大分、羽田健人の来季加入内定を発表 関西大学の184cmDF2019.04.19 13:15 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
大分トリニータは19日、関西大学に在学するDF羽田健人(21)の来シーズン加入内定を発表した。羽田は身長184cm、体重80kgのDF。体格を生かした空中戦と対人の強さ、相手の動きを予測し
た攻撃の芽を摘む守備能力に長け、フィードや積極的な攻撃参加も得意とする。来季加入を受け、次のようにコメントしている。

「来季から大分トリニータに加入することになりました関西大学の羽田健人です。プロサッカー選手としてのキャリアを大分トリニータという素晴らしいクラブでスタートできることを大変嬉しく思います。これまでお世話になった全ての方々に感謝し、プレーで恩返しできるよう日々精進していきます。1日でも早く大分トリニータの力になれるよう頑張りますので応援よろしくお願いします」

なお、羽田は今シーズンの特別指定選手申請も完了。背番号「49」を着用する。
コメント
関連ニュース
thumb

チャナティップ、今夏欧州挑戦か…シュツットガルトが関心

北海道コンサドーレ札幌に所属するタイ代表MFチャナティップ(25)に対して、ヨーロッパ挑戦の可能性が浮上した。タイ『Matichon』が報じた。 自国で“タイのメッシ”として注目を浴び、2017年から札幌でプレーするチャナティップ。在籍2年目の昨年にJ1ベストイレブンに選ばれるなど、東南アジア人選手として成功例なき日本でも確かな才能を発揮しており、札幌にとっても今や欠かせない選手の1人として成長を遂げている。 そのチャナティップに対して、シュツットガルトが完全移籍か、レンタルでの獲得に関心を抱いているという。シュツットガルトは今シーズンのブンデスリーガを16位フィニッシュ。1部・2部入れ替え戦に回り、23日にホームで行われたウニオン・ベルリンとの第1戦を2-2で引き分けている。 チャナティップの父親は息子に対して、現時点でドイツクラブからの問い合わせはないと話しているが、本人は機会があればヨーロッパ挑戦に意欲的とのことだ。シーズン途中での移籍となれば、札幌にとって痛手となるが、チャナティップの去就はいかに。 2019.05.25 13:40 Sat
twitterfacebook
thumb

東京V、フランス2部で武者修行のMF澤井直人が復帰 「もう一度緑の14番を着て戦えることを誇りに思う」

東京ヴェルディは24日、リーグ・ドゥ(フランス2部)のACアジャクシオに期限付き移籍していたMF澤井直人(24)の復帰を発表した。なお、澤井は7月20日に行われる明治安田生命J2リーグ第23節の愛媛FC戦以降から出場可能となる。 東京ヴェルディジュニアからヴェルディ一筋のキャリアを歩んでいた澤井は、2014年にトップチーム昇格。在籍5年間で明治安田生命J2リーグ91試合8得点を誇り、昨シーズンは4試合に出場。その後、昨年8月に提携クラブのアジャクシオに2019年6月30日までの契約で武者修行に出ていた。 アジャクシオでは今季リーグ・ドゥを20チーム中17位で終えたチームにあってリーグ戦8試合に出場し1ゴールを挙げていた。 フランスでの武者修行を経て東京Vへの復帰が決定した澤井はクラブ公式サイトで以下のようなコメントを残している。 「ACアジャクシオへの期限付き移籍期間が終了し、ヴェルディに戻ることになりました。まずこの挑戦のチャンスを与えてくださったヴェルディに関わるすべての皆様に感謝します。そしてまたもう一度この僕にとって一番のクラブで緑の14番のユニフォームを着て戦えることを本当に誇りに思います。応援していただいている人のために成長してきたと思ってもらえるようなプレーを全力で見せていきます。J1昇格という目標に向かって一緒に頑張りましょう!応援よろしくお願いいたします」 2019.05.24 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京、来季加入内定済の明治大学MF安部柊斗の特別指定選手承認を発表

FC東京は24日、来シーズンの加入が内定している明治大学のMF安部柊斗(21)が2019年JFA・Jリーグ特別指定選手に承認されたことを発表した。 背番号は「36」に決定した。 FC東京アカデミー育ちの安部は豊富な運動量で攻守に躍動するタイプのMF。明治大学に進学後、全日本大学選抜歴も持つ。安部は今回の特別指定選手承認を受けたクラブ公式サイトで以下のようなコメントをしている。 「今シーズンからたくさん試合に出場できるように努力して、少しでも東京の力になれるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 2019.05.24 16:49 Fri
twitterfacebook
thumb

甲府、立正大学のDF中塩大貴が来季加入内定「お世話になった方々に恩返しを」

ヴァンフォーレ甲府は24日、立正大学のDF中塩大貴(21)が2020シーズンより加入することが内定したことを発表した。 埼玉県出身の左利きのセンターバックである中塩は、浦和レッズのジュニアユース、ユースを経て2016年に立正大学に進学している。 今回の来季加入内定を受けて、中塩はクラブ公式サイトを通じて以下のようなコメントを残している。 「来季からヴァンフォーレ甲府に加入することになりました中塩大貴です。このヴァンフォーレ甲府という素晴らしいクラブでプロキャリアをスタートできることにとても感謝しております」 「私が1人の人間として成長していく上で育ててくれた家族や友人、指導者の方々がいなければ私はプロとしてスタートすることは出来なかったです。この方々に恩返しをすると同時に、甲府のファン・サポーターの皆様に認められるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」 2019.05.24 16:39 Fri
twitterfacebook
thumb

栃木、浦項から長身FWイ・レジュンを完全移籍で獲得

栃木SCは17日、浦項スティーラースから韓国人FWイ・レジュン(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「42」に決定している。 イ・レジュンは、2016年1月に韓国の東莱高校から浦項に入団。昨シーズンは公式戦4試合に出場し、1アシストを記録している。身長192㎝、体重72㎏のセンターフォワードだ。 栃木への加入が決定したイ・レジュンは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度栃木SCに加入する事になりましたイ・レジュンです。1日でも早く試合に出て、チームの勝利を皆さんに届けられるよう、そしてチームの目標を達成できるよう、一生懸命頑張ります。サポーターの皆さん、応援よろしくお願い致します!」 2019.05.17 15:35 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース