YS横浜、国士舘大学のFW田場ディエゴ加入を発表! 高校時代には“日藤のマラドーナ”の異名2019.04.13 12:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
Y.S.C.C.横浜は12日、国士舘大学からFW田場ディエゴ(22)を獲得したことを発表した。なお、選手登録は7月19日(金)に移籍ウィンドーのオープンに合わせて行われる。日大藤沢高校時代に“日藤のマラドーナ”という異名を持ち、左足を駆使したドリブルを武器に第93回全国高校選手権でチーム初のベスト4に導いた田場。卒業後は国士舘大学に進学した。

YS横浜への加入が決定した田場は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「Y.S.C.C.に加入することになりました。田場ディエゴです。リーグが始まっているこの大切な時期に加入を認めてくれたチームには感謝したいです。地元神奈川でプレーできる喜びを噛み締めながら少しでも早くチームに馴染みチームの勝利に貢献できるよう頑張りたいです。今までずっと応援し続けてくれた両親やどんな時も支えてくださった方々のおかげで今の自分があります。感謝の気持ちを忘れず、Y.S.C.C.と共に成長していきたいと思います。よろしくお願い致します」
コメント
関連ニュース
thumb

YS横浜のFW大泉和也が入籍「これまで以上に責任感を持ち努力していきたい」

Y.S.C.C.横浜は17日、FW大泉和也が14日に入籍したことを発表した。 大泉は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「いつも応援して頂いている皆様へ。この度、私事ではありますがかねてからお付き合いさせて頂いている女性と入籍致しました。これまで以上に責任感を持ち努力していきたいと思います。これからも応援宜しくお願いします」 2014年に桐蔭横浜大学からYS横浜に入団した大泉。今シーズンはここまで公式戦での出場はない。 2019.05.17 15:10 Fri
twitterfacebook
thumb

YS横浜に痛恨…DF中西規真&FW大泉和也が長期離脱で開幕絶望

Y.S.C.C.横浜は18日、DF中西規真とFW大泉和也の負傷を発表した。 中西は1月30日のトレーニングで負傷。右外側半月板損傷と診断され、全治は4カ月の見込み。2月下旬に手術をする予定のようだ。一方の大泉は、1月25日のトレーニングで負傷。右足関節前方・後方インピジメント症候群と診断され、全治は3カ月。中西同様、2月下旬に手術をする予定だ。 中西は2014年に日本体育大学からYS横浜に入団。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに22試合出場した。大泉は2014年に桐蔭横浜大学からYS横浜に入団。昨シーズンはJ3リーグで31試合4ゴールを記録した。 YS横浜は3月10日にJ3リーグ開幕節のガイナーレ鳥取戦を迎えるが、両選手ともに出場が絶望的となった。 2019.02.18 18:40 Mon
twitterfacebook
thumb

YS横浜、MF奥田晃也の契約更新を発表!

Y.S.C.C.横浜は21日、MF奥田晃也(24)の契約更新を発表した。 奥田は2017年に神奈川大学からYS横浜に入団。昨シーズンは明治安田生命J3リーグで30試合4ゴールを記録した。 新シーズンもYS横浜でプレーすることが決定した奥田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「2019シーズンもY.S.C.C.でプレーさせていただくことになりました。全力で戦いますので応援宜しくお願いします」 2019.01.21 19:26 Mon
twitterfacebook
thumb

YS横浜、FW大泉和也と契約更新「さらに進化させていけるように」

Y.S.C.C.横浜は21日、FW大泉和也(27)との契約を更新したことを発表した。 神奈川県出身の大泉は、2014年に桐蔭横浜大学からYS横浜に入団。昨シーズンは明治安田生命J3リーグに31試合出場し、4ゴールを記録した。 新シーズンもYS横浜でプレーすることが決定した大泉は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「2019シーズンもY.S.C.C.で戦うことを決めました。J3参入以降積み上げてきた事をベースに、新体制でさらに進化させていけるように日々努力していきたいと思います! 今シーズンも共に闘いましょう!!」 2019.01.21 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

YS横浜がユースでプレー経験もあるドイツ人指揮官・シュタルフ悠紀リヒャルト氏を新監督に招へい

Y.S.C.C.横浜は17日、ドイツ人指揮官のシュタルフ悠紀リヒャルト氏(34)が新監督に就任することを発表した。 ドイツ・ボーフム出身のシュタルフ悠紀リヒャルト監督は、YS横浜のユースでプレー。その後は、チューリヒなどヨーロッパを中心に11カ国でプレー。ジェフユナイテッド市原・千葉リザーブスなどでもプレー経験がある。 YS横浜は、2016年に就任した樋口靖洋監督が2018シーズンで退任していた。 クラブはシュタルフ悠紀リヒャルト監督の指導歴について「14歳で地元のサッカースクールでコーチのアルバイトを始めたことをきっかけに、その後各所属先でアカデミーを見るなど主に育成年代で20年間指導。現役を引退後は、東京ヴェルディの普及部に所属しスクールでの指導に加え中央高等学院の「biomサッカーコース」で監督を務め、その後は自身の会社が運営するレコスリーグの選抜チームであるレコスユナイテッドや、請け負っている日独フットボールアカデミーで指導しながら、ベルギーのダブルパス社と提携し、日本チームのチームリーダーとしてJクラブの監査とコンサルティング業務に携わってきた」と発表している。 シュタルフ悠紀リヒャルト監督は、クラブを通じてコメントしている。 「このたび監督に就任することになりましたシュタルフ悠紀です。今から約17年前にY.S.C.C.のユースチームにお世話になっていました。以来、世界11カ国で選手・指導者として経験を積んでまいりました。34歳の私に監督としてのキャリアをスタートさせる機会を与えてくれたクラブ関係者の皆さまに心から感謝いたします。かつて自分がプレーしたクラブに再び戻ってくることが叶い、とても嬉しく思います。それと同時に、皆さまの期待に応えられるよう、大きな責任も感じています」 「これまでに私の前任者たちが積み上げてきたサッカーに、世界各国で培った私の経験と、ドイツのエッセンスをうまくブレンドして、選手やスタッフと一丸となり全員で協力して、Y.S.C.C.サポーターの皆さまに今まで以上に愛され親しまれる、皆さまの誇りとなるチームへと、より成長していけるよう頑張ります。どうぞよろしくお願いします」 2019.01.17 12:40 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース