PK弾でラツィオ撃破のミランが5戦ぶり勝利! 4位死守《セリエA》2019.04.14 05:31 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第32節、ミランvsラツィオが13日に行われ、1-0でミランが辛勝した。前節ユベントス戦をピョンテクの2試合連続ゴールで先制したものの、逆転負けして4戦勝利のない4位ミラン(勝ち点52)は、5位アタランタに勝ち点で並ばれ、6位ローマにも1ポイント差に迫られてしまった中、GKドンナルンマとパケタが引き続き欠場となった。

一方、前節サッスオーロ戦をラストプレー弾で何とか引き分け、ここ2試合勝利のない7位ラツィオ(勝ち点49)は、ミランとは消化試合が一つ少ないながら勝利すれば勝ち点で並べる中、ラドゥを除いてベストメンバーで臨んだ。

試合は開始3分、ラツィオに決定機。コレアのドリブルを起点にボックス中央のインモービレがシュート。だが、GKレイナのファインセーブに阻まれた。

早々の失点を免れたミランが押し込む展開で推移していく中、カウンターを狙うラツィオは19分にL・アルベルトがミドルシュートでGKレイナを強襲。続く21分にもコレアのゴール至近距離からのボレーシュートでラツィオがゴールに迫った。

引き続きボールを持つミランは28分、ショートコーナーの流れからケシエがミドルシュートでオンターゲットを記録。続く31分、ピョンテクの落としをボックス中央で受けたスソが際どいシュートを浴びせた。さらに1分後、カラブリアの右クロスに頭で合わせたピョンテクのシュートはわずかに枠の右に外れる。

ハーフタイムにかけてもミランが押し込む中、42分にチャルハノールがミドルシュートでゴールに迫れば、ラツィオは44分にインモービレがボックス左に侵入して左ポスト直撃のシュートを浴びせるなど、互いにゴールに迫ったものの0-0で前半を終えた。

後半早々、コレアの負傷によりカイセドを投入したラツィオは50分、L・レイバのボレーシュートでゴールに迫るも、前半同様にミランが押し込む展開で推移していく。

しかし、アタッキングサードでの工夫が少なくチャンスを生み出せないミランにアクシデント。ロマニョーリが左足を負傷してプレー続行不可能となり、67分にサパタが投入された。

するとそのサパタが71分にチャンスメーク。中央をドリブルで持ち上がってラストパス。ピョンテクがシュートに持ち込んだが、GKストラコシャのセーブに阻まれた。

76分にはアチェルビの手にクロスボールが当たったとしてミランにPKが与えられるも、身体に手が付いていたとしてVARの末にノーファウルと判定される。しかし78分、ミランに正真正銘のPKが与えられる。ロングボールに反応したムサッキオがボックス内でドゥルミジに倒された。これをケシエが決めてミランが先制に成功した。

終盤はオープンな展開となった中、スソやクトローネが決定的なシュートを放っていったミランだったが、GKストラコシャのセーブもあって追加点は生まれず。それでも1-0で逃げ切り、5試合ぶりの勝利で4位を死守している。
コメント
関連ニュース
thumb

ローマ、ヴィオラMFヴェレトゥ争奪戦でポールポジションに!

ローマがフィオレンティーナに所属するフランス人MFジョルダン・ヴェレトゥ(26)の獲得に迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ナント出身のヴェレトゥは2015年にアストン・ビラ入りすると、サンテチェンヌへのレンタル移籍を経て、2017年夏にフィオレンティーナに加入。セントラルMFを主戦場に豊富な運動量で守備から攻撃まで一手に担うゲームメイカーは、昨シーズンの公式戦37試合で5ゴール4アシストをマークしていた。 そのフランス人MFを巡っては最近、ミランやナポリ、アタランタなど複数クラブの関心報道が加熱。そうしたなかで、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)2019のメンバーから外れ、今夏の移籍により拍車がかかっている状況だ。 関心を示す一角として動向に注目を集めるローマは、そのヴェレトゥ獲得に向け、2000万ユーロ(約24億2000万円)+ボーナスといわれるフィオレンティーナの要求額に最も近い条件を用意しており、ミランとの一騎打ちとみられる争奪戦で優位に立った模様だ。 なお、そのローマはヴェレトゥとともに、アタランタでプレーするイタリア代表DFジャンルカ・マンチーニ(23)の獲得も近い様子。ローマのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるジャンルカ・ペトラーキ氏は、数日中の獲得を試みているとのことだ。 2019.07.16 20:15 Tue
twitterfacebook
thumb

アタランタ、クラブ史上初のCLはサン・シーロ開催に! ミランが許可

アタランタが来季初出場のチャンピオンズリーグ(CL)をミラノのサン・シーロで開催することが決定した。 欧州サッカー連盟(UEFA)の規定によってCLを本拠地で開催できないアタランタは、先日にインテルとミランが本拠地としているサン・シーロでの代替開催を申請。 すでにインテル側とミラノの市議会の承認を得ていたが、サポーターが強硬に反対姿勢を見せていたミランの承認を得ることに苦戦していた。 しかし、ミランは11日、イタリア『ANSA』に対してアタランタの要請を受け入れる意向であることを明かした。 「サン・シーロでチャンピオンズリーグのホームゲームを開催するというアタランタからの要請を受け入れたことを認めます」 「我々の決定に関してはアタランタの強い要望を理解し、ミラノ市長のジュゼッペ・サラ氏の前向きな意見に追随するものです」 「我々は今回の決定がアタランタだけでなくイタリアサッカー界にとっても大きな利益を生むものだと信じています。それはホスピタリティ、リスペクト、フェアプレーという観点においてです」 アタランタは昨シーズンのセリエAで3位に入り、クラブ史上初のCL出場権を手に入れた。だが、初のCLに向けてスタジアム問題が浮上。アタランタがホームとして使用しているスタディオ・アトレティ・アズーリ・ディターリアは現在改築工事中で、UEFAの規定に収まらないという。 これまでアタランタは、ヨーロッパリーグ(EL)ではサッスオーロのマペイ・スタジアムを借りていたが、来季のCLでは本拠地ベルガモにより近いサン・シーロをホームとして使うことを計画していた。 2019.07.12 17:18 Fri
twitterfacebook
thumb

ミラン退団のモントリーボ、イタリア2部のクレモネーゼへ

今夏にミランを退団した元イタリア代表MFリッカルド・モントリーボ(34)のクレモネーゼ移籍が迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。 2012年にフィオレンティーナから加入したモントリーボは、一度も出場機会のなかった昨シーズンを最後にミランを退団している。以前に同選手の新天地をユース時代を過ごしたアタランタと予想していた同メディアだったが、最新の情報ではセリエBのクレモネーゼ加入が迫っているようだ。 クレモネーゼは1903年に創設されたクレモナに本拠地を置くクラブで、過去2シーズンはセリエBで戦っている。元イタリア代表指揮官のチェーザレ・プランデッリやインテルやミランでプレーしたジュゼッペ・ファヴァッリ、イタリア代表でおよそ60キャップを誇るジャンルカ・ヴィアリ氏も在籍した歴史のあるクラブだ。 昨季は9位に終わったクレモネーゼが初のセリエA昇格を目指して、経験豊富なモントリーボの獲得に尽力しているようだ。 2019.07.11 18:42 Thu
twitterfacebook
thumb

ピョンテク、新シーズンは背番号9に! 呪われたジンクスを払拭できるか

ミランのポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクが9日、自身のインスタグラムで新シーズンに背番号9を背負うことを明かした。 今年1月にジェノアから3500万ユーロの移籍金でミランに加入したピョンテクは、エースストライカーの象徴である背番号9を入団時に希望したものの、当時のGMを務めていたレオナルド氏に「9番は重要な番号であり、それに相応しくなければならない。我々はピッチで番号をつかみ取って欲しいと考えている」と却下されていた。 しかし、19番を付けたピョンテクはシーズン後半戦、セリエAで9ゴール、コッパ・イタリアで2ゴールを挙げ、ミランの新エースとして十分な働きを見せていた。 ただ、ミランではフィリップ・インザーギ氏が活躍して以降、9番を背負ったストライカーが結果を残せず、不吉な番号として認知されているが、ピョンテクはそのジンクスを打ち破れるか。 なお、インザーギ氏以降に9番を背負ったのはFWアレシャンドレ・パト(2)、FWアレッサンドロ・マトリ(1)、FWフェルナンド・トーレス(1)、FWマッティア・デストロ(3)、FWルイス・アドリアーノ(6)、FWジャンルカ・ラパドゥーラ(5)、FWゴンサロ・イグアイン(6)でいずれも二桁ゴールにすら到達することができていなかった。※()内はゴール数 2019.07.10 05:51 Wed
twitterfacebook
thumb

ボネーラが現役引退! 古巣ミランがコーチングスタッフ入閣を発表!

ミランは9日、マルコ・ジャンパオロ新監督率いる新コーチングスタッフを発表した。その中にアシスタントコーチとして元イタリア代表DFダニエレ・ボネーラ(38)の名前が含まれていた。 昨シーズン限りでビジャレアルとの契約が満了していたボネーラだが、去就に関する公式なアナウンスは行われていなかった。 そのため、新天地での現役続行の可能性もあったが、最終的にはイタリアメディアの既報通り、現役を引退して古巣ミランにコーチングスタッフとして復帰することが決定した。 ブレシアでプロキャリアをスタートしたボネーラは、2001年にイタリア代表デビューを飾るなど、同国期待の右サイドバックとして台頭。その後、パルマを経て2006年にミラン移籍を果たすと、右サイドバックとセンターバックを主戦場に貴重なバックアッパーとして活躍。在籍9年間でセリエA152試合に出場し、2006-07シーズンのチャンピオンズリーグ、2010-11シーズンのスクデット制覇を経験した。 その後、ミランとの契約満了に伴い、2015年に加入したビジャレアルでは在籍4年間で公式戦58試合の出場にとどまったものの、誠実な人柄と豊富な経験を生かしてロッカールームのまとめ役の1人として存在感を放っていた。一部報道ではビジャレアルから1年間の契約延長オファーが届いていたものの、同選手はスパイクを脱ぎ古巣ミランに帰還する道を選んだようだ。 なお、2001年から2008年までプレーしたイタリア代表では通算16キャップを記録。また、2004年のアテネ・オリンピックではイタリアの銅メダル獲得に貢献していた。 2019.07.09 22:09 Tue
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース