10人相手に辛勝もアーセナルがCL圏内の4位に浮上!《プレミアリーグ》2019.04.16 06:05 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルは15日、プレミアリーグ第34節でワトフォードと対戦し、1-0で勝利した。前節のエバートン戦でリーグ戦7試合ぶりの黒星を喫した6位アーセナル(勝ち点63)が、10位ワトフォード(勝ち点46)のホームに乗り込んだ一戦。ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ準々決勝1stレグのナポリ戦を勝利したアーセナルは、その試合からスタメンを6人変更。ラカゼットやエジル、パパスタソプーロス、GKチェフらに代えてムヒタリアン、イウォビ、ジャカ、GKレノらがスタメンで起用された。

試合は序盤にスコアが動く。10分、バックパスを受けたGKフォースターへプレスをかけたオーバメヤンが、相手GKの蹴り出したボールを足でブロックすると、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。

すると先制に成功したアーセナルにさらなる追い風が吹く。11分、アフター気味に体を当てたディーニーのヒジがトレイラの顔に当たると、主審がレッドカードを提示した。

数的優位となったアーセナルだが、20分にピンチを迎える。センターライン付近で獲得したFKからマジーナがロングボールを供給すると、ボックス右でカバセレが競り合ったこぼれ球をキャスカートがシュート。しかし、これはGKレノの弾いたボールが右ポストを直撃。

さらにアーセナルは31分にも、ペナルティアーク手前でFKを与えるとキャプーの直接FKでゴールを脅かされたが、GKレノのファインセーブで難を逃れた。

迎えた後半、1点をリードするアーセナルはトレイラを下げてエジルを投入。すると56分、自陣からカウンターを仕掛けると左サイドを持ち上がったイウォビのクロスをファーサイドに走り込んだムヒタリアンがボレーシュート。しかし、これはGKフォースターのブロックに阻まれた。

追加点が欲しいアーセナルは、59分にマヴロパノスを下げてグエンドウジを投入。[4-2-3-1]から[3-4-1-2]にフォーメーションを変更。さらに68分にはラムジーを下げてナイルズをピッチに送り出し3枚の交代カードを使い切った。

ポゼッションでワトフォードを圧倒するアーセナルは78分、ペナルティアーク手前からジャカがコントロールショットでゴール左上を狙ったが、これはGKフォースターがキャッチ。

すると、追加点が奪えないアーセナルは80分にピンチを迎える。ボックス右手前で競り合ったサクセスの繋ぎをボックス中央で受けた18が飛び出したGKレノをかわしシュート。しかし、これは守備に戻ったナイルズがスライディングブロックで阻み、ピンチを脱した。

結局、試合はそのまま1-0でアーセナルが勝利。10人相手にしっかりと勝ち点3を獲得したアーセナルが、来季のCL出場圏内となる4位に浮上した。
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナル、ラムジー後釜として逸材パラシオス獲得に近づく?

アーセナルがリーベル・プレートに所属するアルゼンチン代表MFエセキエル・パラシオス(20)の獲得レースで優位なポジションに立っているようだ。アルゼンチン『Radio Continental』が伝えている。 2015年にアルゼンチン屈指の名門リーベルでトップチームデビューを飾ったパラシオスは、足元の技術と視野の広さ、運動量、パスセンスに優れた万能型のセントラルMF。 これまで多くのビッグクラブが獲得に関心を示してきた中、一時はレアル・マドリー加入で合意報道が出ていたが、同クラブの非EU枠の問題もあって最終的に獲得を見送る形となった。 そこに新たに割って入ったのが、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーの後釜を探すアーセナルだという。 なお、『Radio Continental』の伝えるところによれば、現時点でパラシオスの契約解除金は2000万ユーロ(約25億円)程度となっており、資金面に余裕がないアーセナルでも十分に支払える金額のようだ。 2019.05.22 15:22 Wed
twitterfacebook
thumb

コシエルニーがUEFAを批判! 「他国と問題を抱える国で決勝を開催すべきじゃない」

アーセナルのキャプテンである元フランス代表DFローラン・コシエルニーがアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンのヨーロッパリーグ(EL)決勝欠場問題で欧州サッカー連盟(UEFA)を批判した。同選手がイギリス『BBC Radio 5 Live』で語った。 アーセナルは21日、アゼルバイジャンのバクーで行われるヨーロッパリーグ(EL)決勝、チェルシー戦の遠征メンバーにアルメニアとアゼルバイジャンの政治的な問題を理由にムヒタリアンを招集しないことを発表した。 アルメニア代表のキャプテンであるムヒタリアンは、アゼルバイジャン西部のナゴルノカラバフを巡る両国の紛争による安全上の問題から昨年行われたELグループステージのカラバフ戦のアウェイ遠征に帯同せず。また、ドルトムントに在籍していた2015年の同大会でもガバラとの試合を欠場した背景があった。 ムヒタリアン、アーセナルの苦渋の決断を受けて、コシエルニーは政治的に他国と問題を抱える国を決勝開催地に選んだUEFAの決定を批判している。 「僕は今回の決定は心地よいものではない。まず僕たちはここに大事なプレーヤーを1人残さなければならないからだ。彼が決勝でプレーできないからだ」 「UEFAは各国が抱える政治面での様々な問題についてより深く理解する必要があると思う。ある国が他の国と問題を抱えている状況で、彼らはその国で決勝を開催する権利を与えるべきではない」 「僕たちはミッキー(ムヒタリアン)を一緒に連れて行きたいと考えていたから、本当に残念な思いだよ。彼は僕たちにとって重要なプレーヤーだからだ」 なお、クラブや家族と話し合いを行った結果、アゼルバイジャン行きを諦めるという決断を下したムヒタリアンは、「現状のすべての選択肢を考慮した結果、チームと一緒にヨーロッパリーグ決勝に行かないという厳しい決断をしなければならなかった。それはめったにない種類の重要な試合であり、今回の決断は多くの痛みを伴うよ」と、無念の思いを語っていた。 2019.05.22 13:39 Wed
twitterfacebook
thumb

今季限りで現役引退のチェフ、古巣・チェルシーに帰還へ

アーセナルの元チェコ代表GKペトル・チェフ(37)は引退後、古巣のチェルシーに帰還することになりそうだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今年1月、チェフは今シーズン限りでの現役を引退を発表した。スパルタ・プラハやスタッド・レンヌ、チェルシー、アーセナルでプレーしてきた世界屈指のGKは、キャリア通算でここまでプレミアリーグに443試合出場し、チェルシーではチャンピオンズリーグ(CL)優勝に加え、4度のプレミアリーグ優勝を含む15個のタイトルを獲得。アーセナルではFAカップ優勝を成し遂げてきた。 引退後の去就が不透明だったチェフにはこれまで、チェルシーとアーセナルがスタッフとして招へいする意向があることが伝えられてきた。そして今回伝えられるところによると、同選手は来シーズン、チェルシーにスポーツディレクターとして復帰することが濃厚となっているようだ。 チェルシーは2017年11年にマイケル・エメナロ氏が退任して以降、テクニカルディレクターが不在。オーナーのロマン・アブラモビッチ氏はSD職を空位にしたまま、ディレクターのマリナ・グラノフスカイア氏にクラブの舵取りを任せていた。 同メディアは、現時点でチェフの役割が明確にはなっていないものの、スカウト陣と首脳陣、監督間のギャップを埋める役割が与えられると伝えている。 なお、チェルシーは現在、アストン・ビラでアシスタントコーチを務める元イングランド代表DFジョン・テリー氏、チャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティで指揮を執るフランク・ランパード監督といった黄金期を支えた選手たちの帰還も望んでいるという。 2019.05.22 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

無念ムヒタリアン…政治的な問題でEL決勝欠場が決定…

アーセナルは21日、アゼルバイジャンのバクーで行われるヨーロッパリーグ(EL)決勝、チェルシー戦の遠征メンバーにアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンを招集しないことを発表した。 アルメニアとアゼルバイジャンの政治的な問題を理由にムヒタリアンを招集しない決断を下したアーセナルは以下のような声明を発表している。 「私たちはヘンリク・ムヒタリアンがヨーロッパリーグ決勝チェルシー戦の遠征メンバーに入らないという事実を残念ながら発表しなければなりません」 「私たちはミッキー(ムヒタリアン)がメンバーの一員に入るためにあらゆる選択肢を徹底的に探しました。しかし、私たちとミッキー、その家族との話し合いの結果、彼が遠征メンバーを外れるということで合意しました」 「私たちはUEFAに対して、今回の状況に関する懸念を書面を通じて伝えました。ミッキーは私たちがファイナルに進むうえでキープレーヤーの1人となっており、彼の不在はチームとして大きな損失です」 「私たちのプレーヤーがこのような状況で大きなヨーロッパの大会の決勝でプレーするチャンスを逃すことを非常に残念に思います。それはフットボーラーのキャリアにおいてめったに起こらない事例だからでもあります」 「週末にバクーに出発するまでミッキーは私たちと共に調整を続けます」 アルメニア代表のキャプテンであるムヒタリアンは、アゼルバイジャン西部のナゴルノカラバフを巡る両国の紛争による安全上の問題から昨年行われたELグループステージのカラバフ戦のアウェイ遠征に帯同せず。また、ドルトムントに在籍していた2015年の同大会でもガバラとの試合を欠場した背景がある。 これを受けて、アーセナルは同選手の遠征メンバー入りに向けて欧州サッカー連盟(UEFA)からの保証を求めていた。 また、アゼルバイジャンの英国大使であるタヒル・タギザーデ氏は、イギリス『スカイ・スポーツ』でムヒタリアンの身の安全を保証する旨の発言をしていたが、最終的に同選手の欠場が確定した。 2019.05.21 20:29 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナル、ムスタフィ売却でマノラス獲得を画策か

アーセナルがローマに所属するギリシャ代表DFコスタス・マノラス(27)の獲得を画策しているようだ。イタリア『Il Messaggero』の情報をもとにイギリス『メトロ』が報じている。 今シーズン限りで長年クラブを支えてきた元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシの退団が決定しているローマ。記事によれば、マノラスらの複数選手はデ・ロッシとの契約延長を見送ったクラブの態度を良く思っていないようだ。 そのマノラスに関して目を光らせているアーセナル。ユベントスも興味を示しているというマノラスの契約解除金が3200万ポンド(約44億8000万円)であるのに対して、今夏の補強資金が4000万ポンド(約56億円)程度と報じられているアーセナルは、ドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィ(27)の売却資金を投じたいと考えている模様だ。 2014年にオリンピアコスからローマへ加入したマノラス。189cmという恵まれた体躯と鋭い読み、抜群の瞬発力を武器にローマのディフェンスラインに君臨し続け、今シーズンの公式戦35試合に出場している。 2019.05.21 16:33 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース