ノートルダムに支援を! 仏リーグ連盟が再建への財政支援を発表2019.04.16 22:29 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランス・プロサッカーリーグ連盟(LFP)は16日、15日の火災で損傷したパリのノートルダム大聖堂の再建に向けて財政的な支援を行う意向を発表した。フランス『レキップ』が伝えている。15日、パリ中心部にあるノートルダム大聖堂で大規模な火災が発生し、中央にある高さ90メートルのせん塔が焼け落ちた他、屋根の3分の2が崩れ落ちた。その後、火災発生から約10時間後に鎮火が発表されるもユネスコの世界文化遺産にも登録されているフランスを代表する歴史的な建造物は深刻な被害に晒された。

この火災発生直後にフランスのエマニュエル・マクロン大統領が、「我々は共にノートルダムを再建する」との声明を発表し、すぐさま再建に向けた計画が動き出しているが、サッカー界でも支援の動きを見せている。

LFPのナタリー・ボーイ・デ・ラ・トゥール会長は16日、フランスサッカー界がノートルダム大聖堂再建に向けて財政的な支援を行うことを発表した。

「フランスサッカー界は大聖堂の再建に向けて財政的な支援を行うつもりです。ノートルダム大聖堂は私たちの重要な遺産のひとつです」

現時点で具体的な支援の金額は明かされていないが、今後選手会を含めた寄付金と共にチャリティーマッチなどの開催を予定しているようだ。

なお、フランスのサッカー界関連ではスタッド・レンヌのオーナーであり、『グッチ』や『イブ・サンローラン』など複数の高級ブランドを傘下に持つフランスのグループ企業『ケリング』のフランソワ・アンリ・ピノー会長が、1億ユーロ(約126億円)の寄付をすでに発表している。
コメント
関連ニュース
thumb

そんなこと言っちゃって大丈夫? ネイマールの最高の思い出は「バルサ時代のPSG戦」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが、驚きの発言を残した。イギリス『メトロ』が伝えている。 同メディアによると、ネイマールは現在、プレシーズンのトレーニングキャンプに参加せず、ブラジルに滞在中。そんな同選手は今夏の移籍市場でPSGからバルセロナへの復帰が噂されているが、そういった状況の中で物議を醸すような言葉を発した。 それは『Oh My Goal』でのインタビューでのこと。「ロッカールームでの最高の思い出」について問われると、ネイマールの答えはPSGにとっては耳が痛いものだった。 「バルセロナ時代のPSG戦かな。あの後は、みんながはしゃぎまくったよ。みんなにとって、これが最高の思い出だと思うよ」 「6点目を決めた時の感情は、これまで感じたことがないものだったよ。とても素晴らしかったね 」 この試合は、2016-17シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)のラウント16・2ndレグのバルセロナvsPSGのこと。1stレグを0-4で落としていたバルセロナは、ベスト8進出が絶望的な状況だった。それでもバルセロナは3点を先取する試合展開で、2戦合計スコアを3-5にすると、バルセロナのネイマールが88分、後半アディショナルタイム1分に連続ゴールで2戦合計スコアを5-5の同点に。 しかし、このままではアウェイゴール数の差で敗退となる状況。だが、後半アディショナルタイム、ネイマールがクロスから決勝ゴールをアシストし、6-5でバルセロナが大逆転。ベスト8進出を果たした。この試合は“カンプ・ノウの奇跡”とも呼ばれるようになったが、PSGにとっては大きな屈辱を味わった一戦であった。 2019.07.14 14:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ACアジャクシオ、DNCGへの控訴認められ3部降格の危機を回避! 昨季は東京VのMF澤井直人が期限付き移籍でプレー

ACアジャクシオは12日、フランスリーグに所属するクラブの財務状況を監視する全国経営監査委員会(DNCG)への控訴の結果、2019-20シーズンのリーグ・ドゥ(フランス2部)残留が認められたことを発表した。 コルシカ島に本拠地を置くACアジャクシオは1910年に創設された歴史のあるクラブ。昨年にはJリーグの東京ヴェルディとの業務提携が発表され、2018-19シーズンはその東京Vからの期限付き移籍でMF澤井直人が在籍。そして、同クラブは昨季のリーグ・ドゥを17位で終えて2部残留を決めていた。 しかし、DNCGは2019-20シーズンに向けたACアジャクシオの財政状況を監査した結果、同クラブをフランス全国選手権(フランス3部)に格下げする決断を下した。そして、先月26日にはフランス全国選手権への強制降格処分を言い渡していた。 その後、この処分を受けて、ACアジャクシオは上訴の意向を表明。そして、同クラブは11日にDNCGとの話し合いの場で、今後の財政状況改善に向けたプランを掲示し、この計画がDNCG側に承認されてリーグ・ドゥ残留を許可されたようだ。 2019.07.12 23:14 Fri
twitterfacebook
thumb

PSG、練習すっぽかしのネイマールを処分へ

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマールが新シーズンに向けたチームのトレーニングをすっぽかした。 今夏のPSG退団希望が取り沙汰され、バルセロナ復帰の見方が強まるネイマール。今夏、ブラジル代表のエースとして臨むはずだったコパ・アメリカ2019を負傷欠場した同選手は、8日からスタートするPSGのトレーニングに合流予定だったが、何の連絡もなく、無断欠席したという。この一件に関して、PSGは次のような声明文を出すとともに、チームとしての方針を示した。 「7月8日、ネイマールはPSGトップチームのトレーニングに参加する予定だったが、約束した時間と場所に現れなかった。PSGとして、事前に連絡を受けていなかったことをここで明らかにしておく。PSGは、この状況を批判するとともに、それ相応の措置を講じる」 2017年に史上最高額の移籍金2億2000万ユーロ(現レートで約268億2000万円)でバルセロナから加入したネイマールは、新天地フランスでその才能を示しているものの、クラブの悲願であるチャンピオンズリーグ(CL)制覇に至っておらず、ピッチ内外のネガティブなニュースも相次ぐ日々。またしても余計なことで周囲をより騒がせてしまったネイマールだが、新たな問題にどう向き合うつもりだろうか。 2019.07.09 08:15 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、ナイキとのスポンサー契約を2032年まで更新!総額1200億円の大型契約に

パリ・サンジェルマン(PSG)は28日、『NIKE』とのスポンサー契約を2032年まで更新したことを発表した。 フランス『RMC』によると、契約料は今後13年間で総額9億7500万ユーロ(約1195億円)、年間7500万ユーロ(約91億9400万円)という大型契約となるようだ。 これまでナイキは30年もの間契約を結んでいたPSG。2022年までは年間2500万ユーロの契約であったため今後は3倍もの収入が見込めることになった。なお、今度の契約料はヨーロッパでトップ5に入る金額だという。 PSGのナセル・アル・ケライフィ会長は「この協定はクラブが世界の舞台に立ったこと、将来に向けた我々の大きな野心を反映した非常に重要な一歩となる」とコメントしている。 2019.06.28 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

ACアジャクシオ、財政問題で3部降格の危機…今季は東京VのMF澤井直人が期限付き移籍でプレー

フランスリーグに所属するクラブの財務状況を監視する全国経営監査委員会(DNCG)は25日、財政問題を理由にリーグ・ドゥ(フランス2部)に所属するACアジャクシオに対してフランス全国選手権(フランス3部)への強制降格処分を言い渡した。 コルシカ島に本拠地を置くACアジャクシオは1910年に創設された歴史のあるクラブ。昨年にはJリーグの東京ヴェルディとの業務提携が発表され、2018-19シーズンはその東京Vからの期限付き移籍でMF澤井直人が在籍。そして、同クラブは今季のリーグ・ドゥを17位で終えて2部残留を決めていた。 しかし、DNCGは2019-20シーズンに向けたACアジャクシオの財政状況を監査した結果、同クラブをフランス全国選手権に格下げする決断を下した。 現在、DNCGの行った監査の結果、すでにリーグ・ドゥのナンシーとソショーに関してフランス全国選手権への格下げが発表されており、ACアジャクシオは強制降格を言い渡された3クラブ目となった。 今回の処分を受けて、ACアジャクシオは前述の2クラブと同様に上訴の意向を表明している。 DNCGによる強制降格処分の事例は以前から頻発しているが、赤字の補填や増資、選手の売却益の計上など、比較的撤回されるケースが多く、今後の話し合いの中で解決される可能性は十分にある。 2019.06.26 00:35 Wed
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース