主力温存スパーズが新スタ3連勝! ワニャマ今季初弾にルーカス圧巻ハットで3位浮上《プレミアリーグ》2019.04.13 22:26 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第34節、トッテナムvsハダースフィールドが13日にトッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが4-0で快勝した。前節、新スタジアムのこけら落としとなったクリスタル・パレス戦を2-0の快勝で飾った4位のトッテナムは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグでもマンチェスター・シティを1-0で破り、こちらも新スタジアムのCLデビュー戦を白星で飾った。

新スタ3連勝を目指す今節はすでに降格が決定した最下位チームと対戦。17日にシティとのCL第2戦を控える中、ポチェッティーノ監督はGKロリス、ヴェルトンゲン、エリクセン、ムサ・シソコを除く先発7人を変更。シティ戦で左足首じん帯損傷の大ケガを負ったエースのケインの代役にジョレンテ、同じく左手首骨折のデレ・アリに代えてルーカス・モウラ、そ径部を痛めたウィンクスに代えてワニャマを起用。システムを[4-2-3-1]から[3-5-2]に変更した。

[5-4-1]の守備的な布陣を採用するハダースフィールドを立ち上がりから押し込んでいくトッテナムは3分、ペナルティアーク付近で得た好位置のFKをエリクセンが直接狙うが壁に阻まれる。

立ち上がり以降も80パーセントを超えるボール支配率で相手陣内でのハーフコートゲームを展開するホームチームは、10分にワニャマのミドルシュート、左右からのシンプルなクロスでジョレンテが決定機に絡んで行く。

15分を過ぎると、相手の守備が整備され始めたことでなかなか深い位置までボールを運べないトッテナムだったが、24分に伏兵のゴールで先手を奪う。左サイドに張ったベン・デイビスから斜めのクサビを受けたペナルティアーク付近のジョレンテがフリック気味に流すと、後方からスプリントしてきたワニャマが引き取り巧みなダブルタッチでGKをかわして無人のゴールへ流し込み、自身の今季初ゴールとした。

ワニャマのゴールで幸先良くリードを奪ったトッテナムは直後の27分にも右サイドのハーフスペースで縦に仕掛けたシソコがボックス右に走り込むルーカスへ絶妙なラストパスを通すと、ルーカスが低い弾道の右足シュートをファーポストに突き刺し、畳みかける攻めですかさずリードを2点に広げた。

この連続得点で余裕を持った試合運びとなったトッテナムは少し前がかりとなったアウェイチームに対して、自陣に引き込みながらカウンターを狙う。前半終盤にかけては前線で抜群の存在感を放ったジョレンテに2度の決定機が訪れるが、決め切ることはできず。それでも、相手の攻撃を危なげなく凌いで前半を終えた。

トッテナムの2点リードで折り返した試合は後半もホームチームがペースを握る。開始直後の47分にはフォイスからの浮き球パスをボックス右でワントラップしたジョレンテが地面に落とさずに右足ボレーで狙うが、これは惜しくもクロスバーを叩く。

その後も無理をすることなく淡々と試合を進めていくトッテナムに対して全く攻撃の形を作れないハダースフィールド。70分にはロングカウンターから左サイドを独走したグラントに千載一遇の決定機もDFのカバーに阻まれる。続く75分にはホッグの浮き球パスをゴール前のムニエが頭で合わすが、これも枠の右に外れた。

一方、ジョレンテやデイビスらが決定機を決め切れず3点目を奪えないトッテナムは74分にシソコを下げて最初の交代カードとして18歳MFスキップをピッチに送り出す。さらに85分を過ぎてヴェルトンゲン、ジョレンテに代えてローズ、ソン・フンミンの投入で試合をクローズにかかる。

試合終盤にかけてはリスクをかけて攻勢に出るアウェイチームに幾度か決定機を許すが、87分にはカウンターから右サイドに抜け出したエリクセンからの高速クロスをボックス中央でワントラップしたルーカスがすかさず右足で流し込み、試合を決定付ける3点目を奪取。さらに後半アディショナルタイムにはソン・フンミンのスルーパスに抜け出したルーカスが再び強烈な右足のシュートをファーポストに突き刺し、加入後初のハットトリックを達成。

そして、主力温存もケインの代役が期待されるルーカス、ジョレンテらの活躍で最下位相手に完勝のスパーズが新スタジアムで公式戦3連勝を飾ると共に3位に浮上した。
コメント
関連ニュース
thumb

マドリー、エリクセン獲得にセバージョス+60億超えを用意へ

レアル・マドリーが、トッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(27)の獲得に向けてオファーを提示する準備ができているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 2013年にアヤックスからトッテナムに加入して以降、卓越した攻撃センスやテクニック、豊富な運動量を武器に絶対的な司令塔に君臨しているエリクセン。今シーズンも公式戦51試合に出場し、10ゴール17アシストを記録した。 そのエリクセンは、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの後継者を探すマドリーへの移籍が長らく取り沙汰されている。最近ではステップアップを希望するコメントも残していた。 とはいえ、マドリーがマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(26)が第1ターゲットにしていることからエリクセンを巡っては進展が無かった。 しかし、今回伝えられるところによれば、マウリシオ・ポチェッティーノ監督が熱視線を送っているスペイン代表MFダニ・セバージョス(22)の譲渡+4500万ポンド(約61億3000万円)でエリクセンの獲得を目指すとのことだ。 2019.06.19 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

“ビッグ6”関心のマディソンが移籍を否定「移籍話は無視」

レスター・シティに所属するイングランド代表MFジェームズ・マディソン(22)が今夏の去就について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨夏にノリッジ・シティから2200万ポンド(約29億8000万円)でレスターへ加入したマディソン。卓越した右足のキック精度やパスセンス、エレガントな身のこなしで試合を作る司令塔で、今シーズンはプレミアリーグ36試合7得点7アシストの好成績を収めた。 昨年10月にイングランド代表初招集を受けるなど成長著しいマディソンのプライスタグは6000万ポンド(約81億4000万円)と高額。それでも、マンチェスターの両クラブやリバプール、トッテナム、アーセナルといった“ビッグ6”がこぞって獲得に興味を示している状況だ。 そうしたなか、渦中のマディソンは今夏の去就について問われると、次のようにコメント。移籍の可能性を否定した。 「ノーだね。今は僕の歩幅で歩いているからトランスファーの話は無視しているよ」 「コベントリーでプレーしていた17歳のとき、5試合しかスタメンで出られなかったけど、携帯を見たらトッテナムとリバプールの興味を目にしたよ」 「トランスファーの話で僕のことを取り上げてくれるのは誉め言葉として受け取る必要がある。だけど、僕の気が変わることはないよ」 2019.06.18 16:42 Tue
twitterfacebook
thumb

エンドンベレがスパーズ移籍に言及「素晴らしいチームでビッグクラブ」

今夏にステップアップすることが確実視されているリヨンのフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(22)がトッテナム移籍について言及した。イギリス『メトロ』が報じた。 2016年にアミアンでプロデビューを飾ったエンドンベレは中盤の要としてクラブ史上初となるリーグ・アン昇格に貢献。その翌年にリヨンへ完全移籍を果たすと、今シーズンは公式戦49試合に出場し3ゴール8アシストを記録した。 得点力にこそ課題はあるものの、豊富な運動量と高い身体能力を生かしたボール奪取能力に加え、トリッキーな足技も兼ね備えた万能型MFに対して、マンチェスター・シティやユベントスなどが関心。中でも、争奪戦を優位に立っていると報じられたトッテナム移籍について、エンドンベレがフランス『Telefoot』で言及した。 「トッテナムは素晴らしいチームでビッグクラブだ。リーグ戦では4位でフィニッシュしているし、チャンピオンズリーグ(CL)でもファイナルまで進んでいるからね」 「ビッグクラブでプレーすることに興味ない選手なんているのかい?」 2019.06.16 22:09 Sun
twitterfacebook
thumb

トッテナム、エンドンベレ獲得に迫る!

トッテナムがリヨンのフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(22)の獲得に近づいているようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 2016年にアミアンでプロデビューを飾ったエンドンベレは中盤の要としてクラブ史上初となるリーグ・アン昇格に貢献。その翌年にリヨンへ完全移籍を果たすと、今季は公式戦49試合に出場し3ゴール8アシストを記録。 得点力にこそ課題はあるものの、豊富な運動量と高い身体能力を生かしたボール奪取能力に加え、トリッキーな足技も兼ね備えた万能型MFは、同胞MFポール・ポグバやコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレを想起させるハイポテンシャルの持ち主。 今夏のリヨン退団が有力視されるエンドンベレに関してはマンチェスター・シティやユベントスなども関心を寄せている。 『スカイ・スポルト』が伝えるところによれば、その中で早い段階から獲得に興味を示していたトッテナムが、エンドンベレ獲得に迫っているという。 ベルギー代表MFムサ・デンベレの今冬の中国移籍以降、セントラルMFの選手層に問題を抱えているトッテナムは、リヨン側が過去に7000万ポンド(約96億3000万円)の強気な値付けをしている、エンドンベレ獲得に向けてクラブ史上最高額の6000万ポンド(約82億5000万円)前後のオファーを掲示するようだ。 2019.06.13 03:45 Thu
twitterfacebook
thumb

新シーズンのプレミア開幕カードが1日前にリーク? スパーズvsノリッジが開幕戦か

プレミアリーグは現地時間13日に2019-20シーズンの日程を発表する予定だが、すでに開幕カードの情報がリークされているようだ。イギリス『101greatgoals』など複数メディアが一足先に開幕カードを伝えている。 2019年8月10日に開幕する2019-20シーズンのプレミアリーグ。 昨年6月にイングランドサッカー協会(FA)との協議の下、過密スケジュールの緩和のためにウィンターブレイクの導入、その他の5大リーグに続いてビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の導入が決定したことで注目を集める来季のプレミアリーグ。また、日程に関してはミッドウィーク開催が廃止となり、基本的には毎節週末開催となる予定だ。 なお、一足先にリークされた開幕カードに関しては今季4位のトッテナムと、チャンピオンシップ(イングランド2部)優勝チームのノリッジの一戦がランチタイムキックオフで開幕戦となるようだ。 また、プレミアリーグ史に残る熾烈な優勝争いを演じたマンチェスター・シティとリバプールの2強は、リバプールが10日にバーンリーとのアウェイゲーム、シティが12日に同じくアウェイでウォルバーハンプトンと対戦する見込みだ。今回リークされた開幕節の対戦カードは以下の通り。 ◆プレミアリーグ開幕カード※非公式 ▽8/10(土) トッテナム vs ノリッジ ボーンマス vs シェフィールド・ユナイテッド クリスタル・パレス vs アーセナル エバートン vs ニューカッスル サウサンプトン vsチェルシー ワトフォード vs ウェストハム バーンリー vs リバプール ▽8/11(日) アストン・ビラ vs レスター マンチェスター・ユナイテッド vs ブライトン ▽8/12(月) ウォルバーハンプトン vs マンチェスター・シティ 2019.06.13 02:04 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース