現フットボール界No1守護神は誰だ! 英媒体がGKトップ10掲載2019.05.03 09:05 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イギリス『Squawka』が現フットボール界のGKランキングを掲載した。ワンプレーがチームの失点数や試合の勝敗に大いに影響するGK。ピッチ上を駆けまわり、ゴールを目指すフィールドプレーヤーと比べると、華やかさは劣るが、1つのミスも許されない点を鑑みると、最もシビアなプレーが求められ、より評価されるに値するポジションだ。

そのGKというポジションは近年のフットボール界において、評価の基準が変化。以前なら失点を防ぐことだけが大きくフォーカスされたが、近年はバイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアーを代表にボールを繋ぐスキルを兼ねた守護神がより評価を高める傾向にある。

そうした変化を伴った現フットボール界で、世界最高の守護神は誰なのか。『Squawka』はその頂点として、アトレティコ・マドリーのスロベニア代表GKヤン・オブラクを選出。バルセロナのドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンを2位に位置づけた。

その彼らに続いたのが、リバプールのGKアリソンと、マンチェスター・シティでプレーするGKエデルソンのブラジル代表勢。立て続けのエラーで評価が暴落するマンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアは7位という順位に甘んじている。

◆『Squawka』選出のGKトップ10
1.ヤン・オブラク(アトレティコ・マドリー/スロベニア)
2.マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/ドイツ)
3.アリソン(リバプール/ブラジル)
4.エデルソン(マンチェスター・シティ/ブラジル)
5.サミル・ハンダノビッチ(インテル/スロベニア)
6.アンドレ・オナナ(アヤックス/カメルーン)
7.ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド/スペイン)
8.ペーテル・グラーチ(ライプツィヒ/ハンガリー)
9.ウーゴ・ロリス(トッテナム/フランス)
10.マヌエル・ノイヤー(バイエルン/ドイツ)
コメント
関連ニュース
thumb

グリーズマン、ユナイテッドに急転移籍か

アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)にマンチェスター・ユナイテッド移籍の可能性が浮上した。イギリス『インデペンデント』が報じた。 今夏のアトレティコ退団を表明したグリーズマン。契約解除金1億800万ポンド(約150億円)が支払われてのバルセロナ移籍が有力的な情勢だが、当のカンプ・ノウ方面から加入を望まない声や、別ポジションの強化を優先すべきとの声も少なくない。 そうしたバルセロナ側の歓迎なきムードを受け、グリーズマンに対して、ユナイテッド行きの可能性も熱を帯びつつある様子。水面下で選手の兄弟や家族と接触しており、一転してユナイテッド行きが実現する可能性が高まっているという。 グリーズマンを巡っては、マンチェスター・シティに興味がなく、ユベントスも金額面に難色を示して獲得レースから撤退。パリ・サンジェルマン(PSG)も現時点でノープランであり、獲得に動いていない模様だ。 なお、長らく興味を示すユナイテッドは今夏、ベルギー代表FWロメル・ルカクやチリ代表FWアレクシス・サンチェスに退団の可能性があり、グリーズマンの獲得に動くとなれば、その売却金を充てるものとみられる。 2019.05.25 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

Jリーグにまたしても大物参戦? フアンフランが日本行きを考慮

23日にアトレティコ・マドリーを退団した元スペイン代表DFフアンフラン(34)がJリーグ参戦の可能性を認めた。スペイン『アス』が伝えている。 2011年1月にオサスナからアトレティコに加入したフアンフランは、2013-14シーズンの18年ぶりとなるリーガエスパニョーラ制覇や2度のヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献。クラブ公式戦通算353試合6ゴール41アシストを誇り、8年半にわたってチームを支えてきた。 そのフアンフランが、新天地について言及。盟友である元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(サガン鳥栖)がプレーするJリーグに加入する可能性をスペイン『Cadena Ser』でほのめかしている。 「トーレスは僕に一緒に日本でプレーしようと誘ってくれた。僕は彼は僕のことをとても気に入っているんだ。彼のことが好きだから考えてはいる。もちろん、一考の余地があると思っている。ただ、僕にとって重要なのは自分がワクワクできる環境なんだワクワクしているよ」 「本当に現時点で僕はどこに移籍するかわからない。けど、スペイン? わからないではないよ。アメリカやとアジア…。とにかく、多くの選択肢が与えられているから、オファーが届いている」 2019.05.24 20:49 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ退団のフアンフラン、同僚グリーズマンのバルサ行きに言及 「夢のようなトリデンテ」

23日に今シーズン限りでのアトレティコ・マドリー退団が発表された元スペイン代表DFフアンフランが、同じく今季限りでクラブを去るフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンのバルセロナ行きの噂に関して言及した。 2011年1月にオサスナからアトレティコに加入したフアンフランは、2013-14シーズンのクラブの18年ぶりとなるリーガ・エスパニョーラ制覇や2度のヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献。クラブ公式戦通算353試合6ゴール41アシストを誇り、8年半に渡ってチームを支えてきた。 そのレジェンドはクラブ退団に際して、スペイン『Cadena Ser』から取材を受けた際、バルセロナ行きが噂される同僚グリーズマンに関して以下のように言及した。 「もし、グリーズマンがバルセロナに加入したら、それ以上の3トップを見つけることは難しいだろうね。だって、メッシ、グリーズマン、スアレスの3人だよ」 「それは恐らくどの監督にとっても夢のようなトリデンテとなるはずさ」 果たしてフアンフランが「夢のようなトリデンテ」と評する超強力アタッキングユニットは今夏誕生するのか…。 2019.05.24 18:44 Fri
twitterfacebook
thumb

フアンフランがアトレティコ・マドリー退団を発表!

アトレティコ・マドリーは23日、元スペイン代表DFフアンフラン(34)が今シーズン限りで退団することを発表した。 2011年1月にオサスナからアトレティコに加入したフアンフランは、2013-14シーズンのクラブの18年ぶりとなるリーガ・エスパニョーラ制覇や2度のヨーロッパリーグ(EL)優勝に貢献。クラブ公式戦通算353試合6ゴール41アシストを誇り、8年半に渡ってチームを支えてきた。 アトレティコ退団が決まったフアンフランはクラブ公式サイトで、以下のようにコメントしている。 「今日が僕にとって、アトレティコ・マドリーでの最後の日だよ。またすぐに帰ってこれることを望んでいる。ここは僕のホームだ。素晴らしい年月を過ごせたことは僕のキャリアにおいて最高なものになったよ」 「サポーターが僕をこのクラブのレジェンドと言ってくれることは誇りだ。クラブを助けるために戻ってくるよ。僕はクラブマンだからね」 「僕を愛して、誇りに思ってくれたすべての選手に感謝を伝えたい。彼らが僕を応援してくれる度に、僕の名前はタイトルよりとても大きな物になったよ」 2019.05.23 22:37 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、争奪戦必至のネレスに関心か

アトレティコ・マドリーがアヤックスに所属するブラジル代表FWダヴィド・ネレス(22)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 サンパウロ時代から“NEXTネイマール”として注目を集め、2017年冬にアヤックスへ移籍したネレス。オランダの名門でも攻撃の要として活躍し、今シーズンは公式戦50試合で12ゴール15アシストをマークした。 今回伝えられるところによれば、アトレティコ・マドリーを率いるディエゴ・シメオネ監督は、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン(33)らの退団による守備陣の入れ替えの他にサイドアタッカーの獲得を望んでいる模様。そこで、コパ・アメリカのブラジル代表にも選出されたネレスに照準を定めているという。 とはいえ、ネレスにはパリ・サンジェルマン(PSG)やリバプールなどのメガクラブが挙って獲得に興味を示していると各紙は報じている。ネレスの獲得には激しい争奪戦が予想されるが、どのような結末を迎えるだろうか。 2019.05.23 14:39 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース