リバプール、『ナイキ』とプレミア史最大のユニフォーム契約か2019.04.12 14:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールが大手スポーツブランド『ナイキ』とのユニフォームサプライヤー契約に動いているという。『ESPN』が報じた。2015-16シーズンから『ニューバランス』社のユニフォームを着用するリバプール。サプライヤー契約金として年間4500万ポンドを手にしているが、その契約も2019-20シーズンに失効する。そうしたなか、新たに『ナイキ』社とのユニフォームサプライヤー契約についての交渉を進めている模様だ。

その気になる交渉中の内容は、2015-16シーズンからマンチェスター・ユナイテッドと『アディダス』社が結ぶ10年総額7億5000万ポンド(現レートで約1095億円)以上とも…。そうなれば、プレミアリーグ史上最大のユニフォームサプライヤー契約になる。

ユルゲン・クロップ監督就任後、メキメキと力をつけ、今シーズンもここまでプレミアリーグ首位争いを演じるなど好調なリバプール。今回の報道どおり、『ナイキ』社との超大型契約にこぎつければ、チームの巨大化を加速化させることが可能になるが、果たして…。
コメント
関連ニュース
thumb

PFA年間最優秀選手はファン・ダイクに決定! ベストイレブンは史上初の3チームのみからの選出に

2018-19シーズンのPFA年間最優秀選手にリバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクが選ばれた。イギリス各紙が報じている。 イングランドとウェールズでプレーする選手から成るPFA(プロサッカー選手協会)は先日、今季の年間最優秀選手候補6名を発表していた。その中には、ファン・ダイクのほか、セルヒオ・アグエロ、ベルナルド・シウバ、ラヒーム・スターリング、サディオ・マネ、エデン・アザールの名が含まれていたが、各選手の投票によって、ファン・ダイクが初めて同賞を受賞することが決定した。 また、同協会選出のベストイレブンには、GKにエデルソン、守備陣は右からトレント・アレクサンダー=アーノルド、ファン・ダイク、アイメリク・ラポルテ、アンドリュー・ロバートソン。中盤にベルナルド・シウバ、フェルナンジーニョ、ポール・ポグバ、前線にスターリング、アグエロ、マネが並んだ。最優秀選手候補に選ばれていたアザールではなく、ポグバが選ばれた。ベストイレブンが3チームのみの構成となっているのは、45年の歴史の中で初めてのことだという。 なお、PFAから公式発表があるのは26日となっている。 2019.04.25 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ一筋インシーニェ争奪戦はリバプールがリード?

リバプールが、ナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ(28)獲得に近づいているようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ナポリ下部組織出身で2009年にトップチームデビューを飾って以降、クラブ一筋を貫いてきたインシーニェ。しかし、これまで様々な移籍の噂が取り上げられてきた中で、同選手が昨年にミノ・ライオラ氏に代理人を変更したことや移籍を希望しているという旨の記事も飛び出したことで、退団の可能性が浮上している。 また、インシーニェは先日のヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのアーセナル戦(2戦合計スコア0-3で敗退)で、60分にベンチに下げたカルロ・アンチェロッティ監督の采配に不満を呈した。これが原因で選手と指揮官の関係が壊れつつあるとも伝えられている。 そして今回伝えられるところによると、ナポリは適正価格のオファーが届いた場合、インシーニェの放出も容認する可能性があるという。そんな中、関心を示しているチェルシーやパリ・サンジェルマン(PSG)、バイエルン、インテルといった数々のビッグクラブを退き、前線の強化を目指すリバプールが同選手獲得に一歩リードしているようだ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、インシーニェ獲得には6000万ポンド(約86億円)の移籍金が必要とのこと。2020年まで契約を残すインシーニェは先日、移籍の噂や自身が移籍を希望した発言を全て否定し、ナポリ残留を強調していたが、果たして今夏、2006年から過ごしてきたクラブを離れることになるのだろうか。 2019.04.25 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールOBキャラガーがダービーでユナイテッドを全力支援! ユニフォーム着用姿をSNSに投稿

リバプールのレジェンドである元イングランド代表DFのジェイミー・キャラガー氏が、24日に行われる“マンチェスター・ダービー”で宿敵マンチェスター・ユナイテッドを全力で支援する意向を示した。同氏が自身の公式ツイッターで明かした。 24日に行われるプレミアリーグ第31節延期分、マンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティによる“マンチェスター・ダービー”は、優勝&トップ4争いを左右する重要な一戦となる。 とりわけ、1試合消化試合が多く勝ち点2差で暫定首位に立つリバプールにとっては、今節でシティが取りこぼした場合、自力での優勝の可能性が復活する、非常に大きな意味合いを持つ試合となる。 そのため、MFジェイムズ・ミルナーらリバプールの選手たちは犬猿の仲として知られる赤い悪魔を今回の一戦に限っては応援することを明言している。 そして、古巣のプレミアリーグ初優勝を誰よりも願うキャラガー氏も同様に、今回に限ってユナイテッドを全力で支援する意向を示した。 キャラガー氏はこのダービーが行われる数時間前に自身がコメンテーターを務めるイギリス『スカイ・スポーツ』のスタジオ内でユナイテッドOBであるギャリー・ネビル氏と共にスタンバイしている様子を、自らのツイッターに短い動画で投稿。 そして、その動画には「Glory! Glory!」というユナイテッドの応援歌を模したコメントと共に、スーツを脱いでユナイテッドのユニフォームを着用する同氏の様子が映されていた。 キャラガー氏に関しては、昨年3月にリバプールがオールド・トラフォードで1-2の敗戦を喫した際に、自身の車でスタジアムを後にする際、並走したユナイテッドファンから「2-1で勝ったぜ」と執拗な挑発を受け、唾を吐きかけたところ助手席に座っていた14歳の少女にかかってしまうという騒動に見舞われた過去がある。 それほど敵対視する宿敵のユニフォームを着用することは屈辱的なことだが、古巣の優勝を願って宿敵を応援する重い決断を下したようだ。 ただ、今回の一戦でユナイテッドが敗戦を喫した場合、試合後のスタジオではユナイテッド陣営をいつも以上にこき下ろす同氏の姿が見られるかもしれない。 ◆背番号は2番のネビル https://twitter.com/Carra23/status/1121062932022951937 2019.04.25 01:21 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、リバプールMFグルイッチに関心? ロドリ流出時の保険か

アトレティコ・マドリーがリバプールからヘルタ・ベルリンにレンタル移籍中のセルビア代表MFマルコ・グルイッチ(23)の獲得に関心を示しているようだ。『ESPN』が伝えている。 今夏の移籍市場でスペイン代表MFロドリゴ・エルナンデスにマンチェスター・シティなどへの移籍の噂が出ているアトレティコは、主力流出時に備えて後釜候補のリストアップを行っているようだ。 その候補の1人が、リバプールで忘れ去られた男のようだ。 2013年にセルビアの名門ツルヴェナ・ズヴェズダでプロデビューを果たしたグルイッチは、その後2016年にリバプールに移籍。移籍後はすぐにツルヴェナ・ズヴェズダ、カーディフ、ヘルタ・ベルリンとレンタル移籍を繰り返している。 ただ、今季加入したヘルタ・ベルリンでは足首のケガで10試合ほどの離脱を強いられた中、リーグ戦19試合に出場し4ゴール1アシストを記録するなど、好パフォーマンスを披露。とりわけ、空中戦や高いデュエルの勝率が、戦える選手を好むディエゴ・シメオネ監督の関心を集めているようだ。 ただ、リバプールはグルイッチの移籍金を強気な4000万ユーロ(約50億円)程度に設定しており、財政面で問題を抱えるアトレティコとしては減額交渉が必要になりそうだ。 2019.04.25 00:01 Thu
twitterfacebook
thumb

優勝のためなら! ミルナーが“人生初”のユナイテッドを応援!

リバプールのイングランド代表MFジェームズ・ミルナーが、24日に行われるプレミアリーグ第31節延期分のマンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティについてコメント。人生初の試みをすると明かした。イギリス『BBC』が報じた。 現在、勝ち点88でプレミアリーグの首位に立つリバプール。しかし、優勝を争うシティよりも1試合消化が多く、勝ち点差は「2」という状況。シティの自力優勝が残されている状況だ。 そんな中、延期されていた“マンチェスター・ダービー”が24日に開催。優勝を目指すシティの前に立ちはだかるのは、トップ4入りを目指すユナイテッドという熱い展開が予想される構図となっている。 この一戦について、リバプールのミルナーがコメント。ユナイテッドの勝利を願う立場だが、「僕の人生で初めてだね」と初めてユナイテッドを応援するとコメント。一方で、試合は観戦せず、自分たちが最後まで勝ち続けると意気込みを語った。 「でも、僕は観ないだろう。それは少しエネルギーを消費するし、他のゴールを喜ぶことになる。何をするかは分からないけど、多分食事に出かけるかな」 「僕たちは残りのゲームに勝つ必要がある。それをしても、十分でない場合は、両手を上げて『よくやったシティ』と言わなければならないね」 「彼らはトップチームだ。それを成し遂げているし、磨き上げている。僕たちができることは、残りの試合に勝利し、彼らにプレッシャーを与えることだけだよ」 リバプールはプレミアリーグになってからの優勝はなく、リーグ優勝は1989-90シーズンが最後。29シーズンぶりの優勝を目指している状況。古巣であるシティの優勝を阻むためには取りこぼしを期待するしかない状況だが、ミルナーの願いは届くのだろうか。 2019.04.23 10:10 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース