10人ヘタフェが土壇場PK弾でドローに持ち込む! 柴崎は10戦ぶりベンチ入りも出場機会なし《リーガエスパニョーラ》2019.04.14 21:45 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リーガエスパニョーラ第32節、バジャドリーvsヘタフェが14日に行われ、2-2のドローに終わった。なお、ヘタフェのMF柴崎岳は10試合ぶりのベンチ入りを果たすも出場機会は訪れなかった。前節、アスレティック・ビルバオに競り勝って4試合ぶりの白星を手にしたヘタフェは4位の座を死守。連勝を目指す今節は残留圏内ギリギリの17位に位置するバジャドリーとのアウェイゲームに臨んだ。

立ち上がりから押し気味に試合を進めたヘタフェは14分、ボックス手前中央で得たFKの場面でキッカーのダミアン・スアレスがサインプレーで右に位置を取ったアランバッリに横パス。これをアランバッリが豪快な右足のシュートで蹴り込むと、強烈なシュートがゴール左隅に突き刺さった。

幸先良く先制に成功したヘタフェは相手を自陣に引き込みながら得意のロングカウンターで追加点を目指す。しかし、30分には左サイドのナチョからの斜めのフィードに抜け出したグアルディオラにシュートを流し込まれ、同点に追い付かれてしまう。さらに36分にはスプリントした際にバランスを崩して芝に右ヒザを取られたアントゥネスがプレー続行不可能となり、担架に乗せられてピッチを後に。これを受けてウーゴ・ドゥロが緊急投入された。

追いつかれたうえに主力の負傷交代という嫌な流れを引きずって後半に臨んだヘタフェは、まずまずの入りを見せたものの、完全にツキに見放される

62分、前半に1枚カードをもらっていたマティアス・オリベラが接触プレーで2枚目のカードをもらい退場処分となる。さらに69分には自陣ボックス内でアランバッリのクリアがジェネのヒジ付近に当たってしまい、不運な形からPKを献上。これをキッカーのウナルに決められてしまい、逆転ゴールを許す。

ここから10人でゴールを目指すことになったヘタフェはリスクを冒して前に出るが、75分には自分たちのセットプレーの流れからロングカウンターを浴びてワルドに決定的な3点目を献上。だが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によるリプレーの結果、ラストパスが出た場面でオフサイドがあったとしてゴールは取り消しに。

命拾いしたヘタフェだが、その後も相手に押し込まれて耐える状況が続きなかなか攻撃に出ることができない。しかし、このまま敗戦かに思われた試合最終盤に大きなドラマが待っていた。94分、右CKの場面でボックス内で混戦が生まれると、ウーゴ・ドゥロがオスカル・プラノと交錯。VARによる検証の結果、バジャドリー守備側のアフターチャージと判断され土壇場でヘタフェにPKが与えられる。

この重圧がかかるPKをホルヘ・モリーナが冷静に決め切って試合は2-2でタイムアップ。この結果、前日に勝利したセビージャに4位の座を明け渡すことになったヘタフェだが、数的不利から土壇場で得た勝ち点1は今後のトップ4争いで劇的なドラマを生むかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

今冬に中国復帰を果たしたエムビア、夏での欧州復帰を希望か

武漢卓爾に所属する元カメルーン代表MFステファーヌ・エムビア(33)が、今夏での欧州復帰を望んでいるようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 スタッド・レンヌやマルセイユ、QPR、セビージャと渡り歩いたエムビアは、セビージャで2度のヨーロッパリーグ制覇を達成するなど結果を残し、トルコのトラブゾンシュポルでのプレーを経て、2016年1月末に中国スーパーリーグの河北華夏に移籍。 2年間在籍した河北華夏では公式戦41試合に出場し10ゴールをマークしたが、2018年冬に双方合意の下で契約を解消。2018年8月からはトゥールーズでプレーしたが、2019年冬に武漢卓爾へフリーで移籍すると、今シーズンはここまでリーグ戦11試合に出場していた。 だが、エムビアは家族と離れて暮らしていることを理由にヨーロッパへの凱旋を希望。『レキップ』によれば、カメルーン代表として2度のワールドカップ出場経験のあるエムビアには、エスパニョールやヘタフェ、ベシクタシュが興味を示しているという。 2019.06.17 02:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「イメージよりは機能していた」初の3バックもMF柴崎岳は手応え《キリンチャレンジカップ》

日本代表は5日、豊田スタジアムで行われたキリンチャレンジカップ2019でトリニダード・トバゴ代表と対戦し、0-0で引き分けた。 キャプテンマークを巻き試合にフル出場したMF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)がメディア陣の取材に応対。初めてのシステムとなる3バックへの手応えを口にした。 ◆MF柴崎岳 ──試合を振り返って 「初めて3バックにトライしました。相手ありきのことですけど比較的うまくいったと思います。うまくいかないことが多いと思っていたので、イメージよりは機能していたと思います」 ──相手を崩す難しさは 「それは3バックであろうと4バックであろうと変わらない部分だと思います。引かれていましたが決定機を作ることはできました。ただ、決め切れなかっただけです」 「これから3バックを使っていくのであれば、どのように攻めるのかという型のようなものをチームとして作っていく必要があると思います。ある程度の人は4バックのチームでやっている中で、それなりのパターンを持っていると思います。3バックという違う配置でやる中で、まだまだ経験も少ないです。今回は型作りというか、これから成長の余地があるテストだったと思います」 ──チームとして試したかったこと 「ガンガンチャレンジした中で、攻撃だけでも守備だけというわけでもないです。試合を通して3バックをやるのは初めてで、探り探りやったところもありました。ですけど、やっていく中で相手に意図させた部分もありますし、あんまりうまくいっていなかったところが見当たらなかったという感じです。相手が変われば変わってきますけど、今日の試合に関しては良い形が多く見られたと思います」 2019.06.05 23:17 Wed
twitterfacebook
thumb

競争原理を歓迎する柴崎岳…「競争なくしてチームの成長はない」《キリンチャレンジカップ2019》

日本代表(FIFAランキング26位)は5日、豊田スタジアムでキリンチャレンジカップ2019のトリニダード・トバゴ代表(同93位)戦に挑む。 森保ジャパンの司令塔として活躍が期待されるMF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)は最終調整となる前日練習後、ミックスゾーンで取材陣のインタビューで、MF久保建英(FC東京)ら新顔の代表入りに「競争なくしてチームの成長はあり得ない」と歓迎。中盤の選手として、そういった異なる特長を持った選手をフォローすることで、チームの発展に繋げていくことに意欲を示した。 ◆柴崎岳(ヘタフェ/スペイン) ──今シリーズは確認期間になるか 「積み重ねはできているとは思います。この期間で今までやってきたことを続けたいですし、改めて確認すべき部分は特にないのかなと。監督のやりたいことや、戦術を浸透させてきましたし、それをより深めていくと同時に、W杯予選に自信を持って臨めるようにしていくことが大事だと思っています」 ──求められる部分はクラブと代表で特に変わらないと思うが 「僕自身、まだまだ成長できると思っています。クラブと代表で繋がっている部分もあるとは思いますけど、代表は代表で違ったやり方があるので、そのたびに自分を変化させていかなければならない。より良い日本代表になっていくためにも、個人的にレベルアップするためにも、(成長は)必要不可欠なことだと思っています」 ──特長の違う選手が入ってきたことで中盤の選手としてどう生かしていきたいか 「まず競争があることは非常に喜ばしいことですし、競争なくしてチームの成長はあり得ないと思っているので、より多くの選手がこれからも出てきてくれれば良いなと。これからも食い込んでくるだけの力を持った選手が出てくるでしょうし、そういったことをチームの向上に繋げていきたい。そのなかで、僕は臨機応変に合わせて、そういった選手と一対一で良い関係を構築していきたいですし、より柔軟に考えていきたいです」 ──同じ中盤の選手たちと良くしていきたい部分は 「具体的にというか、組む選手によって、自分のスタイルを微調整していかないといけない部分があって、チームがうまく機能するためにも考えないといけない部分でもある。なので、そこは別に、どの選手だからどう、という考えはないです。どんな組み合わせになっても良いような気持ちではいます」 <div style="position: relative;text-align:center;padding-bottom: 56.25%;height: 0; overflow: hidden;" id="cws_ad"><iframe style="position: absolute;top:0; left:0; width:100%;height:100%;" src="https://www.youtube.com/embed/UgQ6xE9hVBA" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe></div> 2019.06.04 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ、CL出場権争いを演じたボルダラス監督と2022年まで契約延長

ヘタフェは5月31日、ホセ・ボルダラス監督(55)との契約を2022年6月30日まで延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。 2016-17シーズンからヘタフェを指揮するボルダラス監督は、2部に降格していたチームを1年で昇格させ、昨季は8位でフィニッシュ。そして今季は戦力的に乏しいながらチャンピオンズリーグ出場権争いを堂々と演じて見せた。 結果的に5位でシーズンを終えたものの、クラブの規模を考えれば望外の結果でヨーロッパリーグ出場権獲得に導いたことが評価され、今回の契約延長となったようだ。 2019.06.01 00:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ、柴崎岳の今夏売却を視野…コパ・アメリカでの価値高騰を期待か

ヘタフェは日本代表MF柴崎岳(26)に対して、コパ・アメリカでの活躍を期待しているという。スペイン『マルカ』が報じた。 2017年夏からヘタフェでプレーする柴崎。昨シーズンこそリーガエスパニョーラ22試合1得点の成績を収めたが、序列が低下した今シーズンはわずか7試合の出場にとどまった。 ホセ・ボルダラス監督から戦力外同然の扱いを受けた柴崎に関して、ヘタフェは今夏売却の方針。ヨーロッパリーグ(EL)参戦の来シーズンに向け、補強資金に充てたい意向とのことだ。 そうした背景から、ヘタフェは6月にブラジルで開幕するコパ・アメリカの日本代表メンバー入りを果たした柴崎に対して、大会での活躍による価値の高騰を期待している模様だ。 なお、その柴崎を巡っては昨夏、ドイツやポルトガル方面のクラブから問い合わせがあり、そうしたクラブから今夏に好オファーが届けば、手放しに動くとみられる。 2019.05.27 09:30 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース