アル・アインのDF塩谷司はフル出場、アル・ドゥハイルのMF中島翔哉は91分までプレーした。 グループ最下位のアル・アイン(2分1敗)が、2位アル・ドゥハイル(1勝1分1敗)をホームに迎えた一戦。アル・アインは、塩谷が3バックの一角で先発出場。一方のアル・ドゥハイルは、中島、ベナティア、アルモエズ・アリらが揃って出場した。 8日に行われた前回対戦をドローで終えた両者の一戦は、アウェイのアル・ドゥハイルが開始早々に動かす。3分、右サイドを駆け上がったエジミウソン・ジュニアがバイタルエリア右でパスを受けるとそのままボックス右へ侵入。切り返しで相手をかわしクロスを上げるとゴール前のアルモエズ・アリが頭でゴール右に流し込んだ。 先制を許した上海上港は、後半開始からマルクス・ベリを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはアウェイチームだった。 アル・ドゥハイルは66分、ドリブルでボックス左から侵入したアルモエズ・アリの折り返しをゴール前の中島がスルー。これを逆サイド受けたフリーのエル・アラビがワントラップから冷静にゴール左隅にシュートを流し込んだ。 結局、試合はそのまま0-2で終了。塩谷と中島がマッチアップした日本人対決は、アル・ドゥハイルが敵地で完勝した。 アル・アイン 0-2 アル・ドゥハイル 【アル・ドゥハイル】 アルモエズ・アリ(前3) エル・アラビ(後21) 2019.04.24 03:00 Wed
twitterfacebook
thumb

中島vs塩谷の日本人対決は互いに譲らずドロー決着…《ACL2019》

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019グループC第3節のアル・ドゥハイル(カタール)vsアル・アイン(UAE)が8日に行われ、2-2の引き分けに終わった。アル・ドゥハイルのMF中島翔哉は89分までプレー、アル・アインのDF塩谷司はフル出場している。 グループステージ1勝1敗で2位に位置するアル・ドゥハイルが、ホームに3位アル・アイン(1分け1敗)を迎えた一戦。試合は立ち上がりからアル・ドゥハイルが押し気味に試合を進めると9分、ボックス右深くまで侵入したエジミウソン・ジュニアのクロスをファーサイドのブディアフがボレーシュートでゴール右隅に流し込んだ。 先制点で勢いづくアル・ドゥハイルは、32分にも右サイドから仕掛けたモハメド・ムサの折り返しからボックス中央に走り込んだエル・アラビが左足でゴール左隅に流し込み、追加点。 リードを広げられたアル・アインだが、すぐに反撃。36分、ロングパスを中盤のドゥンビアが頭で繋ぐと、相手DFの裏に抜け出したマルーフがゴール前まで持ち上がり、冷静にシュートをゴール右隅に沈めた。 アル・ドゥハイルのリードで迎えた後半、先にゴールに迫ったのはアル・アイン。56分、スルーパスに反応したマルーフがボックス内でモハメド・ムサに後方からのタックルで倒され、PKを獲得。しかし、カイオのPKは完璧にシュートコースを読んだGKルコントが弾いた。 チャンスを逃したアル・アインだが、直後に再び決定機を迎える。58分、右サイド深くでパスを受けたマルーフのクロスを相手GKのファンブルすると、ベリがこれをプッシュ。2-2の振り出しに戻した。 同点に追い付かれたアル・ドゥハイルは65分、右サイドを持ち上がったエジミウソンの折り返しをペナルティアーク内の中島が右足で合わせたが、これは枠の上に外れる。 さらに試合終了間際の96分にも、中盤からのFKからエル・アラビがヘディングシュートで合わせたが、相手GKのファインセーブに阻まれ、試合は痛み分けのドローで終了した。 2019.04.09 03:45 Tue
twitterfacebook
thumb

中島翔哉、塩谷司が揃ってゴールも、アル・ドゥハイル&アル・アイン勝利ならず《ACL2019》

12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019グループC第2節の2試合が行われた。 日本代表MF中島翔哉が所属するアル・ドゥハイル(カタール)は、アウェイでアル・ヒラル(サウジアラビア)と対戦。試合は3-1でアル・ヒラルが勝利した。 アル・ドゥハイルの中島は先発フル出場。ユベントスから加入したモロッコ代表DFメディ・ベナティアもフル出場している。 一方のアル・ヒラルは、元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ、元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミス、オーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクらが先発出場している。 試合は25分、ボックス手前でパスを受けたセバスティアン・ジョビンコが左へ流すと、走り込んだカルロス・エドゥアルドがボックス内からシュート。これが決まり、アル・ヒラルが先制する。 1-0とアル・ヒラルがリードして後半に入ると75分、中島がドリブルで持ち上がり左サイドへと展開。クロスボールは相手DFにクリアされるも、こぼれ球を拾った中島がボックス内からシュート。これが決まり、アル・ドゥハイルが同点に追いつく。中島はACL初ゴールを記録 した。 勢いに乗りたいアル・ドゥハイルだったが、77分左CKからアリ・アル・ブライヒが胸で合わせて勝ち越しに成功。さらに79分には、ボックス内でパスを受けたバフェティンビ・ゴミスがGKを良く見て豪快に蹴り込み勝負あり。3-1でアル・ヒラルが勝利した。 もう1試合の、エステグラル(イラン)vsアル・アイン(UAE)の一戦は1-1のドローに終わった。日本代表MF塩谷司は先発フル出場を果たしている。 ゴールレスのまま試合は後半に突入すると53分、右CKからファルシド・バゲリがヘディングで合わせ、アル・ヒラルが先制する。 先制を許したアル・アインだったが85分、FKからのクロスを相手が競り勝つと、こぼれ球を塩谷司がシュート。これが相手DFの間を抜けゴールとなり同点に。試合はそのまま終了し、1-1の引き分けに終わった。 次節はアル・ドゥハイルとアル・アインが対戦。中島と塩谷の対決にも注目が集まる。 アル・ヒラル 3-1 アル・ドゥハイル 【アル・ヒラル】 カルロス・エドゥアルド(前25) アリ・アル・ブライヒ(後32) バフェティンビ・ゴミス(後34) 【アル・ドゥハイル】 中島翔哉(後30) エステグラル 1-1 アル・アイン 【エステグラル】 ファルシド・バゲリ(後8) 【アル・アイン】 塩谷司(後40) 2019.03.13 09:49 Wed
twitterfacebook
thumb

塩谷フル出場のアル・アインがアル・ヒラルに敗戦… 中島先発のアル・ドゥハイルは快勝でグループCの首位に立つ《ACL2019》

5日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019グループC第1節の2試合が行われた。 日本代表DF塩谷司の所属するアル・アイン(UAE)は、ホームで元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコやオーストラリア代表DFミロシュ・デゲネクが所属するアル・ヒラル(サウジアラビア)と対戦し0-1で敗戦した。塩谷はフル出場している。 試合はゴールレスで迎えた後半に動く。65分、ロングパスで右サイドを抜け出したアルブライクがボックス右から折り返しを供給すると、これをアルシュルフーブがダイレクトシュートをゴール左上に流し込んだ。 反撃に出たいアル・アインだが、90分にイスマイル・アーメドがレッドカードを受け、退場し万事休す。結局、アル・アインは後半を枠内シュート0本に抑えられ、0-1で敗戦した。 また、同日開催に行われたグループCもう一試合のアル・ドゥハイル(カタール)vsエステグラル(イラン)は、3-0でアル・ドゥハイルが勝利した。アル・ドゥハイルの日本代表MF中島翔哉は、86分までプレーした。 試合は前半からアル・ドゥハイルが押し気味に試合を進めると、ゴールレスで迎えた後半にセットプレーからゴールが生まれる。56分、ムラ―ド・ナージー・フセインの右CKをゴール前のベナティアがヘディングで叩き込んだ。 先制点で勢いづいたアル・ドゥハイルは73分、中島の縦パスでゴール前に抜け出したエル・アラビが飛び出したGKをかわし追加点を奪うと、試合終了間際の91分にも、アフィフ・アリがゴールネットを揺らし、アル・ドゥハイルが快勝。 白星スタートを飾ったアル・ドゥハイルが、強豪の同居するグループCで首位に立った。 2019.03.06 03:55 Wed
twitterfacebook
thumb

西地区のグループステージ組み合わせが決定! スナイデル擁するアル・ガラファがプレーオフで敗退…《ACL2019》

19日にAFCチャンピオンズリーグ2019・西地区プレーオフが各地で行われ、グループリーグの組み合わせが確定した。 元オランダ代表MFスナイデル擁するアル・ガラファ(カタール)に2-3と勝利したゾブ・アハン(イラン)と、同じくプレーオフでアルマリク(ウズベキスタン)を4-0で粉砕したアル・ナスル・リヤド(サウジアラビア)が共にグループAに進出。グループBには、サイパ(イラン)を下したアル・ラーヤン(カタール)が入った。 また、元スペイン代表MFチャビを擁するアル・サッド(カタール)や昨年準優勝のペルセポリス(イラン)が同居するグループDの残り1枠には、1月に行われたアジアカップ2019に4人のウズベキスタン代表選手を輩出したパフタコール(ウズベキスタン)が入ることとなった。 なおグループCでは、日本代表DF塩谷司や元鹿島のブラジル人FWカイオを擁するUAE王者アル・アインと今冬に日本代表MF中島翔哉やモロッコ代表DFメディ・ベナティアを獲得したカタール王者のアル・ドゥハイルが同居。日本代表対決となるアル・アインとアル・ドゥハイルの一戦は、4月8日と4月23日に開催される予定だ。 ◆ACL2019グループリーグ・西地区 【グループA】 アル・ワスル(UAE) アル・ズワラ(イラク) ゾブ・アハン(イラン) アル・ナスル・リヤド(サウジアラビア) 【グループB】 アル・イテハド(サウジアラビア) アル・ワフダ(UAE) ロコモティフ・タシュケント(ウズベキスタン) アル・ラーヤン(カタール) 【グループC】 アル・ドゥハイル(カタール) アル・ヒラル(サウジアラビア) アル・アイン(UAE) エステグラル(イラン) 【グループD】 ペルセポリス(イラン) アル・サッド(カタール) アル・アハリ(サウジアラビア) パフタコール(ウズベキスタン) 2019.02.20 02:30 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース