ムバッペ、5失点大敗に落胆「初心者のようなプレーだった」2019.04.15 08:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペが、リール戦での大敗に落胆した。『ユーロスポーツ』が伝えている。PSGは14日、リーグ・アン第32節でリールと対戦。引き分け以上で優勝が決まる一戦だったが、1-1で試合が進むと、PSGはDFチアゴ・シウバ、DFトーマス・ムニエが負傷交代。さらにはベルナトが決定機阻止で一発退場となり、前半にトラブルが相次ぐ。するとPSGは後半、数的不利の状況に対応できず、4失点。1-5の大敗を喫し、PSGのリーグ優勝は持ち越しとなった。

試合後、ムバッペは数的不利になったとはいえ、5失点の大敗に失望。「初心者のようなプレーだった」と振り返り、修正を誓った。

「ここで負けたとしても僕らは、チャンピオンになるだろう。しかし、負けるにも負け方というものがある」

「より個性を持ってプレーしなくてはならない。それは僕らの欠点の1つでもある。今日は初心者のようなプレーだった。早く修正しなくてはならない」
コメント
関連ニュース
thumb

RBライプツィヒ、アーセナル関心のエンクンク獲得が決定的に!

RBライプツィヒがパリ・サンジェルマン(PSG)のU-21フランス代表MFクリストファー・エンクンク(21)の獲得を決定的なモノにしたようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 今夏の移籍市場でPSG退団が有力視されるエンクンク。その新天地に関してはPSGで指導を受けたウナイ・エメリ監督が率いるアーセナルが有力視されてきた。しかし、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃した同クラブは緊縮財政を強いられており、その他の補強ポジションを優先し、現時点では同選手から撤退した模様だ。 その間隙を突いて一気に交渉を進めたのは、国内外の若手タレントに触手を伸ばすライプツィヒ。『レキップ』が伝えるところによれば、両クラブは今週初めに移籍金1300万ユーロ(約15億8000万円)+ボーナス、今後他クラブに移籍する際の売却益の一部という条件で合意に至ったという。 また、エンクンク自身も移籍を了承しており、18日にも現地でメディカルチェックを受診し、5年契約にサインする見込みだ。 PSGの下部組織出身のエンクンクは2015年にトップチームに昇格。セントラルMFを主戦場に2列目の複数ポジションもこなせる万能型MFは、その優れたパスセンスとアジリティを武器に直近2シーズンに渡って準主力として活躍。昨シーズンは公式戦29試合に出場し4ゴール2アシストを記録した。 しかし、トーマス・トゥヘル監督との確執も伝えられるエンクンクは2020年6月までの契約を更新する意思を見せず、昨季限りでの退団が有力視されている。 2019.07.17 20:25 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ、ネイマール連れ戻しへオファーもPSGが即刻拒否?

バルセロナが、パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)の連れ戻しに向けてオファーを提示したようだ。スペイン『アス』が伝えている。 2017年夏に移籍史上最高額となる2億2200万ユーロ(現在のレートで約269億1000万円)でバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に加入したネイマール。新天地でもこれまで公式戦通算58試合51得点29アシストの数字を残し、攻撃性能の高さを披露しているが、度々、移籍話が浮上し、今夏を含め長らくバルセロナが同選手の復帰を画策していることが伝えられている。 そのバルセロナが今回、PSGにオファー。その内容は、移籍金4000万ユーロ(約48億5000万円)+ブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョ(27)とフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(22)の譲渡だという。 しかし、PSGはネイマールの獲得に費やした2億2200万ユーロを可能な限り回収したいと望んでいることから、このオファーに対しては、「馬鹿げている」と即刻、拒否したようだ。また、PSGの会長を務めるナセル・アル・ケラフィ会長は、3億ユーロ(約364億円)未満のオファーに対して、耳を傾ける気はないとも伝えられている。 ネイマールは最近、スポーツ・ディレクターを務めるレオナルド氏と会談し、希望する行き先こそ明らかにしなかったものの、移籍の意思を示したことが報道。同氏は以前にも「適切なオファーが届けば」移籍を容認する姿勢を示していたが、バルセロナはPSGを納得させるだけのオファーを用意することはできるだろうか。 2019.07.17 15:40 Wed
twitterfacebook
thumb

トゥヘル「ネイマールが退団を望んでいることは知っていた」

パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督は、ブラジル代表FWネイマールの退団希望を以前から知っていたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』がフランス『RMC SPORT』を引用して伝えている。 2017年夏にPSGに加入したネイマール。だが、これまで度々、移籍話が浮上し、今夏ではバルセロナ復帰の見方が強まっている。 そのネイマールは15日、8日からスタートしていたPSGのトレーニングにようやく遅れて合流。同日にはスポーツ・ディレクター(SD)を務めるレオナルド氏と会談し、希望する行き先こそ明らかにしなかったものの、移籍の意思を示したことが伝えられていた。 そんな中、トゥヘル監督はネイマールがコパ・アメリカ前からPSGを退団したがっていたことを明言した。 「選手が遅れて合流することに、私は常に失望する。だが、今、我々との間、クラブとネイマールの間にあるものは明確だ」 「私は彼がコパ・アメリカ前に退団したがっていたことは知っていた。ただ、それはクラブと選手の問題だ」 「私は監督。彼は私の選手だ。彼がもしロッカールームにいるのであれば、それは私の選手であり、彼と共に働く。それでも私は全ての準備し、毎日順応する必要がある」 2019.07.17 09:00 Wed
twitterfacebook
thumb

PSGがドルトムントからDFディアロを獲得! 2024年までの5年契約を締結

パリ・サンジェルマン(PSG)は16日、ドルトムントからフランス人DFアブドゥ・ディアロ(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2024年6月30日までの5年間となる。 PSGへ加入の決まったディアロは、クラブの公式サイトで以下のコメントを残している。 「パリ・サンジェルマンのような権威あるクラブに加入出来て光栄だね。僕は常にパリが掲げるプロジェクトに魅力を感じていた。パリへの移籍は僕にとって重要なステップだよ」 2014年にモナコでプロデビューを飾った左利きのセンターバックのディアロは、ズルテ・ワレヘムへのレンタル、マインツへの完全移籍を経て、2018年6月にドルトムントに完全移籍。 加入1年目となった昨シーズンには公式戦38試合に出場した。また、同シーズンは本職のCBのみならず、左サイドバックもこなした。 また、代表キャリアにおいては2016年にU-21フランス代表に招集され、これまで16試合に出場していた。 2019.07.17 00:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマールの独占インタビューが何者かに盗まれる! 地元ブラジルメディアの取材後に

ブラジルの放送局が収録したパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマール(27)の独占インタビューが、何者かに盗まれたとスペイン『マルカ』が伝えている。 母国ブラジルが優勝を飾ったコパ・アメリカは負傷により無念の辞退となったネイマール。最近ではバルセロナへの復帰希望を伝えたとされるなど、プレーせずとも何かと話題には事欠かない。 その同選手への貴重なインタビューはブラジルのインターネット放送局『UOL』が収録したもので「6月に報道された婦女暴行事件や、バルセロナへの移籍騒動については聞かない」という条件で行われたものであったという。 インタビュー後、取材を行ったジャーナリストが自分の車へ戻ったところ何者かの強盗に遭ってしまったようだ。 本来は14日に放送されるはずであったという同インタビューでネイマールは何を語っていたのか。世界中が気になるその内容が分からないのは残念ではあるが、これも同選手の注目度の高さゆえと言えるであろう。 2019.07.16 15:50 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース