CL出場権確保へ! エメリ、勝てないアウェイ戦に向け「パフォーマンスは変わらない」2019.04.15 18:26 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのウナイ・エメリ監督がワトフォード戦について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。現在、プレミアリーグ6位のアーセナル(勝ち点63)は15日に、プレミアリーグ第34節でワトフォードとアウェイで対戦する。既に今節を終えている4位のチェルシーとの勝ち点差は「3」となっており、勝利すれば得失点差で上回り、4位浮上となる。

だが、今シーズンのアーセナルは、ホームでこそここまでわずか1敗という強さを誇っているものの、アウェイでは6敗と苦戦している。それでもエメリ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得へ向けて、心配していない様子だ。

「我々はトップ4に入るために戦っている。良いメンタリティーで競争していることを見せている」

「この過程で良くなり続ける必票がある。私が指を鳴らせばできるというものではない」

「過程かもしれないが、、このチームは良いメンタリティーを持っている。我々は良くなっているし、リーグテーブルがこの答えを授けてくれるだろう」

「2つのことが言える。ホームでは良い結果が出ているね。良い試合、大きな成果、本当に本当に素晴らしい。アウェイでは時々、良い試合をするが、それができない時は、対戦相手に上回られてしまうね」

「最初に答えたことは当然だ。通常、どのチームもアウェイよりもホームで多くの勝ち点を獲得する。我々にとってそれは競争的なことだ」

「アウェイでも3ポイントを取るために一貫してやるパフォーマンスは変わらない」
コメント
関連ニュース
thumb

泣きっ面に蜂か? 連敗のアーセナル、オーバメヤンがレスター戦欠場の可能性

ウォルバーハンプトンに敗れ、ここに来て痛い連敗を喫したアーセナル。その痛みは、さらに重なってしまうかもしれない。 今週末の28日にプレミアリーグ第36節でレスター・シティとアウェイで対戦するアーセナルだが、ガボン代表FWピーエル=エメリク・オーバメヤンが欠場する可能性があるようだ。 24日に行われたウォルバーハンプトン戦も欠場したオーバメヤン。クラブの発表によると、副鼻腔炎の手術を受けていたとのこと。そして、その影響でレスター戦も欠場の可能性があるようだ。 オーバメヤンは今シーズンのプレミアリーグで33試合に出場し19ゴールを記録。フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットとの併用という状況でありながら、リーグトップタイの得点を記録している。 チームとしても現在5位。3位のトッテナムと勝ち点差4、4位のチェルシーと勝ち点差1、6位のマンチェスター・ユナイテッドと勝ち点差2となっており、熾烈なトップ4争いは残り3試合でよりヒートアップするはず。アーセナルファンは、オーバメヤンの欠場が長引かないことを願うばかりだろう。 2019.04.25 13:15 Thu
twitterfacebook
thumb

来季CL出場へ…エメリ、4位浮上逃す痛恨の連敗も諦めず「リーグでもELでもまだチャンスはある」

アーセナルのウナイ・エメリ監督は、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得をまだ諦めてはいない。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 プレミアリーグで5位につけるアーセナル(勝ち点66)は24日、同リーグ第31節延期分でウォルバーハンプトンとのアウェイ戦に臨んだ。トップ4フィニッシュを目指す中で、1試合消化試合の多い4位のチェルシー(勝ち点67)を上回る絶好のチャンスだったが、前半だけで3失点。終盤にギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスのゴールで1点を返したが、1-3で前節のクリスタル・パレス戦に続く敗戦で、痛恨の連敗を喫した。 プレミアリーグも残り3試合。トップ4入りが難しくなったが、エメリ監督はリーグ戦とヨーロッパリーグ(EL)でCL出場権獲得のチャンスがまだ残されていることを主張した。 「トップ4入りのチャンスを逃した。ただ、まだチャンスはある。通常であれば、失望するだろう。ただ、我々はシーズンが終了するまで見なくてはいけない。今回のチャンスは逃した。しかし、レスター戦に向けても最善の準備をする必要がある。それは難しいことだが、きっと我々ならできると思っている」 「レスター戦で勝ち点3を掴むために全力を尽くす。トップ4入りは難しい目標となった。しかし、リーグ戦はもちろん、ヨーロッパリーグでもまだチャンスがある」 2019.04.25 10:35 Thu
twitterfacebook
thumb

上位食いウルブスがアーセナルを粉砕! 今季2度目の連敗アーセナルは4位浮上のチャンスを逃す…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第31節延期分、ウォルバーハンプトンvsアーセナルが24日にモリニュー・スタジアムで行われ、ホームのウォルバーハンプトンが3-1で勝利した。 ヨーロッパリーグ出場権獲得を目指す10位のウルブス(勝ち点48)と、トップ4フィニッシュを目指す5位のアーセナル(勝ち点66)による一戦。前節、10連勝中だったホームでクリスタル・パレスに敗れたアーセナルは、1試合消化試合の多いチェルシー(勝ち点67)に抜かれて5位に転落。その敗戦からバウンスバックを目指す中2日での一戦に向けては先発7人を変更。負傷でベンチ外のオーバメヤンや失点に絡んだムスタフィらがベンチスタートとなり、ラカゼットを1トップに配した[4-2-3-1]の布陣に変更した。 [5-3-2]の守備的な布陣で臨んだホームチームに対して、立ち上がりから圧倒的なボール支配率で押し込んでいくアーセナル。トップ下のエジルや中盤に落ちてくるラカゼットを起点にアクセントを付けていくが、なかなか相手の堅固な守備ブロックにクサビを打ち込めない。 一方、押し込まれながらも冷静な守備で決定機を許さないウルブスはカウンターから20分過ぎにモウティーニョのミドルシュートで最初の決定機を作ると、28分に先制点を奪う。ボックス手前中央の好位置で得たFKをキッカーのルベン・ネヴェスが直接右足で狙うと、壁のギリギリ上を越えた鋭いシュートがゴール左隅に突き刺さった。 敵地で先制を許したアーセナルはすぐさま反撃に出るが、なかなか攻め切ることができない。対して狙い通りの試合運びを見せるウルブスは37分、左CKの二次攻撃からボックス手前左のホニーが入れたクロスをゴール前の密集で飛び出したGKレノより先に頭で触ったドハーティが無人のゴールへ流し込み、貴重な追加点を奪取。 これで完全に勢いづいたウルブスは前半終了間際の47分にも相手陣内でバックパスを奪ったジョッタが鋭い仕掛けでDFパパスタソプーロスを振り切ってボックス左に持ち込むと、左足のシュートを流し込み、最高の時間帯にダメ押しの3点目を奪った。 悪夢の前半45分を終えて後半も同じ11人で臨んだアーセナルは立ち上がりから攻勢を仕掛けるが、イウォビやラカゼットらがプレー精度を欠き相手を脅かす攻撃は見せられない。逆に55分には相手のロングカウンターを浴びてヒメネスに決定的な右クロスを許すが、ここはジョッタのトラップミスに救われる。 何とか流れを変えたいエメリ監督は58分にムヒタリアン、トレイラを下げてコラシナツ、グエンドウジを同時投入。さらに71分にはイウォビを下げてエンケティアをピッチに送り出す。エンケティアの投入で徐々に攻撃に推進力が出てきた中、80分にはジャカの右CKをパパスタソプーロスが頭で合わせ、意地の1ゴールを奪う。 しかし、この失点でより逃げ切りを意識し始めたホームチームの堅守を前に2点目、3点目と奪い切る力は今日のアーセナルにはなく、試合はこのまま3-1のスコアでタイムアップ。2試合連続で3失点と守備崩壊のアーセナルは痛恨の連敗となり、4位浮上のチャンスを逸した。 2019.04.25 05:42 Thu
twitterfacebook
thumb

シメオネ、守護神の残留に「とても重要なこと」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が、契約延長をしたスロベニア代表GKヤン・オブラクについて言及した。スペイン『マルカ』が伝えている。 2014年にベンフィカから加入して以降、ディエゴ・シメオネ監督率いるロヒ・ブランコスの絶対的守護神に君臨するオブラク。今シーズンもここまでリーガエスパニョーラ33試合に出場し19度のクリーンシートを達成するなど、リーグ最少失点(21失点)の堅守を支えており、4年連続サモラ賞獲得を射程に捉えている。 この活躍に、パリ・サンジェルマン(PSG)やマンチェスター・ユナイテッドが関心を寄せていることが伝えられていた。それでも、オブラクは17日に2023年6月30日まで新契約にサインした。 自身も2月に2022年まで契約延長したシメオネ監督は、チームの中心選手が長くアトレティコにとどまってくれることに喜びを示している。 「去年の(アントワーヌ・)グリーズマンのようにとても重要なことだね。おそらく世界最高のGKが、我々と一緒にいることを決断してくれた」 「オブラクは毎日の仕事でクラブに楽しさを与えてくれている。素晴らしい選手でファンは満足しているし、チームにとっても良いことだよ」 2019.04.24 15:20 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ジョアン・ガンペール杯2019での対戦に向けアーセナルと交渉か

バルセロナが、8月に行われるジョアン・ガンペール杯の対戦相手としてアーセナルと交渉しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 毎年プレシーズンの時期に行われるバルセロナ主催のフレンドリーマッチであるジョアン・ガンペール杯。54回目となる今大会は、8月3日か4日にカンプ・ノウで開催される予定になっている。 今回の報道によれば、すでにバルセロナはアーセナルにガンペール杯への出場を要請している模様。しかし、バルセロナは今シーズンのチャンピオンズリーグ優勝の可能性を残しており、アーセナルはヨーロッパリーグ優勝の可能性を残しているため、両クラブがヨーロッパタイトルを獲得した場合は、対戦相手が変更となるようだ。 なお、両クラブがヨーロッパタイトルを獲得した場合、8月14日にトルコのイスタンブールで行われるUEFAスーパーカップ2019で対戦することになる。 2019.04.24 00:50 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース