清水MF滝裕太がプロA契約締結「サッカー人生の新たなスタートライン」2019.04.20 15:30 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
清水エスパルスは20日、MF滝裕太(19)とのプロA契約締結を発表した。4月10日に行われたYbCルヴァンカップグループステージ第3節のガンバ大阪戦でプロA契約の締結条件を満たした。清水下部組織出身の滝は、2018年にトップチーム昇格。今シーズンはここまで公式戦8試合出場し、3ゴールを記録している。

プロA契約を結んだ滝は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「小さい頃からお世話になっている清水エスパルスでA契約になることが出来、素直に嬉しく思います。ただ、自分の中ではまだ通過点にすぎません。ここから、サッカー人生の新たなスタートラインとして今まで以上に自覚や責任を持ち、チームのために一生懸命戦いたいと思います」
コメント
関連ニュース
thumb

磐田、成立学園のアタッカー確保! 吉長真優の来季加入内定

ジュビロ磐田は16日、成立学園高校に在学するFW吉長真優(17)の来シーズン加入内定を発表した。 東京都出身で東京ヴェルディJr在籍歴を持つ吉長は、FC府中を経て、成立学園高校に進学。動き出しや高いシュート精度、得点機創出に秀でたアタッカーだ。磐田入りを受け、クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「ジュビロ磐田という歴史あるクラブで、プロサッカー選手としてスタートできることを大変嬉しく思います。常に向上心を持って成長し、ファン・サポーターの皆様に愛されるような選手になりたいです。応援よろしくお願いします」 2019.07.16 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

海外移籍について思うこと/六川亨の日本サッカーの歩み

先週土曜のJ1リーグ、横浜FM対浦和戦で、横浜FMの仲川のゴールを巡って約9分間、試合が中断した。主審は、一度はゴールを認めながらもオフサイドとしてノーゴールになったところ、再びゴールと認定したのである。 主審は「(判定は)運営が決めているから」と発言したと試合後の選手たちは話していた。ゴールかどうかを判断するのは主審の役割である。ここで微妙なのは、ゴールの再認定したあとに浦和の橋岡が山中と交代している点である。もしも「やっぱりオフサイドでした」と判定を覆そうにも、すでに交代が成立し、ゲームは次の局面に移っている。 こうなると「ルールの運営(運用)上」得点を取り消すことはできない(交代を元に戻すことはできないから)。 こちらについては木曜に定例のレフェリーブリーフィングがあるので、そこで説明があったら紹介したい。 さて、J1リーグは移籍のウインドウがオープンした。アメリカでキャンプ中のレアルの久保の評価は日に日に高まるばかり。そして安部(バルセロナ)、安西(ポルティモネンセ)に続きG大阪の大型FW中村もトゥエンテへの期限付き移籍が濃厚と、日本は若手選手の海外流出が止まらない。 そのG大阪だが、得点源のファン・ウィジョがフランスのボルドーへ、SBのオ・ジェソクがFC東京へ、さらにはMF田中が大分へ完全移籍、元日本代表の藤本もJ2京都への移籍が決定的と選手の流出が止まらない。ファン・ウィジョ以外は主力選手ではないものの、選手層の低下は否めないだろう。すでに復帰した宇佐美に加え、井手口が復帰するという噂もあるが、出場機会に恵まれていなかっただけに、どれだけ試合勘を取り戻せるかに不安が残る。 他にも代表クラスではFC東京のCBチャン・ヒョンスがサウジアラビアのアル・ヒラルに完全移籍した。 チャン・ヒョンスは昨シーズンの夏にも移籍の噂はあった。しかし当時はチームのキャプテンを務め、優勝争いにも絡んでいたため、さすがに周囲も移籍に猛反対したことで断念した経緯がある。今シーズンも首位で優勝争いの渦中にいるなかでの移籍とあって、ファン・サポーターに挨拶することなく日本を後にした。 出て行く選手が多いなか、残念なのは移籍ウインドウがオープンしても大物外国人選手の名前がほとんど出てこないことだ。まだヨーロッパの主要クラブの移籍が落ち着いていないのもその一因かもしれないが、シーズンも折り返し地点を迎え、チームのプレースタイルも確立されているだけに、ピンポイントでの補強には難しいものがあるのかもしれない。 明後日の17日には、9月から始まるカタールW杯のアジア次予選の組み分け抽選会が実施される。果たして日本はどの国々と戦うことになるのか興味深いところだ。 今日7月15日はロシアW杯の決勝戦、フランス対クロアチア戦が行われた日でもある。「ロストフの悲劇」を実感した西野監督がタイの監督に就任したら、日本との対戦は注目度を集めるだろうし、カンボジアの監督は相変わらず本田だ。W杯アジア予選で日本人監督の対決も見てみたい気がする。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2019.07.15 18:45 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪のFW高木彰人が交通事故 双方にケガなし

ガンバ大阪は15日、FW高木彰人が交通事故を起こしたことを発表した。 クラブの発表によると、高木は同日13時半ごろ、滋賀県内の駐車場で、自身が運転している自動車を駐車場に停めようとしたところ、横に停車していた自動車に接触した模様。なお、この事故で双方にケガはなく、事故発生後には速やかに警察等、関係各所に連絡して対応したとのこと。 2019.07.15 15:40 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第19節】首位チームを機能不全に陥れた4人! 多摩川クラシコ完勝の重要人物に

明治安田生命J1リーグ第19節の9試合が13日から14日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK東口順昭(ガンバ大阪/3回目) 適切なポジショニングで安心感を与えるシュートストップ。落ち着いたビルドアップで攻撃面でもひと役買った。 DF鈴木義宜(大分トリニータ/2回目) クレバーな対応で相手の決定機を幾度も阻止。鈴木武蔵との同姓対決にも勝利。 DFジェジエウ(川崎フロンターレ/初) 谷口彰悟と共にイケイケ2トップを封殺。ディエゴ・オリヴェイラのフィジカル、永井謙佑のスピード両方に見事な対応。 DF大井健太郎(ジュビロ磐田/初) 69分にはゴールラインギリギリで気迫のクリア。ベテランとしての経験値を生かした守備も光り、最下位脱出に貢献。 MF矢島慎也(ガンバ大阪/初) 待望のG大阪加入後初ゴール。効果的な縦パスで攻撃のスイッチ役として大いに存在感を示した。 MF田中碧(川崎フロンターレ/2回目) 奪っては捌きの連続でFC東京を機能不全に陥れる重要な存在に。日に日に逞しさが増している。 MF下田北斗(川崎フロンターレ/初) 大一番での抜擢に応える大活躍。2アシスト含む全3得点に絡んだ他、バランスを意識した位置取りと縦パスでリズムを作った。 MF阿部浩之(川崎フロンターレ/2回目) 味方を助け、相手を嫌がらせる潤滑油に。チームの素早い攻守の切り替えを蘇らせ、ゴールへのパスで自らトドメを刺した。 MF土居聖真(鹿島アントラーズ/初) 急所を突くポジショニングと巧みなキープで仙台を混乱させた。2得点に絡み、自身もしっかりと1ゴール。 FWオナイウ阿道(大分トリニータ/2回目) 身体能力を生かした滞空時間の長いヘディングシュートと強烈なミドルで圧巻の2ゴール。逆転勝利の立役者に。 FWセルジーニョ(鹿島アントラーズ/初) ボックス内での仕事を淡々と遂行し、海外移籍を決断した守護神相手に2ゴール1アシスト。全得点に絡み文句なしの選出。 2019.07.15 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

川崎FがFC東京との多摩川クラシコを3発快勝! 小林悠J1通算100ゴール《J1》

明治安田生命J1リーグ第19節のFC東京vs川崎フロンターレが14日に味の素スタジアムで行われ、3-0で川崎Fが勝利した。 2連勝中の首位・FC東京(勝ち点39)。2位以下を突き放したい今節は、3-1で勝利したガンバ大阪戦のスタメンから変更なく、同じ11人が名を連ねた。 勝ち切れない試合こそ目立つものの、13戦無敗の暫定4位・川崎F(勝ち点32)。勝利すれば2位浮上となる今節に向けて、0-0で引き分けたサガン鳥栖戦からスタメン4名を入れ替え、中村を6試合ぶりに起用した。 通算34度目の多摩川クラシコは、ホームのFC東京が9分、ボックス左外を打開したディエゴ・オリヴェイラがクロスを供給。DFのクリアボールを拾った永井がシュートの形まで持ち込んだが、GKチョン・ソンリョンに阻まれた。 FC東京に得意のサイド攻撃を許さない川崎Fは左CKのチャンスを獲得した20分、セットプレーから均衡を破る。下田がアウトスイングのクロスを供給。ゴール前で東との駆け引きを制した小林がドンピシャのヘディングシュートを叩き込み、川崎Fが先制する。 小林のJ1通算100ゴール目となるメモリアル弾でリードした川崎F。ボールポゼッションを高めて押し込む展開に持ち込む。FC東京のカウンターをケアしながら、前半終了間際に見事なパスワークから中村にチャンスが巡ってくるが、GK林の牙城を崩せない。 勢いに乗る川崎Fは54分に追加点。ボックス中央手前から中村がボックス右にスルーパスを出すと、小林がダイレクトで折り返す。ゴール前にフリーランする齋藤が右足で合わせて、FC東京の突き放しに成功してみせる。 攻撃の手を緩めない川崎Fは69分、ルーズボールを拾った阿部が齋藤にパス。下田を経由して再びボールの受け手に回った阿部がボックス中央手前から左足コントロールショット。これがゴール左に吸い込まれ、試合を決定づける3点目を奪った。 3点ビハインドのFC東京は大森や矢島、内田をピッチに送り出して反撃に出るが、なかなか川崎Fの守備ブロック攻略の糸口を見いだせない。結局、昨年王者として貫禄の戦いぶりを披露し続けた川崎Fが敵地でFC東京に快勝。1試合未消化分を残す状況で、首位・FC東京との勝ち点差を「4」に縮め、優勝戦線に踏みとどまっている。 2019.07.14 21:30 Sun
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース