10人ヘタフェが土壇場PK弾でドローに持ち込む! 柴崎は10戦ぶりベンチ入りも出場機会なし《リーガエスパニョーラ》2019.04.14 21:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーガエスパニョーラ第32節、バジャドリーvsヘタフェが14日に行われ、2-2のドローに終わった。なお、ヘタフェのMF柴崎岳は10試合ぶりのベンチ入りを果たすも出場機会は訪れなかった。前節、アスレティック・ビルバオに競り勝って4試合ぶりの白星を手にしたヘタフェは4位の座を死守。連勝を目指す今節は残留圏内ギリギリの17位に位置するバジャドリーとのアウェイゲームに臨んだ。

立ち上がりから押し気味に試合を進めたヘタフェは14分、ボックス手前中央で得たFKの場面でキッカーのダミアン・スアレスがサインプレーで右に位置を取ったアランバッリに横パス。これをアランバッリが豪快な右足のシュートで蹴り込むと、強烈なシュートがゴール左隅に突き刺さった。

幸先良く先制に成功したヘタフェは相手を自陣に引き込みながら得意のロングカウンターで追加点を目指す。しかし、30分には左サイドのナチョからの斜めのフィードに抜け出したグアルディオラにシュートを流し込まれ、同点に追い付かれてしまう。さらに36分にはスプリントした際にバランスを崩して芝に右ヒザを取られたアントゥネスがプレー続行不可能となり、担架に乗せられてピッチを後に。これを受けてウーゴ・ドゥロが緊急投入された。

追いつかれたうえに主力の負傷交代という嫌な流れを引きずって後半に臨んだヘタフェは、まずまずの入りを見せたものの、完全にツキに見放される

62分、前半に1枚カードをもらっていたマティアス・オリベラが接触プレーで2枚目のカードをもらい退場処分となる。さらに69分には自陣ボックス内でアランバッリのクリアがジェネのヒジ付近に当たってしまい、不運な形からPKを献上。これをキッカーのウナルに決められてしまい、逆転ゴールを許す。

ここから10人でゴールを目指すことになったヘタフェはリスクを冒して前に出るが、75分には自分たちのセットプレーの流れからロングカウンターを浴びてワルドに決定的な3点目を献上。だが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によるリプレーの結果、ラストパスが出た場面でオフサイドがあったとしてゴールは取り消しに。

命拾いしたヘタフェだが、その後も相手に押し込まれて耐える状況が続きなかなか攻撃に出ることができない。しかし、このまま敗戦かに思われた試合最終盤に大きなドラマが待っていた。94分、右CKの場面でボックス内で混戦が生まれると、ウーゴ・ドゥロがオスカル・プラノと交錯。VARによる検証の結果、バジャドリー守備側のアフターチャージと判断され土壇場でヘタフェにPKが与えられる。

この重圧がかかるPKをホルヘ・モリーナが冷静に決め切って試合は2-2でタイムアップ。この結果、前日に勝利したセビージャに4位の座を明け渡すことになったヘタフェだが、数的不利から土壇場で得た勝ち点1は今後のトップ4争いで劇的なドラマを生むかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

柴崎が17試合ぶり出場のヘタフェ、セビージャとのCL出場権争い制して4位浮上!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第33節、ヘタフェvsセビージャが21日に行われ、3-0でヘタフェが快勝した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳は先発出場し、61分までプレーした。 直近3試合負けなしの5位ヘタフェ(勝ち点51)と、3連勝中の4位セビージャ(勝ち点52)による、トップ4フィニッシュを懸けたライバル同士の直接対決。 前節、降格圏に沈むバジャドリー戦を相手に数的不利を背負いながら試合終了間際のPKによるゴールで劇的な2-2のドローに持ち込んだヘタフェ。奇跡のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて重要なセビージャ戦に向けては、昨年12月の第16節レアル・ソシエダ戦以来、プレー機会がなかった柴崎が17試合ぶりにスタメンに抜擢された。 注目の上位対決は立ち上がりから拮抗した展開に。その中で右サイドハーフとしてスタートした柴崎は積極的にスペースに飛び出す動きをみせ、プレースキッカーを担うなどモチベーション高くプレー。さらに15分過ぎにはマタとサイドを入れ替えて左サイドにポジションを移す。 一方、やや様子見の入りとなったセビージャだが、時間の経過と共に個の力で相手ゴールに迫る。22分にはボックス中央で相手のクリアに反応したフランコ・バスケスが左足のボレーシュートを放つが、これはクロスバーを掠める。続く26分にはベン・イェデルが強烈な右足のシュートでGKソリアにファインセーブを強いる。 前半半ばを過ぎてセビージャの攻勢が続いていくかに思われたが、ここから試合の主役はラ・リーガで悪名高きマテウ・ラオス主審。32分にヘタフェのセットプレーの場面でバスケスのハンドを取ってホームチームにPKを与えると、これをキッカーのマタが冷静に決め切って35分にヘタフェが先制。 そして、この判定をキッカケに熱くなったセビージャの選手に対してカードの枚数が増えていくと、前半終了間際には試合の流れを大きく左右するアクシデントが発生する。 前半アディショナルタイム2分、相手陣内右サイドでのヘタフェのFKでキッカーの柴崎が浮き球のボールをボックス左のB・ゴンサレスに繋ぐと、この競り合いの場面でエスクデロが上げた腕にボールが当たる。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ヘタフェに2つ目のPKが与えられたところまでは良かったが、ラオス主審はすでに1枚警告を受けていたエスクデロに厳しい2枚目のカードを科して退場処分に。そして、このPKをモリーナが決めてホームのヘタフェが2点のリードと数的優位を手にした。 迎えた後半、前半半ばからの2トップの一角に近いポジションでプレーすることになった柴崎は再びゴールに絡む仕事を見せる。53分、右サイドでボールを持った柴崎が絶妙なスルーパスをマタに通すと、ボックス右でマタが折り返したボールをゴール前のモリーナがワンタッチで押し込み、試合を決定付ける3点目とした。 その後、74分にジェネの足裏がヘスス・ナバスのヒザに入ったプレーがVARの末に一発退場の判定となり、ヘタフェも10人の戦いとなった中、終盤にかけてもセビージャの反撃を許さずに3-0で快勝。ヘタフェがセビージャをかわしてCL圏内の4位に浮上している。 2019.04.21 23:20 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナルなど英複数クラブがジェネ獲得を検討か

プレミアリーグの複数クラブが、ヘタフェに所属するトーゴ代表DFジェネ・ダコナム(27)を注視しているようだ。スペイン『マルカ』が報じた。 2017年夏にベルギーのシント=トロイデンからヘタフェに加入したジェネは、180cmに満たないサイズながらも圧倒的な身体能力やスピードを武器に、世界屈指のアタッカー陣との一対一にことごとく勝利。さらに、フィジカル能力に長けた選手にありがちな集中力を欠く無謀なプレーも少なく、チームの組織的な守備にも順応し、リーガエスパニョーラ第28節終了時点でチャンピオンズリーグ(CL)圏内4位に位置するヘタフェの、堅守構築の中心を担っている。 当然、ジェネの能力は高く評価されており、欧州の数々のクラブからの注目を浴びている。しかし、同選手の契約解除金3500万ユーロ(約44億円)がネックになっており、リーガではバルセロナ、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリーだけがそれだけの資金力を有しているが、それらのクラブは獲得を考えていない。 しかし、プレミアリーグであればジェネの契約解除金を支払うことが可能だ。『マルカ』によれば、アーセナルを初めエバートン、レスター・シティが同選手の今夏獲得を考えており、ヘタフェにとっては中心選手の引き抜きに怯える憂鬱なプレシーズンとなるかもしれない。 2019.03.24 13:45 Sun
twitterfacebook
thumb

MF柴崎岳、新たな競争を歓迎「新加入組の競争心は非常にプラス」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表は20日、22日に行われるキリンチャレンジカップ2019のコロンビア代表戦に向けて試合会場となる日産スタジアムでトレーニングを行った。 トレーニング終了後、MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)がメディア陣による取材に応対。森保一監督のもとで、中盤での舵取りを担っている司令塔はチームへの競争を歓迎している。 ──アジアカップからメンバーが変わっての雰囲気は 「初招集の選手もいますし、久しぶりの代表招集の選手もいますし、アジアカップを経験したメンバーに比べると、緊張感は多少はあるかなって感じです」 ──新戦力の機能のさせ方についての役割は 「新加入組の競争心というか、そういったものは非常に大きなプラスをもたらしてくれると思います。もちろんチームありきでコンセプトを理解しながら、自分のプレーを出さなければいけないっていうのもありますけども、今はまだメンバーも固定されていないですし、競争的なチームである必要があるので悪くないことかなって思います。ただそういったなかでもともといる選手が、バランスをチーム内外で見る必要があると思いますし、個人的にはそういったところを見られればなって思います」 ──アジアカップから変化するチームで柴崎が変化させようとしていることは 「アジアカップで得たプラスな部分もありますし、もちろんネガティブな部分もあります。それはピッチ内外共にあると思うんで、やっぱり生かさないといけないと思いますし、そういった立場でもありますし、チームをもっと引き締めて緊張感をもつことは大事かなと思います。」 「監督は結構選手に任せることが多いので、そこに選手が甘えるのではなくて、選手たち自信で、練習の雰囲気もそうですし、日本代表の責任と誇りを持ちながらやっていくことは大事かなと思います」 ──アジアカップから感じたチームのテーマ 「チームとしては、さらに試合中の修正力を高めていかないといけないと思いますし、それは今までが上手く行き過ぎていた部分ももちろんあると思います」 「アジアカップで露呈した様々な相手への対応力というのはこれからどんどんあげていかなきゃいけないと思いますし、個人的にもチームの舵取り役として方向性を導くことは大事かなと思うんで、そういう所を担っていきたい部分ではあります」 2019.03.21 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシアvsヘタフェの堅守対決はゴールレス! バレンシアは翌日のクラブ創設100周年を勝利で迎えられず…《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第28節、バレンシアvsヘタフェが17日にメスタージャで行われ、0-0のドローに終わった。なお、ヘタフェのMF柴崎岳はベンチ外となった。 7位のバレンシア(勝ち点39)と4位のヘタフェ(勝ち点45)による、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を争うライバル同士の直接対決。 共に今回の代表ウィークにスペイン代表に選出されたFWロドリゴ・モレノとFWハイメ・マタという絶好調のストライカーたちに注目が集まった一戦は、翌日にクラブ創設100周年目を迎えるホームチームが勢いをもって入るも、序盤からヘタフェペースで進んでいく。 相手にボールの主導権を渡して狙いを持った守備からカウンターを繰り出していくヘタフェだが、なかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。それでも、25分にはアントゥネスのCKをカブレラが頭で合わせ枠内に飛ばす。だが、これは相手GKの好守に遭う。 一方、相手の堅固な守備ブロックを前にこちらも攻め手を見いだせないバレンシアはセットプレーに活路を見出していく。前半終了間際の43分にはパレホの左CKをファーでフリーのロドリゴが頭で合わすが、惜しくも右ポストを叩いた。 ゴールレスで折り返した試合は後半も拮抗した状況が続いていく。53分にはカウンターから右サイド深くに侵攻したフェラン・トーレスがゴール前に低いクロスを入れる。これをGKがパンチングではじき出すも、こぼれ球に反応したゴンサロ・ゲデスがエリア外からのミドルシュートで突き刺した。だが、クロスが入った段階でガメイロにオフサイドがあったとのビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)判定でゴールは認められず。 その後も主導権を握って前半以上の攻勢を続けるバレンシアはパレホが意表を突いた鋭いクロスでチャンスを演出するなど、相手の堅守攻略へ工夫を凝らした仕掛けを続けるが、最後の所で連係ミスや相手の好守に遭う。 翌日のクラブ創設100周年のメモリアルデーを勝利で飾りたいホームサポーターから再三に渡るプレッシャーの声が飛ぶ中、最後まで決死の攻撃を見せたバレンシアだったが、割り切って守る相手の守備を最後までこじ開けることができず。注目のトップ4争い直接対決は痛み分けのゴールレスドローに終わった。 2019.03.18 04:36 Mon
twitterfacebook
thumb

ハイメ・マタが5試合連続ゴールのヘタフェ、ウエスカを逆転で下し4位堅守!《リーガエスパニョーラ》

柴崎岳が所属するヘタフェはリーガエスパニョーラ第27節でウエスカと対戦し、2-1で勝利した。柴崎はベンチ外だった。 4位のヘタフェ(勝ち点42)と、最下位ウエスカ(勝ち点22)の一戦。リーグ戦ここ5試合で3勝2分けのヘタフェ。3連勝を目指す今節は4試合連続ゴール中のマタやアンヘル、マクシモビッチが先発に起用された。 堅守速攻のヘタフェと、ラ・リーガワースト2位という乏しい攻撃力のウエスカの試合は互いになかなかチャンスが作れないまま進んでいく。 そんな中でも、ヘタフェは20分に左サイドバックからの縦パス一本でボックスに侵入したマタが左の深い位置からシュートに繋げる。しかし、このシュートはサイドネットを叩く。27分のCKでは、アントゥネスのクロスをカブレラが頭で合わせたが、この試合で初めて枠に飛んだシュートはGKサンタマリアがセーブした。 普段は相手にポゼッションを譲ることの多いヘタフェだが、30分の時点で支配率は6割超え。慣れない試合展開で相手に先制点を許す。35分、最終ラインからのパスでチミ・アビラに左サイドを突破されると、ゴール前に走り込んだギャレゴにドンピシャクロスが繋がり失点。ディフェンスラインの一瞬の隙を突かれた。 リードされた状態で後半に向かうヘタフェはアンヘルを下げてモリーナを投入。するとこの交代が功を奏す。50分、ボックス手前でパスカットしたマクシモビッチからモリーナにボールが渡ると、ボックス左のマタに展開。マタはそこから右足ダイレクトシュートをニアに突き刺し、後半立ち上がりに試合は振出しに戻った。 マタの5試合連続ゴールで同点としたヘタフェは59分に左サイドバックのアントゥネスがボックスの外から強烈なミドルシュートを見舞う。64分にはマクシモビッチがゴールに迫るなど、徐々に攻撃のギアを上げていく。 そして77分、ついにヘタフェが逆転する。ヘタフェは、CKの流れからボックス左に侵入したジェネがハビ・ガランに倒されPKを獲得。これをマタが決めて逆転に成功した。マタはここ5試合で7得点目となった。 ヘタフェGKチチゾラが相手との接触で倒れ込み、一時的に試合がストップしていた影響もあり、長めに取られた6分のアディショナルタイムもしのぎ切ったヘタフェはこれでリーグ3連勝。チャンピオンズリーグ出場圏内の4位をキープした。 2019.03.10 06:39 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース