前節首位陥落の浦和、全北現代にリベンジならず…興梠弾も2失点で痛い連敗《ACL2019》2019.04.24 20:57 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
浦和レッズは24日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019・グループG第4節で全北現代(韓国)とのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。

前節の全北とのホーム戦を0-1で敗れ、首位の座を明け渡してしまった2位・浦和(勝ち点4)。現在、3位の北京国安と勝ち点で並んでおり、4位のブリーラム・ユナイテッドとの勝ち点もわずか1差と均衡しているだけに、決勝トーナメント進出に向けてなんとしても勝利が欲しいところ。

そんな中で迎える首位・全北(勝ち点6)とのリベンジマッチに向けて、20日に行われた明治安田生命J1リーグ第8節のヴィッセル神戸戦(1-0で勝利)から先発メンバーを2人変更。負傷交代した橋岡と柏木に代えて鈴木と長澤を起用した。

キム・ジンス(元・アルビレックス新潟)やキム・ミンヒョク(元・サガン鳥栖)といった元Jリーガーが先発に名を連ねる全北との一戦。敵地とはいえ、勝利が欲しい浦和は6分、長澤のロングパスを敵陣中央右で収めた武藤が中央がパスを送る。ここに走り込んだエヴェルトンがスルーし、最後はボックス左手前でフリーになっていた興梠が右足ダイレクトで合わせたが、惜しくもゴール左に外れた。

幸先良い入りを見せた浦和。しかし12分、不用意なミスから与えたくない先制点を奪われてしまう。自陣中央右から森脇がロングパスを試みるも、これを寄せてきたリカルド・ロペスにブロックされる。そのままボールを拾われ、ボックス右手前への侵攻を許し、最後は右足での鋭いシュートでファーサイドネットに突き刺された。

早くも追いかける立場となった浦和はその後、攻勢に転じたいものの、前線に顔を出す選手が少なくアイディアが乏しい。全北に押し込まれる展開に何度もボックス内への侵攻を許すが、体を張ったディフェンスと相手のシュートミスにも助けられ、なんとか追加点を許さない。42分には相手の左CKからキム・ミンヒョクにニアサイドで合わされるも、ここはGK西川がパンチングで防いだ。

修正したい浦和は後半開始から槙野を下げて岩波を投入。ところが、立ち上がりに追加点を許してしまう。48分、ボックス右外からリカルド・ロペスにフリーでクロスを入れられると、鈴木がマークを振り切られ、キム・シンウクに頭で叩き込まれた。

あっさりとリードを2点に広げられた浦和。それでも58分、岩波からパスを受けた森脇がハーフウェイライン付近右サイドから中央に浮き球のスルーパスを送る。これが相手最終ラインを抜けると、走り込んだ興梠がGKとの一対一を冷静に制した。

1点差に詰め寄った浦和は64分、武藤に代えてアンドリュー・ナバウトを投入。74分にはそのアンドリュー・ナバウトが敵陣中央からパスを受け、ミドルシュートを放つも、GKソン・ボムクンに正面で対応されてしまう。

敵陣でボールを保持する時間が増加した浦和は82分、興梠を下げて汰木を投入して最後の交代カードを切る。その後、汰木の独特のドリブルで幾度かゴールに迫るが、フィニッシュまでは至らず、試合終了。1-2で敗れた浦和は、痛い連敗を喫した。
コメント
関連ニュース
thumb

浦和主将の柏木陽介が全治4週間の離脱へ…24日に右ヒザ手術

浦和レッズは26日、元日本代表MF柏木陽介の戦線離脱を発表した。 主将を務める柏木は21日にホームで行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019・グループステージ最終節の北京国安戦で右ヒザ関節軟骨を損傷。24日に手術を受け、全治4週間の見込みだ。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ10試合に出場している状況だった。 浦和は26日にホームで行われた第13節のサンフレッチェ広島戦で0-4の大敗を喫して、5勝2分け6敗の11位。6月1日に行われる次節、2位に位置する川崎フロンターレのホームに乗り込む。 2019.05.26 18:25 Sun
twitterfacebook
thumb

森島の全ゴールに絡む活躍で広島が浦和にアウェイで4発快勝! 連敗を「5」でストップ《J1》

明治安田生命J1リーグ第13節、浦和レッズvsサンフレッチェ広島が26日に行われ、4-0で広島が勝利した。 リーグ戦3連敗で11位の浦和(勝ち点17)。前節の湘南ベルマーレ戦では2点先行しながら逆転を許した。完全にラインを割っていた湘南の杉岡のゴールが認められなかった疑惑の判定も話題となった。連敗脱出を目指す今節は、その試合からスタメンを8人変更して臨んだ。 一方の広島の状況はさらに悪い。第7節まで5勝2分けだったのが、ここ5試合全敗と一気に順位を8位にまで下げた。これ以上の連敗は許されない今節。スタメンは前節のサガン鳥栖戦から3人変更された。 リーグ戦での不調とは裏腹に、AFCチャンピオンズリーグではグループステージ突破を決めている両チーム。先にチャンスを作ったのは浦和だった。 4分、味方のポストプレーから山中がボックス左に侵入。深い位置からの折り返しを武藤がニアに飛び込んでシュート。先日日本代表初招集となったGK大迫も動けずにいたが、シュートはポストに嫌われた。 ヒヤリとした広島も6分に仕掛ける。左サイドで柏が川辺とのワンツーでボックス左へ。キックフェイントでマークを外して上げたクロスが鈴木に当たって右ポストを弾くと、森島が素早く反応。ゴール中央からダイレクトで蹴り込んで先制に成功した。 ホームで出鼻を挫かれた浦和はボールの主導権を握りながら同点のチャンスを窺う。18分に興梠のクロスから武藤のヘディングシュートが生まれたが、枠を捉えることが出来なかった。 そんな浦和にカウンターやロングボールで対応する広島は、左サイドで柏がボールを奪って一気に前線へ。折り返しを受けたサロモンソンがボックス手前から強烈なシュートを放ったが、GK西川にファインセーブで防がれる。 だがそのCKの場面、森島の左CKをドウグラス・ヴィエイラが頭で合わせて追加点。GK西川は何とか手に当てたのだが、弾き切れずボールは上のネットを揺らした。 25分までに2点リードするいい流れできていた広島だったが、43分にサロモンソンが足を痛めて続行不可能に。ハイネルとの交代でピッチを退いた。 後半に向けて浦和は森脇を下げて宇賀神を投入。54分には長澤に代えてファブリシオがピッチへ。 早くも2枚の交代カードを切った浦和に対して、この日1ゴール1アシストの森島が襲いかかる。GK大迫のロングフィード1本で最終ラインを突破。右から中に切り込んでのシュートはGK西川にセーブされた。さらにそのこぼれ球を拾って2次攻撃に繋げようとしたが、DFに囲まれボールを失った。 さらに63分、その森島が敵陣中央でボールを持つと、山中の背後を取るハイネルにスルーパス。ボックス右から左足で放ったシュートは一度GK西川に防がれるも、こぼれ球を押し込んで3点目を奪った。ハイネルは移籍後初ゴールとなった。 試合を決定付けた広島は67分に柴崎を下げて渡を投入。浦和は76分に興梠を下げて汰木が入った。 広島はこの交代も功を奏した。80分、ボックス手前右の細かいパス回しから、川辺が味方のスルーパスを要求してボックス右へ侵入。槙野を振り切ってグラウンダーで折り返すと、柏がスルーした先で途中交代の渡が押し込んでトドメの4点目を決めた。 その後、3枚目の交代カードを切った広島は4分のアディショナルタイムも自慢の堅守で失点ゼロに。結局、今季最多タイの4点を奪った広島が浦和に4-0で勝利し、連敗を「5」でストップ。6試合ぶり白星を手にした。一方の浦和はこれで4連敗となった。 2019.05.26 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

アジアカップ以来の選出…浦和DF槙野智章「勝利と成長に貢献できるよう全力を尽くします」《キリンチャレンジカップ2019》

日本サッカー協会(JFA)は23日、キリンチャレンジカップ2019に臨む日本代表メンバー27名を発表した。 トリニダード・トバゴ代表(6月5日/豊田スタジアム)、エルサルバドル代表(同月9日/ひとめぼれスタジアム宮城)と対戦する今回のキリンチャレンジカップは、コパ・アメリカに臨むメンバーとは別に発表された。 今回のメンバーに招集されたDF槙野智章(浦和レッズ)がクラブを通じてコメントしている。 ◆DF槙野智章(浦和レッズ) 「日本代表にふたたび選出していただき、大変光栄に思います。これまでの経験を踏まえて、しっかりと代表チームの勝利と成長に貢献できるよう全力を尽くします。しかし、その前に大切なリーグ戦があります。浦和レッズでの活動が僕のベースですから、まずはこのリーグ戦に全力を尽くします。応援よろしくお願いします」 2019.05.23 14:59 Thu
twitterfacebook
thumb

日本勢は3チームが勝ち抜け! ラウンド16では同国対決が最大5カードに《ACL2019》

2019シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ全日程が終了した。 日本からはJリーグ王者の川崎フロンターレ、天皇杯王者の浦和レッズ、さらにリーグ戦の順位でサンフレッチェ広島、前回大会王者の鹿島アントラーズの4チームが出場。広島と鹿島はプレーオフを勝ち上がっての出場となった。 日本勢は、第5節終了時点で突破を決めていた広島に加え、最終節で見事に勝利した浦和と鹿島が突破。一方で、川崎Fはアウェイゲームで勝利するも、自力での突破を決めることができず、2シーズン連続の敗退となった。 その他、東地区では中国勢の広州恒大、山東魯能、上海上港、韓国勢の全北現代モータース、蔚山現代が勝ち抜け。オーストラリアやタイ、マレーシア勢は敗退となった。 西地区では、グループAの最終節、ゾブ・アハン(イラン)vsアル・ナスル(サウジアラビア)の一戦が延期に。両チームはすでにグループ突破が決まっているものの、順位が確定していない状況だ。また、日本代表MF中島翔哉が所属するアル・ドゥハイルは勝ち抜けている。 勝ち抜けた16クラブには、前回王者の鹿島、前々回王者の浦和に加え、2016年王者の全北現代モータース、2015年王者の広州恒大、2012年王者の蔚山現代、2011年王者のアル・サッドと過去10年間の王者が揃う他、2度優勝経験のあるアル・ヒラル、アル・イテハドも勝ち残っている。 ラウンド16では、日本対決の鹿島vs広島、中国対決の広州恒大vs山東魯能、カタール対決のアル・ドゥハイルvsアル・サッド、サウジアラビア対決のアル・アハリvsアル・ヒラルの同国対決が実現。さらに、残り1試合の結果次第では、アル・イテハドvsアル・ナスルのサウジアラビア対決の可能性が残る。また、東地区では浦和vs蔚山現代、上海上港vs全北現代モータースが実現した。 東地区のラウンド16は第1戦が6月18日、19日、第2戦が6月25日、26日に行われる。西地区は8月にラウンド16が開催される、 ◆ラウンド16組み合わせ ▽6月18日/6月25日 <span style="font-weight:700;color:#cb0509;font-size:1.0em;">鹿島アントラーズ</span>(日本) vs <span style="font-weight:700;color:#973ed0;font-size:1.0em;">サンフレッチェ広島</span>(日本) 広州恒大(中国) vs 山東魯能(中国) ▽6月19日/6月26日 上海上港(中国) vs 全北現代モータース(韓国) <span style="font-weight:700;color:#d91414;font-size:1.0em;">浦和レッズ</span>(日本) vs 蔚山現代(韓国) ▽8月5日/8月12日 A2位 vs アル・ワフダ(UAE) アル・イテハド(サウジアラビア) vs A1位 ▽8月6日/8月13日 アル・ドゥハイル(カタール) vs アル・サッド(カタール) アル・アハリ(サウジアラビア) vs アル・ヒラル(サウジアラビア) 2019.05.23 11:00 Thu
twitterfacebook
thumb

浦和のACL決勝T進出によりリーグ戦の日程が変更

2019明治安田生命J1リーグは21日、第16節の浦和レッズvs鹿島アントラーズおよび第17節の大分トリニータvs浦和レッズの日程が編子となったことを発表した。 浦和は同日に行われたAFCチャンピオンズリーグ。グループステージ最終節で北京国安に3-0で勝利し、2位通過を決めた。これにより、上記2試合の日程が変更となった。 元々未定だった浦和vs鹿島は7月31日の19:30キックオフに。大分vs浦和は6月29日の19:00から6月30日の19:00キックオフに変更された。 ◆日程変更 第16節 浦和レッズvs鹿島アントラーズ 7月31日(19:30) 第17節 大分トリニータvs浦和レッズ 6月29日(19:00)→6月30日(19:00) 2019.05.21 22:50 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース