ビジャが思う史上最高選手とは?2019.04.15 15:34 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWダビド・ビジャが、自身が考える史上最高の選手を明かしている。スペイン『マルカ』が伝えている。スポルティング・ヒホンでキャリアをスタートしたビジャは、サラゴサ、バレンシアを経て2010年にバルセロナに加入。バルセロナでは公式戦通算119試合で48ゴール23アシストを記録するなどリーガ・エスパニョーラやチャンピオンズリーグ(CL)制覇など多くのタイトル獲得に貢献してきた。

その後はアトレティコ・マドリー、ニューヨーク・シティ、メルボルン・シティを渡り歩き今シーズンから神戸に加入。その神戸でも明治安田生命J1リーグ6試合で3ゴールを奪う活躍を見せている。

また、スペイン代表では通算98試合に出場し、歴代最多となる59ゴールを記録。ユーロ2008と2010年南アフリカ・ワールドカップではいずれも得点王に輝き、優勝の立役者の1人となった。

そんなビジャはバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが史上最高と考えているようだ。ビジャとメッシは2010年から2013年までバルセロナで共闘。『ロイター』のインタビューで自身の考えをコメントしている。

「バルセロナの成功は、彼が進化したおかげでもあるんだ」

「もちろん、ペレ、ディエゴ・マラドーナ、ヨハン・クライフのような人たちを、見るチャンスがなかった。僕が毎日、メッシを見てきたようにはね」

「でも僕の考えでは、メッシが一番だね」
コメント
関連ニュース
thumb

PSGのレオナルドSD、ネイマールに「具体的なオファーなし」

パリ・サンジェルマン(PSG)のスポーツ・ディレクター(SD)を務めるレオナルド氏がブラジル代表FWネイマール(27)に対して、他クラブからのオファーがないことを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2017年夏にPSG入りして以降、長らく移籍の可能性が取り沙汰されるネイマール。レオナルドSDに続いて、トーマス・トゥヘル監督も選手の移籍希望を認めたなか、先日に古巣バルセロナが9000万ポンド(約121億2000万円)+2選手譲渡のオファーを出したとする報道が浮上した。だが、レオナルド氏はそうしたオファーの存在を次のように否定したという。 「何も変わらない。全くね。ネイマールに具体的なオファーはない。我々との契約がある彼は我々の選手だ。繰り返すが、具体的な申し出はない。10日前と同じ状況だよ」 ネイマール本人はすでにPSGに対して移籍を直訴したともいわれているが、どのような形で決着を迎えることになるのだろうか。 2019.07.21 12:35 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ移籍のグリーズマン「幸せな感情が湧いて涙した」

新シーズンからバルセロナでプレーするフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが移籍決定当時を明かした。スペイン『マルカ』が報じた。 バルセロナは12日、アトレティコ・マドリーに対して契約解除金1億2000万ユーロ(約145億8000万円)を支払い、グリーズマンの獲得を正式発表。5年契約、解除金8億ユーロ(約973億円)でのバルセロナ入りが明らかになっている。 両クラブの関係悪化により、移籍破談の可能性も取り沙汰されたグリーズマン。『マルカ』のインタビューでいくつかの質問に応じたなかで、バルセロナ入りを果たした現在と、移籍が決まった瞬間の感情を問われると、こう述べたという。 「本当に良いね。全てが完了するまでにストレスとプレッシャーがあった。早々に休暇を切り上げてでも、新たな挑戦がしたかったんだ。みんなからすごく歓迎されたし、今のところ、楽しめている。この先もそうであることを願うよ」 「全てが完了して、僕の父親に電話をかけたら、幸せな感情が湧いてきて涙してしまったよ。僕の友人や、妻、子供たちと一緒に迎えた素晴らしい瞬間だったね」 なお、グリーズマンはバルセロナの一員として来日メンバー入りしており、日本で新天地デビューを果たす可能性がある。 2019.07.21 10:05 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ、来日メンバー26名を発表! 安部裕葵もメンバー入り!《Rakuten Cup》

FCバルセロナは20日、日本で行われるRakuten Cupに向けた招集メンバーを発表した。 昨シーズン、リーガエスパニョーラを制覇するも、チャンピオンズリーグ(CL)ではベスト4敗退に終わったバルセロナ。エルネスト・バルベルデ体制3年目を迎える新シーズンのプレシーズンでは、日本開催のRakuten Cupで7月23日に埼玉スタジアム2002でチェルシーと、27日にノエビアスタジアム神戸で元バルセロナのMFアンドレス・イニエスタやFWダビド・ビジャらを擁するヴィッセル神戸と対戦する。 その大会に臨むメンバーとして、26名を招集。コパ・アメリカ2019に出場したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシやウルグアイ代表FWルイス・スアレス、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルらを除く主力選手の他、新加入のフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングらに加えて、鹿島アントラーズから加入したFW安部裕葵もメンバーに名を連ねた。 ◆バルセロナ来日メンバー GK 1.マーク=アンドレ・テア・シュテーゲン 13.ネト 25.イニャキ・ペーニャ DF 2.ネウソン・セメド 3.ジェラール・ピケ 6.ジャン=クレール・トディボ 15.クレマン・ラングレ 18.ジョルディ・アルバ 20.セルジ・ロベルト 23.サミュエル・ユムティティ 26.サム・アラウホ 28.ギジェム・ジャメイ MF 4.イバン・ラキティッチ 5.セルヒオ・ブスケッツ 12.ラフィーニャ 19.カルレス・アレーニャ 21.フレンキー・デ・ヨング 16.オリオル・ブスケッツ 22.モンチュ 24.アレックス・コジャド 8.リキ・プッチ FW 11.ウスマーヌ・デンベレ 14.マウコム 17.アントワーヌ・グリーズマン 7.カルレス・ペレス 27.安部裕葵 2019.07.20 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、元守護神ビクトル・バルデスのフベニルA新監督就任を発表!

バルセロナは19日、元スペイン代表GKのビクトル・バルデス氏(37)のフベニルA(U-19チーム)新監督就任を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。なお、今回の契約には1年間の契約延長オプションが付随している。 バルセロナの育成組織ラ・マシアで育ったバルデス氏は、正守護神としてバルセロナでプレー。2014年3月に右ヒザ前十字じん帯断裂の重傷を負うと、7月に退団。その後は、マンチェスター・ユナイテッドやスタンダール・リエージュ、ミドルズブラでプレーし、2017年8月に現役を引退していた。 10シーズンに渡ってカタルーニャの名門のゴールマウスを守り続けたバルデス氏は、この間に6度のリーガエスパニョーラ制覇、3度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇、2度のクラブ・ワールドカップ(CWC)制覇など、獲得可能な有力タイトルをほぼ全て獲得してきた。 引退後は、マドリッドに本拠地を置くラージョ・マハダオンダでコーチを務める傍ら、スペインサッカー連盟が元代表選手やトップリーグで10年以上活躍した人物のために用意しているエリートコースに進み、コーチングライセンス取得に励んでいた。2018年5月にはUEFA BとUEFA Aライセンスを取得していた。 2019.07.19 21:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ネイマール狙うバルサ、PSGに121億円+2選手のオファー

バルセロナがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)の獲得に向け、オファーを提示したという。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2017年夏にPSG入りして以降、長らく移籍の可能性が取り沙汰されるネイマール。PSGのスポーツ・ディレクター(SD)に復職したレオナルド氏に続いて、トーマス・トゥヘル監督も選手の移籍希望を認めたことで、実現の可能性が日に日に高まっている。 そのネイマールの有力な移籍先として挙がるのが、古巣のバルセロナだ。獲得時に記録した史上最高額の移籍金2億ポンド(約269億5000万円)以上を求めているとされるPSGに対して、9000万ポンド(約121億2000万円)+2選手譲渡のオファーを提示したという。 バルセロナは譲渡可能選手として、MFフィリペ・コウチーニョ(27)、FWウスマーヌ・デンベレ(22)、MFイバン・ラキティッチ(31)、DFネウソン・セメド(25)、FWマウコム(22)、DFサミュエル・ユムティティ(25)の6選手を挙げたとみられる。 なお、ネイマールを巡っては先日、選手の代理人とユベントスの会談が取り沙汰されたが、そうした事実はなく、バルセロナとの接触のみが確認されているとのことだ。 2019.07.19 10:00 Fri
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース