ボローニャのコスタリカ代表DFがLAギャラクシーへ…MLSクラブと取引しての獲得2019.04.12 22:03 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アメリカ、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは11日、ボローニャのコスタリカ代表DFジャンカルロ・ゴンサレス(31)を獲得したことを発表した。

ゴンサレスはノルウェーのバレレンガやMLSのコロンバス・クルーでのプレーを経て、2014年8月にパレルモへと加入。2017年7月からボローニャでプレーしていた。

ボローニャでは、公式戦通算37試合に出場し1アシストを記録。今シーズンもセリエAで12試合に出場し1アシストを記録していた。

なお、セリエAでは通算118試合に出場し4ゴール1アシストを記録している。

また、コスタリカ代表としても2010年からプレーし、76試合に出場し2ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップ、2018年のロシア・ワールドカップに出場し通算8試合にフル出場していた。

なお、LAギャラクシーは、ゴンサレス獲得に際してトロントFCとオーランド・シティと取引をしたとのことだ。

オーランド・シティとは、2019年の分配ランキング2位をもらう代わりに、2019年と2020年の分配金の合計40万ドル(約4500万円)を提供。

トロントFCとは、オーランド・シティから獲得した2019年の分配ランキング2位とクラブが持つ2020年のスーパードラフトの指名権を差し出し、2019年の分配ランキング1位を獲得した。
コメント
関連ニュース
thumb

LAギャラクシー退団のジョバニ・ドス・サントス、ベラとメキシコ代表コンビ結成か

メキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントス(29)が、ロサンゼルスFCの加入に近づいているようだ。メキシコ『Soy Futbol』が伝えている。 先月2日に、ロサンゼルス・ギャラクシー退団が発表されたドス・サントス。2015年夏に入団し、公式戦88試合で28ゴール19アシストを記録した。 現在は無所属となっているドス・サントスの次のクラブになりそうなのが、同じメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルスFCだ。同クラブには同胞のFWカルロス・ベラが昨年1月から在籍しており、ドス・サントス入団となれば、メキシコ代表の2人がアメリカでコンビを組むことになる。 だが、伝えられるところによると、そのためにはドス・サントスは入団テストをチェックする必要があり、現時点ではまだ移籍は決定的ではないとのことだ。 2019.04.06 18:58 Sat
twitterfacebook
thumb

試合に出ればゴールを決める ズラタン、出場3試合で4ゴール

ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが絶好調だ。 LAギャラクシーは6日、MLS(メジャーリーグ・サッカー)第5節でバンクーバー・ホワイトキャップスと対戦し2-0で勝利した。試合が動いたのは63分、右サイド深くでボールを持ったイブラヒモビッチの左足のクロスをDFダニエル・スターズが頭で合わせて先制。さらに71分には、味方が右コーナーエリア付近から上げたクロスを胸トラップしたイブラヒモビッチが、浮き球を右足ボレーで流し込み追加点。イブラヒモビッチの1ゴール1アシストでLAギャラクシーが勝利を収めた。 これで、出場した3試合全てでゴールを決めたイブラヒモビッチ。内訳は4ゴール1アシスト。第2節と第3節はケガで欠場している。 イブラヒモビッチの活躍でLAギャラクシーは暫定で2位に浮上。快調な開幕スタートを切っている。 2019.04.06 17:49 Sat
twitterfacebook
thumb

ズラタン劇場! イブラが絶妙“パネンカ”に跳躍いらずのアクロバティックフィニッシュで勝利に貢献《MLS》

ロサンゼルス・ギャラクシーは3月31日、メジャーリーグサッカー(MLS)の西カンファレンスのポートランド・ティンバース戦に臨んで2-1の勝利を収めた。 元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを擁するLAギャラクシーはリーグ2連勝を目指してポートランドをホームで迎え撃った。前半の33分にイブラヒモビッチのPKによるゴールで先制に成功したホームチームは前半終了間際に同点に追い付かれる。 それでも、後半の65分に再びPKのチャンスを獲得すると、再びキッカーを務めたのはイブラヒモビッチ。ここでイブラヒモビッチはここ最近再流行の兆しを見せている“パネンカ”を試みると、やや相手GKとタイミングが合ってしまったものの、クロスバーの内側を掠めるような厳しいコースに飛ばしたことでボールはきっちりゴールネットに吸い込まれた。 そして、イブラヒモビッチの2ゴールによってチームは2-1の勝利を収めた。 また、2つのPKを冷静に決め切るさすがの勝負強さを発揮したイブラヒモビッチだが、37歳とは思えない身体能力でゴールに迫る場面も作った。 0-0の状態だった前半に右サイドから味方のクロスが入ると、これをボックス中央で待ち構えていたイブラヒモビッチは相手DFに後ろから抱え込まれながらもテコンドーで培った柔軟なキックを武器に、通常の選手であればジャンプしてのオーバーヘッドでようやく届くという軌道のボールをハイキックで難なく合わせた。惜しくもシュートはポストを叩いたものの、ホームサポーターは相変わらずの妙技に大いに沸いた。 ◆イブラも流行に乗る https://twitter.com/goal/status/1112602036602851328 ◆それ届くんですか https://twitter.com/HotSpotSoccer/status/1112526732005801984 2019.04.01 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

「父のようで息子でもある」 イブラが過去に4チームで同僚だった大親友と再会

メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに在籍する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、過去に4チームで同僚だった大親友と再会を果たした。同選手が自身の公式ツイッターで明かした。 フットボール界屈指の自信家であり、歯に衣着せぬ“俺様”ぶりが知れ渡っているイブラヒモビッチ。そのため、キャリアを通じて多くの“舎弟”を抱えている一方、親友と呼べるような選手は一握りだ。 その中で以前から大親友として知られているのが、アヤックス、インテル、バルセロナ、パリ・サンジェルマン(PSG)と4つのクラブでチームメートだった元ブラジル代表DFのマクスウェル氏。 アヤックス時代に代理人が同じミーノ・ライオラ氏で同世代だったということもあり、すぐに打ち解けた2人は性格は大きく異なるものの、公私ともに仲が良いことで知られる。 一部ではライオラ氏が、人格者として知られるマクスウェル氏をトラブルメーカーのイブラヒモビッチとチームメートをうまく取り持たせる触媒のような存在として各クラブに送り込んでいたとの指摘もある。 その後、イブラヒモビッチのマンチェスター・ユナイテッド移籍、マクスウェル氏の現役引退を受けて、2人の関係はオフ期間以外などでは疎遠となっていたが、このたび久々の再会が実現した。 現在、古巣PSGのフロント入りしているマクスウェル氏は欧州サッカー連盟(UEFA)が元トッププレーヤーのセカンドキャリア支援を目的としたUEFA MIP(クラブの管理や経営を指導する)のプログラムの一環としてアメリカを来訪中。そして、LAギャラクシーでプレーするイブラヒモビッチの元を今回訪ねたという。 イブラヒモビッチはアメリカ西海岸の屋外バスケットコートといういかにもLAらしい場所で親友とのツーショット画像を投稿すると共に、「父のようで息子でもある。#maxwell」とコメントした。 ◆久々の再会 https://twitter.com/Ibra_official/status/1111483577168875520 2019.04.01 14:18 Mon
twitterfacebook
thumb

負傷明けイブラ、インパクトを残すには何分必要? 本人の見解は…

ロサンゼルス・ギャラクシー(MLS)に所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、独特の表現で自身の負傷状態が問題ないことを伝えている。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 イブラヒモビッチは、3日のMLS開幕節シカゴ・ファイヤー戦に先発出場し、80分に決勝点をマーク。しかし、フル出場したその試合の後、アキレス腱に問題があったことが発覚し、続く第2節、第3節を欠場している。 そして、イブラヒモビッチは3月26日にトレーニングに復帰。次戦は4月1日の第4節テンバース戦となっており、実戦復帰も期待されている。さらに、復帰に向けてどの程度の感触に仕上がっているか尋ねられたイブラヒモビッチは、以下のように自信を漲らせた。 「1年間離脱していた俺は、ここに来て20分間でお前らのお気に入りのチームを相手に今までに見たことがないようなものを見せた」 「分かっているんだ。俺(がインパクトを残すため)には20分も要らない」 「(アキレス腱の)張りを感じていて、それは強く、痛くなっていった。だが、俺はあまりにも大量のアドレナリンが出ていたからプレーし続けた。自分が得点を決めると分かっていたから、(ピッチの)外に出たくなかったんだ」 イブラヒモビッチは、昨年3月22日にマンチェスター・ユナイテッド、との契約を解除し、その翌日にLAギャラクシーとの契約を発表。その前年4月に右ヒザの前十字靭帯を断裂し、約7ヵ月後に一度は復活したものの、同年12月に再び離脱していた。 そして、復帰戦は舞台をアメリカに移した昨シーズンのMLS第2節ロサンゼルスFC戦、LAギャラクシーでのデビュー戦となったが、71分からの出場で19分間のみをプレーし、2ゴールをマーク。新たな所属クラブを4-3での逆転勝利に導いていた。 2019.03.30 20:55 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース