浦和、ブリーラムに勝利し最終節の自力突破に望みを繋ぐ《ACL2019》2019.05.07 22:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
浦和レッズは7日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・2019グループG第5節で、タイのブリーラムと対戦し、2-1で勝利した。

ここまで1勝1分け2敗で3位の浦和。負ければ敗退が決まる可能性がある中で、今回のスタメンは直近のジュビロ磐田戦から1人変更。マウリシオに代わり岩波が起用された。

試合は早々にアウェイの浦和が動かす。3分、敵陣中央でフリーでボールを持ったエヴェルトンから最終ラインをギリギリで飛び出した興梠にスルーパス。ボックス手前でGKと一対一になった興梠は右足でゴール左に流し込んでネットを揺らした。

幸先良く先制した浦和はその後もFKから2度、山中がGKを強襲。主導権を握っていく。だが、一瞬の隙を突かれ同点とされてしまう。

13分、元Jリーガーのペドロ・ジュニオールにカウンターから前に運ばれると、右サイドバックのウィーラワットノドムとのワンツーをボックス右からダイレクトでゴール右隅に流し込まれてしまった。

同点とされても落ち着いてゲームを作る浦和は23分、左から入れたボールが相手に当たってボックス手前でルーズになると、エヴェルトンが身体を入れてボールは武藤のもとへ。流れてきたボールの勢いそのままに、素早く体を反転させた武藤はボックス中央から左足でゴール右に流し込んで勝ち越し弾を挙げた。

リードのまま迎えた後半、浦和はペドロ・ジュニオールの個の力に押される立ち上がりに。60分に2人の交代カードを切ったブリーラムに対し、浦和は動きを見せない。

70分、右サイドを抉った武藤の折り返しをボックス中央で長澤がダイレクトシュート。だが、シュート直前にワンバウンドしたため、コントロールが難しくなりボールは枠の上に超えてしまった。

その直後、その長澤を下げて柴戸を投入しリフレッシュを図る。76分にはカウンターから左サイドでボールを持つと、山中がゴール前に絶妙なクロスを供給。これに反応した興梠がGKの頭上を抜くループシュートを試みたが惜しくも枠に入らず。

79分には武藤を下げてアンドリュー・ナバウトをピッチへ。その4分後、早速アンドリュー・ナバウトにチャンスが訪れるも、ボックス右からのシュートはGKに防がれた。

さらに88分にエヴェルトンとの交代で入った荻原がファーストプレーで右ポスト直撃のシュートを放つ。

そして、試合はここで終了。2-1でブリーラムを退け、最終節での自力突破へ望みを繋いだ。なお、最終節の相手は北京国安だ。
コメント
関連ニュース
thumb

アジアカップ以来の選出…浦和DF槙野智章「勝利と成長に貢献できるよう全力を尽くします」《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は23日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー27名を発表した。 トリニダード・トバゴ代表(6月5日/豊田スタジアム)、エルサルバドル代表(同月9日/ひとめぼれスタジアム宮城)と対戦する今回のキリンチャレンジカップは、コパ・アメリカに臨むメンバーとは別に発表された。 今回のメンバーに招集されたDF槙野智章(浦和レッズ)がクラブを通じてコメントしている。 ◆DF槙野智章(浦和レッズ) 「日本代表にふたたび選出していただき、大変光栄に思います。これまでの経験を踏まえて、しっかりと代表チームの勝利と成長に貢献できるよう全力を尽くします。しかし、その前に大切なリーグ戦があります。浦和レッズでの活動が僕のベースですから、まずはこのリーグ戦に全力を尽くします。応援よろしくお願いします」 2019.05.23 14:59 Thu
twitterfacebook
thumb

日本勢は3チームが勝ち抜け! ラウンド16では同国対決が最大5カードに《ACL2019》

2019シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ全日程が終了した。 日本からはJリーグ王者の川崎フロンターレ、天皇杯王者の浦和レッズ、さらにリーグ戦の順位でサンフレッチェ広島、前回大会王者の鹿島アントラーズの4チームが出場。広島と鹿島はプレーオフを勝ち上がっての出場となった。 日本勢は、第5節終了時点で突破を決めていた広島に加え、最終節で見事に勝利した浦和と鹿島が突破。一方で、川崎Fはアウェイゲームで勝利するも、自力での突破を決めることができず、2シーズン連続の敗退となった。 その他、東地区では中国勢の広州恒大、山東魯能、上海上港、韓国勢の全北現代モータース、蔚山現代が勝ち抜け。オーストラリアやタイ、マレーシア勢は敗退となった。 西地区では、グループAの最終節、ゾブ・アハン(イラン)vsアル・ナスル(サウジアラビア)の一戦が延期に。両チームはすでにグループ突破が決まっているものの、順位が確定していない状況だ。また、日本代表MF中島翔哉が所属するアル・ドゥハイルは勝ち抜けている。 勝ち抜けた16クラブには、前回王者の鹿島、前々回王者の浦和に加え、2016年王者の全北現代モータース、2015年王者の広州恒大、2012年王者の蔚山現代、2011年王者のアル・サッドと過去10年間の王者が揃う他、2度優勝経験のあるアル・ヒラル、アル・イテハドも勝ち残っている。 ラウンド16では、日本対決の鹿島vs広島、中国対決の広州恒大vs山東魯能、カタール対決のアル・ドゥハイルvsアル・サッド、サウジアラビア対決のアル・アハリvsアル・ヒラルの同国対決が実現。さらに、残り1試合の結果次第では、アル・イテハドvsアル・ナスルのサウジアラビア対決の可能性が残る。また、東地区では浦和vs蔚山現代、上海上港vs全北現代モータースが実現した。 東地区のラウンド16は第1戦が6月18日、19日、第2戦が6月25日、26日に行われる。西地区は8月にラウンド16が開催される、 ◆ラウンド16組み合わせ ▽6月18日/6月25日 <span style="font-weight:700;color:#cb0509;font-size:1.0em;">鹿島アントラーズ</span>(日本) vs <span style="font-weight:700;color:#973ed0;font-size:1.0em;">サンフレッチェ広島</span>(日本) 広州恒大(中国) vs 山東魯能(中国) ▽6月19日/6月26日 上海上港(中国) vs 全北現代モータース(韓国) <span style="font-weight:700;color:#d91414;font-size:1.0em;">浦和レッズ</span>(日本) vs 蔚山現代(韓国) ▽8月5日/8月12日 A2位 vs アル・ワフダ(UAE) アル・イテハド(サウジアラビア) vs A1位 ▽8月6日/8月13日 アル・ドゥハイル(カタール) vs アル・サッド(カタール) アル・アハリ(サウジアラビア) vs アル・ヒラル(サウジアラビア) 2019.05.23 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和のACL決勝T進出によりリーグ戦の日程が変更

2019明治安田生命J1リーグは21日、第16節の浦和レッズvs鹿島アントラーズおよび第17節の大分トリニータvs浦和レッズの日程が編子となったことを発表した。 浦和は同日に行われたAFCチャンピオンズリーグ。グループステージ最終節で北京国安に3-0で勝利し、2位通過を決めた。これにより、上記2試合の日程が変更となった。 元々未定だった浦和vs鹿島は7月31日の19:30キックオフに。大分vs浦和は6月29日の19:00から6月30日の19:00キックオフに変更された。 ◆日程変更 第16節 浦和レッズvs鹿島アントラーズ 7月31日(19:30) 第17節 大分トリニータvs浦和レッズ 6月29日(19:00)→6月30日(19:00) 2019.05.21 22:50 Tue
twitterfacebook
thumb

北京国安に3発快勝の浦和、最終節で2位通過掴む!《ACL2019》

浦和レッズは21日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループG最終節で北京国安と対戦し、3-0で勝利した。この結果、浦和のグループ2位通過が決定した。 ここまで2勝1分け2敗で2位に付けている浦和。同じ勝ち点で並ぶ3位の北京国安との対戦で引き分け以上で突破が決められるが、国内リーグの直近2試合で黒星続き。グループステージ突破と共に嫌な流れを断ち切りたい今回の一戦。スタメンは逆転負けを喫した湘南ベルマーレ戦から8選手変更となった。 ファーストシュートは浦和。2分、左サイドを見事に崩してクロスを入れると、ファーサイドに構えていた森脇がボックス右から左足でシュート。カーブをかけた様なシュートだったが、精度を欠いて枠の外へ。 順調に試合を進める浦和だったが13分にアクシデント。球際で相手のスライディングでヒザどうしをぶつけた柏木が続行不可能となりストレッチャーに乗せられてピッチを後に。代わりに長澤が投入された。 対して、浦和同様に19分に負傷者を出して交代カードを切った北京国安は20分過ぎに左サイドのクロスからバカンブがヘディングシュート。枠を捉えていたが、GK西川がキャッチ。さらにその直後にも、味方のスルーパスからバカンブにビッグチャンスが訪れるが、一対一の場面でGK西川がファインセーブを見せた。 柏木が交代したあたりから徐々にペースを掴まれていく浦和。だが迎えた34分、ボックス手前で武藤が狭いスペースで仕掛けて長澤にパスを送ると、長澤はボックス中央からシュートを流し込んで、浦和が先制点を奪った。 さらに41分には、今度は左サイドから中に切り込んだ長澤からボックス手前の武藤へパス。倒れ込みながらダイレクトで狙ったシュートはDFに当たりながらもゴール左に吸い込まれた。 これで2点のリードを得た浦和。後半開始早々にも山中のクロスから武藤がヘディングシュートでGKを強襲。だが北京国安もレナト・アウグストを中心にバカンブが次々と浦和ゴールに迫る。 一進一退の攻防が続く中、浦和は山中と森脇の両ウイングバックがシュートを放つ。北京国安で怖いのはやはりバカンブ。前を向かせると危険な位置まで持ち込まれる確率が高く、浦和の守備陣は気を抜けない。 そんな中74分に長澤にイエローカード。これで累積警告により次戦は出場停止となった。 やや押され気味の浦和だったがワンチャンスをものにする。81分、山中の縦パスでボックス左に侵入した武藤の折り返しを、巧みにマークを外した興梠が楽々と流し込んで浦和に3点目。興梠はこれで大会通算21点目となった。 その後、87分に興梠はお役御免。代わりにファブリシオが昨年9月以来となる出場を果たした。 そして、3分の後半アディショナルタイムも過ぎ、浦和が3-0で勝利。勝ち点を10に伸ばし、グループステージ2位通過が決定した。 グループGのもう一試合、全北現代vsブリーラムは0-0の引き分けに終わっている。 ◆グループH最終順位※勝ち点/得失点 1.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">全北現代</span> 13pt/+ 2.<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">浦和レッズ</span> 10pt/+5 3.北京国安 7pt/-2 4.ブリーラム ユナイテッド 4pt/-7 2019.05.21 21:05 Tue
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】天国か地獄か…流れを掴みたいGSラストマッチ《浦和レッズvs北京国安》

21日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019のグループステージ最終節が開催。浦和レッズはホームで北京国安(中国)と対戦する。 <span style="font-weight:700;color:#d91414;font-size:1.1em;">◆天国か地獄か</span> ここまで2勝1分け1敗の勝ち点7で2位につける浦和が、同じく2勝1分け1敗の勝ち点7で3位につける北京国安をホームに迎える。 両者の勝ち点は同じ。この試合で勝利した方がグループステージ突破を決めるというシンプルな構図だ。 一方で、引き分けになった場合は少々レギュレーションが複雑だ。ACLは当該チーム間の勝ち点が優先されるため、両者の対戦成績が関わってくるが、アウェイでの試合は0-0のゴールレスドローとなっている。 この試合で引き分けになった場合は勝ち点は変わらず、当該チーム間の勝ち点もイーブン。次に優先される当該チーム間の得失点差や得点数も同じとなり、アウェイゴールが優先される。仮に引き分けがゴールレスドローではなく得点が生まれた場合は北京国安が勝ち抜け。ゴールレスドローの場合は浦和が得失点差で勝り、勝ち抜けとなる。 浦和としては失点を避けつつも、ゴールを奪いに行く必要がある試合。ここは割り切ってゴールを目指して勝って突破するという考えにした方が、シンプルに戦えるだろう。2点差以上をつけて試合を進められればベストだ。 <span style="font-weight:700;color:#0a1d91;font-size:1.1em;">◆シンプルに勝利を目指して突破へ</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190521_18_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>対する北京国安は、ゴールレスドローと敗戦は突破できないため、確実に得点を奪いにくる戦いをする。アウェイゲームとなるが、目的は明確だ。 DRコンゴ代表FWセドリック・バカンブを中心とした強力な攻撃陣は健在。バカンブは、ACLで5試合に出場し3得点を奪っており、屈強なフィジカルを活かしてゴールに迫る。また、ジョナタン・ビエラも司令塔として中盤からチャンスメイク。元ブラジル代表MFレナト・アウグストも健在であり、浦和としては簡単に戦える相手ではない。 アウェイゲームではほとんど何もできないままゴールレスドローに終わったことを考えれば、浦和としては非常に難しい相手。北京国安としては自信を持ってアウェイゲームに臨む可能性が高い。 <span style="font-weight:700;color:#d91414;font-size:1.1em;">◆浦和レッズ予想スタメン</span>[3-3-2-2] <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190521_18_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> GK:西川周作 DF:鈴木大輔、マウリシオ、槙野智章 MF:森脇良太、青木拓矢、山中亮輔 MF:長澤和輝、エヴェルトン FW:武藤雄樹、興梠慎三 監督:オズワルド・オリヴェイラ しっかりと勝利を目指しつつ、ゲームの流れに合わせて戦い方を変えなければいけないこの試合の浦和。メンバーに関しては、前節の湘南ベルマーレ戦でターンオーバーを行なっており、主力が顔を揃えるだろう。中盤の主導権を握るのがどちらになるかで、試合の流れは変わるはず。しっかりと守備から入り、効果的な攻撃を仕掛けていきたい。 <span style="font-weight:700;color:#d91414;font-size:1.1em;">◆注目選手</span> MF青木拓矢(29) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20190521_18_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 浦和の注目選手は、MF青木拓矢だ。中盤のアンカーのポジションでの先発が見込まれる青木だが、この試合では中盤でのボール奪取とセカンドボールの回収が求められるだけでなく、攻撃への起点としての活躍も求められる。 北京国安の中盤の構成力は高く、いかに安定した守備を構築できるかがポイント。その最後尾でバランスを取り、危険な目を摘むことができるかがポイントだ。 また、青木の特徴でもあるボール奪取からの攻撃への切り替えがハマりスムーズに攻撃に移ることが求められる。アンカーでありながらもリンクマンとしてもプレーできるか。一戦必勝でグループステージ突破を掴みたい。 2019.05.21 15:05 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース