熊谷紗希、英『BBC』年間最優秀選手候補に! 22日に発表2019.04.26 17:25 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イギリス『BBC』が女子フットボーラー・オブ・ザ・イヤー2019(年間最優秀選手賞)最終候補5名を発表した。イギリスの公共放送『BBC』独自に行う同賞の候補者は、監督や選手、連盟、記者などサッカー有識者により選出。5月2日締切の一般投票により、年間最優秀選手が決定する。

その候補の1人として、リヨンのなでしこジャパンDF熊谷紗希がノミネート。熊谷は昨年、史上初のチャンピオンズリーグ3連覇やリーグ優勝のほか、なでしこジャパンの主将としてもアジアカップ制覇に貢献した。

投票結果は22日に発表される。

◆女子フットボーラー・オブ・ザ・イヤー2019候補
FWペアニレ・ハーダ(ヴォルフスブルク/デンマーク)
FWアダ・ヘガーベルグ(リヨン/ノルウェー)
MFリンジー・ホラン(ポートランド・ソーンズ/アメリカ)
FWサマンサ・カー(シカゴ・レッドスターズ/オーストラリア)
DF熊谷紗希(リヨン/日本)
コメント
関連ニュース
thumb

リヨン会長、今夏のフェキル退団を明言

リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長が、フランス代表FWナビル・フェキル(25)の今夏の退団を明言した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨夏にリバプールが獲得に迫ったフェキル。しかし、移籍金を巡って両クラブに問題が発生し破談に。それでも、その後も動向を追っていたリバプールに加え、レアル・マドリーもフェキルに関心があると伝えられ、今夏の移籍市場での目玉となっていた。 リバプールとマドリー、両クラブからの関心が絶えず報道される中でも、噂の域を出なかったフェキルの移籍だが、今回、オラス会長が同選手について決定的な発言をした。 「ナビルがもたらしてくれたものに感謝する。我々は彼が出て行くことを認めている」 これにより、フェキルの今夏での退団がほぼ確実に。フェキルは今シーズン、ストライカーやトップ下など複数のポジションをこなしながら公式戦39試合に出場。12ゴール9アシストを記録し、キャプテンとしてチームを支えた。 2019.05.25 20:20 Sat
twitterfacebook
thumb

リバプール、昨夏破談に終わったフェキル獲得に再挑戦か

リバプールが再び、リヨンに所属するフランス代表MFナビル・フェキル(25)の獲得に動くようだ。イギリス『メトロ』が伝えた。 リヨン下部組織出身のフェキルは2013年にトップチーム昇格。以降、攻撃の核として活躍し、今シーズンの公式戦39試合で12ゴール9アシストを記録した。 そのフェキルは、昨夏に5300万ポンド(約73億6000万円)でリバプール移籍が決定的になっていたが、直前に負傷したことで破談に。それでも、リバプールは関心を継続させており、今夏も再び獲得に動くという。 また、リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長は「我々は彼が移籍するということを理解している」と今夏の退団を容認しているようだ。 2019.05.25 14:59 Sat
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがリヨンのムサ・デンベレ獲得に動く! 48億超のオファー打診

マンチェスター・ユナイテッドがリヨンに所属するフランス人FWムサ・デンベレ(22)の獲得に動いているという。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ムサ・デンベレは昨夏にセルティックから加わり、公式戦45試合20得点6アシストをマーク。今夏の移籍市場で欧州複数クラブの関心を集める注目株の1人だ。 そのなかで、セルティック時代から興味を示すユナイテッドがリヨンに対して、移籍金3500万ポンド(約48億6000万円)のオファーを打診した模様だ。 来シーズンの復権を目論むユナイテッドだが、セリエA行きを夢だと語るベルギー代表FWロメル・ルカクの去就が不透明な状況。ムサ・デンベレの獲得なるか。 2019.05.25 09:25 Sat
twitterfacebook
thumb

リヨン新指揮官に元バルサのシウヴィーニョ氏就任へ! SDは英雄ペルナンブカーノ

リヨンの新指揮官にかつてバルセロナやアーセナルで活躍した元ブラジル代表DFのシウヴィーニョ氏(45)が就任することが決定的となった。フランス『レキップ』や『ESPN』など複数メディアが伝えている。 今シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の3位に位置するリヨンだが、2015年からチームを率いてきたブルーノ・ジェネジオ監督(52)が契約満了に伴い、今シーズン限りで退団することが決定している。 その後任人事に関してはジョゼ・モウリーニョ氏という、眉唾ものの話からパリ・サンジェルマン(PSG)のU-19チームの監督を退任することが濃厚なチアゴ・モッタ氏ら多くの名前が挙がっていたが、最終的にはトップカテゴリーで監督経験がないシウヴィーニョ氏という意外過ぎる人選となったようだ。 母国コリンチャンスでプロキャリアをスタートした職人タイプの左サイドバックのシウヴィーニョ氏は、アーセナルやセルタ、バルセロナ、マンチェスター・シティで活躍。また、ブラジル代表として通算7キャップを記録している。 現役引退後はクルゼイロや古巣コリンチャンスでアシスタントコーチを務めたほか、2014年にはロベルト・マンチーニ監督の誘いを受けてインテルのアシスタントコーチも経験。その後は、ブラジル代表で現指揮官チッチ監督の副官を担い、今年4月には2020年東京オリンピックに向けたU-23ブラジル代表監督も兼任していた。 なお、ブラジルサッカー連盟(CBF)は17日、シウヴィーニョ氏の退任を認めており、リヨン行きは確実な情勢だ。 また、リヨンではかつてのリーグ・アン7連覇の中心選手だった元ブラジル代表MFのジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏(44)のスポーツ・ディレクター就任が内定しており、ペルナンブカーノ氏の最初の仕事がシウヴィーニョ氏の新監督招へいだったようだ。 2019.05.18 05:44 Sat
twitterfacebook
thumb

シティ、ギュンドアン後釜にリヨンの逸材MFを注視? ユムティティも称賛

マンチェスター・シティが、リヨンのU-21フランス代表MFフセム・アワール(20)への関心を強めているようだ。フランス『RMC SPORT』が伝えている。 フセム・アワールは2017年にリヨンでトップチームデビューを果たした期待の若手だ。セントラルMFを主戦場とし、足元の高い技術力と長短の正確なパスを武器に、今シーズンはここまで公式戦45試合7ゴール10アシストを記録。昨年には欧州でプレーする最も活躍した21歳以下の選手を選出する『トゥットスポルト』主催のゴールデンボーイ賞の最終候補20名にも選出されている。 シティはフセム・アワールに対して、かねてより興味を示していた。今シーズン、リヨンと同居したチャンピオンズリーグ(CL)・グループリーグでの対戦を機に、ジョゼップ・グアルディオラ監督と、アシスタントコーチを務めるミケル・アルテタ氏の目に留まった。そして今回、シティは去就が不透明となっているドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンの後釜として、獲得に動く可能性があるようだ。 なお、以前、シティがフセム・アワールに興味を抱いていた際、バルセロナに所属する同胞DFサミュエル・ユムティティは、「彼は賢く、技術的にも優れている選手だ。良質なパス、ゲームを読む力も持っている。グアルディオラのような監督がこのようなタイプの選手を好むことはごく普通のことだろうね」とコメントしていた。 2019.05.15 18:20 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース