長友&香川出場のイスタンブール・ダービーを制したガラタサライが首位浮上! ベシクタシュは優勝から一歩後退《スュペル・リグ》2019.05.06 03:13 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スュペル・リグ第31節、ガラタサライvsベシクタシュのイスタンブール・ダービーが5日に行われ、2-0でガラタサライが勝利した。2位のガラタサライ(勝ち点60)と3位のベシクタシュ(勝ち点59)による上位対決。

長友擁するガラタサライは現在リーグ戦16試合負けなしで、最後の黒星は昨年12月にベシクタシュに付けられたもの。一方のベシクタシュも13試合負けなし。こちらは6連勝中でガラタサライや首位のイスタンブール・バシャクシェヒル(勝ち点63)を猛追。

両チームのスタメンは、ガラタサライは長友が[4-1-4-1]の左サイドバックで先発。28得点でリーグ得点ランクトップのディアニェがワントップに入った。

ベシクタシュは香川がベンチスタート。[4-2-3-1]の布陣のワントップにここまで16得点でランキング2位のユルマズが起用された。その他、GKカリウス、センターバックの一角にヴィダが入った。

試合はガラタサライのペースで進む。ポゼッションを高めながら主導権を握るホームチームは2分にオニェクルがファーストシュートを放つ。

25分を過ぎて、6割の支配率を数えるガラタサライが3本のシュートを放ったのに対し、ベシクタシュはゼロに抑えられる。27分にガラタサライがネットを揺らしたが、オニェクルがオフサイドを取られノーゴールに。

36分には、味方のスルーパスで抜け出したディアニェがGKと一対一に。しかし、ここはカリウスに軍配。その直後にもディアニェに好機が訪れるが、ヘディングシュートはクロスバーの上に外れた。

ここまで一方的に押し込むガラタサライはついに先制に成功する。44分、自陣深い位置の相手のFKを撥ね返したガラタサライは、左サイドからのスローインを素早くリスタートし、相手の陣形が整う前に左サイドを進撃。敵陣中央でパスを受けたフェグリがワンタッチで右のフェルナンドに流すと、フェルナンドもGKを躱す様に右へ流す。ここに走り込んだオニェクルが無人のゴールにシュートを押し込んで先制点を挙げた。

1点リードで後半を迎えたガラタサライはさらに突き放す。55分、今度は右サイドのスローインから再開したガラタサライは、右のハーフスペースを突いた味方のパスを受けたフェルナンドがGKと一対一に。一度シュートは防がれるものの、目の前にこぼれてきたボールを拾ってそのまま流し込んだ。

その後、すぐにリカルド・クアレスマを入れたベシクタシュは60分、味方のクロスをヴィダが至近距離からヘディングシュート。62分のリャイッチのシュートはGKムスレラに止められるも、ベシクタシュが徐々に攻撃の精度を上げていく。

そんな中、75分に香川が登場。そのファーストプレーでFKを獲得すると、直接狙ったリャイッチのシュートは壁の上から落ちてくる難しいものだったが、GKの正面に飛んでしまった。

そして、8分以上あった後半アディショナルタイムも過ぎ、2-0で試合終了。勝利したガラタサライはバシャクシェヒルを抜いて首位に浮上した。なお、残りは3試合となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

森岡先発も10人のシャルルロワがアントワープに逆転負けを喫しEL出場権を逃す…《ジュピラー・プロ・リーグ》

日本人MF森岡亮太の所属するシャルルロワは26日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ(PO2)決勝でアントワープと対戦し、2-3で敗戦した。森岡は74分までプレーした。 プレーオフ2(PO2)は、レギュラーシーズン7~15位のチーム+2部に属する3チームの計12チームが2つのグループに分かれ、各組6チームが総当たり。各グループを首位で勝ち上がったチームはヨーロッパリーグ(EL)予選出場権がかかるプレーオフ1参戦権を巡り、激突する。 22日に行われたコルトレイクとの準決勝を制したシャルルロワが、プレーオフ1を4位で終えたアントワープのホームに乗り込んだ一戦。森岡が先発に名を連ねたシャルルロワは、開始早々の10秒でスコアを動かす。キックオフボールを受けた森岡が前線にロングフィードを送ると相手のクリアミスを拾ったオシムヘンがボックス右から侵入し、そのままシュートを流し込んだ。 幸先よく先制したシャルルロワは、12分にもペナルティアーク付近でFKを獲得すると、ブルーノがワンタッチしたボールをドッソレッリが直接ゴール右へ突き刺して追加点を奪った。 2点を先行したシャルルロワだが、16分にムボカ二にゴールを許すと、20分にはボックス内で入れ替わられたザジコフがラムケイ・ゼを倒してしまうと、このプレーに対してレッドカードとPKの判定が下される。そして、このPKをキッカーのレファエロスに決められた。 同点で迎えた後半、先にスコアを動かしたのは数的優位のアントワープ。67分、ロングパスをボックス右のラムケイ・ゼが頭で落とすと、中央出受けたムボカ二が縦への切り込みからシュートを流し込んだ。 逆転を許したシャルルロワは、74分に森岡を下げてアダマ・ニアンを投入。さらに79分にへネン、87分にデルフィと攻撃的な選手を投入したが、最後まで同点ゴールは生まれず。そのまま試合は終了し、シャルルロワのEL出場権獲得はならなかった。 2019.05.27 00:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ハーフナー弟・ニッキがスイス1部に挑戦…今季は2部でプレー

スイス・スーパーリーグのトゥーンは24日、2部のFCヴィル1900から元U-20日本代表DFハーフナー・ニッキ(24)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年までとなる。 ハーフナー・ニッキは、名古屋グランパスの下部組織出身。兄は元日本代表FWハーフナー・マイク、父はJリーグでもプレーしたGKハーフナー・ディドといった、サッカー一家に生まれた。 198cmの長身を生かし、将来が嘱望されていたハーフナー・ニッキは、2013年1月に名古屋のトップチームへと昇格。2016年1月には本田圭佑が実質的オーナーを務めているSVホルンへと完全移籍。FCヴィル1900には2018年7月に加入していた。 2018-19シーズンは、スイス2部で26試合に出場し2ゴール1アシストを記録。トゥーンはここでの活躍を評価し、獲得に至ったとのことだ。 トゥーンには、元スイス代表FWアレクサンダー・フライや元同代表FWマルコ・シュトレラーらが所属。2018-19シーズンはスイス・スーパーリーグを6位で終えていた。 2019.05.25 17:15 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表招集に意気込むDF冨安健洋「全力で頑張ります」《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は23日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー27名を発表した。 トリニダード・トバゴ代表(6月5日/豊田スタジアム)、エルサルバドル代表(同月9日/ひとめぼれスタジアム宮城)と対戦する今回のキリンチャレンジカップは、コパ・アメリカに臨むメンバーとは別に発表された。 今回のメンバーに招集されたDF冨安健洋(シント=トロイデン)がクラブを通じてコメントしている。 ◆DF冨安健洋(シント=トロイデン) 「3月のキリンチャレンジカップに続いて今回も代表に選出いただき、大変光栄に思います。全力で頑張りますので、応援よろしくお願いします」 日本はキリンチャレンジカップの後、6月14日に開幕するコパ・アメリカに臨む。 2019.05.23 14:20 Thu
twitterfacebook
thumb

堂安律、フローニンヘン移籍の理由を明かす「わざわざ日本に来てくれて…」

フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律が、海外挑戦を決断した理由について明かした。 昨夏にガンバ大阪からフローニンヘンに加入して以来、センセーショナルな活躍を続ける堂安。公式戦10ゴール4アシストを記録し、完全移籍を勝ち取ると、今シーズンも5ゴール3アシストを記録した。また、2018年9月にデビューを飾った日本代表でもキャップ数はすでに13。日本の若きアタッカーとして、期待を集めている。 その堂安は、『DAZN』でのインタビューで、フローニンヘン加入の決断理由について告白した。 「U-20のW杯があって、そこで満足のいくパフォーマンスができたことによって、フローニンヘンに行ける道が切り開けました」 「若い選手にとってプレーすることは大事ですし、しっかりとプレーできる環境で、あとはハンス・ナイラント社長の熱意と監督が本当に欲しいと言ってくれていることを伝えてくれました」 「交渉の内容を話すと長くなってしまいますけど、わざわざ日本に来てくれて凄く熱意を感じたのが一番のきっかけです」 フローニンヘンの熱意によって移籍を決断した堂安もU-20ワールドカップ(W杯)でのパフォーマンスがあったからだと語る。堂安が海外に渡ってから2年、次なるU-20日本代表が今月からポーランドでU-20W杯を戦う。世界の逸材たちが集まる中で輝きを放ち、堂安に続き、海外挑戦への切符を手にする若武者は現れるだろうか。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1lf3p8wyjeuv01cq8meb8ph0gr" async></script> </div> 2019.05.22 13:10 Wed
twitterfacebook
thumb

本田圭佑、メルボルン・V退団後の新天地は引き続き海外「日本には戻らない」その理由は?

今シーズン限りでメルボルン・ビクトリーを退団することが決定した元日本代表MF本田圭佑が、去就について言及した。 昨年までパチューカでプレーした本田は、Aリーグ規定の年俸制限がないマーキープレーヤーとして、今シーズンにメルボルン・Vへ加入。カンボジア代表の実質的指揮官としての二足の草鞋を履きつつ、本業の選手としてもケガと付き合いながら公式戦23試合8ゴール7アシストを記録し、チームのレギュラーシーズンの3位フィニッシュ、ファイナルシリーズ進出に貢献していた。 その本田は、22日に行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループF最終節のサンフレッチェ広島戦が、メルボルン・Vでの最後の試合となる。同試合の前日会見に出席した本田は、新天地を海外に絞っていることを明かした。 「(どこでプレーするかは)まだ分からない。サッカーをするために日本には戻らない。誤解してほしくないから言うけど、日本は素晴らしい国だ。日本人のことが大好きだし、もちろん僕も日本人だしね」 「だが、僕は新しいチャレンジが大好きだし、日本は居心地が良すぎる。日本にいたらもう挑戦をしないかもしれない。それを恐れている。日本には長居したくないから海外でプレーしたい」 <div id="cws_ad"><script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=bc77az6v9dde14jg6jwjowkuf" async></script></div> 2019.05.21 17:50 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース