バイエルンが原口フル出場の10人ハノーファーに快勝で7連覇へ大きく前進!《ブンデスリーガ》2019.05.05 00:32 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第32節、バイエルンvsハノーファーが4日に行われ、3-1でバイエルンが快勝した。ハノーファーのMF原口元気はフル出場し、FW浅野拓磨はベンチ入りしなかった。

前節ニュルンベルク戦を引き分けた首位バイエルン(勝ち点71)だったが、2位ドルトムントがシャルケに敗れたため、ポイント差は2に広がった。そのバイエルンはフンメルスをベンチスタートとした以外は現状のベストメンバーを送り込んだ。

対するハノーファーは前節、マインツ相手に虎の子の1点を守り抜いて10戦ぶりの勝利を飾った。残留プレーオフに回れる16位シュツットガルトを6ポイント差で追う中、右サイドバックとして守備面で奮闘した原口は[4-5-1]の右MFで引き続きスタメンとなった。

5分に原口がダイビングヘッドでゴールに迫ったハノーファーだったが、地力に勝るバイエルンが一方的な展開に持ち込むと、11分に決定機。しかし、コマンがダイビングヘッドで合わせたシュートはGKエッサーの好守に阻まれた。

その後も攻勢に出たバイエルンは26分、ニャブリの右クロスにミュラーがダイレクトで合わせたシュートが枠を捉えるも、ここもGKエッサーのセーブに阻止される。それでも27分、バイエルンがゴールをこじ開ける。右サイドからのキミッヒの正確なクロスにレヴァンドフスキが頭で押し込んだ。

続く36分にミュラーが、37分にはJ・ボアテングがそれぞれミドルシュートで追加点に迫るも、いずれもGKエッサーにファインセーブで阻まれた。しかし40分、バイエルンに順当な2点目が生まれる。ボックス手前中央からのゴレツカのミドルシュートがゴール左に決まった。

追加タイムにはキミッヒのお膳立てからゴレツカに2点目のチャンスがあったものの、シュートはバーを掠めて3点目は決められず前半を終えた。

迎えた後半開始4分、J・ボアテングのハンドでPKを獲得したハノーファーは、ジョナタスが決めて1点差に詰め寄った。

しかし55分、ゴール後にイエローカードを貰っていたジョナタスがキミッヒへのファウルで2枚目のイエローカードを受けて退場となり、ハノーファーは10人での戦いを強いられてしまう。

数的優位となって攻勢に出るバイエルンは60分にアラバのミドルシュートでGKを強襲すれば、68分には再びアラバのミドルシュートが枠の右隅を捉えたが、GKエッサーのファインセーブに阻止された。

勝負を決めきれないバイエルンはリベリを投入して3点目を狙うと、そのリベリが84分にダメ押しゴールを奪った。コマンのスルーパスをボックス左で受けたリベリがDFを外してシュートを流し込んだ。

終盤、負傷明けのロッベンを投入して久々にロッベリーが同じピッチに立った中、バイエルンが3-1で快勝。7連覇へ大きく前進している。
コメント
関連ニュース
thumb

ロッベン、新天地にレスター浮上…12年ぶりのプレミア復帰か

今シーズン限りでバイエルンを退団する元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)にプレミアリーグ復帰の可能性が急浮上した。イギリス『talkSPORT』が報じた。 ロッベンは今シーズンがバイエルンとの契約最終年。契約満了による退団が決まっており、25日に行われるDFBポカール決勝のRBライプツィヒ戦がラストゲームとなる。 そのロッベンを巡ってはメジャーリーグ・サッカー(MLS)やJリーグ行きのほか、古巣フローニンヘン復帰の可能性が取り沙汰されてきたが、イングランドからも関心がある模様だ。 そこで新天地として挙がったのがレスター・シティだ。イギリスのブックメーカー比較情報サイト『Oddschecker』でも移籍先候補として、レスターに人気が集中しているという。 ロッベンのプレミアリーグ復帰となれば、チェルシー時代以来であり、実に12年ぶり。今後の動向から目が離せない。 2019.05.25 08:55 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルンに朗報…主将GKノイアーがDFBポカール決勝で復帰へ

バイエルンを率いるニコ・コバチ監督が25日に行われるDFBポカール決勝のライプツィヒ戦で、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが復帰することを明言した。ドイツ『ビルト』が報じている。 ノイアーは、4月14日に行われたブンデスリーガ第29節のデュッセルドルフ戦で後半直後に左足ふくらはぎを負傷。その後、約6週間に渡り戦列を離れていたがついに試合に復帰するようだ。 ライプツィヒ戦前日会見に臨んだニコ・コバチ監督は次のようにコメントしている。 「マヌエルは明日の試合でプレーする予定だ。彼はキャプテンであり、我々にとって不可欠な存在だよ」 2019.05.25 02:15 Sat
twitterfacebook
thumb

ザネと交渉中だ! バイエルン会長が関心認める

バイエルンの会長を務めるウリ・ヘーネス会長がマンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネ(23)の関心を認めた。ドイツ『Sueddeutsche Zeitung』が報じた。 2016年夏にシャルケから加入したザネ。シティがイングランド史上初の国内3冠を成し遂げた今シーズンは公式戦47試合16得点18アシストをマークしたが、イングランド代表FWラヒーム・スターリングやポルトガル代表MFベルナルド・シウバに次ぐ3番手の序列に甘んじて、途中出場も少なくなかった。 その状況を受け、ザネを巡っては今夏の移籍報道が加熱。クラブも退団を容認する姿勢だという。そこで移籍先として挙がったのがバイエルンだ。今シーズン限りで退団する元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)と元フランス代表MFフランク・リベリ(36)の後釜として、ザネを注視している模様だ。 そうしたなか、ヘーネス会長が「我々は彼と交渉に入っている」と述べ、ザネ獲得に向けた動きを認めたとのこと。シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は以前、ザネの残留希望を口にしているが、去就はいかに。 2019.05.24 09:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ハメス、どこに行く? 移籍先候補に挙がるクラブは…

バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に対して、複数クラブの競合が予想されているという。イギリス『ミラー』が報じた。 今シーズン終了後にレアル・マドリーとバイエルンの2年間にわたるレンタル契約が失効するハメス。ドイツ『スカイ』によれば、6月15日まで有効な4200万ユーロ(約51億6000万円)の買取オプションを保有するバイエルンはいまだ決断を下していないが、ハメスはすでに退団を決めた模様だ。 そのハメスはレアル・マドリー復帰を希望しているが、今夏のチーム刷新が指摘されるジネディーヌ・ジダン監督は一時政権時と同様、構想外に。そのため、ハメスは今夏のさらなる移籍が決定的な様相で、レアル・マドリーもその移籍金を補強資金に充てる道筋をつけているとのことだ。 そうなれば、気になるのがハメスの移籍先だ。リバプールやマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルのプレミアリーグ勢が興味を示しているが、ユベントスやパリ・サンジェルマン(PSG)も動向を注視しているとされており、争奪戦の様相を呈しているとみられる。 2019.05.24 08:55 Fri
twitterfacebook
thumb

堂安律、ロッベンのフローニンヘン復帰の噂に言及「一緒にプレーしたい気持ちはありますけど…」

フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律が、元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の同クラブ復帰の可能性について言及した。 昨夏にガンバ大阪からフローニンヘンに加入して以来、センセーショナルな活躍を続ける堂安。公式戦10ゴール4アシストを記録し、完全移籍を勝ち取ると、今シーズンも5ゴール3アシストを記録した。また、2018年9月にデビューを飾った日本代表でもキャップ数はすでに13。日本の若きアタッカーとして、期待を集めている。 フローニンヘンでは現在、今シーズン限りでバイエルンを退団することが決まっているロッベンの帰還の噂が浮上している。しかし、同選手と同じポジションの堂安は、「一緒にプレーしたい気持ちはあります」と共演を希望をするも、冗談交じりに出場機会の減少を心配した。 「僕が説明しなくてもいいくらい本当に偉大なプレーヤーであることは間違いないので、僕が今から何かを言うのは必要ないと思っています」 「もちろん、一緒にプレーしたい気持ちはありますけど、彼が(フローニンヘンに)帰ってきたら僕が試合に出られなくなる可能性があるので、止めときます(笑)」 <div id="cws_ad"><script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=19kqgy081wx091lrmqiiqaogba" async></script> </div> 2019.05.23 16:15 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース