まるで狂犬! モウリーニョ、秘蔵っ子マクトミネイを褒める2019.04.13 15:22 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ジョゼ・モウリーニョ氏が古巣マンチェスター・ユナイテッドに所属するスコットランド代表MFスコット・マクトミネイを称賛した。イギリス『Tribal Football』が報じた。ユナイテッドアカデミーで育ち、モウリーニョ体制下の2017年にトップチームデビューを果たしたマクトミネイ。今シーズンも控えとしての役割が続いたが、負傷離脱でチャンスが巡ってくると、先のプレミアリーグでキャリア初ゴールを記録するなど、徐々に存在感を高めつつある。

そして、10日にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグのバルセロナ戦にもスタメン出場。チームは敗れたが、守備能力だけでなく、相手数人に囲まれても動じないボール捌きで中盤のコンダクター役をやってのけ、イギリス『BBC』でもMOMに選ばれた。

育ての親であるモウリーニョ氏は、そのマクトミネイのバルセロナ戦でのパフォーマンスを次のように評価。「狂犬のようだった」と語り、確かな成長を称えた。

「ユナイテッドには、バルセロナがバルセロナでなくなり、メッシがメッシでなくなる選手がいた。マクトミネイが中盤にいたからだ。狂犬のようだったね」

「この言い回しはポジティブなものだ。彼は誰にも恐れなど抱きもせず、強くプレスをかけ続けた。バルサ戦はプレッシングをかけ続けることがキーになる」
コメント
関連ニュース
thumb

ルカク「いつかセリエAでプレーすることが夢」

マンチェスター・ユナイテッドのベルギー代表FWロメル・ルカク(25)が、将来的なセリエA移籍を示唆している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 2017年夏にエバートンから7500万ポンド(約100億円)で加入したルカクは、ここまで公式戦95試合で42ゴールを記録。だが、出場した直近7試合では無得点となっている。 ユナイテッド加入後、明らかに本調子でないルカクに関して、代理人は最近移籍を考慮し始めているという。さらにルカク本人が将来的なセリエA移籍を示唆するコメントを残した。 「いずれはそうなることを望んでいる。今はユナイテッドに集中しているけどね」 2019.04.25 22:18 Thu
twitterfacebook
thumb

世界一高額なワンタッチ? シティ戦のサンチェスのプレーが話題に

24日にマンチェスター・シティとのダービーに挑んだマンチェスター・ユナイテッド。この一戦で後半に途中出場したFWアレクシス・サンチェスのプレーをイギリス『デイリー・メール』が取り上げている。 サンチェスは2点ビハインドで迎えた83分、DFマッテオ・ダルミアンに代わってピッチに立った。後半アディショナルタイムも含めて、およそ12分間のプレーとなったが、なんとその間、サンチェスは一度しかボールに触らなかったというのだ。 この事実にツイッターでとあるファンが「最も高額なワンタッチじゃない?」と投稿。するとこれに別のユーザーが「これが今のクラブの状態ってことだ」と反応し、不調に陥るユナイテッドを嘆いた。 2018年1月にアーセナルから加入したサンチェスは週給45万ポンド(約6500万円)を稼ぐプレミアの最高給料取り。だが、ユナイテッドではそれに見合った活躍は出来ておらず、ここまでわずか5ゴールに留まっている。 2019.04.25 18:05 Thu
twitterfacebook
thumb

シティとペップがマンチェスター・ダービー勝利で3つの新たな記録を樹立!

マンチェスター・シティと同クラブを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、マンチェスター・ダービーでの勝利で新たな記録を打ち立てた。 シティは24日、プレミアリーグ第31節延期分でマンチェスター・ユナイテッドとアウェイで対戦した。首位返り咲きを目指すシティは、後半開始早々にブラジル代表MFフェルナンジーニョの負傷交代に見舞われたが、ポルトガル代表MFベルナルド・シウバとフェルナンジーニョに代わって入ったドイツ代表MFレロイ・ザネのゴールで2-0で完勝した。 この勝利で首位浮上に成功したシティとその指揮官は、新たに3つの記録を塗り替えた。様々なデータを扱う『Opta(@OptaJoe)』によると、シティはユナイテッド戦の2ゴールで今シーズンの公式戦ゴール数を「157」に。これにより、2013-14シーズンに同クラブが樹立した「156」ゴールを上回り、1シーズンでのイングランド史上最多得点記録を塗り替えた。 また、シティは今回、オールドトラフォードでのユナイテッド戦に勝利したことで、プレミアリーグでの対同クラブアウェイ戦で7勝目を記録。これも最多記録に。さらにジョゼップ・グアルディオラ監督は、プレミアリーグでのユナイテッドとのアウェイ戦で3連勝を達成した初の指揮官となった。 2019.04.25 14:05 Thu
twitterfacebook
thumb

PFA年間最優秀選手はファン・ダイクに決定! ベストイレブンは史上初の3チームのみからの選出に

2018-19シーズンのPFA年間最優秀選手にリバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが選ばれた。イギリス各紙が報じている。 イングランドとウェールズでプレーする選手から成るPFA(プロサッカー選手協会)は先日、今季の年間最優秀選手候補6名を発表していた。その中には、ファン・ダイクのほか、セルヒオ・アグエロ、ベルナルド・シウバ、ラヒーム・スターリング、サディオ・マネ、エデン・アザールの名が含まれていたが、各選手の投票によって、ファン・ダイクが初めて同賞を受賞することが決定した。 また、同協会選出のベストイレブンには、GKにエデルソン、守備陣は右からトレント・アレクサンダー=アーノルド、ファン・ダイク、アイメリク・ラポルテ、アンドリュー・ロバートソン。中盤にベルナルド・シウバ、フェルナンジーニョ、ポール・ポグバ、前線にスターリング、アグエロ、マネが並んだ。最優秀選手候補に選ばれていたアザールではなく、ポグバが選ばれた。ベストイレブンが3チームのみの構成となっているのは、45年の歴史の中で初めてのことだという。 なお、PFAから公式発表があるのは26日となっている。 2019.04.25 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ペップ、ダービー勝利もすでに視線は次節…選手たちには「よく食べて、たくさん寝ろ」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、マンチェスター・ダービーを勝利するも残されたプレミアリーグ3試合に気持ちを切り替えた。クラブ公式サイトが伝えている。 プレミアリーグで2位のシティ(勝ち点86)は24日、プレミアリーグ第31節延期分でマンチェスター・ユナイテッドとアウェイで対戦した。首位返り咲きを目指すシティは、後半開始早々にブラジル代表MFフェルナンジーニョの負傷交代に見舞われたが、ポルトガル代表MFベルナルド・シウバとフェルナンジーニョに代わって入ったドイツ代表MFレロイ・ザネのゴールで完勝。2-0でリーグ戦11連勝を達成すると共に、リバプール(勝ち点88)を抜き、首位浮上に成功した。 試合後、グアルディオラ監督はマンチェスター・ダービーでの勝利もすでに視線は中3日で迎える次節のバーンリー戦へ。選手たちにはしっかりと体を休ませるように伝えたことを明かしている。 「日曜日にはバーンリーに行く。そのため、我々は落ち着き、休まなくてはならない。その試合がどれほどタフなものになるかを理解しているからね」 「(リバプールとの優勝争い)私は、シティとリバプール、共にタイトルに値すると思っている。2位に終わったとしても後悔すべきではない。なぜなら、可能な限り全力を尽くしているからだ」 「我々は89ポイント。リバプールは88ポイント。タフなものになる。まだ3試合残されている。でも素晴らしいことだ。我々は残りの試合に勝つ必要がある。その一歩がターフ・ムーアでの一戦だ」 「選手たちには日曜日には難しい試合があるから休むように言った。リラックスしろと。話をし過ぎず、テレビも観ず、ただよく食べて、たくさん寝ろとね」 「今は今日の勝利を楽しまなくてはいけない。そして、明日からバーンリー戦に集中する」 「我々のファンには改めて感謝したい。彼らはトッテナムとの2試合と同じように素晴らしかった。感謝しているし、私はとても幸せだ」 「ホームでなくても彼らは常に素晴らしい。時折、ホームの時以上に皆の歓声が聞こえることもある。本当に感謝している」 2019.04.25 09:55 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース