主力温存のユーベ、ケアンのリーグ4戦連発弾もSPALに逆転負けで8連覇はお預けに…《セリエA》2019.04.13 23:58 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユベントスは13日、セリエA第32節でSPALをホームに迎え、1-2で逆転負けした。前節ミラン戦をケアンのリーグ戦3試合連続ゴールで逆転勝利した首位ユベントス(勝ち点84)は、引き分け以上の結果を残せば8連覇決定となる中、1-1の引き分けに持ち込んだチャンピオンズリーグ(CL)・アヤックス戦のスタメンから9選手を変更。ディバラやケアン、負傷明けのクアドラードをスタメンで起用し、21歳のカスタノスと17歳のゴッツィの両若手を先発に抜擢した。

残留争い真っ只中の16位SPAL(勝ち点32)に対し、[3-5-2]で臨んだユベントスは2トップにディバラとケアン、中盤アンカーにベンタンクール、インサイドにクアドラードとカスタノス、右サイドにカンセロ、左にスピナッツォーラを配し、3バックの中央にバルザーリ、左にゴッツィ、右にデ・シリオを据えた。

そのユベントスが圧力をかける展開で立ち上がっていくもシュートに持ち込めずにいると、徐々にSPALに攻め込まれるシーンを作られていく。

それでも30分、ノっている新星がゴールをこじ開ける。カンセロのミドルシュートをゴール前のケアンが右足でうまくコースを変え、ネットを揺らした。

ケアンのリーグ戦4試合連続ゴールで先制したユベントスがハーフタイムにかけては流れを掴み、1点をリードして前半を終えた。

迎えた後半、SPALの圧力を受ける展開となったユベントスは開始4分にCKからボニファツィにヘディングシュートを決められ、同点とされてしまう。

その後も押し込まれるユベントスは58分、ムルジャのヘディングシュートでゴールを脅かされるも、GKペリンの守備範囲で助かった。

劣勢のユベントスは61分、存在感を示しきれなかったカスタノスに代えて18歳のカヴィーリャを投入。すると67分、そのカヴィーリャがミドルシュートでGKを強襲した。

さらに69分、ケアンに代えて20歳のマヴィディディを投入したユベントスだったが、74分に逆転される。ボックス内で1対2の局面を作られ、ムルジャのラストパスを受けたフロッカーリにシュートを蹴り込まれた。

このままでは今節での自力優勝ができないユベントスはバルザーリに代えてベルナルデスキを投入。しかし、終盤にかけてもチャンスを作れずに逆転負け。

明日の試合でナポリがキエーボに勝利すると、8連覇は次節以降にお預けとなる。
コメント
関連ニュース
thumb

C・ロナウドが偉業達成! セリエA、リーガ、プレミア制覇した初の選手に

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、またしても偉業を成し遂げている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ユベントスは20日、セリエA第33節でフィオレンティーナと対戦。引き分け以上でセリエA8連覇がかかる一戦では先制を許すも、DFアレックス・サンドロ、そしてC・ロナウドのクロスから生まれた相手オウンゴールによって2-1と逆転勝利。見事にスクデット獲得を決めた。 この優勝によってC・ロナウドは、マンチェスター・ユナイテッド時代のプレミアリーグ、レアル・マドリー時代のリーガエスパニョーラ制覇に続き、セリエAも制して、イングランド、スペイン、イタリアの3カ国で優勝を手にした初の選手となったようだ。 なお、監督としては現在フリーのジョゼ・モウリーニョ氏が、チェルシー(2004-05、05-06、14-15)、インテル(2008-09、09-10)、レアル・マドリー(2011-12)で優勝を達成している。 また近い成績では、元イングランド代表MFのデイビッド・ベッカム氏はレアル・マドリーで1回、ユナイテッドで6回、パリ・サンジェルマン(フランス)で優勝を経験しているが、ミラン(イタリア)ではリーグタイトルを勝ち取ることはできなかった。 他にはロサンゼルス・ギャラクシーの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチは、アヤックス(オランダ)、バルセロナ(スペイン)、ミラン、パリ・サンジェルマンなどで優勝したが、ユナイテッドでは優勝できなかった。 2019.04.21 15:11 Sun
twitterfacebook
thumb

ユベントスの8連覇は欧州5大リーグでの新記録! その他のリーグ記録は?

セリエAで8連覇を達成したユベントスが、ヨーロッパ5大リーグでの新記録を樹立した。 ユベントスは20日、セリエA第33節でフィオレンティーナと対戦。先制を許す展開となったものの、アレックス・サンドロ、そしてクリスティアーノ・ロナウドがオウンゴールを誘発し、2-1と逆転勝利を収めた。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=hoqwo943j9ns1h1e54ktbuhfd" async></script> </div> この勝利により、5試合を残してスクデット(セリエA優勝)を獲得したユベントス。これにより、通算35度目のセリエA優勝を達成するとともに、2011-12シーズンから続く連覇を「8」に伸ばした。 ヨーロッパ5大リーグ(イングランド、スペイン、ドイツ、イタリア、フランス)でのリーグ連覇の記録は、リーグ・アンのリヨンが2001-02シーズンから2007-08シーズンまで記録した7連覇が最高だった。 リヨンは、ジャック・サンティニ(2001-02/1回)、ポール・ル・グエン(2002-2005/3回)、ジェラール・ウリエ(2005-07/2回)、アラン・ペラン(2007-2008/1回)と4人の監督の下で7連覇を達成。一方のユベントスは、アントニオ・コンテ(2011-14/3回)、マッシミリアーノ・アッレグリ(2014-19/5回)の2人で達成している。 なお、ブンデスリーガではバイエルンが今シーズン優勝すると7連覇を達成することに。リーガエスパニョーラの記録は、レアル・マドリーの5連覇、プレミアリーグはマンチェスター・ユナイテッドの3連覇が最高となっている。 ちなみに、欧州サッカー連盟(UEFA)の記録では、ジブラルタルのリンカーン(2003~16年)とラトビアのスコント(1991~2004年)の「14連覇」が最長記録となっている。 ◆セリエA ユベントス:8連覇 2011-2019(継続中) ◆リーグ・アン リヨン:7連覇 2001-2008 ◆ブンデスリーガ バイエルン:6連覇 2012-18(継続中) ◆リーガエスパニョーラ レアル・マドリー:5連覇 1960-65/1985-90 ◆プレミアリーグ マンチェスター・ユナイテッド:3連覇 19998-2001/2006-2009 2019.04.21 10:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ユーベ副会長のネドベド氏、8連覇の難しさを語る「2度と起こらないだろう」

ユベントスの副会長を務めるパベル・ネドベド氏が、チームのセリエA8連覇についてコメントした。イタリア『フットボール・イタリア』が伝えた。 現役時代はユベントスでもプレーし、2001-02、2002-03シーズンとセリエA連覇を経験しているネドベド氏。フィオレンティーナに逆転勝利し、見事にセリエA8連覇を決めたチームを称賛しながらも、「このような連覇は2度と起こらない」と改めて難しさを語った。 「このような長い連覇を成し遂げていくということは難しくはないが、実際には不可能なことだろう」 「私は、このような連覇が繰り返されることは2度とないと思う。特にイタリアでは、タイトルを獲得することが本当に難しい」 「我々は優秀な選手、監督と一緒に勝ち、優勝したが、全てはユベントスの固有のメンタリティの上にある」 「クラブ全体が称賛に値するだろう。なぜなら、これら全てのトロフィーを獲得するというのはクレイジーだからだ」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=hoqwo943j9ns1h1e54ktbuhfd" async></script> </div> 2019.04.21 09:55 Sun
twitterfacebook
thumb

初スクデットを語るC・ロナウド、気になる去就は「1000%残る」

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、自身初となるセリエA制覇についてコメント。チームへの残留も口にした。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 ユベントスは20日、セリエA第33節でフィオレンティーナと対戦。勝てばセリエA8連覇がかかる一戦で先制を許すも、アレックス・サンドロ、そしてC・ロナウドのクロスから生まれた相手オウンゴールで2-1と逆転勝利。見事にスクデット獲得を決めた。 今シーズンからユベントスへと加入したC・ロナウドにとっては、これがセリエA初優勝。来シーズンの去就についても様々な憶測が飛ぶ中、自身の去就とともに、初スクデットについて語った。 「僕はユベントスに残る。1000%ね」 「僕の考えでは、とても良い最初のシーズンだった。そして、僕はよく適応した」 「イングランドとスペインでリーグ優勝をしてきた。今、僕はイタリアでも優勝したと言える。それは僕にとって重要だし、とても幸せだよ」 この試合の前には、チャンピオンズリーグの準々決勝2ndレグでアヤックスと対戦し、ベスト8での敗退が決定していた。クラブとして、そして個人としても欲しかったチャンピオンズリーグのタイトルを逃したものの、前向きに、そしてリーグ制覇の大きさを語った。 「1年を通しての成功だ。僕たちは幸せだね。いつも勝つことはできない。僕たちはもっと多くのことができると感じているし、勝ちたいと思っていたけど、チャンピオンズリーグで勝てるのはどちらかだけだった」 「来年は新しいページとなる。ファンはみんなそれを望んでいるだろう。そして、僕たちもそうしたいと思っている。このトロフィーは重要だけど、このリーグで勝ち取るのは簡単ではない。ポジティブな集団であり、僕は良いシーズンを過ごしたと思っているよ」 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=hoqwo943j9ns1h1e54ktbuhfd" async></script> </div> 2019.04.21 09:40 Sun
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナに逆転勝利のユベントスが5試合を残して8連覇達成!《セリエA》

ユベントスは20日、セリエA第33節でフィオレンティーナをホームに迎え、2-1で勝利した。この結果、セリエA8連覇を決めている。 前節SPAL戦では引き分けでも8連覇決定だった中、逆転負けして優勝がお預けとなった首位ユベントス(勝ち点84)は、引き続きドローでも8連覇決定となる。そのユベントスは4日前に行われたチャンピオンズリーグのアヤックス戦を1-2と敗れ、痛恨のベスト8敗退に終わってしまった中、アヤックス戦のスタメンから2選手を変更。負傷したディバラと、デ・シリオに代えてクアドラードとカンセロを起用した。 前節からモンテッラ監督が指揮を執る10位フィオレンティーナ(勝ち点40)に対し、[4-3-3]を採用したユベントスは3トップに右からクアドラード、C・ロナウド、ベルナルデスキと並べた。 テンション高く試合に入ったユベントスだったが、開始6分にまさかの失点を喫する。キエーザにボックス右深くから折り返されて混戦を生み出されると、ルーズボールをミレンコビッチに蹴り込まれた。 出鼻を挫かれたユベントスはシュートに持ち込めずにいると、続く26分にはシメオネにネットを揺らされるもオフサイドで助かった。さらに34分、キエーザのミドルシュートが右ポストを直撃してヒヤリとさせられた。 それでも37分、ピャニッチの右CKからアレックス・サンドロがヘディングシュートをねじ込んで試合を振り出しに戻した。 43分にはキエーザの強烈な左足ミドルがバーを叩いて助かったユベントスは、1-1で前半を終えた。 そして迎えた後半8分、ユベントスが逆転する。C・ロナウドが右サイドを突破してボックス右深くまで侵入しクロスを入れると、ペッゼッラのオウンゴールを誘った。 その後はオープンな展開となる中、64分にはCKの流れからピャニッチが決定的なシュートを浴びせるも、GKラフォンのファインセーブに阻まれる。 徐々にフィオレンティーナの勢いが収まっていたことを受け、ピャニッチとベルナルデスキを下げたユベントスは、ベンタンクールとケアンを投入。 余裕を持って時間を使っていく中、終盤の90分にピンチ。しかし、ダボとの一対一をGKシュチェスニーが防いで2-1で勝利。5試合を残してセリエA8連覇を決めている。 2019.04.21 02:54 Sun
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース