リバプール難関突破で優勝争いへ! チェルシーはトップ4入りに痛い敗戦《プレミアリーグ》2019.04.15 02:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第34節、リバプールvsチェルシーが14日に行われ、リバプールが2-0で勝利した。2019年初戦のマンチェスター・シティ戦を落として以降、リーグ戦12試合無敗で王者と熾烈な優勝争いを繰り広げるリバプール。5日前に行われたチャンピオンズリーグのポルト戦も2-0で制し、公式戦目下6連勝中だ。リーグ戦残り5試合のリバプールにとってこのチェルシー戦が最大の関門。ビッグ6との今季最後のゲームのスタメンはポルト戦から2人変更となった。

対するチェルシーはリーグ戦3連勝で来季のCL出場権争いの真っ最中。直近のヨーロッパリーグのスラヴィア・プラハ戦は1-0の辛勝だったものの、これで今年初めての公式戦4連勝で、大事な試合が続くシーズン終盤戦に弾みをつけている。こちらも熾烈なCL権争いに踏みとどまるためにも負けられない今節、スタメンは6人が変更となった。

互いに[4-3-3]の布陣でとなった試合。左サイドのマネを中心に攻撃を仕掛けるリバプールは6分、そのマネのクロスからサラーがシュート。だが、最初のビッグチャンスはGKケパに防がれた。

序盤のボール支配はリバプール。守勢のチェルシーに対し、右サイドでサラーが猛威を振るう。17分にはフィルミノとのコンビネーションからシュートへ運ぶも、ここはブロックにつかまる。

我慢の時間が長いチェルシーも20分、ボックス左に侵入したアザールが素早い切り返しで相手を躱してシュートを放ったが、難しい角度だったためにGKアリソンの手の中に納まった。

これが初シュートだったチェルシーに対し、リバプールは26分にもヘンダーソンがボックス右からシュート。ここはダビド・ルイスがブロックする。そんなチェルシーも30分、カウンターからウィリアンがゴール前へ。ゴール前に走り込むアザールを囮にシュートをボックス手前から狙ったが枠を捉えることができなかった。

その後もアザールの個の力で何度からリバプールゴールに迫るが、最終ラインは固くなかなかチャンスは作れない。逆にリバプールは38分にサラーのアシストからマネがシュート。チャンスだったが枠を外してしまう。

40分、ここでチェルシーにアクシデント。リュディガーが左ヒザを痛めてクリステンセンと交代に。難しい試合展開の中、早くも交代枠を使ってしまう。

ゴールレスで迎えた後半、一気に試合が動く。51分、サラーがワンツーで仕掛けたリバプールは、相手に引っかかってこぼれたボールをヘンダーソンが素早く回収しボックス右の深い位置からクロスを供給。これにフリーで待っていたマネが頭で合わせ、リバプールが先制に成功した。

さらにその3分後、右サイドからカットインしたサラーがボックス手前から左足を一閃。強烈なシュートがまっすぐゴール左上に突き刺さり、先制から間もなくリバプールが2点目を奪った。

この直後、チェルシーはハドソン=オドイを下げてイグアインを投入。これによりポジションを中央から左に変えたアザールにチャンスが訪れる。59分、エメルソンからのロングパスにオフサイドギリギリで飛び出しGKと一対一に。右足で流し込みにいったが不運にも左ポストに嫌われる。さらにその1分後にも、ウィリアンのクロスからシュートを放ったが、GKアリソンにセーブされた。

リバプールは66分、ケイタを下げてワイナルドゥムを投入。76分には殊勲のヘンダーソンを下げてミルナーをピッチに送り込んだ。チェルシーもロフタス=チークに代わりバークリーがピッチへ。

だが、試合の大勢は変わらない。チェルシーは交代前よりアザールにチャンスが増えたがゴールを奪うまでには至らず。逆にマネにあわや3点目献上かという場面も。

結局、試合はこのまま終了。シーズン終盤最大の難関を突破したリバプールが優勝争いに向けて視界良好に。一方、敗れたチェルシーはトップ4入りへ雲行きが怪しくなっている。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプールとアーセナル、アザール弟を急襲か

リバプールとアーセナルがボルシアMGに所属するベルギー代表MFトルガン・アザール(26)の強奪を画策しているという。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 チェルシーの絶対的エースであるベルギー代表MFエデン・アザールを兄に持つトルガン・アザール。その兄と対照的に、チェルシーで全く出場機会を得られず、2014年夏からボルシアMGに活躍の場を移したが、そこで着実に評価を高め、今や注目株として複数クラブの視線を集める存在に成長を遂げている。 そのトルガン・アザールとボルシアMGの契約は2020年夏まで。先日にボルシアMGから延長交渉の決裂が明らかにされ、最近の報道でドルトムント移籍の見方が強まっているが、そのなかでリバプールとアーセナルが推定3500万ポンド(約50億8000万円)の市場価値を持つ同選手の入札準備を進めている模様だ。 なお、トルガン・アザール自身はドルトムント移籍に心が傾いている様子だが、プレミアリーグ再挑戦と、より多額の賃金を手にできるチャンスが決断を一変させる可能性があるとも…。果たして、トルガン・アザールの決断はいかに。 2019.04.22 20:05 Mon
twitterfacebook
thumb

クロップ、激化する優勝争いに「落ち着いて過ごすのは困難」

リバプールのユルゲン・クロップが、プレミアリーグの優勝争いについて言及している。イギリス『talkSPORT』が報じた。 リバプールは21日、プレミアリーグ第35節でカーディフと対戦。アウェイに乗り込んだ試合は56分にMFジョルジニオ・ワイナルドゥムが先制ゴールを奪うと、続く81分にMFジェームズ・ミルナーがPKのチャンスをしっかりと決めて2-0で勝利した。 この結果、勝ち点を「88」に伸ばしたリバプールは1試合消化が多いものの、再びマンチェスター・シティ(勝ち点86)を抜いて暫定首位に浮上。タイトル争いが刻々と佳境に近づくことでよりプレッシャーが強まるなかの一戦だったが、クロップ監督は試合後、安堵の様子を浮かべた。 「これがプレミアリーグだ。イースター(復活祭)なのに、どこにもプレゼントさえない!」 「難しいことは理解していた。前半は決定機がいくつかあったが、ゴールを決めることはできなかった。そして、後半にセットプレーからゴールが奪えたよ」 「これは素晴らしいことだ。選手たちはこのような展開にとても慣れていた。この日のように全てが簡単ではない。対戦相手も守り方、乾いたピッチ、暑い天気などにイライラしてはならないことをね」 「我々は非常に成熟しているように見えた。とても重要なことだ。こんな状況では忍耐強く落ち着いて過ごすのは困難なことなんだ」 2019.04.22 19:49 Mon
twitterfacebook
thumb

カーディフ指揮官、PK獲得のサラーを痛烈批判 「飛び込みの選手」

カーディフのニール・ウォーノック監督が、リバプールのエジプト代表モハメド・サラーを批判している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 カーディフは21日のプレミアリーグ第35節でリバプールと対戦。56分にMFジョルジニオ・ワイナルドゥムに先制ゴールを許して苦しい展開を強いられると、続く81分にDFショーン・モリソンが抱え込むような形でサラーを倒してPKのチャンスを与えてしまい、これをMFジェームズ・ミルナーに決められ、0-2で敗戦した。 試合後、ウォーノック監督はPKを献上した場面に関して、「サラーのダイブ」を主張している。 「あれは優しすぎる判定だ。レフェリーはPKを与えすぎている」 「モリソンはサラーの腕の周りを抑えていたが、最後は(飛び込み種目の10点満点中)9.9点のダイブだった。(飛び込み選手の)トーマス・デーリーのようなね」 なお、サラーは今シーズンに入り、第2節のクリスタル・パレス戦(リバプールが2-0で勝利)でもダイブを指摘する声が各所で挙がっていた。 2019.04.22 16:50 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプール、降格圏カーディフを下し暫定首位浮上!《プレミアリーグ》

リバプールは21日、プレミアリーグ第35節でカーディフと対戦し、2-0で勝利した。 マンチェスター・シティと熾烈な優勝争いを繰り広げるリバプール(勝ち点85)。1月12日から公式戦無敗を継続するチームはCLでもポルトを叩きのめして2年連続で準決勝の舞台へ。勢いそのままにリーグ戦6連勝を目指す今節は、直近のポルト戦から3選手を変更。ファビーニョ、ミルナー、オリジに代わり、ヘンダーソン、ケイタ、フィルミノが起用された。 優勝争いのリバプールと残留争いのカーディフによる一戦は、下馬評通りリバプールが主導権を握る展開に。だが、先にゴールチャンスを作ったのはカーディフだった。15分、メンデス=ラングがドリブルで左サイドを突破。深い位置から上がったクロスをホイレットが胸トラップからシュートに繋げたが、DFのブロックに遭う。 リバプールに決定機が訪れたのは23分。マネのスルーパスでGKと一対一になったフィルミノだったが、シュートは枠の上へ。34分にはヘンダーソンのパスからサラーにチャンス。マークについていた相手と上手く入れ替わりシュートまで運んだが、GKエザリッジに防がれた。 続く36分には自陣からのカウンターで再びサラーに好機。一人でドリブル突破を試みたがゴール前で捕まった。逆に43分には、CKの流れからカマラサが放ったシュートをゴール前でニアッセにバイシクルでコースを変えられてピンチとなるが、守護神アリソンが好セーブを見せ、試合は0-0で折り返した。 迎えた後半、ついにリバプールが先制に成功する。56分の右CKの場面。キッカーのアーノルドが右足で低いクロスを入れると、DFの陰から飛び出したワイナルドゥムがダイレクトで合わせてネットを揺らした。 それでも、残留を目指すカーディフは怯むことなく攻撃に出る。64分のCKのチャンス。ロールズが上げたクロスにファーサイドで完全フリーとなっていたモリソンが合わせにいったが、ヘディングを空振り。ボールは背中に当たってラインを割った。 リバプールは71分、ケイタを下げてファビーニョを投入。より守備力の高い選手をピッチに送ったが交代から4分後、そのファビーニョが負傷しミルナーと交代を余儀なくされた。 予期せぬ展開となったが、リバプールは81分にサラーがモリソンに抱え込まれるような形で倒されPKを獲得。これを途中出場のミルナーが決めて勝負あり。 これでリバプールが暫定ながらシティを抜いて首位浮上。優勝争いを激化させる勝利を収めた。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=hbvjivxfknq41j5cq9a1hxxj0" async></script> </div> 2019.04.22 01:59 Mon
twitterfacebook
thumb

PFA年間最優秀選手候補6人が発表!シティから最多3人

PFA(プロサッカー選手協会)は20日、2018-19シーズンのPFA年間最優秀選手候補の6名を発表した。 PFAはイングランドとウェールズでプレーするプロサッカー選手からなる組織。同賞は毎年、PFAに加入している選手らの投票で決まる。 今年はマンチェスター・シティからは最多の3選手がノミネート。FWセルヒオ・アグエロ、FWベルナルド・シウバ、FWラヒーム・スターリングが選出された。 FWサディオ・マネとDFヴィルヒル・ファン・ダイクが選ばれたリバプールからはシティに次ぐ2選手。 残る1人は2015年に同賞を受賞したチェルシーのMFエデン・アザールだ。 昨季受賞のリバプールFWモハメド・サラーは選ばれなかった。 最優秀選手の発表は今月28日に行われる表彰式で明かされる。 2019.04.20 23:00 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース