リバプール難関突破で優勝争いへ! チェルシーはトップ4入りに痛い敗戦《プレミアリーグ》2019.04.15 02:35 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第34節、リバプールvsチェルシーが14日に行われ、リバプールが2-0で勝利した。2019年初戦のマンチェスター・シティ戦を落として以降、リーグ戦12試合無敗で王者と熾烈な優勝争いを繰り広げるリバプール。5日前に行われたチャンピオンズリーグのポルト戦も2-0で制し、公式戦目下6連勝中だ。リーグ戦残り5試合のリバプールにとってこのチェルシー戦が最大の関門。ビッグ6との今季最後のゲームのスタメンはポルト戦から2人変更となった。

対するチェルシーはリーグ戦3連勝で来季のCL出場権争いの真っ最中。直近のヨーロッパリーグのスラヴィア・プラハ戦は1-0の辛勝だったものの、これで今年初めての公式戦4連勝で、大事な試合が続くシーズン終盤戦に弾みをつけている。こちらも熾烈なCL権争いに踏みとどまるためにも負けられない今節、スタメンは6人が変更となった。

互いに[4-3-3]の布陣でとなった試合。左サイドのマネを中心に攻撃を仕掛けるリバプールは6分、そのマネのクロスからサラーがシュート。だが、最初のビッグチャンスはGKケパに防がれた。

序盤のボール支配はリバプール。守勢のチェルシーに対し、右サイドでサラーが猛威を振るう。17分にはフィルミノとのコンビネーションからシュートへ運ぶも、ここはブロックにつかまる。

我慢の時間が長いチェルシーも20分、ボックス左に侵入したアザールが素早い切り返しで相手を躱してシュートを放ったが、難しい角度だったためにGKアリソンの手の中に納まった。

これが初シュートだったチェルシーに対し、リバプールは26分にもヘンダーソンがボックス右からシュート。ここはダビド・ルイスがブロックする。そんなチェルシーも30分、カウンターからウィリアンがゴール前へ。ゴール前に走り込むアザールを囮にシュートをボックス手前から狙ったが枠を捉えることができなかった。

その後もアザールの個の力で何度からリバプールゴールに迫るが、最終ラインは固くなかなかチャンスは作れない。逆にリバプールは38分にサラーのアシストからマネがシュート。チャンスだったが枠を外してしまう。

40分、ここでチェルシーにアクシデント。リュディガーが左ヒザを痛めてクリステンセンと交代に。難しい試合展開の中、早くも交代枠を使ってしまう。

ゴールレスで迎えた後半、一気に試合が動く。51分、サラーがワンツーで仕掛けたリバプールは、相手に引っかかってこぼれたボールをヘンダーソンが素早く回収しボックス右の深い位置からクロスを供給。これにフリーで待っていたマネが頭で合わせ、リバプールが先制に成功した。

さらにその3分後、右サイドからカットインしたサラーがボックス手前から左足を一閃。強烈なシュートがまっすぐゴール左上に突き刺さり、先制から間もなくリバプールが2点目を奪った。

この直後、チェルシーはハドソン=オドイを下げてイグアインを投入。これによりポジションを中央から左に変えたアザールにチャンスが訪れる。59分、エメルソンからのロングパスにオフサイドギリギリで飛び出しGKと一対一に。右足で流し込みにいったが不運にも左ポストに嫌われる。さらにその1分後にも、ウィリアンのクロスからシュートを放ったが、GKアリソンにセーブされた。

リバプールは66分、ケイタを下げてワイナルドゥムを投入。76分には殊勲のヘンダーソンを下げてミルナーをピッチに送り込んだ。チェルシーもロフタス=チークに代わりバークリーがピッチへ。

だが、試合の大勢は変わらない。チェルシーは交代前よりアザールにチャンスが増えたがゴールを奪うまでには至らず。逆にマネにあわや3点目献上かという場面も。

結局、試合はこのまま終了。シーズン終盤最大の難関を突破したリバプールが優勝争いに向けて視界良好に。一方、敗れたチェルシーはトップ4入りへ雲行きが怪しくなっている。
コメント
関連ニュース
thumb

リバプール、ファン・ダイクの相棒にクリバリをリストアップ?

リバプールが、ナポリに所属するセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(27)に関心を寄せているようだ。イタリア『IL MATTINO』が報じた。 2014年夏にヘンクからナポリに加入したクリバリ。圧倒的なフィジカルを武器にセリエA屈指のセンターバックとして評価を高め、今シーズンの公式戦でも48試合に出場した。 そのクリバリに関してはマンチェスター・ユナイテッドが熱視線を送っていることが報じられている。しかし、今回伝えられるところによれば、ディフェンスリーダーであるDFヴィルヒル・ファン・ダイクの相棒を探すリバプールが、クリバリの代理人であるファリ・ラマダニ氏とコンタクトを取ったという。 だが、その会談でナポリがクリバリに1億1120万ユーロ(約134億7000万円)の値札を張っていることを明かされたようだ。リバプールはこの金額での取引を望んでいないが、交渉を行う可能性があるとのことだ。 2019.06.19 16:34 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、U-21イングランド代表FWオジョをジェラード率いるレンジャーズにレンタルで放出

レンジャーズは18日、リバプールに所属するU-21イングランド代表FWセイ・オジョ(21)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 リバプールユース出身のオジョは2014-15シーズンにレンタル先のウィガンでトップチームデビュー。翌シーズンにリバプールでもデビューを果たすものの、ほとんど出場機会に恵まれず、フルアムへ武者修行に出ていた。フルアムではリーグ戦22試合に出場し4ゴール2アシストを記録しチームのプレミア昇格に貢献。 一方、昨季のリーグ・ドゥ(フランス2部)で優勝し3季ぶりのリーグ・アン復帰となったランスでは、今季のリーグ戦15試合の出場にとどまっていた。 リバプールのレジェンドであるスティーブン・ジェラード監督が率いるレンジャーズは、今季のリーグ戦を2位で終え、3年連続のヨーロッパリーグ出場権を獲得している。 2019.06.19 03:50 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプール、またしてもセインツから補強画策か! その“ターゲット”は?

リバプールがサウサンプトンに所属するイングランド人DFマット・ターゲット(23)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『TeamTalk』が伝えている。 リバプールは先日、スペイン代表DFアルベルト・モレーノの今シーズン限りでの退団を発表。そのため、左サイドバックの絶対的主力であるスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンのバックアップを担う選手は、いずれも本職ではない元イングランド代表MFジェームズ・ミルナー、イングランド代表DFジョー・ゴメスの2選手のみとなっている。 そのため、今夏の移籍市場においてロバートソンのバックアッパー獲得は優先事項の1つとなっている。 『TeamTalk』が伝えるところによれば、リバプールがその候補としてリストアップしているのは、“お得意様”のサウサンプトンに所属するターゲットだという。 セインツの下部組織出身のターゲットは、イングランド代表の世代別チームに常に選出されてきた左利きのサイドバック。2014年にトップチームデビューを果たすも、以降はなかなか出場機会を得ることができず。 それでも、今シーズンは公式戦21試合に出場し1ゴール3アシストとまずまずの数字を残すと共に、持ち味である高精度のクロスやビルドアップへの高い貢献で評価を高めている。 1000万ポンド(約13億6000万円)の値付けがされている中、アストン・ビラやアーセナルからの関心も伝えられている。 なお、リバプールは近年、FWリッキー・ランバート(現役引退)、MFアダム・ララナ、DFナサニエル・クライン(今季はボーンマスにレンタル)、DFデヤン・ロブレン、FWサディオ・マネ、DFヴィルヒル・ファン・ダイクと毎年のようにセインツの主力を引き抜いており、巷でセインツは“リバプールの下部組織”とも揶揄されている。 2019.06.18 04:57 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール、ミニョレアウトでマッカーシー獲得か

リバプールが、サウサンプトンのイングランド代表GKアレックス・マッカーシー(29)の獲得を考慮しているようだ、イギリス『ミラー』が伝えている。 ブラジル代表GKアリソン・ベッカーが守護神を務めるリバプールでは、昨シーズン前半までレギュラーを張っていたGKシモン・ミニョレが第二GKを役割を果たしている。 伝えられるところによると、ミニョレは今夏で退団する可能性が高いようで、リバプールは代役としてマッカーシーに白羽の矢を立てたという。 マッカーシーは2016年夏にクリスタル・パレスからセインツに移籍。昨季後半から正GKの座を掴んだが、今季終盤はGKアンガス・ガンの台頭により出場機会を無くした。一方で、昨年11月にはアメリカ代表との親善試合でイングランド代表デビューを果たしている。 2022年まで契約を残しているが、セインツはオファー次第で移籍に応じる構えとのことだ。 2019.06.17 14:02 Mon
twitterfacebook
thumb

リバプールのサラーが見られるのはあと1年?

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが、来夏の退団を考慮しているようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 2017年夏の加入以降、ここまで公式戦104試合で71ゴールを挙げているサラー。2018-19シーズンにはクラブをチャンピオンズリーグ(CL)優勝に導き、14年ぶりとなるビッグイヤーをもたらした。 『ミラー』によると、サラーは今季限りでのリバプール退団を考えていたものの、CL優勝に沸くリバプールサポーターを見て思い改めたという。だが、リバプールを去る気持ちに変わりはないようで、来夏に大金を置き土産に移籍することを決めているという。 ユルゲン・クロップ監督も同選手に意向は察しており、サラーの去就に関するクラブ上層部の会議にも出席しているとのこと。なお、サラーを狙っているのはユベントスとレアル・マドリーと伝えられている。 2019.06.16 17:22 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース