ビダル、最下位との引き分けに「ユナイテッド戦が一番」2019.04.14 20:18 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルがウエスカ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。首位バルセロナ(勝ち点73)は、13日にリーガエスパニョーラ第32節で最下位のウエスカと対戦。FWリオネル・メッシやFWルイス・スアレスなど大半の主力を遠征メンバーに帯同させず、DFジャン=クレール・トディボやDFムサ・ワゲ、MFカルレス・アレーニャ、MFリキ・プッチなどの若手を多くスタメン起用したが、最後までゴールを割ることができず、ゴールレスドローに終わった。

ビダルはウエスカ戦後、コメント。モチベーションが16日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝2ndレグのマンチェスター・ユナイテッド戦にあったことで試合を難しくしてしまったと語っている。

「みんな、火曜日の試合と招集外の選手のことに頭がいってしまっていた。CLはみんなの夢。難しいけど、僕たちはマンチェスターで良い結果を残したね」

「マンチェスター・ユナイテッド戦のことが一番だよ。それから次のリーグ戦で3ポイントを取りに行く」

「出場機会が少ない人が今日の試合でプレーした。彼らはリーグテーブルで最下位のチームに対して上手くやったよ」

「これはとても激しい試合だった。ドローという結果は両チームにとってフェアだったよ」

「MFの3人はこれまで一緒にプレーしたことがない。それは新しいシステムだったから全く違うものだった」

「それにピッチも乾ききっていた。でも、重要なのは負けなかったということだよ」
コメント
関連ニュース
thumb

エバートン、アンドレ・ゴメス買い取りへ約30億円の移籍金でバルサと合意か

エバートンがバルセロナのポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス(25)の買い取りへ2200万ポンド(約30億円)の移籍金を支払うことで合意したようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 2016年夏にバレンシアから約4200万ポンドでバルセロナに加入したアンドレ・ゴメスだったが、レギュラー争いを勝ち抜けず、昨夏エバートンにレンタルで加入。今季はプレミアリーグで27試合に出場し1ゴール1アシストを記録し、準主力としてプレーしていた。 エバートンは昨季、バルセロナからフランス代表DFリュカ・ディーニュ、コロンビア代表DFジェリー・ミナを獲得していた。 2019.06.20 00:32 Thu
twitterfacebook
thumb

デ・リフト代理人、クラブ間合意報道のバルサに断り?

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のバルセロナへの移籍が破談に終わる可能性が出てきた。スペイン『マルカ』がスペイン『カデナ・セール』での情報をもとに伝えている。 高い身体能力や足元の技術を兼ね備え、名門アヤックスで主将を務めるデ・リフト。今シーズン、KNVBベーカーとエールディビジの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たした若きチームを攻守両面でけん引し続けた。 そんなデ・リフトには、バルセロナやパリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプール、ユベントスなどメガクラブからの関心が伝えられており、中でも最近では、バルセロナとPSGの2クラブの報道が加熱している。 移籍金7500万ユーロ(約92億2000万円)でクラブ間合意に達したとされるバルセロナだが、再びアムステルダムでの交渉に臨むと、デ・リフトの代理人を務めるミノ・ライオラ氏から断りがあった模様。同メディアによれば、PSGやバイエルン、ユベントスの方が好条件のオファーを提示していることが理由だという。また、その中ではPSGがポールポジションにいるようだ。 錯綜し続けるデ・リフトの去就。果たしてどのような結末を迎えるのだろうか。 2019.06.19 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマール、金銭+選手でカンプ・ノウ帰還か

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するブラジル代表FWネイマール(27)のバルセロナ復帰が迫っているという。ブラジル『Globoesporte』が報じた。 2017年夏に移籍史上最高額2億2200万ユーロ(現レートで約269億9000万円)の超ビッグディールでバルセロナからPSGに加入したネイマール。その新天地フランスで王様として扱われ、公式戦通算58試合51得点29アシストを誇るが、2シーズン連続の長期負傷離脱や、女性に対する性的暴行のスキャンダルなど、ピッチ内外のネガティブな話題が先行している。 そのネイマールに対して、古巣バルセロナが水面下で連れ戻しに動いている様子。PSGとの交渉は順調に進められており、バルセロナは移籍金を1億ユーロ(約121億1000万円)に抑える代わりとして、フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(25)や、同代表FWウスマーヌ・デンベレ(22)、クロアチア代表MFイバン・ラキティッチ(31)のいずれかを譲渡するという。 PSGの会長を務めるナセル・アル・ケライフィ氏は先日、『フランス・フットボール』で具体名こそ避けたが、「スター気取り」の選手に対して「ドアは開かれている」とコメント。この発言はネイマールに向けたものとして話題を集めており、フランス『レキップ』によると、これまで放出を否定してきたPSGは適切なオファーが届けば、交渉に応じる姿勢だとみられる。 なお、ネイマールとPSGの契約は2022年6月まで。PSG会長の発言により、一層の脚光を浴びることになったネイマールの去就は、どのような形で終着するのだろうか。 2019.06.18 18:15 Tue
twitterfacebook
thumb

松本の快速FW前田大然、今夏バルサBへ!? レンタル移籍の可能性

バルセロナが、松本山雅FCに所属する日本代表FW前田大然(21)の獲得に興味を示しているようだ。ブラジル『Globoesporte』が伝えている。 2016年に山梨学院大学附属高校から松本に加入した前田。プロ1年目は出場機会に恵まれなかったが、翌年に期限付き移籍した水戸ホーリーホックで才能が開花すると、明治安田生命J2リーグ36試合で13ゴールを記録した。 昨シーズンから松本に復帰し、持ち前のスピードを存分に発揮。今シーズンは自身初挑戦となるJ1の舞台で14試合1ゴールにとどまっているものの、15日にブラジルで開幕したコパ・アメリカ2019の日本代表メンバーに選ばれている。 その韋駄天に対してスペイン王者であるバルセロナが調査をしているという。松本との契約を3年残していることからレンタルでの獲得を目指す模様であり、Bチームでプレーさせたいと考えているようだ。 また、ポルトガルの複数クラブが関心を示しているが、前田当人がバルセロナとの交渉を優先したいと考えているとのことだ。 なお、前田は第99回天皇杯のメンバーから外れている。コパ・アメリカの活躍次第では、海外移籍が加速するかもしれない。 2019.06.18 13:41 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ退団を望むシレッセンとバレンシア守護神ネトのトレード交渉が進行中か!?

バルセロナに所属するオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)とバレンシアに所属するブラジル代表GKネト(29)のトレードに向けた交渉が進行中のようだ。スペインのラジオ局「RAC1」が報じた。 2016年にアヤックスからバルセロナに加入したシレッセンは、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンから正GKの座を奪えず、ここまでの3シーズンでリーグ戦出場はわずかに5試合。公式戦全体でも31試合しか出場していない。 そんな状況からシレッセンには移籍の噂が取り沙汰されてきたが、2021年まで契約を残しているバルセロナは同選手の契約解除金を6000万ユーロ(約73億円)に設定しており、一部メディアが獲得報道を出していたベンフィカとの交渉も停滞していた。 だが今回の報道によると、バルセロナとバレンシアはシレッセンとネトのトレードに向けて17日の午前中に交渉を実施したようだ。 ネトは2017年の7月にユベントスからバレンシアへ加入。バレンシアでは守護神として2シーズンで公式戦80試合に出場。今季もリーガエスパニョーラ34試合に出場し2年連続のチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献。それでもバレンシアは、ネトよりオランダ代表GKを高く評価しており、今夏での獲得を目指しているようだ。 2019.06.18 00:08 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース