34年ぶり! PAOKがで3度目のリーグ優勝《ギリシャ・スーパーリーグ》2019.04.22 14:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
21日、ギリシャ・スーパーリーグの第29節が行われ、PAOKvsレバディアコスの一戦は5-0でPAOKが勝利。この結果、PAOKの3度目のリーグ優勝が決定した。

2位のオリンピアコスとの勝ち点差「8」で首位に立っていたPAOKは、ホームに降格圏の15位レバディアコスを迎えた。

試合は、ウクライナ代表FWエフゲン・シャコフが3分で先制すると、8分にはFWディエゴ・ビセスバールがPKを決め2-0に。後半もフェルナンド・バレラ、シャコフ、カロル・シフィデルスキがゴールを決め、5-0で勝利を収めた。

この結果、29節を終えて25勝4分けのPAOKが勝ち点を「77」とし、2試合を残すオリンピアコスとの勝ち点差を「8」としたため優勝が決定した。

なお、PAOKが最後に優勝したのは、1984-85シーズンとなり、実に34年ぶりのリーグ優勝。2006-07シーズンにギリシャ・スーパーリーグとなってからは、オリンピアコスが3連覇、7連覇を含む10回、パナシナイコス、AEKアテネが1回ずつ優勝しており、オリンピアコスの1強状態となっていたが、PAOKが割って入ることとなった。

なお、PAOKはここ2シーズン2位となっており、2位が5回、3位が2回と優勝まであと少し届かないシーズンが続いていた。

今シーズンのPAOKはカップ戦でも準決勝に進出しており、25日にアステラス・トリポリスと2ndレグで対戦。決勝に進めば、AEKアテネとラミアの勝者と対戦することとなり、国内2冠を狙える状況となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

ジルーの2Gにハドソン=オドイのチェルシー初ゴールなどでPAOKを粉砕!決勝Tへ首位突破《EL》

▽チェルシーは29日、ヨーロッパリーグ(EL)グループL第5節でPAOKと対戦し、4-0で快勝した。 ▽ここまで4戦全勝のチェルシーは、同日先に行われたBATEボリゾフvsヴィディがBATEの勝利で終わったため、グループ首位通過が決定した状態でこの試合を迎えた。 ▽直近のプレミアリーグ第13節でトッテナム相手に今季初黒星を喫したチェルシーは、この一戦はいつものように守備ラインを全員変更。中盤のアンカーにはセスクが入り、インサイドハーフにバークリーとロフタス=チーク、善戦には初先発のハドソン=オドイが起用された。 ▽キックオフから7分、試合は大きな動きを見せる。最終ラインでパスを回していたPAOKが、右サイドバックのレオがパスミス。すかさずジルーがボールを奪いGKの一対一になりそうになったところをハシェリディがスライディングタックルで倒してしまい一発退場に。これでPAOKはほとんどの時間を10人で戦うことになった。 ▽大きなアドバンテージを得たチェルシーはペドロやジルーが次々とシュートを放っていく。13分にはボックス右でボールを受けたハドソン=オドイがゴール右下を狙ったシュートで迫る。20分にはロフタス=チークがボックス手前から強烈な左足のシュートでPAOKゴールを強襲。その際のCKではケイヒルがヘディングシュートを放つ。 ▽チェルシーの先制点は27分に生まれた。後方からのロングボールを巧みなトラップで納めたペドロが味方の上りを待ってボックス右のジルーにパス。ジルーはそこから左足でダイレクトシュートを上手くサイドネットに流し込み公式戦2試合連続ゴールを決めた。 ▽その後もハドソン=オドイのシュートがクロスバーを叩くなど試合を支配するチェルシー。37分にセスクの柔らかい浮き球のパスをボックス左に走り込んだジルーが左足で上手く合わせて追加点。 ▽後半も引き続き主導権を握るチェルシーが決定的な3点目を挙げる。60分、セスクからパスを受けたハドソン=オドイがドリブルでボックス左に侵入。相手のチェックが甘いとみるや、早いタイミングのシュートでゴールニアを突き、チェルシー初ゴールを記録した。 ▽その後、チェルシーは75分にジルーを下げてモラタを投入。するとその3分後、右サイドのハドソン=オドイのクロスにモラタが頭で合わせてゴール。これでリードを4点に広げた。 ▽試合終盤にかけてもPAOKを攻め立てたチェルシーがこのまま勝利。5連勝で首位での決勝トーナメント進出を決めている。 2018.11.30 06:52 Fri
twitterfacebook
thumb

ウィリアン弾でチェルシーが公式戦6連勝! モラタ筆頭に決定力欠くもEL白星スタート《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)のグループL第1節のPAOKvsチェルシーが20日に行われ、アウェイのチェルシーが1-0で勝利した。 ▽2012-13シーズン以来、2度目のEL制覇を目指すチェルシーは国内リーグで開幕5連勝とサッリ新監督の下でロケットスタートを飾った。絶好調のチームはギリシャの強豪PAOKとの今季EL初戦に向けてアザールとダビド・ルイスの主力2選手を招集外としたものの、守護神ケパやカンテ、マルコス・アロンソ、ジョルジーニョ、ウィリアン、モラタなど主力を起用してきた。 ▽開始直後こそ相手のプレッシャーに晒されたチェルシーだったが、開始7分にいきなり先制点を奪う。最後尾のリュディガーからの縦パスをスイッチに中盤へ下りてきたモラタ、ジョルジーニョのダイレクトパスで中央の密集をすり抜けたバークリーが中央突破。そして、ボックス手前で左を並走するウィリアンにラストパスを通すと、ウィリアンの右足シュートはGKに触られるもボールはそのままネットを揺らした。 ▽幸先良く先制に成功したチェルシーは相手のプレスを巧みなボール回しでいなしながら試合をコントロール。遅攻と背後へのフィードを効果的に使い分けながら追加点を目指す。しかし、モラタが再三のシュートチャンスを枠に飛ばせない。38分にはマルコス・アロンソのスルーパスに抜け出したペドロがボックス右でGKと一対一になるが、今度は相手GKの好守に阻まれた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽圧倒的に試合を支配しながらも追加点を奪えずに後半を迎えたチェルシーは立ち上がりから攻勢を仕掛けるが、ウィリアンやバークリーのシュートはゴールに繋がらない。65分にはジョルジーニョ、マルコス・アロンソを下げてセスク、アスピリクエタを同時投入し、週末のリーグ戦を睨みつつ選手交代で流れに変化を加えようとする。 ▽その後もアタッキングサードで苦戦が続くチェルシーは81分に精彩を欠いたモラタを下げてジルーを投入する。だが、終盤にかけてようやく攻勢を見せたPAOK相手に逆に押し込まれる展開を強いられる。さらに試合最終盤にはカウンターで相手ゴールに迫ったペドロが相手選手との交錯で肩を痛めるアクシデントも発生。すでに交代枠を使い切ったアウェイチームは10人での戦いを強いられたが、相手の攻撃を無難に凌ぎ切った。 ▽モラタを筆頭に決定力不足を露呈したものの敵地で勝ち切ったチェルシーが開幕から公式戦6連勝を達成し、今季ELを白星でスタートした。 ▽また、同日行われたグループLのもう1試合、ヴィディvsBATEボリソフは、アウェイのBATEボリソフが2-0で勝利した。 ▽ハンガリーの強豪とベラルーシの強豪による東欧勢同士の一戦は、拮抗した攻防が繰り広げられたが、27分にトゥオミネン、85分にフィリペンコがゴールを挙げたBATEボリソフが試合終了間際に退場者を出したものの敵地で2-0の勝利を収めた。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">ヨーロッパリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.21 04:18 Fri
twitterfacebook
thumb

ベティスのルーマニア代表DFトシュカ、PAOKへ買い取りOP付きレンタル

▽PAOKは24日、ベティスのルーマニア代表DFアリン・トシュカ(26)を買い取りオプション付きのレンタルで獲得したことを発表した。 ▽2017年1月にステアウア・ブカレストからベティスに加入した左サイドバック兼センターバックのトシュカは、昨季前半はベティスでリーガエスパニョーラ6試合の出場に留まり、後半はベネヴェントにレンタル移籍してセリエAで13試合に出場していた。 ▽2016年3月にデビューしたルーマニア代表ではこれまで11試合に出場している。 2018.08.25 06:40 Sat
twitterfacebook
thumb

アーセナル育ちのFWアクポムがPAOKへ完全移籍

▽ギリシャ・スーパーリーグのPAOKテッサロニキは3日、アーセナルから元U-21イングランド代表FWチューバ・アクポム(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は3年間とのことだ。 ▽アクポムは、アーセナルの下部組織出身で、ブレントフォードやコベントリー・シティ、ノッティンガム・フォレスト、ハル・シティ、ブライトン&ホーヴ・アルビオンなどイングランドクラブへのレンタル移籍を経験。2017-18シーズンは1月からシント=トロイデンへとレンタル移籍していた。 ▽トップチームではこれまで12試合の公式戦に出場。昨シーズンはFAカップとEFLカップで1試合ずつの出場に留まっていた。 ▽PAOKは、今シーズンのチャンピオンズリーグ予選に出場し2回戦ではバーゼルと対戦し、2戦合計1-5で勝利し勝ち上がっている。 2018.08.03 17:50 Fri
twitterfacebook
thumb

銃持ち込みのPAOK会長が謝罪も自国リーグに恨み節「病んだサッカー」「ファンを守るため」

▽ピッチ上に銃を持ち込んだことでサッカー界を騒然とさせた、ギリシャリーグに属するPAOKのイバン・サヴィディス会長が、謝罪した。イギリス『BBC』が伝えている。 ▽騒動が起こったのは11日に行われたギリシャ・スーパーリーグ第25節PAOKvsAEKアテネでのこと。クラブの優勝が懸かった一戦、0-0で迎えた試合終盤にPAOKがネットを揺らしたものの、審判の判定はノーゴールに。銃を携帯するサヴィディス会長は直後、サポーターとともにピッチになだれ込み、審判に詰め寄った。 ▽その中で、レフェリーに対して銃を見せ付けるような行為があったとして試合は中断。ギリシャ政府からギリシャリーグの無期限延期が通達されるほどの大騒動となっている。また、PAOK及びサヴィディス会長に対する具体的な処分は決定していない。 ▽この件に関して、サヴィディス会長は以下のように謝罪した。 「非常に申し訳なく思う。あのような格好でフィールドに入る権利が私になかったことは明らかだ」 「私の唯一の目的は、数万人のPAOKのファンを挑発や暴動、人的侵害から守ることだった。頼むから信じてくれ。レフェリーや対戦相手と争うつもりはなかった。誰も脅していないことは明白なんだよ」 「残念なことに、私の家族や私だけでなく同僚まで、病んだ状態のサッカーにより人質に取られている」 「私は全面的に絶え間なく攻撃を受けているが、戦い続ける。公正なサッカーや判定のためにね。勝敗はピッチで決するものであり、法廷で決まるものではないんだよ」 ▽謝罪として声明を出しつつ、リーグの気質を批判し自己正当化、八百長の存在まで仄めかすサヴィディス会長。最後には、クラブが勝ち点はく奪処分を受けることを危惧するように、「勝敗は法廷ではなくピッチで」と主張した。ピッチ上に武器を持ち込んだ自身の行動を顧みる意識が欠如しているように見受けられ、サッカー界全体のためにも厳正な処罰が求められる。 2018.03.14 16:43 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース