ビジャが思う史上最高選手とは?2019.04.15 15:34 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWダビド・ビジャが、自身が考える史上最高の選手を明かしている。スペイン『マルカ』が伝えている。スポルティング・ヒホンでキャリアをスタートしたビジャは、サラゴサ、バレンシアを経て2010年にバルセロナに加入。バルセロナでは公式戦通算119試合で48ゴール23アシストを記録するなどリーガ・エスパニョーラやチャンピオンズリーグ(CL)制覇など多くのタイトル獲得に貢献してきた。

その後はアトレティコ・マドリー、ニューヨーク・シティ、メルボルン・シティを渡り歩き今シーズンから神戸に加入。その神戸でも明治安田生命J1リーグ6試合で3ゴールを奪う活躍を見せている。

また、スペイン代表では通算98試合に出場し、歴代最多となる59ゴールを記録。ユーロ2008と2010年南アフリカ・ワールドカップではいずれも得点王に輝き、優勝の立役者の1人となった。

そんなビジャはバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが史上最高と考えているようだ。ビジャとメッシは2010年から2013年までバルセロナで共闘。『ロイター』のインタビューで自身の考えをコメントしている。

「バルセロナの成功は、彼が進化したおかげでもあるんだ」

「もちろん、ペレ、ディエゴ・マラドーナ、ヨハン・クライフのような人たちを、見るチャンスがなかった。僕が毎日、メッシを見てきたようにはね」

「でも僕の考えでは、メッシが一番だね」
コメント
関連ニュース
thumb

久保建英の獲得レース、PSGも参戦か

FC東京に所属するU-21日本代表FW久保建英(17)に対して、パリ・サンジェルマン(PSG)が目を光らせているという。フランス『RMC Sport』が報じた。 フランスの絶対的王者に君臨するPSG。今夏の移籍市場で来シーズンのチャンピンズリーグ(CL)制覇に向けた積極補強の可能性が取り沙汰されるが、それと平行して将来に向けた若い才能の確保にも動く模様だ。 そこで名前が挙がったのが久保だ。スポーツディレクター(SD)を務めるアンテロ・エンリケ氏はナンシーに所属するU-17フランス代表ビエル・アッサニの契約に近づくなか、久保にも好意を寄せているようだ。 だが、久保を巡っては現在、レアル・マドリーのほか、かつてアカデミーに籍を置いた古巣バルセロナも関心。PSGはその久保を巡るスペイン勢との獲得レースにおいて劣勢の様相とみられる。 2014年からFC東京に所属する久保は、今年6月に18歳の誕生日を迎えることで、国際移籍が可能に。今シーズンの活躍ぶりを受け、バルセロナ復帰報道も沸騰しているが、果たして…。 2019.04.23 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ、ビダルとの契約延長を希望か

バルセロナがチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル(31)との契約延長を望んでいるようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 2018年夏にバイエルンからバルセロナに加入したビダルは、加入当初こそ出場時間が少なかったが、徐々に増加。ファイターとしてチームに大きく貢献し、今シーズンはここまで公式戦45試合2ゴール5アシストを記録している。 ビダルとバルセロナの契約は2021年6月まで。そんな中、クラブは同選手のパフォーマンスに満足しており、1年間の契約延長を希望しているという。同メディアは、ビダルがエルネスト・バルベルデ監督にとって必要不可欠な選手になっていると主張し、同クラブでキャリアを終える可能性もあると見解を示している。 2019.04.23 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサ1年目のアルトゥール、メッシの印象明かす

バルセロナに所属するブラジル代表MFアルトゥールが、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。 昨夏にグレミオからバルセロナに加入したアルトゥール。1年目の今シーズン、ここまで公式戦39試合に出場しており、卓越したキープ力とボール捌きが特長のプレースタイルからバルセロナのパスサッカーを象徴した人物でもある元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスの後継者との呼び声も高い。 そんなアルトゥールは、チームの顔でもあるエースのメッシについてブラジル『Ale Oliveira』に言及した。 「メッシは、ピッチ内外で素晴らしい人だよ」 「ドレッシングルームでは僕らのリーダーで、フットボールを読み抜くとても知的な人なんだ」 「彼はみんなと話をするんだけど、僕はまだ心の中で『メッシだ!』って言っているよ」 2019.04.23 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アルトゥールが語るピケ「いつも結婚式の花婿のようなんだ」

バルセロナに所属するブラジル代表MFアルトゥールが、チームメイトの元スペイン代表DFジェラール・ピケについて語っている。スペイン『マルカ』が伝えた。 昨夏にグレミオからバルセロナに加入したアルトゥール。1年目の今シーズン、ここまで公式戦39試合に出場しており、卓越したキープ力とボール捌きが特長のプレースタイルからバルセロナのパスサッカーを象徴した人物でもある元スペイン代表MFチャビ・エルナンデスの後継者との呼び声も高い。 そんなアルトゥールは、チームを後方から支えるピケの印象についてブラジル『Ale Oliveira』に明かした。 「ピケはとてもハンサムだよ。彼は綺麗な顔をしていて、背が高い。いつも結婚式の花婿のようなんだ」 「個性的で、常にみんなと冗談を言い合っているよ」 2019.04.23 10:15 Tue
twitterfacebook
thumb

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.39“ペップの6冠バルサ”フットボールの歴史に金字塔/バルセロナ[2008-09]

1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。 <div style="position: relative;margin: 2em 0;padding: 25px 10px 7px;border: solid 2px #FFC107;"><span style="position: absolute;display: inline-block;top: -2px;left: -2px;padding: 0 9px;height: 25px;line-height: 25px;vertical-align: middle;font-size: 17px;background: #FFC107;color: #ffffff;font-weight: bold;">vol.39</span><p style="margin: 0; padding: 0;font-weight:800">2008-2009シーズン/バルセロナ 〜ペップの6冠バルサ〜</p></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/fom2008-09barca.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div><div style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">監督:ジョゼップ・グアルディオラ(37) 獲得タイトル:CL、リーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイ 攻撃力10:★★★★★★★★★★ 守備力9:★★★★★★★★★☆ タレント10:★★★★★★★★★★ 連係9:★★★★★★★★★☆ 選手層9:★★★★★★★★★☆ </p></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">無冠から6冠へ</div> フランク・ライカールトに率いられた2007-08シーズンを4シーズンぶりの無冠で終えたバルセロナは、下部組織を率いていた同クラブのレジェンド、ジョゼップ・グアルディオラにトップチームの命運を託す。規律を重んじるグアルディオラは、夏の移籍市場でロナウジーニョ、デコら個性の強い選手を放出し、ダニエウ・アウベスやピケ、セイドゥ・ケイタらを獲得し、チームを刷新する。 サポーターの大きな期待を背にスタートしたペップ・バルサだったが、リーグ開幕戦では昇格組のヌマンシアを相手に無得点に終わり、0-1とまさかの敗戦を喫する。さらに、ホーム開幕戦となった次節のラシン戦でも1-1で引き分け、早くも不協和音が響いた。しかし、第3節のヒホン戦を6-1で圧勝すると、チームは一気に軌道に乗る。そこから9連勝を記録したチームは、第22節までに19勝を挙げて首位を快走。第34節では、宿敵のレアル・マドリーを相手にサンチャゴ・ベルナベウで2-6の歴史的大勝を収めると、そのまま逃げ切りに成功。2位レアル・マドリーに勝ち点9差をつけて、3シーズンぶりにスペイン王者に輝いた。 ペップ・バルサの快進撃はリーガだけにはとどまらなかった。CLではリヨン、バイエルンを撃破して4強入り。準決勝のチェルシー戦では、カンプ・ノウでの試合をゴールレスで終えて迎えた2ndレグ、試合終盤のイニエスタのゴールで1-1と引き分けて決勝に進出。決勝では、前回王者のマンチェスター・ユナイテッドを寄せ付けず、2-0で完勝した。さらに、1991-92シーズン以来となる欧州王者の座についたチームは、コパ・デル・レイでも決勝でビルバオを撃破。スペイン史上初となる3冠を達成する偉業を成し遂げた。そして、同年にはスーペル・コパとUEFAスーパーカップ、クラブ・ワールドカップをも制覇し、前人未到の6冠を達成。フットボールの歴史に金字塔を打ち立てた。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">隙のないタレント集団</div> システムは、ライカールト時代の4-3-3を踏襲したが、プレッシングやパス回しの流動性など、パフォーマンスは前シーズンよりも大きく向上した。 バルデスは元々、足下が拙いタイプのGKだったが、着実に技術を磨いてビルドアップに貢献できるようになった。センターバックは、ガブリエル・ミリートが長期離脱を強いられたが、ユナイテッドから復帰したピケ、そしてマルケスの復調もあって大きな穴とはならなかった。また、右サイドバックでは、ダニエウ・アウベスを獲得したのが大きかった。セビージャから加入したブラジル人サイドバックは、メッシと好連係を築き、シーズン通して活躍。1年目から、チーム最多の公式戦52試合に出場した。 中盤ではチャビとイニエスタという世界屈指のプレーメーカーに加え、グアルディオラは自身が率いていたバルセロナBからブスケッツをトップチームに引き上げた。また、ヤヤ・トゥーレはアンカーポジションをブスケッツとシェアするとともに、最終ラインもこなすなど、チームとしての安定感を押し上げる存在となった。 前線では、右サイドが主戦場だったメッシが中央でプレーする機会を増やしていったシーズンだった。また、デコ&ロナウジーニョのストロングポイントを失っていた左サイドでは、アンリとエトーが好調を維持。新たなラインを確立し、対面する相手を恐怖に陥らせた。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ピックアップ・プレイヤー</div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">MFアンドレス・イニエスタ(24)</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/iniestapc.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> この男がいなければ、バルセロナの3冠はなかったはずだ。2009年5月6日に行われたCL準決勝2ndレグ、スタンフォード・ブリッジでのチェルシー戦ではチームを救った。1stレグを0-0で終えていたバルセロナは、90分が過ぎた時点で1点ビハインドという苦しい状況。しかし、アディショナルタイム3分、メッシからボールを受けた小柄なMFは、ボックス外から右足を一閃。鋭いシュートがチェルシーゴールに突きささり、枠内シュート1本のバルセロナがアウェイゴール差で決勝に進出した。あのイニエスタの一撃は、当時のシーズンだけでなく、その後のバルサの栄光にも影響を与えるほどのものだった。まさに、バルセロナの歴史上で最も重要なゴールのうちのひとつと言えるだろう。 2019.04.22 22:00 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース