クラーセン&ゲブレ・セラシェのヘッド弾でブレーメンが大迫の新年初先発を勝利で飾る!《ブンデスリーガ》2019.04.14 00:36 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表FW大迫勇也の所属するブレーメンは13日、ブンデスリーガ第29節でフライブルクと対戦し、2-1で勝利した。大迫は63分までプレーした。

リーグ戦11試合負けなしの8位ブレーメン(勝ち点43)が、13位フライブルクをホームに迎えた一戦。前節のボルシアMG戦をドローで終えたブレーメンは、その試合から先発を2人変更。復帰戦となった前節同点弾をアシストした大迫は、2トップの一角として2019年ブンデス初先発となった。

試合は立ち上がりから素早い攻守の切り替え切り替えとサイドを起点に推進力のある攻めを見せるブレーメンが主導権を握る。すると5分、ラシカの左CKをヴェリコビッチがヘディングで合わせたが、このシュートは枠の上に外れた。

攻勢を続けるブレーメンは、18分にボックス左でパスを受けたラシカの折り返しから大迫が決定機を迎えたが、ダイレクトシュートは枠の上に外してしまう。

すると直後にブレーメンはピンチを迎える。19分、ゴンドルフのループパスをボックス左で受けたギュンターがボレーシュートをゴール右隅に流し込んだが、このゴールはオフサイドの判定で取り消された。

ピンチを凌いだブレーメンは38分、ヴェリコビッチの右クロスをボックス中央のクルーゼがヘディングシュート。さらに相手のクリアボールを繋ぐブレーメンは、左サイドを持ち上がったラシカの折り返しをボックス手前で受けたクルーゼがミドルシュートでゴールを狙ったが、共にGKシュウォローの好セーブに阻まれた。

ゴールレスで迎えた後半、前半の接触プレーで負傷したGKパブレンカに代えてGKカピノをピッチに送り出したブレーメンは、52分に決定機。ラシカの左クロスをファーサイドに走り込んだクラーセンがボレーシュート。しかし、これはゴールライン上でシュローターベックのブロックに阻まれた。

膠着が続く中、ブレーメンは63分に大迫を下げてピサーロを投入。すると76分、ピサーロの右クロスのこぼれ球をボックス右で拾ったシャヒンが再びクロスを供給。これをゴール左前のクラーセンがヘディングで叩き込み、ブレーメンが先制に成功した。

待望の先制点で勢いづくブレーメンは、84分にもクルーゼの右CKからゲブレ・セラシェがヘディングシュートをゴール左に突き刺し、試合を決定づける2点目を奪った。

その後、後半アディショナルタイムにワルドシュミッドに1点を返されたブレーメンだが、1点を守り抜き2-1で勝利。ブレーメンが大迫の2019年初先発試合を勝利で飾った。
コメント
関連ニュース
thumb

ハメスが内転筋負傷で練習を途中離脱、ブレーメン戦出場に暗雲か

バイエルンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが足を痛めたようだ。バイエルンを率いるニコ・コバチ監督が公式会見で明かしている。 コバチ監督によれば、ハメスは18日に行われたトレーニング中に内転筋を負傷。大事をとって全体練習を途中で切り上げたとのこと。 なお、バイエルンは20日にホームでブンデスリーガ第30節のブレーメン戦を行うが、コバチ監督はハメスの出場は微妙な状況と考えているようだ。 2019.04.19 02:10 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、ドイツ代表MFマキシミリアン・エッゲシュタインと契約延長

ブレーメンは10日、ドイツ代表MFマキシミリアン・エッゲシュタイン(22)と契約延長したことを発表した。契約期間は発表されていない。 2011年からブレーメンでプレーする攻撃的MFのM・エッゲシュタインは、2014年11月にトップチームデビュー。ブレーメンではこれまで公式戦94試合に出場して10ゴール9アシストを記録。今季はブンデスリーガ28試合の出場で5ゴール4アシストを記録し、チームの主軸として活躍している。そして、3月の代表戦ではドイツ代表初招集を受けていた。 この活躍を受け、ドルトムントがM・エッゲシュタインの獲得を狙っていたとされるが、今回の契約延長により残留が濃厚な情勢となった。 2019.04.11 00:30 Thu
twitterfacebook
thumb

大迫勇也、2人目の女児誕生を報告 「#半端なく(笑)可愛い」

ブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也(28)が8日、自身のインスタグラム(yuya_osako)を通じて、第二子となる女児誕生を報告した。 大迫は2014年3月、モデルとして活躍する三輪麻未さんと入籍。同年10月に第一子となる長女が誕生した。2人の娘のパパになる大迫は次のように綴っている。 この度、第二子となる女の子が誕生しました。母子ともに健康で、元気に産まれて来てくれました。新たな家族も増え、父親としてより一層頑張って行きたいと思っています。ボルシア・メンヒェングラートバッハ戦で久しぶりに復帰することが出来ました。一つでも上の順位でフィニッシュ出来るように、今シーズン終盤戦頑張っていきます。引き続き応援宜しくお願いします」 「#半端なく(笑)可愛い」 なお、大迫は7日に敵地で行われたブンデスリーガ第28節のボルシアMG戦(1-1のドロー)で戦列復帰。ベンチスタートだったが、52分からピッチに立つと、79分に味方の同点弾をアシストした。 2019.04.08 10:40 Mon
twitterfacebook
thumb

復帰の大迫が同点弾アシスト! ブレーメン11戦負けなし《ブンデスリーガ》

ブレーメンは7日、ブンデスリーガ第31節でボルシアMGとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也は52分から出場している。 前節マインツ戦を勝利し、3連勝で10戦負けのない6位ブレーメン(勝ち点42)は、4日前に行われたDFBポカール準々決勝のシャルケ戦を制して準決勝進出を果たした。好調を維持するチームはシャルケ戦でベンチ入りし戦列に復帰した大迫が引き続きベンチスタートとなった。 前節デュッセルドルフ戦の敗戦でチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位に転落したボルシアMG(勝ち点47)に対し、押し込まれる入りとなったブレーメンだったが、15分に両チーム通じて最初の決定機。クルーゼのダイレクトパスでボックス右に侵入したJ・エッゲシュタインのシュートはGKにセーブされた。 しかし、その後もボルシアMGの攻勢を受けると、23分には左クロスに反応したファーサイドのヘアマンに右ポスト直撃のシュートを浴びせられる。さらに28分、ボックス左からプレアのコントロールシュートでゴールに迫られた。 ハーフタイムにかけてもボルシアMGに押し込まれる展開となったブレーメンだったが、凌いでゴールレスで前半を終えた。 しかし迎えた後半開始4分、クルーゼのボールロストからショートカウンターを受けると、最後はノイハウスにGKもかわされネットを揺らされた。 その後もプレアのコントロールシュートでゴールを脅かされるなど劣勢のブレーメンは52分、大迫を投入。ブレーメンでは昨年12月以来の試合となった大迫の投入を機に前がかるブレーメンは、68分にクルーゼのコントロールシュートで反撃。 そしてピサーロを投入してアタッカーを増やしたブレーメンは79分に大迫のアシストで追いついた。クリアボールを拾った大迫が右サイド絞った位置から丁寧にクロスを上げると、ゴール前に飛び込んだクラーセンがヘディングで押し込んだ。 終盤にかけても互いに勝ち越しゴールを目指してオープンな展開となったが、1-1で終了。ブレーメンは8位に後退したが、リーグ戦11戦負けなしとした。一方、勝ち点1を積み上げるに留まったボルシアMGは4位フランクフルトとの勝ち点差が4に広がっている。 2019.04.08 03:20 Mon
twitterfacebook
thumb

10人のバイエルンが壮絶な打ち合いを制し10年連続の4強進出! 大迫ベンチ入りのブレーメンもシャルケを撃破《DFBポカール》

3日にDFBポカール準々決勝の2試合が行われ、準決勝に進出する4チームが決定した。 3大会ぶりのポカール制覇を目指すバイエルンが、2部リーグ所属のハイデンヘイムをホームに迎えた一戦は、5-4でバイエルンが勝利した。 直近に行われたフライブルク戦を1-1で終えたバイエルンは、その試合から先発を3人変更。ミュラーやリベリ、ハメス・ロドリゲスらがスタメンに名を連ねた。 3トップにニャブリ、ミュラー、リベリを並べた[4-3-3]で試合に臨んだバイエルンは12分、キミッヒの左CKをゴール前に走り込んだゴレツカがヘディングで叩き込み、先制に成功した。 先手を取ったバイエルンだが13分、カウンターから中央突破を試みたラスナーにスライディングタックルを見舞ったジューレが、VARの末にレッドカードを受け、退場処分となった。 数的不利となったバイエルンは、24分リベリを下げてJ・ボアテングを投入。[3-4-2]に布陣を変更したが、26分に失点を許す。中盤でのボール奪取から中央を持ち上がったドベダンが右に展開。これをバイタルエリア右で受けたシュナッタラーのクロスをグラッツェルがヘディングでゴール右に流し込んだ。 ハイデンヘイムの素早い攻守の切り替えに苦戦するバイエルンは、39分にも失点。ロングパスをボックス手前で受けたグラッツェルがボックス右へラストパスを供給すると、走り込んだシュナッタラーがダイレクトシュートをゴール左隅に突き刺した。 迎えた後半、後半1点を追うバイエルンはハメスとラフィーニャを下げてレヴァンドフスキとコマンを投入し3枚の交代カードを使い切った。すると53分、キミッヒのの右クロスをゴールエリア左手前のゴレツカが頭で落とすと、ペナルティアーク内のレヴァンドフスキが頭でゴール前にラストパス。これをミュラーが反転しながらボレーシュートでゴール左にに叩き込んだ。 同点に追いついたバイエルンは、56分にもニャブリのパスをボックス左で受けたミュラーの折り返しをレヴァンドフスキが流し込んだ。さらに65分には、キミッヒの左CKからフンメルスのフリックしたボールをファーサイドのニャブリが押し込み、4点目を奪った。 リードを2点に広げたバイエルンだが74分、一瞬の隙からグラッツェルにゴールネットを揺らされると、77分にはボックス右から仕掛けたムルチャップをフンメルスが倒しPKを献上。これをグラッツェルに決められ、ハットトリックを許した。 三度振り出しに戻った試合は、すぐに動く。84分、ミュラーのループパスをボックス内でレヴァンドフスキが胸トラップすると、競り合ったブッシェのハンドを誘発しPKを獲得。このPKをレヴァンドフスキが落ち着いて沈め、バイエルンが勝ち越し。 結局、これが決勝点となり、バイエルンが10年連続のベスト4進出を決めた。 また、日本代表FW大迫勇也の所属するブレーメンがシャルケの本拠地ヴェルティンス・アレーナに乗り込んだ一戦では、2-0でブレーメンが勝利した。 公式戦12試合ぶりに大迫がベンチ入りした試合は、ゴールレスで迎えた後半に動く。65分、敵陣でパスカットしたフリードルのパスをボックス右手前で受けたラシカがミドルシュートをゴール左に突き刺し、ブレーメンが先制に成功。 さらにブレーメンは、72分にもラシカのパスで左サイドを抜け出したアウグスティンションのクロスをニアサイドに走り込んだクラーセンが右アウトサイドでゴールに流し込んだ。 結局、試合はそのまま2-0で終了。敵地で完勝のブレーメンが3シーズンぶりのベスト4進出を決めた。 なお、2日に行われた試合ではDF酒井高徳とMF伊藤達哉の所属するハンブルガーSVが、パーダーボルンと対戦し2-1で勝利。1936年以来のDFBポカール優勝を狙うライプツィヒが、アウグスブルクを延長戦の末に2-1で下した。 ◆DFBポカール準々決勝 ▽4/3(水) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">バイエルン 5</span>-4 ハイデンヘイム シャルケ 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ブレーメン</span> ▽4/2(火) パーダーボルン 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ハンブルガーSV</span> アウグスブルク 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 ライプツィヒ</span> 2019.04.04 06:12 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース