ラ・リーガ、23年間に渡るナイキとの公式サプライヤー契約を終えプーマと長期契約締結2019.04.16 00:01 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガは15日、プーマと公式サプライヤー契約を結んだことを発表した。契約期間は長期とだけ明かされている。23年間に渡りナイキと結んできた公式サプライヤー契約をプーマへ変更することを決めたラ・リーガは、以下の公式声明をリリース。

「2019-20シーズンからプーマはラ・リーガに関わるすべての試合でオフィシャルボールやその他の製品を製造する。これによりフットボール界でのプーマの認知度は大幅に高まり、世界をリードするフットボールブランドとして地位が強化されるだろう」
コメント
関連ニュース
thumb

セメド、渦中のコウチーニョを擁護 「なぜ彼のクオリティを疑う」

バルセロナのポルトガル代表DFネウソン・セメドが、同僚のブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョについて言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 2018年1月にリバプールからバルセロナ史上最高額となる1億6000万ユーロ(現在のレートで約201億3000万円)で加入したコウチーニョ。だが、今シーズンは、金額に見合ったパフォーマンスを披露することはできていないとして、批判が集まっている。 そうしたなか、16日にカンプ・ノウで行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッド戦で61分に豪快なミドルシュートでゴールを記録。その得点後、両手人差し指で両耳を塞ぐパフォーマンスを披露した。 この行為は様々な憶測や物議を呼び、バッシングも多々…。先日、自身のインスタグラム(phil.coutinho)に「僕は人生のなかで誰かに失望させられたことなんて一度たりともない」と綴った渦中のコウチーニョについて、セメドは「彼のそばに100%いる」と擁護の姿勢を示した。 「僕はコウチーニョのそばに100%いる。チームを改善し、助けるために取り組んできたことを理解している」 「彼は能力を発揮しているし、なぜ人々が彼のクオリティを疑うのか、僕にはわからないね」 2019.04.22 17:37 Mon
twitterfacebook
thumb

ジダン、ハット達成のベンゼマに「驚きない」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が、ビルバオ戦でハットトリックを達成した元フランス代表FWカリム・ベンゼマを絶賛している。スペイン『マルカ』が報じた。 レアル・マドリーは21日のリーガエスパニューラ第33節でビルバオとホームで対戦。前半こそゴールレスに終わったが、後半開始早々の47分にFWマルコ・アセンシオのクロスにゴール前のベンゼマが頭で合わせて先制すると、それを皮切りにハットトリックを成し遂げ、3-0で勝利した。 試合後、ジダン監督はベンゼマへの信頼を口にすると共に賛辞を送っている。 「ベンゼマは自信を持っている。彼はいつも物事が良くできることを知っているし、常に改善しようとしている」 「マルコのクロス、(ヘスス・)バジェホのタックルも素晴らしかった。ベンゼマがハットトリックしたことに驚きはないよ」 2019.04.22 15:57 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセロ、マドリー残留を強調 「マドリーは僕の家」

レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロ(30)が今夏の退団を否定した。スペイン『マルカ』が伝えている。 2022年までマドリーとの契約を残しているマルセロ。サンティアゴ・ソラーリ前監督の下ではDFセルヒオ・レギロンにポジションを奪われ、ベンチを温める日々が続いていた。 こうしたことからユベントス移籍が盛んに報じられ、一時は個人合意したという報道も…。だが、3月中旬にジネディーヌ・ジダン監督が復任すると、スタメンに返り咲き、出場停止を除く5試合に出場している。さらに直近2試合ではDFセルヒオ・ラモスの欠場でキャプテンマークも巻いている。 そうした中で、マルセロは、21日に行われたリーガエスパニョーラ第33節のビルバオ戦後、イギリス『BeIn Sports』で、マドリーでの充実ぶりを強調した。 「僕が退団するかって? 僕がこのユニフォームを着るとき、誰もが僕が見せる喜びを知っているはずだから、話す必要はないよ」 「レアル・マドリーは僕の家だ。このユニフォームのために汗をかき、世界のトップをキープしなければいけない。プレーできていなかったときも、チームメイトをサポートしなかったことは一度もないよ」 2019.04.22 14:21 Mon
twitterfacebook
thumb

自己ベスト視野の絶好調ベンゼマ…「FW補強? そんなのどうでも良い」

レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマがチームのストライカー補強についての質問を受け、それを流した。 レアル・マドリーは21日にホームで行われたリーガエスパニューラ第節のビルバオ戦を3-0で勝利。ベンゼマの今シーズン初となるハットトリックの活躍により、2試合ぶりの白星を手にした。 昨夏にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがユベントスに去ったことで、今シーズンからスコアラーの役割を手にしたベンゼマ。ここまでリーガ得点ランキング2位の21得点を挙げる。 直近5試合の8得点を全て生み出す絶好調のベンゼマはビルバオ戦後、今夏に取り沙汰されるクラブのFW補強について問われると、次のように返答。我関せずの姿勢を貫いた。 「(新たなFW補強? )クラブ次第だ。そんなことはどうだって良い」 「どうやってチームを助けるか、ピッチでの仕事に集中するのみさ」 「僕はマドリーに残るつもりだ。世界一のクラブにいるのだからね」 「ジダンの復帰はとても意味があること。全員が満足している」 「来シーズンが楽しみだよ」 なお、ベンゼマの同一シーズンにおけるリーガ最多得点数は2015-16シーズンの「24」。残り5試合の状況や調子の良さを考えると、自己ベストでシーズンフィニッシュの可能性は多いにありそうだ。 2019.04.22 13:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ゴンサロ・ゲデスのミドル弾2発のバレンシアがベティスに逃げ切り勝利で4位ヘタフェを追走《リーガエスパニョーラ》

バレンシアは21日、リーガエスパニョーラ第33節でベティスとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利した。 同日の試合でセビージャに勝利し、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内に浮上した4位ヘタフェを暫定5ポイント差で追う6位バレンシア(勝ち点49)が、ヨーロッパリーグ(EL)出場権を狙う9位ベティス(勝ち点43)のホームに乗り込んだ一戦。 3日前に行われ、2-0で勝利したEL準々決勝2ndレグのビジャレアル戦のスタメンから5選手を変更したバレンシアは、ゴサンロ・ゲデスとサンティ・ミナの2トップで臨んだ。 フラットな[4-4-2]の3ラインを敷くバレンシアがベティスにボールを持たせる展開で推移していった中、24分にピンチ。CKの流れからマンディに決定的なヘディングシュートを許してしまった。 そして30分にはアクシデント。チェリシェフがドリブルを仕掛けたところで右ヒザを負傷し、プレー続行不可能となってしまった。代わってロドリゴ・モレノを投入したバレンシアはハーフタイムにかけてもチャンスを作れずにいたが、前半終了間際の45分に個人技で先制する。 ボックス手前左でパスを受けたゲデスが中に切れ込み、中央からミドルシュート。これがゴール左隅に決まった。 ワンチャンスを生かしてリードしたバレンシアは迎えた後半開始4分に加点する。決めたのはまたしてもゲデス。CKの流れからボックス手前左でパスを受けたゲデスが右足を振り抜くとゴール左にミドルシュートが決まった。 2点をリードしたバレンシアが自陣に引いてベティスの攻撃を受け止めていた中、終盤の78分にCKの流れでガブリエウのハンドを取られてPKを献上する。これをロ・セルソに決められて1点差に詰め寄られたバレンシアは、82分にロドリゴ・モレノに2枚目のイエローカードが出されて10人での戦いを強いられる。 終盤にかけてベティスの攻勢を受けたバレンシアだったが、何とか逃げ切って勝利。4位ヘタフェとの2ポイント差を維持している。 2019.04.22 05:41 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース