堂安律の同僚DFがセリエAに挑戦か…サンプドリアが合意とも2019.05.05 12:20 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サンプドリアが、今夏の移籍市場でフローニンヘンの元U-20ドイツ代表DFユリアン・シャボ(21)の獲得に近づいているようだ。『スポーツ・イタリア』が報じた。報道によると、サンプドリアとシャボは基本条件で合意したとのこと。サンプドリアは数カ月間にわたってスカウトがシャボの状態を注視していたようだ。

サンプドリアは、今シーズンのセリエAで32試合に出場しているデンマーク代表DFヨアキム・アンデルセンが、インテルなど複数クラブからオファーを受けており、シャボはその代役として考えられているようだ。

フランクフルトやRBライプツィヒの下部組織で育ったシャボは、2017年7月にスパルタ・ロッテルダムへ加入。今シーズンからフローニンヘンでプレーし、エールディビジで28試合に出場し1ゴール1アシストを記録。レギュラーとしてディフェンスラインを支えてきた。
コメント
関連ニュース
thumb

サンプドリア、堂安同僚の21歳ドイツ人DFシャボットを獲得

サンプドリアは23日、MF堂安律が所属するフローニンヘンからドイツ人DFユリアン・シャボット(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となっている。 フランクフルトやライプツィヒの下部組織に在籍していた195cmの大型センターバックであるシャボットは、2017年夏にオランダのスパルタへ移籍。そこでシーズン後半にレギュラーポジションを掴み、2018年夏にフローニンヘンへ移籍していた。そして今季、エールディビジで28試合に出場して1ゴール1アシストを記録し、主力として活躍していた。 また、各世代のドイツ代表ではU-17から選出され、U-20まで選出されていた経歴を持っている。 2019.05.24 01:09 Fri
twitterfacebook
thumb

カイセドのドッピエッタで10人のサンプに逃げ切り勝利のラツィオがCL出場権争いに踏みとどまる《セリエA》

ラツィオは28日、セリエA第34節でサンプドリアとのアウェイ戦に臨み、2-1で逃げ切った。 前節は降格が決まっていたキエーボにミリンコビッチ=サビッチの退場が響き、痛恨の敗戦を喫した8位ラツィオ(勝ち点52)は、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ミランに4ポイント差とされた中、4日前に行われたコッパ・イタリア準決勝のミラン戦を1-0と勝利し、決勝進出を果たした。そのミラン戦のスタメンから4選手を変更。出場停止のミリンコビッチ=サビッチとL・アルベルトが欠場となり、インモービレがベンチスタートとなった。 9位サンプドリア(勝ち点48)に対し、ラツィオは開始3分にあっさり先制する。コリーのボールを奪ってショートカウンターに転じると、カイセドがボックス右まで侵入。GKとの一対一を制してシュートを流し込んだ。 6分にもカイセドが際どいヘディングシュートを浴びせたラツィオが良い入りを見せる中、19分に加点した。ロングカウンターに転じ、右サイドのロムロのクロスをカイセドがヘッドでゴール左に流し込んだ。 2点をリードして以降も自陣に引いてカウンターを狙うラツィオが主導権を握る中、33分にガストン・ラミレスの直接FKでゴールを脅かされたラツィオは、GKストラコシャがセーブすると、45分に数的優位となった。ガストン・ラミレスがルーカス・レイバに対してチャージしたプレーが2枚目のイエローカードとなり退場となった。 2点のリードと数的優位を得たラツィオは後半に入ってサンプドリアをいなし、時間を消化していく。そんな中54、ロムロがボックス右から放ったシュートが左ポストを直撃した。 すると57分、浮き球パスに抜け出したクアリアレッラに1点差に詰め寄られるゴールを許してしまった。これで得点ランク首位に立つクアリアレッラは今季のゴール数を23に伸ばした。 さらに61分、ムルルのボレーシュートが右ポストを直撃してひやりとさせられたラツィオは、カイセドに代えてインモービレを投入。すると75分、インモービレの直接FKがバーを直撃した。 結局、3点目こそ奪えなかったラツィオだったが、サンプドリアに逃げ切り勝利を飾り、上位陣の追走に成功した。 2019.04.29 03:05 Mon
twitterfacebook
thumb

アーセナル、サンプドリアのベルギー代表MF視察にスカウトを派遣

アーセナルがサンプドリアのベルギー代表MFデニス・プラート(25)の調査のため、サンプドリアにスカウトを派遣するようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 アーセナルが今夏の獲得候補に挙げているプラートは、ヘンクやアンデルレヒトの下部組織で育ち、2016年8月にアンデルレヒトからサンプドリアへと移籍。セントラルMFとして今シーズンもセリエAに29試合に出場し2ゴール2アシストを記録している。 アーセナルは昨夏、サンプドリアからウルグアイ代表MFルーカス・トレイラを獲得しており、同様に今夏もサンプドリアから選手を獲得することを望んでいるとのことだ。 28日に行われるセリアA第34節のラツィオ戦にスカウトを派遣しているとのことだが、過去にもスカウトを派遣しており、本腰を入れて動いているようだ。 なお、プラートの獲得には2500万〜3000万ユーロ(約31億1400万〜37億3700万円)の移籍金がかかる模様。加えて、バレンシア、セビージャも興味を示しており、獲得には来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権獲得も影響しそうだ。 2019.04.28 20:55 Sun
twitterfacebook
thumb

新監督探すローマ、サンプドリア指揮官と接触か

来季の新指揮官を探すローマが、サンプドリアのマルコ・ジャンパオロ監督と接触を試みたようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』の情報をもとに伝えている。 現在はクラウディオ・ラニエリ監督が指揮を執っているローマ。前任のエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の解任を受けて、3月におよそ8年ぶりに古巣ローマの指揮を執ることになった。 だが、それでもローマの調子は上がらず、就任から5試合を終えて2勝1分け2敗。今季終了までの契約を引き延ばすつもりはクラブにないと見られており、来シーズンに向けて新たな監督を探している模様。 そんな中、6日にセリエA第31節が行われ、ローマはサンプドリアに1-0で勝利。その水面下では、ローマがジャンパオロ監督と接触していたことが伝えられており、来季の就任に向けた話し合いがあったという。 2016年夏からサンプドリアで指揮を執るジャンパオロ監督は2シーズン連続で10位という成績を収めている。今季はここまで13勝6分け12敗で9位。チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグを狙える位置に付けている。 同監督には、以前はユベントスやナポリも近づいたことがあるようで、イタリア国内では高い評価を得ているようだ。 なお、ローマは代替案としてアタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督もリストに加えているようだ。 2019.04.08 16:57 Mon
twitterfacebook
thumb

頼れるカピターノ、デ・ロッシの今季初弾でローマが敵地でサンプを撃破! 4戦ぶり勝利で4位ミランと1ポイント差に《セリエA》

セリエA第31節、サンプドリアvsローマが6日にルイジ・フェラーリスで行われ、アウェイのローマが1-0で勝利した。 9位のサンプドリア(勝ち点45)と、7位のローマ(勝ち点48)によるトップ4とヨーロッパリーグ(EL)出場権を懸けたライバル同士の一戦。 前節、フィオレンティーナ相手に2度のビハインドを追い付いたローマだが、直近2敗1分けと苦境が続く。上位陣が潰し合う今節では難所ルイジ・フェラーリス攻略が求められた。ラニエリ監督は4戦ぶりの勝利に向けて先発5人を変更。出場停止明けのマノラス、デ・ロッシ、ペッレグリーニが復帰したほか、ジェコに代わって古巣対戦のシックが最前線に入った。 立ち上がりは積極的にローマの背後を狙うサンプドリアがペースを握る。6分にはサポナーラの浮き球パスに反応したクアリアレッラがゴール左でダイレクトボレーを試みるが、これはクロスバーの上に外れる。 一方、サイドのザニオーロ、クライファートの縦への仕掛けを起点に反撃を試みるローマは20分、ザニオーロからの右クロスにペッレグリーニが頭で合わせるが、ここはシュートを枠に飛ばせない。直後の21分にはボックス左でクライファートが右足を振り抜くが、GKアウデーロの正面を突く。対するサンプドリアも24分に古巣対戦のデフレルが強烈なシュートを枠に飛ばすが、ここはGKミランテのビッグセーブに遭う。 前半終盤にかけては一進一退の攻防が続くが、セットプレーの流れからクリスタンテの放ったシュートが枠の左に外れるなど、互いに先制点を奪うまでには至らず。注目の上位対決はゴールレスで後半へと折り返した。 迎えた後半、先にチャンスを作り出したのはローマ。49分、右サイドで流れたクロスを拾ったカルスドルプのクロスをシックが頭で合わせるが、これはわずかに枠の左。この直後にはハムストリングを痛めたカルスドルプがプレー続行不可能となり、左利きのファン・ジェズスが右サイドバックでスクランブル投入される。 一方、後半に入ってリズムを掴み切れないサンプドリアは58分、サポナーラとリネティを下げてヤンクト、ガッビアディーニを同時投入。前線の構成をクアリアレッラ、ガッビアディーニの2トップ、その下にデフレルを置く形に変化する。 後半に入ってこう着状態が続く中、勝ち点3がほしいローマは66分、ペッレグリーニに代えてエースストライカーのジェコを、72分にはクライファートに代えてチーム得点王のエル・シャーラウィを投入。システムを[4-4-2]に変更して前線に高さと強さを加える。 すると75分、ローマに待望の先制点が生まれる。左CKの場面でキッカーのコラロフが左足アウトスウィングのボールを入れると、ニアで競り勝ったシックのヘディングシュートが枠を捉える。これはGKアウデーロのセーブに遭うが、こぼれ球に反応したデ・ロッシが身体ごと押し込んだ。 カピターノの今季初ゴールでリードを手にしたローマはここから試合をコントロールにかかるが、82分にはサンプドリアの右CKからアンデルソンにヘディングシュートでゴールネットを揺らされる。しかし、ここはオフェンス側のファウルで事なきを得る。 その後、サンプドリアの猛攻に晒されたローマは後半アディショナルタイムに相手のカウンターからデフレルのラストパスに抜け出したクアリアレッラに決定機を許すが、このスライディングシュートは枠の左に外れる。そして、直後に試合はタイムアップを迎えサンプドリアとの接戦を制したローマが4戦ぶりの白星を挙げて4位のミランに勝ち点1差に迫っている。 2019.04.07 05:38 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース