ゼニトのマルキジオがヒザの手術で今季終了2019.04.25 00:50 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ゼニトの元イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオ(33)が24日、自身のインスタグラムでヒザの手術を行ったことを明かした。イタリア『トゥットスポルト』によれば全治は3カ月とのことで、今季中の復帰は不可能となった。

ユベントスで長年活躍し、今季よりゼニトでプレーしていたマルキジオは右ヒザの痛みを抱え、2月のヨーロッパリーグ・フェネルバフチェ戦で5分程プレーして以降、膝蓋骨軟骨症に苦しみ戦列を離れていた。

2016年に左ヒザの前十字じん帯を痛めた経験を持つマルキジオは今季、ロシア・プレミアリーグで9試合に出場して2ゴール、ヨーロッパリーグでは5試合に出場するにとどまっていた。

マルキジオは自身のインスタグラムで「まだ試合に出場したい。這い上がるよ」と復帰への意欲を示した。

24試合を消化し、残り6試合となったリーグ戦で首位に立つゼニトは、2位ロコモティフ・モスクワに8ポイント差を付けている。
コメント
関連ニュース
thumb

マルキジオ&アズムーン在籍のゼニトが4季ぶり5度目のリーグ制覇! 来季CLにも帰還《ロシア・プレミアリーグ》

4日にロシアプレミアリーグ第27節のゼニトvsアマフト・グロズヌイが行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、ゼニトが4シーズンぶり5回目となるリーグ優勝が決定した。 第26節終了時点で、18勝3分け5敗で首位に立つゼニト(勝ち点57)。残り4試合で、2位・ロコモティフ・モスクワ(勝ち点49)に勝ち点「8」差をつけており、同クラブとの対戦成績で1勝1分けと上回っているため、勝利すれば優勝が決定、引き分け以上でもロコモティフの今節の結果次第で、優勝が決まる可能性があった。 そんな中で迎えたアマフト・グロズヌイとの一戦は、55分に先制点を許す展開に。それでも86分、左サイドからのクロスをFWセバスティアン・ドリウッシがシュート。ここは相手DFのブロックに阻まれたが、FWアントン・ザボロトニーが相手のクリアを防ぎ、再びボックス中央に跳ね返ったボールをドリウッシが押し込んだ。このゴールでゼニトは勝ち点1をもぎ取った。 勝利で優勝を決めることはできなかったが、その後に行われたアルセナル・トゥーラvsロコモティフの一戦で、ロコモティフが敗れたため、勝ち点差が「9」となり、3試合を残してゼニトの2014-15シーズン以来の優勝が決定した。 なお、ロシア・プレミアリーグでは、1位と2位のクラブにチャンピオンズリーグ(CL)の出場権が付与され、同クラブは来シーズン、4シーズンぶりに出場する。ゼニトには元イタリア代表MFクラウディオ・マルキジオ、コロンビア代表MFウィルマル・バリオス、イラン代表FWサルダール・アズムーンが在籍。今シーズンにユベントスから同クラブに加入したマルキジオが来シーズン、チャンピオンズリーグ(CL)に帰ってくるかもしれない。 2019.05.05 20:15 Sun
twitterfacebook
thumb

コバチッチ、ゼニト移籍が浮上! 既に交渉開始か

レアル・マドリーからチェルシーに期限付き移籍しているクロアチア代表MFマテオ・コバチッチ(24)にゼニトへの移籍が浮上した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 昨夏にマドリーから出場機会を求めてチェルシーにレンタル移籍で加入したコバチッチ。ここまで公式戦43試合に出場しており、マウリツィオ・サッリ監督も完全移籍を望んでいることを明らかにしている。 だが、チェルシーはサッリ監督の去就が不透明なことに加え、国際サッカー連盟(FIFA)から今後2度(2019年夏、2020年冬)の移籍期間での補強禁止が命じられている。現在は処分軽減もしくは保留に動いているが、撤回される可能性は低い。 そのような状況から、コバチッチ側はチェルシーへの完全移籍は不確定要素が多いことを考慮し、現在はゼニトとの交渉を行っているという。 一方でマドリーのジネディーヌ・ジダン監督はコバチッチの復帰を望んでいない模様。チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザール(28)獲得の資金を捻出するため売却を望んでいるようだ。 2019.04.18 18:40 Thu
twitterfacebook
thumb

スポルティングがゼニトのポルトガル代表DFネトを獲得…7月に加入

スポルティング・リスボンは11日、ゼニト・サンクトペテルブルクのポルトガル代表DFルイス・ネト(30)の獲得を発表した。契約期間は3年間となる。 ネトは、ポルトガルのヴァルジンSCの下部組織出身で、2007年7月にトップチームへ昇格。2011年7月にナシオナルへと移籍すると、2012年8月にはシエナへと移籍。2013年2月にゼニトへと完全移籍した。 2017年8月からはフェネルバフチェへとレンタル移籍を経験し、今シーズンから復帰。ロシア・プレミアリーグでは11試合、ヨーロッパリーグで5試合に出場していた。また、ロシア・ワールドカップのポルトガル代表メンバーからは外れたものの、UEFAネーションズリーグではメンバーに選出されていた。 なお、ネトの移籍はフリートランスファーとなり、2019年7月からスポルティングに合流する。 2019.03.12 12:55 Tue
twitterfacebook
thumb

スリマニ弾のフェネルバフチェがホームでゼニトに先勝!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦、フェネルバフチェvsゼニトが12日に行われ、ホームのフェネルバフチェが1-0で先勝した。 グループDを2位通過したフェネルバフチェと、グループCを首位通過したゼニトによるトルコとロシアの強豪同士によるベスト16を懸けた初戦。 立ち上がりからモーゼスやヴァルブエナ、スリマニを起点にゼニトを押し込むフェネルバフチェが試合の主導権を握る。徐々に相手ボックス付近でのプレーを増やしていくと、21分にセットプレーから先制点を奪う。 右CKの場面でキッカーのヴァルブエナがアウトスウィングのクロスを入れると、ニアでモーゼスが競ったこぼれ球に反応したスリマニが冷静に右足のシュートを流し込んだ。幸先よく先制に成功したホームチームはその後もエルマスが際どいミドルシュートを続けて放つなど試合をコントロールしていく。 一方、守勢が続くゼニトも前半終了間際に絶好の同点機を迎える。43分、ボックス内でドリウッシがメフメト・トパルに足を蹴られてPKを獲得。ここでキッカーをマクが務めるが、右隅を狙ったシュートはGKテキンに触られた結果、クロスバーを叩いて痛恨の失敗となった。 守護神のビッグプレーによってリードを保って後半を迎えたフェネルバフチェは、立ち上がりからボールを保持して相手を押し込む。そして、ボックス付近でスリマニ、エルマス、ヴァルブエナが次々とフィニッシュに絡んでいくが、流れの中から2点目を奪うことはできず。 後半に入ってもなかなか攻め手を見いだせないゼニトは74分にドリウッシを下げて今冬加入のイラン代表のエースFWアズムーンをピッチに送り込む。77分にはマクのクロスからゴール前のジューバに決定機も、このヘディングシュートはGKの正面を突く。その後、マクを下げてマルキジオを投入するなど最後まで同点を目指したアウェイチームだったが、試合はこのままタイムアップ。 ホームで勝ち切ったフェネルバフチェがベスト16進出に向けて大きな一歩を進めた。なお、ゼニトホームで行われる2ndレグは21日に開催される。 2019.02.13 04:53 Wed
twitterfacebook
thumb

ゼニト、ビッグクラブ関心の“コロンビアのカンテ”を獲得

ゼニトは2月1日、ボカ・ジュニアーズに所属するコロンビア代表MFウィルマル・バリオス(25)の完全移籍での獲得を発表した。契約期間は4年半となる。 コロンビアのデポルテス・トリマでキャリアをスタートしたバリオスは、2016年にボカ・ジュニアーズに加入した。豊富な運動量と機動力、ボール奪取力を武器に“コロンビアのカンテ”とも評される守備的MFで、今シーズンはアルゼンチンリーグ6試合に出場。ボカ・ジュニアーズ通算では66試合で1ゴールを記録している。 また、代表キャリアにおいては、昨年行われたロシア・ワールドカップ(W杯)では日本代表戦を含む3試合に出場。通算9キャップを記録している。 なお、バリオスに関してはレアル・マドリーやトッテナム、エバートン、ローマが関心を示していることが各紙によって報じられており、ゼニトが争奪戦を制す形となった。 2019.02.02 15:13 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース