約3年ぶりの月曜開催となったマドリー、アウェイで格下レガネスに痛恨ドロー《リーガエスパニョーラ》2019.04.16 06:30 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーは15日、リーガエスパニョーラ第32節でレガネスと対戦し1-1の引き分けに終わった。約3年ぶりの月曜開催でアウェイに乗り込んだ3位マドリー(勝ち点60)は、前節のエイバル戦(2-1で勝利)から先発メンバーを3人変更。ベイルやオドリオソラ、レギロンに代えてケガ明けのカルバハルやマルセロ、カゼミロが先発に名を連ねた。

リーグ戦3試合無敗中のレガネスに対して[4-3-3]の布陣で臨んだマドリーは8分、イスコのパスをペナルティアーク内で受けたアセンシオがボックス内まで持ち上がりシュート。しかし、これは相手GKの正面を突いた。

主導権を握りながらもなかなか決定機までつなげられないマドリーは44分、ショートコーナーの流れからボックス左手前でボールを受けたマルセロがクロスを供給。これをボックス中央でベンゼマが競り合うと、こぼれ球をヴァランが左足で狙ったが、これがGKクエジャールがファインセーブ。

すると直後にマドリーは失点を喫する。レガネスは45分、ロングスローをボックス右でカリージョがフリックすると、中央で粘ったブラースヴァイトの落としたボールをペナルティアーク内のホナタン・シルバがゴール左へコントロールショットを突き刺した。

迎えた後半は早い時間に試合が動く。51分、バイタルエリア中央でパスを受けたモドリッチが反転から素早くスルーパスを供給すると、これに反応したベンゼマがボックス内まで侵入しダイレクトシュート。一度はGKクエジャールに弾かれたが、こぼれ球を流し込んだ。

逆転を狙うマドリーは、77分にイスコを下げてルーカス・バスケス、81分にアセンシオを下げてベイルをピッチに投入。しかし、再びゴールに迫ったのはホームチームだった。

レガネスは83分、右サイドでボールを受けたニョムがボックス右へ鋭いスルーパスパスを通すと、これに反応したエン=ネシリがダイレクトでゴールに流し込んだが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。

結局、試合は1-1のままタイムアップ。格下相手に勝ち星を取りこぼしたマドリーは、2位アトレティコとの勝ち点差が「4」に開いた。
コメント
関連ニュース
thumb

ベイルにオファーがない? マドリー、レンタル放出も考慮か

レアル・マドリーは、ウェールズ代表MFガレス・ベイル(29)をレンタルでの退団させることも視野に入れているようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 2013年夏にマドリー史上最高額の移籍金でトッテナムから加入したベイル。チャンピオンズリーグ(CL)3連覇に貢献するなど功績を残すが、多過ぎる負傷離脱癖がたびたび批判の的となり、現在は今夏での退団が既定路線に。最近ではジネディーヌ・ジダン監督が、経済的な損害を受けるとしても売却することをクラブにアピール。これに対して、これまで売却を拒み続けてきたフロレンティーノ・ペレス会長も放出意思を固めたとも伝えられている。 ところが、今夏の大型補強に向けた資金集めの一環として、可能な限り高額での売却を望んでいることがネックに。これまで移籍金1億3000万ユーロ(約163億7000万円)と強気な姿勢を見せてきたが、年俸1500万ユーロ(約18億8000万円)の給与も影響し、ベイルにオファーが届いていないという。そのため、買取オプション付きのレンタルで放出することも考慮しているようだ。 これまでマンチェスター・ユナイテッドやバイエルンが移籍先候補して挙げられていた。その一方で、代理人は、「ベイルはここでとても幸せなんだ」と同選手が残留を望んでいることを明かしていたが、ベイルの去就はどうなるのだろうか。 2019.04.23 11:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ジダン、ハット達成のベンゼマに「驚きない」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、ビルバオ戦でハットトリックを達成した元フランス代表FWカリム・ベンゼマを絶賛している。スペイン『マルカ』が報じた。 レアル・マドリーは21日のリーガエスパニューラ第33節でビルバオとホームで対戦。前半こそゴールレスに終わったが、後半開始早々の47分にFWマルコ・アセンシオのクロスにゴール前のベンゼマが頭で合わせて先制すると、それを皮切りにハットトリックを成し遂げ、3-0で勝利した。 試合後、ジダン監督はベンゼマへの信頼を口にすると共に賛辞を送っている。 「ベンゼマは自信を持っている。彼はいつも物事が良くできることを知っているし、常に改善しようとしている」 「マルコのクロス、(ヘスス・)バジェホのタックルも素晴らしかった。ベンゼマがハットトリックしたことに驚きはないよ」 2019.04.22 15:57 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセロ、マドリー残留を強調 「マドリーは僕の家」

レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロ(30)が今夏の退団を否定した。スペイン『マルカ』が伝えている。 2022年までマドリーとの契約を残しているマルセロ。サンティアゴ・ソラーリ前監督の下ではDFセルヒオ・レギロンにポジションを奪われ、ベンチを温める日々が続いていた。 こうしたことからユベントス移籍が盛んに報じられ、一時は個人合意したという報道も…。だが、3月中旬にジネディーヌ・ジダン監督が復任すると、スタメンに返り咲き、出場停止を除く5試合に出場している。さらに直近2試合ではDFセルヒオ・ラモスの欠場でキャプテンマークも巻いている。 そうした中で、マルセロは、21日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のビルバオ戦後、イギリス『BeIn Sports』で、マドリーでの充実ぶりを強調した。 「僕が退団するかって? 僕がこのユニフォームを着るとき、誰もが僕が見せる喜びを知っているはずだから、話す必要はないよ」 「レアル・マドリーは僕の家だ。このユニフォームのために汗をかき、世界のトップをキープしなければいけない。プレーできていなかったときも、チームメイトをサポートしなかったことは一度もないよ」 2019.04.22 14:21 Mon
twitterfacebook
thumb

自己ベスト視野の絶好調ベンゼマ…「FW補強? そんなのどうでも良い」

レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマがチームのストライカー補強についての質問を受け、それを流した。 レアル・マドリーは21日にホームで行われたリーガエスパニューラ第節のビルバオ戦を3-0で勝利。ベンゼマの今シーズン初となるハットトリックの活躍により、2試合ぶりの白星を手にした。 昨夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに去ったことで、今シーズンからスコアラーの役割を手にしたベンゼマ。ここまでリーガ得点ランキング2位の21得点を挙げる。 直近5試合の8得点を全て生み出す絶好調のベンゼマはビルバオ戦後、今夏に取り沙汰されるクラブのFW補強について問われると、次のように返答。我関せずの姿勢を貫いた。 「(新たなFW補強? )クラブ次第だ。そんなことはどうだって良い」 「どうやってチームを助けるか、ピッチでの仕事に集中するのみさ」 「僕はマドリーに残るつもりだ。世界一のクラブにいるのだからね」 「ジダンの復帰はとても意味があること。全員が満足している」 「来シーズンが楽しみだよ」 なお、ベンゼマの同一シーズンにおけるリーガ最多得点数は2015-16シーズンの「24」。残り5試合の状況や調子の良さを考えると、自己ベストでシーズンフィニッシュの可能性は多いにありそうだ。 2019.04.22 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ムバッペ「ジズー復帰は嬉しいが…」

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)がレアル・マドリー移籍の可能性を否定した。フランス『Canal+』が報じた。 長らくレアル・マドリーのターゲットとして名前が挙がるムバッペ。21日にホームで行われたリーグ・アン第33節のモナコ戦でハットトリックをやってのけ、リーグ連覇に導いた。 そのムバッペはリーグ得点ランキングトップに立つ得点数を「30」に。ジャン=ピエール・パパン氏が1889-90シーズンに達成して以来、誰も到達していないリーグ30発に乗せた。 ムバッペは試合後、PSGの連覇に喜びのコメントを残すなか、レアル・マドリー行きの可能性について問われると、次のように返答した。 「僕はPSGが掲げるプロジェクトの完全な一部だ。ジズー(ジネディーヌ・ジダン)の復帰はレアル・マドリーのことを思うと、嬉しいよ。彼らの試合を追って観ている者としてね」 2019.04.22 10:50 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース