PK戦までもつれ込む激闘を制したレンヌが48年ぶり3度目の制覇!《クープ・ドゥ・フランス》2019.04.28 06:59 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クープ・ドゥ・フランス決勝のスタッド・レンヌvsパリ・サンジェルマン(PSG)が27日にスタッド・ド・フランスで行われ、2-2のスコアで120分が終了。その後に行われたPK戦の結果、6-5でレンヌが勝利。この結果、レンヌが48年ぶり3度目のクープ・ドゥ・フランス優勝を飾った。5連覇を目指すPSGは、リーグ・アン連覇を決めた21日のモナコ戦からスタメンを4人変更。GKにアレオラが入ったほか、最終ラインは右からダグバ、マルキーニョス、キンペンベ、ベルナトの4人。中盤はアンカーにヴェッラッティを起用しインサイドはダニエウ・アウベスとドラクスラーを配置。3トップは右からディ・マリア、ムバッペ、ネイマールと並べた。

試合が動いたのは13分、PSGはネイマールの左CKからペナルティアーク右付近のダニエウ・アウベスが右足ボレーでゴール左隅にシュートを叩き込んだ。さらにPSGは、15分にもディ・マリアのパスに抜け出したムバッペがボックス右からシュートを放ったが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。

先制点で主導権を握ったPSGは22分、ディ・マリアの縦パスで相手DFの裏に抜け出したネイマールがペナルティアーク内まで持ち上がり、飛び出したGKの上を越すループシュートでゴールネット揺らした。

2点を追うレンヌは38分、中盤からのロングパスを最前線で受けたニアンが巧みな反転で相手DFをかわすと、ボックス手前まで持ち込みゴール左を狙ったコントロールショットを放ったが、このシュートは左ポストを直撃。決定機を逃したレンヌだが40分、右サイドをドリブルで突破したハマリ・トラオレのクロスがキンペンベのオウンゴールを誘い、1点を返した。

迎えた後半、先にスコアを動かしたのは1点を追うレンヌ。66分、グルニエの左CKをメクセルがヘディングで叩き込み、試合を振り出しに戻した。

同点に追い付かれたPSGは72分、ダニエウ・アウベスの右クロスをニアサイドに走り込んだムバッペが合わせたが、これは枠の右。さらに85分には、ボックス左に抜け出したムバッペの折り返しにネイマールが飛び込んだが、これはわずかに届かず。

その後も両者に勝ち越しゴールは生まれず、2戦合計スコア2-2のまま試合は延長戦へ。延長前半に向けて、PSGはドラクスラーを下げてカバーニを投入。すると99分、ネイマールのスルーパスに抜け出したムバッペがゴールエリア左からシュートを放ったが、これは右ポストを直撃。

2-2のまま迎えた延長後半、PSGはダグバを下げてディアビを投入。対するレンヌはブリゴーを下げてシリキをピッチに送り出した。すると、レンヌは110分に決定機。ボックス右から侵入したサールの折り返しをペナルティアーク内で受けたベン・アルファがワントラップから左足を振り抜いたが、このシュートは枠の左に外れた。

膠着状態が続く中、PSGは118分にアクシデント。ムバッペがボールを奪おうとした際にダ・シルバの右足をスパイクしてしまい、レッドカードで退場処分となった。その後もスコアの動かなかった試合はPK戦へ。

PK戦では、6人全員が成功したレンヌに対し、PSGは6人目のエンクンクが失敗。PKスコア6-5で勝利したレンヌが48年ぶり3度目のクープ・ドゥ・フランス制覇を達成した。
コメント
関連ニュース
thumb

PSGがドルトムントからDFディアロを獲得! 2024年までの5年契約を締結

パリ・サンジェルマン(PSG)は16日、ドルトムントからフランス人DFアブドゥ・ディアロ(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となる。 PSGへ加入の決まったディアロは、クラブの公式サイトで以下のコメントを残している。 「パリ・サンジェルマンのような権威あるクラブに加入出来て光栄だね。僕は常にパリが掲げるプロジェクトに魅力を感じていた。パリへの移籍は僕にとって重要なステップだよ」 2014年にモナコでプロデビューを飾った左利きのセンターバックのディアロは、ズルテ・ワレヘムへのレンタル、マインツへの完全移籍を経て、2018年6月にドルトムントに完全移籍。 加入1年目となった昨シーズンには公式戦38試合に出場した。また、同シーズンは本職のCBのみならず、左サイドバックもこなした。 また、代表キャリアにおいては2016年にU-21フランス代表に招集され、これまで16試合に出場していた。 2019.07.17 00:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマールの独占インタビューが何者かに盗まれる! 地元ブラジルメディアの取材後に

ブラジルの放送局が収録したパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(27)の独占インタビューが、何者かに盗まれたとスペイン『マルカ』が伝えている。 母国ブラジルが優勝を飾ったコパ・アメリカは負傷により無念の辞退となったネイマール。最近ではバルセロナへの復帰希望を伝えたとされるなど、プレーせずとも何かと話題には事欠かない。 その同選手への貴重なインタビューはブラジルのインターネット放送局『UOL』が収録したもので「6月に報道された婦女暴行事件や、バルセロナへの移籍騒動については聞かない」という条件で行われたものであったという。 インタビュー後、取材を行ったジャーナリストが自分の車へ戻ったところ何者かの強盗に遭ってしまったようだ。 本来は14日に放送されるはずであったという同インタビューでネイマールは何を語っていたのか。世界中が気になるその内容が分からないのは残念ではあるが、これも同選手の注目度の高さゆえと言えるであろう。 2019.07.16 15:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ネイマール、PSGに移籍を直談判か

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)が移籍を直訴したという。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2017年夏にPSG入りしてから続く移籍の可能性が今夏により加熱するネイマール。PSGのスポーツ・ディレクター(SD)に復職したレオナルド氏は先日に移籍の可能性を認める発言を残した。 そうしたなか、15日にPSGのトレーニングに合流したネイマールは、同日にレオナルドSDと会談。その席で自らが希望する行き先こそ明らかにしなかったが、移籍の意思を示したという。 有力な移籍先の候補として挙がるバルセロナは、現時点でPSGに対して正式なオファーを提示していないが、現有戦力の譲渡を含めた取引でネイマールの連れ戻しを図る模様だ。 その候補に挙がるのがブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(27)だ。リバプール復帰も囁かれているが、ネイマールの状況が明確になるまで、コウチーニョの去就も不透明とみられる。 移籍を直訴した際、PSGからとどまるよう説得を受けたとされるネイマール。意中とされるバルセロナ復帰は実現するのだろうか。 2019.07.16 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

今夏デ・リフト獲得失敗のPSG、ドルトムントのディアロ獲得に接近?

ドルトムントに所属するフランス人DFアブドゥ・ディアロ(23)のパリ・サンジェルマン(PSG)行きが近づいているようだ。フランス『フランス・フットボール』が同国『レキップ』を引用して伝えた。 2014年にモナコでプロデビューを飾った左利きのセンターバックのディアロは、ズルテ・ワレヘムへのレンタル、マインツへの完全移籍を経て、2018年6月にドルトムントに完全移籍。加入1年目となった昨シーズンには公式戦38試合に出場した。また、同シーズンは本職のCBのみならず、左サイドバックもこなした。 今回伝えられるところによれば、PSGが移籍金3200万ユーロ(約38億9000万円)で合意に近づいている模様。今夏、アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)の獲得に動いていたPSGだが、代替案としてこのフランス人CBを獲得することになりそうだ。 2019.07.15 16:45 Mon
twitterfacebook
thumb

そんなこと言っちゃって大丈夫? ネイマールの最高の思い出は「バルサ時代のPSG戦」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、驚きの発言を残した。イギリス『メトロ』が伝えている。 同メディアによると、ネイマールは現在、プレシーズンのトレーニングキャンプに参加せず、ブラジルに滞在中。そんな同選手は今夏の移籍市場でPSGからバルセロナへの復帰が噂されているが、そういった状況の中で物議を醸すような言葉を発した。 それは『Oh My Goal』でのインタビューでのこと。「ロッカールームでの最高の思い出」について問われると、ネイマールの答えはPSGにとっては耳が痛いものだった。 「バルセロナ時代のPSG戦かな。あの後は、みんながはしゃぎまくったよ。みんなにとって、これが最高の思い出だと思うよ」 「6点目を決めた時の感情は、これまで感じたことがないものだったよ。とても素晴らしかったね 」 この試合は、2016-17シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)のラウント16・2ndレグのバルセロナvsPSGのこと。1stレグを0-4で落としていたバルセロナは、ベスト8進出が絶望的な状況だった。それでもバルセロナは3点を先取する試合展開で、2戦合計スコアを3-5にすると、バルセロナのネイマールが88分、後半アディショナルタイム1分に連続ゴールで2戦合計スコアを5-5の同点に。 しかし、このままではアウェイゴール数の差で敗退となる状況。だが、後半アディショナルタイム、ネイマールがクロスから決勝ゴールをアシストし、6-5でバルセロナが大逆転。ベスト8進出を果たした。この試合は“カンプ・ノウの奇跡”とも呼ばれるようになったが、PSGにとっては大きな屈辱を味わった一戦であった。 2019.07.14 14:10 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース