長谷部フル出場のフランクフルト、2試合連続退場者出して公式戦2連敗… 5位ボルシアMGとは1ポイント差に《ブンデスリーガ》2019.04.15 02:58 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトは14日、ブンデスリーガ第29節でアウグスブルクをホームに迎え、1-3で完敗した。フランクフルトのMF長谷部誠はフル出場している。前節シャルケ戦をラストプレーのPK弾で辛勝し、6連勝としてチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位を堅守したフランクフルト(勝ち点52)は、3日前に行われたベンフィカとのヨーロッパリーグ準々決勝では10人となった中、2-4と敗戦。公式戦16試合ぶりの黒星を喫した中、ベンフィカ戦のスタメンから2選手を変更。アブラアムとエンディカに代えてパシエンシアとA・トゥーレを起用した。

残留争いに巻き込まれ監督交代のあった15位アウグスブルク(勝ち点25)に対し、フランクフルトは長谷部を[3-4-3]の3バックの中央で先発とした。

そのフランクフルトが能動的に試合を進める入りとなり、ヨビッチが4、5分と立て続けにゴールに迫っていくと、14分に先制する。コスティッチの左サイドからのアーリークロスにパシエンシアが頭で合わせたシュートがゴール左に決まった。

主導権を握るフランクフルトは30分に追加点のチャンス。ボックス左に侵入したレビッチの折り返しをパシエンシアが詰めるもミートできなかった。すると直後、長谷部がつり出され、ディフェンスラインの中央をリヒターに破られてゴールを割られ、同点に持ち込まれた。

追いつかれたフランクフルトは36分、右CKからヨビッチがヘディングシュートでゴールに迫るも、追加タイム4分に逆転される。ボックス手前左からリヒターの放ったミドルシュートが決まり、フランクフルトは1-2とビハインドを負って前半を終えた。

そして迎えた後半開始2分、ボールにスパイクの裏を見せてチャレンジしたジェルソン・フェルナンデスに2枚目のイエローカードが提示され、フランクフルトは10人となってしまう。

そのフランクフルトは58分にピンチ。ク・ジャチョルに決定的なシュートを許すも、ゴールライン前に戻った長谷部が頭でクリアして難を逃れた。

しかし、その後は目立ったチャンスなく時間が経過。そして84分、グレゴリッチュにゴールの生まれたアウグスブルクにフランクフルトは完敗。1-3で敗れ、公式戦2連敗となったフランクフルトは5位ボルシアMGに1ポイント差に詰められている。
コメント
関連ニュース
thumb

フランクフルト、ヨビッチの後釜を確保! 同胞セルビア人ストライカー

フランクフルトは14日、U-21セルビア代表FWデヤン・ヨベリッチ(19)をツルヴェナ・ズヴェズダから獲得したことを発表した。契約は2024年までの5年契約となる。 1999年生まれのヨベリッチは母国の名門ツルヴェナ・ズヴェズダ出身のストライカー。182㎝という標準規格だが、ゴールへの嗅覚やポジショニングに長け、時折見せるテクニックも魅力の一つ。2018-19シーズンは公式戦28試合で14ゴール2アシストを記録した。 また、先日にフランクフルトからレアル・マドリーへの移籍が決まった同胞のFWルカ・ヨビッチとも比較され、ヨベリッチはその後釜という見方が強い。今月開幕を迎えるU-21ユーロでは、両選手はセルビア代表として招集されている。 なお、移籍金は400万ユーロ(約4億8700万円)と見られている。 2019.06.15 13:47 Sat
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリーのヨビッチが初お披露目! 「僕は世界で最も幸せな男」

レアル・マドリーは12日、フランクフルトから完全移籍で加入したセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)の加入会見をサンティアゴ・ベルナベウで実施した。 今シーズンのブンデスリーガで得点ランキング3位の17得点を挙げ、ヨーロッパリーグでも10得点をマークするなど、多数のビッグクラブが注目していたヨビッチ。 その中で今月4日には6000万ユーロ(約73億円)といわれる移籍金でのクラブ間合意がアナウンス。そして、セルビア代表での活動を終えた同選手は12日にメディカルチェックの受診および、契約書にサインを行い、推定年俸1000万ユーロ(約12億円)での2025年6月30日までの6年契約を締結した。 今回の加入会見に際してフロレンティーノ・ペレス会長はヨビッチへの歓迎の挨拶を行っている。 「親愛なるルカ・ヨビッチ。君はもうレアル・マドリーの一員になった。おめでとう、そして世界最高のフォワードの一人として成長し続けていくためにこのエンブレム、このユニホームを選んでくれたことに感謝している。君はここまでたどり着き、他にも多くの偉大なクラブが君の才能、能力に惚れ込み獲得を望んでいたことを我々は知っている。しかし君はこのレアル・マドリーという伝説の一部になることを望み、それを成し遂げるために戦って来た」 「君は重要で親交のあるクラブ、アイントラハト・フランクフルト、またレベルの高いブンデスリーガからレアル・マドリーへ移ってくる。ここから先、君は最も名高く、最も大きな実績のあるクラブ、レアル・マドリーの価値観とともにこのエンブレムを守っていくことになる」。 一方、世界最高のクラブの1つと言われるエル・ブランコ加入が正式に決まったヨビッチは新天地での意気込みを語っている。 「最も偉大なクラブとの契約にサインしたことで今、僕は世界で最も幸せな男だよ。レアル・マドリーがもっと多くのトロフィー、タイトルを勝ち取る手助けとなるため全力を尽くすつもりだよ。みなさん、ありがとう」 2019.06.13 00:18 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、フランクフルトの快速アタッカーに関心…移籍金は約50億円

アトレティコ・マドリーが、フランクフルトに所属するクロアチア代表FWアンテ・レビッチ(25)の獲得に興味を示しているようだ。ドイツ『ビルト』の情報を引用してスペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 準優勝したロシア・ワールドカップ(W杯)での活躍をキッカケに昨夏にはユナイテッドやトッテナムなどの関心を集めたレビッチ。加入3年目となったフランクフルトでは今シーズンのブンデスリーガで28試合9ゴール4アシストを記録。持ち味の身体能力を生かした縦への仕掛けに加え決定力を向上させ、レアル・マドリー移籍が決まったセルビア代表FWルカ・ヨビッチとフランス人FWセバスティアン・アラーと共に攻撃を牽引した。 そのクロアチア代表FWに対して、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマン(28)に代わるセカンドストライカーの獲得を目指すアトレティコ・マドリーが目を光らせているという。 カウンター向きの攻守両面でハードワークをこなすことができ、スペイン代表FWジエゴ・コスタのような闘争心に溢れるプレースタイルは、ディエゴ・シメオネ監督の好むタイプだ。 しかし、同選手に対してはインテルが年俸400万ユーロ(約4億9000万円)の好条件のオファーを掲示しているとも言われており、交渉は一筋縄にはいかないかもしれない。 なお、フランクフルト側は移籍金として4000万ユーロ(約49億2000万円)を要求するようだ。 2019.06.11 22:47 Tue
twitterfacebook
thumb

移籍決定ヨビッチ、バルサからオファー受けるも本命は常にマドリーだった?

来シーズンからのレアル・マドリー加入が決定したセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(21)だが、やはり同クラブへの移籍を決断する前にバルセロナ移籍を固辞していたようだ。 レアル・マドリーは4日、ヨビッチの移籍に関して、フランクフルトとクラブ間合意に達したこと発表。契約期間は2025年6月30日までの6年となる。 そのヨビッチに関してレアル・マドリーの下部組織出身でフランクフルトの同僚でもあるスペイン人MFルーカス・トロは、スペイン『Cadena Ser』のインタビューで同選手が以前からマドリー行きを希望していたことを明かした。 「彼のレアル・マドリー移籍濃厚というニュースが出る数カ月前、僕たちはシャワールームでちょっとした会話をしていたんだ。その時にマドリーとバルセロナのどっちでプレーしたいのか、彼に聞いてみたんだ。そして、彼は断然レアル・マドリーだと言っていたよ」 また、移籍が決定する前にバルセロナとマドリーの双方からコンタクトがあったのかという質問に対して、ルーカス・トロは両クラブからのオファーがあったことを本人から聞いていたことを明かした。 「それは少し前のことだったようだよ。彼はクラブとしてマドリーが好きだった。そして、マドリードの街について色々聞かれていたんだ」 ツルヴェナ・ズヴェズダ出身のストライカーであるヨビッチは、2016年2月にベンフィカと契約。その後、2017年6月にフランクフルトへ2年レンタルで移籍。その後、クラブは今年4月に買い取りオプションを行使していた。 今シーズンのブンデスリーガで得点ランキング3位の17得点を挙げ、ヨーロッパリーグでも10得点をマークするなど、多数のビッグクラブが注目していた中、最終的にマドリー移籍を選んだ。 2019.06.05 18:16 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ルカク退団の場合、フランクフルトFWアラー獲得に関心

マンチェスター・ユナイテッドがフランクフルトのフランス人FWセバスティアン・アラー(24)の獲得に関心を示しているようだ。『ESPN』が伝えている。 現在、ユナイテッドではベルギー代表FWロメル・ルカク(26)に、アントニオ・コンテ新監督の就任が決まったインテル移籍の可能性が浮上している。 インテルはローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(33)の獲得に迫っているため、ルカク獲得は金額次第といったところ。だが、同選手自身が移籍の願望を持っているとも伝えられており、去就が不透明なことは確かと言える。 そのため、ユナイテッドはルカク流出に備えて新たなセンターフォワード探しに着手。『ESPN』が伝えるところによれば、そのターゲットの1人がフランクフルトのアラーだという。 母国の名門オセールでキャリアをスタートしたアラーは、オランダのユトレヒトでの活躍を経て2017年にフランクフルトに加入。昨シーズン、主力としてDFBポカール制覇に貢献すると、今シーズンはシーズン終盤に数試合の離脱を強いられながらも公式戦41試合で20ゴール12アシストの数字を残した。 190cmの長身に加え、フィジカルだけに頼らない懐の深いボールキープ、ポストワークに優れるターゲットマンは、ここ数年フィニッシュの局面でも精度、落ち着き共に向上中でレ・ブルー入りも期待される好タレントだ。 2019.06.05 14:56 Wed
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース