長谷部フル出場のフランクフルト、レバークーゼンに6失点惨敗… 勝ち点で並ばれCL出場に暗雲《ブンデスリーガ》2019.05.06 03:03 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトは5日、ブンデスリーガ第32節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、1-6で惨敗した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。前節ヘルタ・ベルリン戦を引き分け、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位ボルシアMGとの勝ち点差を3に広げた4位フランクフルト(勝ち点54)は、3日前に行われたヨーロッパリーグのチェルシー戦を1-1で引き分けた。そのチェルシー戦のスタメンから4選手を変更。ボランチでフル出場した長谷部は3バックの中央でスタメンとなった。

敗れれば勝ち点で並ばれる6位レバークーゼン(勝ち点51)に対し、ヨビッチをベンチスタートとしたフランクフルトは、開始2分に失点する。左サイドからのアランギスのクロスを受けたハフェルツにペナルティアーク中央からゴール右にシュートを蹴り込まれた。

劣勢が続くフランクフルトは13分、ボックス右のアランギスのシュートをゴール前のブラントにコースを変えられ、追加点を奪われてしまう。

しかし14分、コスティッチのミドルシュートがターの足に当たってコースが変わり、1点を返した。

1点差に詰め寄ったフランクフルトだったが、その後も劣勢を強いられ、17分にはフォラントのシュートが枠を捉えたが、長谷部がゴールライン前でカット。しかし23分、分厚い攻めを受けた流れからルーズボールをボックス右ゴールライン際のL・ベンダーに折り返され、最後はアラリオにヘッドで決められた。

さらに28分、ボックス左にドリブルで侵入してきたアランギスに長谷部が対応できずシュートをねじ込まれると、34分にはフォラントがアブラアムを突破して折り返したクロスをアラリオに押し込まれ1-5とされた。

止まらないレバークーゼンは36分、ブラントのFKがヒンテレッガーのオウンゴールを誘って6点目。6失点を受けてヨビッチとガシノビッチを投入したフランクフルトは迎えた後半、レバークーゼンがボールを持つ流れとなる中、フランクフルトは得失点差も考慮し、これ以上失点しないことを優先したプランで試合を進める。

リスクを負わないフランクフルトに対し、レバークーゼンも無理に攻めることのない試合はスコアが動かず6-1のままタイムアップ。レバークーゼンがシックスポインターを圧勝で制し、フランクフルトに勝ち点で並んでいる。

一方、敗れたフランクフルトはELのチェルシー戦に向けても大きな不安の残る結果となった。
コメント
関連ニュース
thumb

フランクフルト、レバークーゼンMFドミニク・コールを5年契約で獲得!

フランクフルトは3日、レバークーゼンからドイツ人MFドミニク・コール(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となる。 レバークーゼンの下部組織出身のコールは、2012年にトップチームに昇格。しかし、その後は出場機会に恵まれず、2014年1月にアウグスブルクへレンタル移籍で加入すると、翌年に完全移籍。アウグスブルクでは在籍2年半で公式戦102試合で3ゴール8アシストをマーク。 この活躍が認められ、2017の夏に古巣レバークーゼンに復帰を果たすと、2シーズンで公式戦57試合に出場し4ゴール7アシストを記録。今シーズンは主にカップ戦要因としてブンデスで18試合を含む公式戦25試合に出場していた。 2019.07.04 03:25 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがハダースフィールドから元ドイツ代表DFドゥルムを獲得!

フランクフルトは3日、ハダースフィールドから元ドイツ代表DFエリク・ドゥルム(27)を完全移籍で獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 マインツ、ドルトムントのセカンドチームでのプレーを経て2013年にドルトムントでトップチームデビューを飾ったドゥルムは、左右のサイドバックやウイングバックを主戦場にトップチーム在籍5年間で公式戦97試合に出場。 今シーズンは、かつてドルトムントのセカンドチームで監督を務めたデイビッド・ワーグナー監督率いるハダースフィールドへ移籍すると、プレミアリーグ28試合にを含む、公式戦30試合に出場していた。 また、ドイツ代表では通算7キャップも2014年ブラジル・ワールドカップ(W杯)のメンバー入りを果たしていたため、W杯優勝メンバーの1人である。 2019.07.04 00:05 Thu
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、マラガのU-20ウルグアイ代表MFサラザールを獲得

フランクフルトは2日、マラガを退団していたU-20ウルグアイ代表MFロドリゴ・サラザール(19)を獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年間となっている。 スペイン出身のセントラルMFであるサラザールは、マラガでユース時代を過ごした。トップチームでの出場歴がない中、今年1月から2月に行われていたU-20南米選手権では元ウルグアイ代表の選手だったホセ・ルイス氏のルーツであるウルグアイ代表として7試合に出場すると、チームは大会を3位で終えていた。 2019.07.02 23:59 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、レビッチの獲得間近に! 約50億円クラブ間合意か

アトレティコ・マドリーが、フランクフルトに所属するクロアチア代表FWアンテ・レビッチ(25)の獲得に近づいているようだ。オーストリア『スカイ・スポーツ』の情報を引用してスペイン『アス』が伝えている。 加入3年目となったフランクフルトで昨シーズン、リーグ戦28試合9ゴール4アシストを記録したレビッチ。先にレアル・マドリーへの移籍が決まったセルビア代表FWルカ・ヨビッチと同様に、今夏の移籍市場の人気銘柄の一人だった。 プレミアリーグからの関心も伝えられる中で、退団が決まっているフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)の後釜を探すアトレティコが移籍金4000万ユーロ(約49億1000万円)でクラブ間合意に達したようだ。 なお、アトレティコは今夏にMFマルコス・ジョレンテ、DFフェリペ、DFレナン・ロディの獲得に成功していることからレビッチは4人目の新戦力と予想されている。また、現在チェルシーからレンタル中のスペイン代表FWアルバロ・モラタの買取に関しても影響がありそうだ。 2019.07.01 16:47 Mon
twitterfacebook
thumb

筋骨隆々の点取り屋ヨビッチ、実は頭脳派?

来シーズンからレアル・マドリーでプレーするセルビア代表FWルカ・ヨビッチが自身について、頭脳派ストライカーだと語った。スペイン『マルカ』が報じた。 今夏の移籍市場で積極補強を敢行するレアル・マドリーは、その目玉補強の1人として、フランクフルトで屈強な体躯と確かな決定力を兼備するストライカーとしてブレイクを遂げたヨビッチを獲得。元フランス代表FWカリム・ベンゼマに続く点取り屋としての活躍に期待がかかる。 そのヨビッチは、自身のプレースタイルや、考えるゲームへのアプローチについて次のようにコメント。筋骨隆々の点取り屋としての印象が強いが、基本的に頭脳を使ったプレーを心がけているという。 「僕が15歳だった昔、18歳の選手たちがいるチームと対戦して1シーズンで40ゴールを挙げた。僕はその当時から体格が良かったからね」 「今の僕は90分間走り回るようなファイターじゃない。シンプルなフットボールが好きだ。頭脳的にプレーしても状況を打開できないときに限り、力づくで行くよ」 2019.06.30 11:45 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース