スパーズ、ケインの左足首じん帯損傷を発表! 左手骨折のデレ・アリは経過次第で週末プレー可能か2019.04.12 03:46 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムは11日、9日のマンチェスター・シティ戦で負傷したFWハリー・ケインとMFデレ・アリの診断結果を発表した。トッテナムは9日、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝1stレグでシティと対戦し、1-0の勝利を収めた。

しかし、同試合の後半立ち上がりには相手MFファビアン・デルフに左足首をスパイクされたケインが負傷交代を強いられた。さらに、試合終了間際には競り合いの際の着地で左手首を痛めたデレ・アリも負傷交代となっていた。

そして、トッテナムは試合から2日後となった11日に両選手に関する最新のメディカルレポートを発表した。

ケインに関しては左足首のじん帯に“重大な”損傷を負ったと発表。離脱期間に関しては明かされていないが、今季中の復帰は厳しい状況かもしれない。

一方、デレ・アリに関しては左手の骨折と発表。ただ、13日に行われるプレミアリーグ第34節、ハダースフィールドの出場の可否に関しては今後の経過を観察して評価すると伝えており、負傷箇所に装具を付けてプレーできる可能性があるようだ。

現在、プレミアリーグで暫定4位と熾烈なCL出場権争いに身を置く傍ら、CLではクラブ史上初となるベスト4進出を目指すトッテナムだが、エースストライカーの不在は大きな痛手となりそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

ポチェ、決勝弾のエリクセン残留を願う「特別な人間だ」

トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、決勝ゴールを奪ったデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(27)の契約延長を望んでいる。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 トッテナムは23日、プレミアリーグ第33節延期分でブライトン&ホーヴ・アルビオンと対戦。相手の堅守に苦戦し、ゴールが奪えないまま迎えた89分、エリクセンがバイタルエリア右よりからカットインし、左足を振り抜くと豪快にゴール右へと突き刺さった。このゴールが決勝点となり、トッテナムが1-0で勝利した。 試合後、ポチェッティーノ監督はエリクセンを「特別な人間」と称賛。現在、同選手がレアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドから関心を示されている中、契約延長に合意することを願った。 「クリスティアンは特別な人間だよ」 「彼とクラブが合意するタイミングは、他の選手たちとはおそらく違う。彼が将来もここにいてくれることを祈っている。シーズンの終わりに近づいているし、今に集中したい」 2019.04.24 08:40 Wed
twitterfacebook
thumb

堅守に苦しみながらも終盤のエリクセン弾でトッテナムが勝利を飾る!《プレミアリーグ》

トッテナムは23日、プレミアリーグ第33節延期分でブライトン&ホーヴ・アルビオと対戦し、1-0で勝利した。 FAカップ準決勝の開催により延期されていた一戦。直近に行われた第35節のマンチェスター・シティとの大一番を0-1で落とし、リーグ戦3試合ぶりの黒星を喫したトッテナム。バウンスバックが求められる17位のブライトンとのホームゲームに向けてはシティ戦から先発5人を変更。筋肉系の問題でシティ戦を欠場した守護神ロリスやワニャマ、トリッピアー、ローズ、ジョレンテが先発で起用された。 最前線にジョレンテを配置した[4-3-2-1]で試合に臨んだトッテナムは、立ち上がりからボールを保持して相手を押し込む。すると20分、ボックス左横で獲得したFKをエリクセンが直接狙うと、壁にディフレクトしたボールにワニャマが飛び込むも、わずかに届かず。さらに相手DFのクリアボールをボックス中央で拾ったヴェルトンゲンが左足を振り抜いたが、これはゴール前のワニャマに当たってしまった。 防戦一方の時間が続いたブライトンだが、38分にロングカウンターから反撃。グロスのロングパスで右サイドを抜け出したジャハンバクシュが相手DFとGKの間へクロスを供給。これにアンドネが飛び込んだが、わずかに合わない。 ハーフタイムにかけてもブライトンに付け入る隙を見せないトッテナムは、前半終了間際に決定機。前半アディショナルタイム1分、トリッピアのロングパスをゴールエリア手前で受けたデレ・アリが柔らかいトラップからシュートを放ったが、これはゴールカバーに入ったダフィのブロックに防がれた。 後半に入っても主導権を握るのはトッテナムは66分、バイタルエリア左からカットインしたローズの強烈なミドルシュートが枠を捉えたが、これはGKライアンが弾く。さらに72分には、アルデルヴァイレルトがペナルティアーク右からシュートを放ったが、これは右ポストに弾かれた。 ゴールの遠いトッテナムは、80分にルーカス・モウラを下げて今季初出場となるヤンセンを、82分にワニャマを下げてベン・デイビスをピッチに送り出した。すると89分、バイタルエリア中央右寄りでパスを受けたエリクセンがカットインから左足一閃。このシュートがゴール右隅に突き刺さった。 結局、これが決勝点となり1-0でトッテナムが勝利。相手の堅守に苦しみながらも終盤のエリクセン弾で勝ち点3を手にしたトッテナムは、熾烈なチャンピオンズリーグ出場権争いで一歩抜け出した。 2019.04.24 05:48 Wed
twitterfacebook
thumb

ナポリ、SB新戦力としてトリッピアーに関心か ユナイテッドも興味

ナポリが、トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(28)の獲得に興味を示しているようだ。イタリア『gianlucadimarzio.com』が報じた。 マンチェスター・シティ下部組織出身のトリッピアーは、2015年6月にバーンリーからトッテナムに加入。加入初年度は控えだったが、正確なキック精度と豊富な運動量で出場機会を増やしていき、今シーズンは主力として公式戦33試合で1ゴール5アシストを記録している。 今回伝えられるところによると、カルロ・アンチェロッティ監督は、来シーズンに向けてサイドバックの補強を考慮している模様。獲得候補の1人としてトリッピアーに関心を寄せており、既にトッテナム側にコンタクトを取ったという。 だが、スパーズはチャンピオンズリーグ(CL)に焦点を当てていることから、シーズン終了後に交渉を行いたいと考えているとのことだ。また、マンチェスター・ユナイテッドもトリッピアーに関心を寄せていることから競合する可能性もありそうだ。 2019.04.21 22:04 Sun
twitterfacebook
thumb

エリクセン、スパーズと契約延長へ! 現行給与から2倍以上の条件で合意か

トッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(27)がクラブとの契約延長に近づいているようだ。海外版『goal.com』が伝えている。 2013年にアヤックスからトッテナムに加入して以降、卓越した攻撃センス、テクニック、豊富な運動量を武器に絶対的な司令塔に君臨しているエリクセン。今季ここまでも公式戦44試合に出場し、8ゴール17アシストの数字を残している。 トッテナムにとってエースFWハリー・ケイン、MFデレ・アリ、FWソン・フンミンと共にチームのアタッキングユニットになくてはならない存在であるデンマーク代表だが、他クラブに比べて著しく低いサラリーの問題もあり、契約延長交渉が難航している。 2020年まで契約を残すエリクセンに関してはレアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッド、ユベントスなど国内外のメガクラブが関心を示しており、今夏にも新天地を求める可能性が指摘されている。 しかし、『goal.com』が伝えるところによれば、絶対的司令塔の慰留を目指すトッテナムとエリクセン側はここ数週間の間で契約延長に向けた交渉が大きく進展しているという。 そして、現在クラブはエリクセンが現在受け取っていると言われている週給7万5000ポンド(約1080万円)から、少なくとも2倍以上となるサラリーを支払うことで交渉成立を目指しているという。 ただ、条件面での交渉が大詰めを迎えている一方、契約延長成立に向けてはピッチ内での仕事が重要となる。 現在、キャリア最盛期を迎えているエリクセンはチャンピオンズリーグ(CL)でのプレーやタイトル獲得を望んでおり、仮にトッテナムが来季のCL出場を逃した場合、移籍を選ぶ可能性が依然として残っている。 トッテナムはプレミアリーグ第34節終了次点で5位のチェルシーと勝ち点1差、6位のマンチェスター・ユナイテッド(1試合未消化)と勝ち点3差の3位に位置している。したがって、来季CL出場に向けては残り4試合のリーグ戦を全勝して自力でのトップ4フィニッシュを決めるか、準決勝まで進出している今季CLで優勝する必要がある。 そのため、仮にエリクセンが契約延長にサインするとしても公式発表はCL出場権獲得の有無が判明する5月末から夏以降になるようだ。 2019.04.21 18:00 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:マンチェスター・シティ 1-0 トッテナム《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第35節、マンチェスター・シティvsトッテナムが20日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽マンチェスター・シティ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190419_102_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 31 エデルソン 7.0 前後半に4度の決定的なシュートを阻止。飛び出しの判断も秀逸だった DF 2 ウォーカー 6.0 攻守にそつのないプレーぶり。とりわけ、後半は果敢な縦への仕掛けで相手の脅威に。ただ、VARがあればハンドでPKという微妙な対応も… 5 ストーンズ 5.5 立ち上がりにミスパスを犯すなど試合の入りに失敗。相手の快足アタッカーの対応に苦戦 14 ラポルテ 6.0 ソン・フンミンの決定的なシュートをブロックするなど戦犯となった前回対戦からのリバウンドメンタリティを示した 35 ジンチェンコ 5.5 負傷明けで難しい一戦でプレー。ビルドアップへの絡みなど攻撃面は安定も守備の強度がやや足りなかった MF 17 デ・ブライネ 5.5 立ち上がりから積極的にプレーも前半半ばに左足を痛めて無念の負傷交代… (→フェルナンジーニョ 5.5) デ・ブライネ負傷を受けて緊急出場。相手の守備的な戦い方もあって無理を強いられる場面は少なかった 8 ギュンドアン 6.0 流動的なインサイドハーフを生かすためにバランス重視のプレー。要所で機転を利かせたパスでチャンスに絡む 47 フォーデン 6.5 指揮官の先発抜擢に応えるプレミア初ゴール。周囲のサポートを受けてポジションを意識し過ぎず、積極的にボールを呼び込んでチャンスに絡んだ (→シルバ -) FW 20 ベルナルド・シウバ 7.0 先制点の起点に。前回対戦同様に右サイドで起点を作り崩しの局面で存在感。守備の仕事も怠らず 10 アグエロ 6.0 先制点をアシスト。中盤に下りて起点となったが、相手の5バックに対してなかなかフィニッシュに持ち込めず (→ザネ 5.5) スターリングの決定機を演出も序列を覆すようなアピールは見せられず 7 スターリング 5.5 幾つか惜しいクロスを供給も疲労と相手の守備的布陣の影響で普段ほどの躍動感は見せられず 監督 グアルディオラ 6.0 フォーデン抜擢が勝利をもたらす。ただ、デ・ブライネの負傷など勝ち点3以外に得たものはなし ▽トッテナム採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190419_102_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 22 ガッサニーガ 5.5 ロリスのケガを受けて久々の出場。1失点も相手の枠内シュートを冷静に阻止した DF 21 フォイス 6.0 失点場面では絞ってアグエロに対応したかった。それ以外では初めてのポジションで攻守に及第点の出来 6 D・サンチェス 6.0 失点場面ではアグエロ、フォーデンに対してどっちつかずの対応に。それでも、スターリングとの一対一など対人守備は安定 4 アルデルヴァイレルト 5.5 ややマイボール時にバタつく場面もあったが、守備では粘りの対応が光った (→ジョレンテ -) 5 ヴェルトンゲン 6.0 相手の流動的な攻撃に対して不用意に釣り出されず、冷静に対応した。一対一では強さが光った 33 B・デイビス 5.5 良いインターセプトや球際の対応も見せたが、全体的に対面のベルナルド・シウバの対応に苦慮 MF 23 エリクセン 5.5 前半に2度の決定機に絡んだ。疲労が残る中で運動量はやや少なかったが、卓越した技術は健在 15 E・ダイアー 5.0 ケガ明けでぶっつけ本番も球際では強度を示した。ただ、試合勘の影響か球出しの部分で視野や精度にもの足りなさも (→ワニャマ 5.0) 守備は無難にこなすも配球面で物足りず 20 デレ・アリ 5.5 前回対戦同様に守備を意識したプレーが多くなり、なかなか前線に飛び出すプレーは出せず (→ローズ 5.0) セントラルMFでプレーも冷静さを欠いて終盤の小競り合いの一因に FW 27 ルーカス・モウラ 5.5 中盤のサポートが少ない中、ソン・フンミンと共に幾度か個人技でチャンスを創出 7 ソン・フンミン 6.0 前線で孤立気味も切り替えの局面で高い集中力をみせ、幾度も相手に冷や汗をかかせる仕掛けを披露 監督 ポチェッティーノ 5.5 多くのケガ人や疲労を考えれば、妥当なゲームプラン。惜しむらくは立ち上がりの失点と決定力 ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! エデルソン(マンチェスター・シティ) 決勝点を決めたフォーデン、フィールドプレーヤーで最高の輝きを放ったベルナルド・シウバの活躍も見事だったが、前半の流れが悪い局面で失点を許さなかった守護神の活躍を最も評価したい。 マンチェスター・シティ 1-0 トッテナム 【マンチェスター・シティ】 フォーデン(前5) 2019.04.20 22:38 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース