G大阪の“ヤット後継者”市丸瑞希、FC岐阜に武者修行! 「成長して帰って来られるよう…」2019.05.01 17:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
FC岐阜は1日、ガンバ大阪に所属するMF市丸瑞希(21)の育成型期限付き移籍加入を発表した。背番号は「37」を着用。移籍期間は2020年1月31日までで、同期間中にG大阪や同クラブU-23との全公式戦に出場できない。

G大阪下部組織出身の市丸は、2016年にトップチーム昇格。元日本代表MF遠藤保仁の後継者として大きな注目を集めたが、燻り、今シーズンもG大阪U-23の一員として続き、明治安田生命J3リーグ7試合の出場にとどまっている。武者修行決定を受け、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

◆FC岐阜
「ガンバ大阪から加入しました市丸瑞希です。岐阜の勝利に少しでも貢献できるようにがんばりますので、よろしくお願いします」

◆ガンバ大阪
「この度岐阜に移籍することになりました。アカデミーから育ててもらったクラブを離れることは勇気のいる決断でしたが、決めたからには結果を残し、成長して帰って来られるよう向こうで頑張ります。ありがとうございました」
コメント
関連ニュース
thumb

札幌、東口攻略ならずで3戦連続無得点…G大阪が敵地で勝ち点1《J1》

明治安田生命J1リーグ第13節が札幌ドームで25日に行われ、北海道コンサドーレ札幌vsガンバ大阪は0-0のドローに終わった。 ここ2試合得点がなく、2戦未勝利で7位の札幌は、コパ・アメリカの代表に選ばれた菅と、キリンチャレンジカップの代表メンバー入りを果たした鈴木がスタメン。中野も7試合ぶりの先発となり、負傷欠場が続いたジェイがベンチ入りした。 一方、14位のG大阪は前節、若手抜擢&システム変更の大阪ダービーで8試合ぶりの白星。今シーズン初の連勝がかかる今節に向けては、出場停止明けのキム・ヨングォンをベンチに置くなど、ダービーと同じ11名をスタートから起用した。 試合は前節に引き続き[3-1-4-2]の布陣を用いたG大阪がアンカーに入る矢島を中心にテンポよくボールを繋ぎ、主導権を握る入りに。そのなかで、幾度かシュートの形を作りだした札幌だが、球際で強さをみせる相手守備網にひっかかる。 徐々に局面での崩しに鋭さがかいま見え始めた札幌だが、G大阪が相手のお株を奪うかのようなパスワークで優位に。そのなかで攻撃の糸口を探ると、33分に敵陣中央の位置で福森にFKのチャンスが巡ってくるが、GK東口の牙城を崩せない。 素早い帰陣で札幌の攻撃を凌ぐG大阪は前半終了間際、バイタルエリア中央の引いた位置からアデミウソンが最終ラインのスペースに縦パス。これを受けたボックス中央の倉田が宮澤のマークを受けて倒れるが、ノーファウルの判定となる。 ゴールレスで折り返した札幌は、出足の鋭さでG大阪を上回ると、53分に右サイド深くのボックス外で得たFKのチャンスから福森が直接。スピードのあるボールがニアサイドを突くが、GK東口のファインセーブに阻まれ、先制とはならない。 やや押し込まれ気味のG大阪は局面で身体を張った守備で耐え凌ぎながら反撃。札幌が60分に宮澤と荒野の交代に動いたなか、62分にカウンターの形に持ち込み、バイタルエリア中央の位置から倉田が右足シュートを放つが、枠の左に外れる。 前半と打って変わり、ボールの支配率でも優勢の札幌。敵陣左サイドで獲得したFKのチャンスから、そのタイミングでピッチに入ったジェイがさっそくヘディングシュートを放つが、コースが甘く、GK東口に難なくキャッチされてしまう。 後半に入り、守備の時間が長く続くG大阪は83分から85分にかけて、高江、アデミウソンに代えて、食野と今野を立て続けに投入。89分にチャナティップを下げて金子を送り出してきた札幌を相手に辛抱強い守りから先制ゴールを狙っていく。 そのなかで、試合終了間際に高い位置でのボール奪取からカウンターに持ち込むが、ファン・ウィジョの左足シュートは相手GKの正面。札幌は3試合連続無得点で3試合勝利なしとなり、敵地で1ポイントを手にしたG大阪は2戦無敗としている。 2019.05.25 15:57 Sat
twitterfacebook
thumb

大胆采配のG大阪が倉田弾で令和初ダービー制す! 今季ホーム初白星《J1》

明治安田生命J1リーグ第12節が18日にパナソニック スタジアム 吹田で行われ、ガンバ大阪がセレッソ大阪に1-0で勝利した。 7戦未勝利で16位に沈むG大阪は、前節の先発から遠藤や今野、米倉、オ・ジェソクを外して、J1デビューの高尾や福田、高江ら若手を先発に抜擢。そのほか、出場停止のキム・ヨングォンに代わり、三浦を3試合ぶりにスタメンとしてピッチに送り出した。一方、10位のC大阪は現在、シーズン初の連勝中。前節のスタメンから負傷離脱の都倉と、世代別代表合流の瀬古に代わって、前節1得点の高木と木本を先発起用した。 新元号『令和』最初の大阪ダービーとしても注目を集めた試合は、宮本監督の大胆な人選が際立つG大阪が矢島をアンカーに置いた[3-5-2]のシステムでスタート。守備から入るC大阪に対して、ボールのイニシアチブを握り、能動的に試合を進めていく。だが、そのなかで、10分に相手のロングボールがG大阪守備陣の背後に流れると、これに高木が反応。たちまちピンチを迎えるが、GK東口のファンセーブで何とか切り抜ける。 すると、今度はG大阪にビッグチャンス。13分、敵陣左サイドのファン・ウィジョがマテイ・ヨニッチのGKに対する緩慢なバックパスをかっさらい、ボックス左からコースを狙い澄まして右足でフィニッシュに持ち込む。だが、シュートはコースが甘く、鋭い飛び出しで寄せてきたGKキム・ジンヒョンの正面。続く21分、パスワークからボックス右のファン・ウィジョが右足シュートを放つが、これも真正面を突いてしまう。 時間が進むにつれて、こう着ムードが強まり、ゴールレスのまま折り返した大阪勢対決。[3-4-3]のシステム変更を施して後半に入ったC大阪が敵陣左サイドでスローインのチャンスを獲得した49分、藤田のロングスローからセカンドボールに反応した高木に決定機が巡ってくる。相手最終ラインの背後で浮かび上がったボールをワンタッチで押し込みにかかるが、GK東口の判断伴った鋭い飛び出しに阻まれ、先制機を逸する。 その直後、高木を下げてソウザをピッチに送り出したC大阪だが、守護神の奮闘でピンチを凌いだG大阪が前半と同様にボールの主導権を握り、押し返す展開に。すると、55分、ガンバの背番号「10」が輝く。高尾の縦パスをバイタルエリア右で受けた高江が最終ラインのスペースを突く動きをみせた倉田にスルーパス。これを受けた倉田の豪快な右足シュートがゴールネットに突き刺さり、G大阪がついに均衡を破る。 崩されたC大阪は先制された動揺からか、パスが乱れる不安定なシーンが増えるなか、2シャドーの一角に位置に入ったソウザを起点に攻めの形を構築していくが、倉田の7試合ぶりとなるシーズン2得点でリードしたG大阪の勢いが上回り、67分に矢島のロングフィードからカウンター。ボックス右のスペースに猛進したアデミウソンがファン・ウィジョの横パスに右足ダイレクトで合わせるが、これを枠に飛ばすことができない。 追いつきたいC大阪は、68分に高江を下げて食野の交代に動いたG大阪に続き、70分に藤田から柿谷にスイッチ。対するG大阪も73分、倉田に代えて今野をピッチに送り込み、両軍のベンチワークが激しくなる。その流れのなかで77分、清武の落としからボックス左の柿谷が左足シュート。さらに、79分に水沼を下げて田中亜土夢を途中起用したC大阪が直後のセットプレーからゴールに迫るが、G大阪守備陣の牙城を崩せない。 幾度かカウンターのピンチに晒されながら同点を目指したC大阪だが、最後の交代カードで矢島を下げて遠藤をピッチに送り出したG大阪が巧みに時計の針を進めていき、実に2カ月ぶりとなる8試合ぶりの白星で待望のホーム初勝利。勝利を確信したG大阪ファンのチャント「俺達が大阪さ」がこだまするなか、敗戦のホイッスルを迎えたC大阪は連勝が「2」で止まり、4試合ぶりの黒星を喫した。 2019.05.18 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】新時代の大阪決戦《G大阪vsC大阪》

現在、明治安田生命J1リーグ2勝2分け7敗の16位に低迷するガンバ大阪。18日に行われる今節、リーグ戦でいまだ勝ちがない本拠地パナソニック スタジアムに直近2連勝で4勝2分け5敗の10位につけるセレッソ大阪を迎え撃つ。大阪に本拠地を置くガンバとセレッソによる改元後初のダービーマッチだ。 ◆前節の良くない戦い、迫る降格圏、ダービーはより重要な一戦に〜ガンバ大阪〜 G大阪は最悪な状態でダービーマッチを迎える。互角の戦いを演じた末に勝ち点1をもぎとった前々節の首位FC東京戦や、ルヴァンカップのグループステージ突破を決めた勢いそのままに、前節の最下位鳥栖との裏天王山で勝利を狙ったが、闘争心剥き出しの相手に面喰らい、1-3の黒星。J1初ゴールの食野亮太郎が唯一の輝きを放ったが、宮本恒靖監督の「非常に情けないパフォーマンスだった」という言葉が物語るとおり、完敗の一戦だった。 これで、7試合未勝利。この状況に輪をかけて、今節はキム・ヨングォンが累積警告で出場できず、中村敬斗もU-20日本代表合流でチームにいない。鳥栖や清水ら残留争いのライバルが次々と監督交代を決断したことでプレッシャーも強まるが、宮本監督に逆境を跳ね除ける策があるのか。鳥栖戦での良くない戦い、迫る降格圏という点からも、この大阪ダービーはチームの今後を占う上で、より重要な一戦になる。 ◆今季初連勝で調子上向き、都倉賢の思いも背負い鬼門へ〜セレッソ大阪〜 対するC大阪はG大阪と打って変わり、最近の戦いで手応えを掴みつつあるなかでのダービーマッチとなる。ホームで行われた前節の横浜FM戦は開始2分、水沼宏太が古巣相手に先制点を挙げると、途中出場の高木俊幸が追加点。さらに、水沼が自身2点目となるゴールで試合を決定づけ、3-0の快勝でシーズン初のリーグ戦連勝を飾った。これで、チームは直近2試合で5得点、3試合連続無失点。攻守両面でポジティブだ。 そうしたなか、都倉賢の全治8カ月におよぶ長期離脱のバッドニュースが飛び出したが、チームとしての状態は右肩上がり。ここ2試合先発で台頭著しい瀬古歩夢もU-20日本代表合流でチームからしばらく離脱となるが、良い流れを持って、今回のダービーマッチに臨める状況だ。2004年以来、勝てない日々が続くG大阪の本拠地で勝利を掴み取れるか。負傷離脱した都倉の思いも背負い、2連勝中の勢いが試される一戦に挑む。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆ガンバ大阪[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190517_13_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:東口順昭 DF:高尾瑠、三浦弦太、菅沼駿哉、オ・ジェソク MF:小野瀬康介、高江麗央、倉田秋、アデミウソン FW:ファン・ウィジョ、食野亮太郎 監督:宮本恒靖<hr>宮本監督は大阪ダービーに向け、抜本的な変更を示唆。ルヴァンカップやU-23の一員として臨むJ3リーグで調子を上げる若手を大胆起用か。そのほか、出場停止のキム・ヨングォンに代わり、脳震とうで前節を欠場した三浦弦太の出場が有力だ。 ◆セレッソ大阪[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190517_13_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) CWS Brains, LTD.<hr></div>GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介 MF:水沼宏太、奥埜博亮、藤田直之、清武弘嗣 FW:ブルーノ・メンデス、高木俊幸 監督:ロティーナ<hr>2連勝中と調子が良いだけに、面子&布陣ともに大幅な変更はないだろう。ただ、そのなかで、負傷離脱した都倉の抜けた前線に前節1ゴールの高木が3試合ぶりのスタメン入りか。瀬古が抜けたセンターバックの一角に木本恭生の起用が見込まれる。 【注目選手】 倉田秋(ガンバ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190517_13_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>G大阪の注目選手は古巣戦の倉田秋だ。今節は大阪ダービー。下部組織出身選手の1人として、このダービーマッチで燃えないわけがない。遠藤保仁や今野泰幸に代わってボランチでプレーする機会が増えるなか、新たな攻守の指針として存在感を発揮できるか。 水沼宏太(セレッソ大阪)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190517_13_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>C大阪の注目選手は水沼だ。前節は古巣横浜FMに対して2得点1アシストの大暴れ。開幕戦以来、ベンチスタートの日々が続いうっ憤を。晴らすかのごとく、2連勝の原動力として大きな輝きを放った。その勢いそのままに、大阪ダービーでもヒーローになれるか。 ◆令和初の大阪ダービー 新元号『令和』の時代として、記念すべき最初の大阪ダービー。過去、通算対戦成績は22勝5分け9敗でG大阪がリードしている。さらに、そのG大阪が現在、同カード3連勝中であり、ホームでの直近9試合においても8勝1分け無敗。不振のG大阪にとって、心強いデータが並ぶ対戦カードだ。その今回の大阪ダービーは、チケットが完売。大入りが予想されるパナソニック スタジアム 吹田で凱歌をあげるのは、浮上のきっかけを掴みたいガンバか、今後に弾みをつけたいセレッソか。注目の大阪ダービーは18日、19時キックオフだ。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1100l3Pqd/adref:innews_j" terget="_blank">激戦、熱戦必至! 新時代の大阪ダービー<br />Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2019.05.17 19:30 Fri
twitterfacebook
thumb

G大阪がC大阪戦のチケット完売を発表! 令和初の大阪ダービー

ガンバ大阪は14日、18日に本拠地パナソニック スタジアム 吹田で行われる明治安田生命J1リーグ第12節のセレッソ大阪戦において、チケットが完売したことを発表した。 ホーム戦に関しては、これで第10節のFC東京戦に続く2試合連続のチケット完売。ホームで行われるリーグ戦での大阪ダービーとしては、2005年7月23日に万博記念競技場で行われた試合から8回連続の満員御礼となる。 G大阪を率いる宮本恒靖監督はクラブを通じて、「ホーム開催の大阪ダービーを満員の観衆の中で迎えられるということで、サポーターの皆さんに感謝いたします。たくさんのサポーターの皆さんにダービーの勝利を届け、リーグ戦浮上のきっかけとなる一戦にしたいと思います」とコメントしている。 G大阪は現在、J1リーグ2勝2分け7敗の16位。リーグ戦における本拠地パナソニック スタジアムの戦いにおいて、いまだ勝ちがないなかで、直近2連勝で4勝2分け5敗の10位に位置するC大阪を迎え撃つ。 2019.05.14 15:50 Tue
twitterfacebook
thumb

滑り込み選出のFW中村敬斗、クラブに感謝「G大阪に入れて良かった」《U-20W杯》

U-20日本代表は13日、今月からポーランドで行われるU-20ワールドカップ(W杯)に向けて、千葉県内で流通経済大学とトレーニングマッチを実施した。 この試合でガンバ大阪のFW中村敬斗は、1点リードで迎えた44分にはDF喜田陽のクロスを右足で合わせて、1得点を記録。5-0の大勝に大きく貢献した。試合終了後、メディア陣による取材に応対し、滑り込みでの選出について、クラブに感謝を述べた。 ──滑り込みでの選出について 「入るかわからなかったところで入れたというのは光栄です。ギリギリ入れたというのは承知の上で、今日の試合、『90分出る』ということで出て、走れましたし、1ゴール決めれたので、アピールになったと思います」 ──ゴールに対するこだわりは 「貪欲に狙いに行くのはもちろん、味方を使うというのはガンバで教わったことです。確実にゴールを取れる方、チームが勝てる方を選ぶことが、現代サッカーにおいて大事なことだと思います」 ──G大阪の宮本恒靖監督から何か言われたか 「『おめでとう。全力で自分を出して頑張ってこい』と言われました。まだまだ、足りない部分があるということはわかっていますけど、とりあえず選ばれたので、自分の力を信じてやっていきたいと思います」 ──普段教わっていることで今日の試合で何を出せたか 「全部だと思います。今年、久々に選ばれて、初招集がこれなので。走る面だったり、オフ・ザ・ボールの裏を取ることだったり、ガンバ大阪に入れて良かったなと感謝しています」 ──ワールドカップのメンバーは狙っていたか 「諦めすにガッツリ狙っていました。安部(裕葵)君が上に行くということでポジション的に空く可能性がありました。そこを狙っていくことを常に考えていました。それでルヴァンカップで結果を残せたからここにいると思っています」 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/OhofL0CQGzg" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.05.13 23:20 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース