ボローニャのコスタリカ代表DFがLAギャラクシーへ…MLSクラブと取引しての獲得2019.04.12 22:03 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アメリカ、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーは11日、ボローニャのコスタリカ代表DFジャンカルロ・ゴンサレス(31)を獲得したことを発表した。ゴンサレスはノルウェーのバレレンガやMLSのコロンバス・クルーでのプレーを経て、2014年8月にパレルモへと加入。2017年7月からボローニャでプレーしていた。

ボローニャでは、公式戦通算37試合に出場し1アシストを記録。今シーズンもセリエAで12試合に出場し1アシストを記録していた。

なお、セリエAでは通算118試合に出場し4ゴール1アシストを記録している。

また、コスタリカ代表としても2010年からプレーし、76試合に出場し2ゴールを記録。2014年のブラジル・ワールドカップ、2018年のロシア・ワールドカップに出場し通算8試合にフル出場していた。

なお、LAギャラクシーは、ゴンサレス獲得に際してトロントFCとオーランド・シティと取引をしたとのことだ。

オーランド・シティとは、2019年の分配ランキング2位をもらう代わりに、2019年と2020年の分配金の合計40万ドル(約4500万円)を提供。

トロントFCとは、オーランド・シティから獲得した2019年の分配ランキング2位とクラブが持つ2020年のスーパードラフトの指名権を差し出し、2019年の分配ランキング1位を獲得した。
コメント
関連ニュース
thumb

ここまでくるとさすがの一言、神イブラの理想のベストイレブンはやはり…

元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが自身のSNSで理想のベストイレブンを公開した。 「いつだって俺の理想のチームはこうだ。唯一選ぶとするなら監督だが、おそらくそれもズラタンになるだろう」というコメント共に、自身で選んだ最強イレブンを発表。上げられた写真にのっているのは、FWからGKまで全てイブラヒモビッチなのだ。 その強烈な個性でこれまでに多くの名言を残してきたイブラヒモビッチ。代表的なものでいうと「俺は神だ」からはじまり、自分のプレースタイルを「ズラタン流」とコメントしたりと、上げればキリがない。 また、奥さんへのプレゼントについて「何もない。彼女にはズラタンがいる」と男なら誰もが言ってみたいであろうセリフを平然と言ってのけたり、出場を逃したブラジル・ワールドカップに対し「俺のいないW杯に価値などない」と言ってのけるなど、まるで名言製造機だ。 度々エゴイストと揶揄される同選手だが、ここまでくるとむしろ清々しい。ファンからも「あなたが神だ」、「そうだな!」といったリプライが寄せられ、瞬く間にいいねやリツイートの数を伸ばしている。 <div id="cws_ad"> <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="en" dir="ltr">My favourite team of all time. I only have to decide the coach. Maybe will be Zlatan <a href="https://t.co/MvRN5krxPc">pic.twitter.com/MvRN5krxPc</a></p>&mdash; Zlatan Ibrahimović (@Ibra_official) <a href="https://twitter.com/Ibra_official/status/1148091452586520577?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年7月8日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2019.07.08 17:26 Mon
twitterfacebook
thumb

ジョバニ・ドス・サントス、父がプレーしたクラブ・アメリカに加入

クラブ・アメリカは6日、ロサンゼルス・ギャラクシーを退団したメキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントス(30)の加入で合意したことを発表した。 バルセロナのカンテラ出身であるドス・サントスは、2007-08シーズンにトップチーム昇格を果たすも、トッテナムやマジョルカといったクラブを渡り歩き、2013年夏にビジャレアルへ移籍。同クラブでの在籍2シーズンで主力として活躍し、2015年夏に元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードやアイルランド代表FWロビー・キーンが在籍していたLAギャラクシーに加入していた。 LAギャラクシーでは公式戦88試合に出場し28ゴール19アシストを記録。だが、2018シーズンはリーグ戦14試合で3ゴールと思うような活躍を見せることはできず。ドス・サントスは、4シーズンを過ごし実弟のジョナタンも在籍するLAギャラクシー退団を決断していた。 LAギャラクシー退団以降、フリーの状況が続いていたドス・サントスだったが母国に帰還を決断。ドス・サントスの父親であるシシーニョ氏が2度に渡って在籍していたクラブ・アメリカへと加入する。なお、背番号は10となる。 2019.07.07 13:20 Sun
twitterfacebook
thumb

LAギャラクシー退団のFWジョバニ・ドス・サントスが母国帰還へ

今年3月にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーを退団したメキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントス(30)が、母国メキシコのクラブ・アメリカに加入することが決定的となった。フランス『レキップ』が伝えている。 LAギャラクシー退団以降、フリーの状況が続いていたドス・サントスだったが、今回母国のクラブ・アメリカと年俸260万ユーロ(約3億1000万円)の2年契約で合意に至ったという。また、背番号10を付けることになるようだ。 なお、クラブ・アメリカはドス・サントスの父親であるシシーニョ氏が2度に渡って在籍していたクラブでもある。 バルセロナのカンテラ出身であるドス・サントスは、2007-08シーズンにトップチーム昇格を果たすも、トッテナムやマジョルカといったクラブを渡り歩き、2013年夏にビジャレアルへ移籍。同クラブでの在籍2シーズンで主力として活躍し、2015年夏に元イングランド代表MFスティーブン・ジェラードやアイルランド代表FWロビー・キーンが在籍していたLAギャラクシーに加入していた。 LAギャラクシーでは公式戦88試合に出場し28ゴール19アシストを記録。だが、2018シーズンはリーグ戦14試合で3ゴールと思うような活躍を見せることはできず。 そして、ドス・サントスは、4シーズンを過ごし実弟のジョナタンも在籍するLAギャラクシー退団を決断していた。 2019.07.06 17:11 Sat
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチの給与が大幅アップ! MLS史上最高額に

ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの2019シーズンにおける給与がメジャーリーグ・サッカー(MLS)史上最高額となる模様だ。アメリカ『ワシントンポスト』が伝えている。 昨年3月にマンチェスター・ユナイテッドからアメリカに活躍の場を移したイブラヒモビッチ。MLSでは年俸に上限が設けられており、それを超える年俸を受け取れる特別指定選手は1チームにつき3人までとなっている。LAギャラクシーは、イブラヒモビッチの加入時にすでにその枠が埋まってしまっていたため、イブラヒモビッチはわずか150万ドル(約1億6000万円)しか受け取っていなかった。 それが今シーズンは、メキシコ代表FWジョバニ・ドス・サントスの退団で枠が一つ空いたため、イブラヒモビッチに相当の給与を与える余裕ができた。 そして、『ワシントンポスト』がMLS選手協会の情報をもとに伝えるところによると、イブラヒモビッチは今シーズン、720万ドル(約7億8000万円)のサラリーを受け取ることになるようで、元ブラジル代表MFカカが2017年にオークランド・シティから受け取っていたおよそ716万ドル(約7億7500万円)を上回るMLS史上歴代最高額となるという。 なお、現在MLSに所属する選手でトップの給与を受け取っている選手はイブラヒモビッチ以外では以下の通り。 <span style="font-weight:700;">マイケル・ブラッドリー</span>(トロントFC)/643万ドル(約6億9600万円) <span style="font-weight:700;">ジョジー・アルティドール</span>(トロントFC)/633万ドル(約6億8500万円) <span style="font-weight:700;">カルロス・ベラ</span>(ロサンゼルスFC)/630万ドル(約6億8200万円) <span style="font-weight:700;">バスティアン・シュバインシュタイガー</span>(シカゴ・ファイアー)/560万ドル(約6億円) <span style="font-weight:700;">イグナシオ・ピアッティ</span>(モントリオール・インパクト)/444万ドル(約4億8000万円) <span style="font-weight:700;">ウェイン・ルーニー</span>(DCユナイテッド)/350万ドル(約3億7900万円) <span style="font-weight:700;">ホセフ・マルティネス</span>(アタランタ・ユナイテッド)/306万ドル(約3億3100万円) ちなみに、ジョバニ・ドス・サントスは650万ドル(約7億円)だった。 MLSに登録されている691選手のうち、年俸が100万ドルを超えているのは7.8%に当たる54人。また、上記のような特別指定選手を除いた選手の平均給与は34万5867ドル(約3700万円)で、昨シーズンから13.3%の増加、ここ5年で1.5倍に跳ね上がっているという。 2019.06.13 14:10 Thu
twitterfacebook
thumb

37歳イブラヒモビッチが驚愕のバイシクル弾披露! だが、チームは敗戦…《MLS》

メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、2日に行われたニューイングランド・レヴォリューション戦で驚愕のバイシクルシュートを決めた。 LAギャラクシーは2日、ニューイングランドと対戦し1-2で敗戦した。この試合でチームは競り負けて連勝がストップしたものの、イブラヒモビッチ自身は見事なゴールで意地を見せた。 イブラヒモビッチはチームが0-2とリードを許して迎えた84分、相手陣内右サイドからのロングスローを味方が繫ぐと、ボックス左で相手DFと競りながら胸トラップから右足でボールを浮かせると、そのまま反転して再び右足でバイシクルシュートを放つ。そして、このシュートがゴールネットを揺らした。 37歳とは思えない怪物の驚愕のゴラッソに一気に試合の流れはホームチームに傾いたものの、後半アディショナルタイムの猛攻がクロスバーに阻まれるなど、最終的に1-2の敗戦となった。 先日のニューヨーク・シティ戦での暴力行為で2試合の出場停止処分を科されたイブラヒモビッチだが、出場明けの2試合で連続ゴールを記録。また、今季ここまでMLSで12試合に出場11ゴールを挙げる健在ぶりを見せている。 ◆195cmの巨躯が宙を舞う! https://twitter.com/LAGalaxy/status/1135402353211797505 2019.06.03 14:23 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース