ラ・リーガ、23年間に渡るナイキとの公式サプライヤー契約を終えプーマと長期契約締結2019.04.16 00:01 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガは15日、プーマと公式サプライヤー契約を結んだことを発表した。契約期間は長期とだけ明かされている。23年間に渡りナイキと結んできた公式サプライヤー契約をプーマへ変更することを決めたラ・リーガは、以下の公式声明をリリース。

「2019-20シーズンからプーマはラ・リーガに関わるすべての試合でオフィシャルボールやその他の製品を製造する。これによりフットボール界でのプーマの認知度は大幅に高まり、世界をリードするフットボールブランドとして地位が強化されるだろう」
コメント
関連ニュース
thumb

“ブラジルの神童”レアルFWヴィニシウスが東京五輪出場に意欲!来日イベントでサッカースクール開催!

21日、レアル・マドリーのU-20ブラジル代表FWヴィニシウス(18)が来日した。 ヴィニシウスがアンバサダー契約を結ぶ「GaGaMILANO」が日本設立10周年を記念して特別プロモーションイベントを実施。レアル・マドリーが運営する「Real Madrid Foundation Football School」と協力し、同クラブに所属する子供たちが生徒として参加するサッカースクールを行った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20190521vjr_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains,LTD.<hr></div>今回が初来日となったヴィニシウスは、子供たちとともにまずは鳥かごを実施。罰ゲームとしてダンスタイムが設けられ、ヴィニシウスによるサンバのステップが伝授された。 その後、子供たちが4チームに分かれてミニゲームを実施。ヴィニシウスは時折テクニックを見せるなど、子供たちと一緒にプレー。また、ゴールが決まるたびに、一緒になって輪を作って喜ぶなど、約30分間のイベントを楽しんでいた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20190521vjr_1_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains,LTD.<hr></div> また、イベントの最後には子供たちにゴールセレブレーションを伝授する場面も。フラメンゴ時代に自身が行なっていたパフォーマンスを教えるとともに、自身も試合で披露することを約束していた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20190521vjr_1_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">©️CWS Brains,LTD.<hr></div> イベント終了後、ヴィニシウスは囲み取材に応対。2020年に行われる東京オリンピックへの出場へも意欲を示した。 ──子供たちと今回触れ合っていかがでしたか 「自分自身もかつて同じ時代を過ごしたことを思い出した。レアル・マドリーでもトップチームの選手から愛情を受けた記憶がある。自分が同じ立場に立てて嬉しい」 ──今回は初来日とのことだが、日本で楽しみにしていることは 「初めての来日なのであまりイメージはなかったが、空港でもここでも、こんなにたくさんの子供から大人までのファンに迎えていただけて、何よりも光栄に思う」 ──来年は東京五輪が開催されるが、出場したいという意欲はあるか 「もちろんオリンピックに出たいという強い思いがある。サッカーではブラジルは金メダルを1つしか獲っていない。ブラジルは常にチャンピオンでなくてはいけないと思っているし、国を代表する形で来年ここにまた戻ってこれたらと思っている」 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/Il0YXePL15I" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.05.21 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

オサスナが3季ぶりのプリメーラ昇格!《セグンダ・ディビシオンA》

スペインのセグンダ・ディビシオンA(スペイン2部)第39節が行われ、首位のオサスナの3節を残してのプリメーラ昇格が決定した。 19日に行われたカディス戦をゴールレスドローで終えた首位のオサスナ(勝ち点78)だが、翌日に行われた3位のアルバセテ(勝ち点68)と、2位のグラナダ(勝ち点74)でアルバセテが0-1で敗れたことで、3節を残してのプリメーラ昇格が決定した。 2016-17シーズンのプリメーラを19位で終えて2部降格を強いられたオサスナは、昨季セグンダでも8位フィニッシュとなり、1年での1部復帰を逃した。それでも、過去にレアル・ソシエダやヌマンシアを率いたハゴバ・アラサテ監督の下で今シーズンに臨むと、シーズン序盤から安定して勝ち点を積み上げて上位争いを牽引。 第39節終了次点で53得点33失点と、数字上は飛び抜けて目立っていないものの、ホームを中心に接戦を競り勝つ勝負強さを武器に見事に昇格を手繰り寄せた。 チーム内では目立った得点源はいなかったものの、31歳のFWフアン・ビジャールが11ゴール、30歳のMFロベルト・トーレスがチームトップの12ゴールを挙げる活躍を見せている。 2019.05.21 13:07 Tue
twitterfacebook
thumb

ベンゼマが海外の最優秀フランス人選手に選出「この賞は多くを意味する」

レアル・マドリーのフランス代表FWカリム・ベンゼマが、フランスのUNFP(英:National Union of Professional Footballers)が選出する「海外でプレーする最優秀フランス人選手」に選ばれた。 UNFPは1961年にフランスで創立された、フランスでプレーするプロサッカー選手のための労働組合。フランス版PFAといったところだ。 UNFPは19日、今シーズンのリーグ・アン最優秀選手やベストイレブンを発表。最優秀選手にはパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペが選ばれる中、ベンゼマは“国外で”プレーする最優秀フランス人選手に選ばれた。 今シーズンのベンゼマは、ラ・リーガ36試合で21ゴール7アシスト、チャンピオンズリーグ8試合で4ゴール2アシスト、コパ・デル・レイ6試合で4ゴール1アシストなど、昨年のクラブ・ワールドカップも含めて、公式戦53試合で30ゴール11アシストを記録。FWクリスティアーノ・ロナウドの退団で銀河系軍団の攻撃の手綱を取った。 マンチェスター・ユナイテッドMFポール・ポグバ、アトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマン、トッテナムGKウーゴ・ロリス、チェルシーMFエンゴロ・カンテらも候補に選ばれる中で、今回この賞を受賞したベンゼマ。マドリー公式サイトで「とても嬉しいよ。この賞は僕にとって多くを意味する」とコメントを残している。 2019.05.20 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

グリーズマンに「出て行け!」のチャント、シメオネ監督は退団選手に「愛している」

ファンからの手厳しいチャントが歌われた中で、アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、チームを去る選手たちへの感謝を露わにした。イギリス『BBC』が報じた。 アトレティコは、リーガエスパニョーラ最終節でレバンテとのアウェイゲームを戦った。すでにリーグ2位が確定しているアトレティコだったが、試合は前半位2失点を喫しリードを許したまま後半へ。さらに51分にアンヘル・コレアが退場となり数的不利となるものの、ロドリゴ・エルナンデス、セルヒオ・カメッロのゴールで追いつき、2-2でシーズン最終戦を終えた。 『BBC』によると、試合中には今シーズン限りで退団することを発表したフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンに向けて「出て行け、出て行け、出て行け」とチャントが歌われていたとのこと。グリーズマンはバルセロナへの移籍が噂されており、サポーターとしてはまだ納得いっていないことを露わにした。 今シーズンはグリーズマン以外にも、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが退団を発表。さらに、DFフアンフラン、MFロドリゴ・エルナンデス、DFフィリペ・ルイスも退団するとされている。 サポーターからの厳しい仕打ちを受けたグリーズマンを含め、多くの主力選手が退団するアトレティコ。それでも、ディエゴ・シメオネ監督は、試合後に退団する選手たちについてコメント。感謝の気持ちを述べている。 「我々は、去って行くグラディエーターの働きを強調しなければならない」 「彼らの最大の遺産は、獲得したタイトルではない。それは彼らのコミットメントとリスペクトだ。私は彼らをとても愛している」 2019.05.20 12:20 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシが36ゴールで3年連続6度目のリーガ得点王に!

2018-19シーズンのリーガエスパニョーラの全日程が19日に終了した。得点王(ピチーチ)に輝いたのは36ゴールを決めたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとなっている。 メッシは3シーズン連続6度目のリーガ得点王に輝いた。6度目の得点王は、ビルバオなどで活躍した歴代最多受賞者である故人のテルモ・サラ氏に並ぶ回数となっている。 なお、2位はバルセロナのFWルイス・スアレスとレアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマの21ゴールで、メッシは15ゴール差を付けての圧倒的な受賞となった。 2019.05.20 01:47 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース