イスラエルの英雄ベナユンが現役引退! リバプールやチェルシー、アーセナルで活躍2019.04.11 23:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてリバプールやチェルシー、アーセナルなどでプレーしたベイタル・エルサレムの元イスラエル代表MFヨッシ・ベナユン(38)が今季限りでの現役引退を発表した。同氏が11日に自身の『インスタグラム』で明かした。

今季限りで現役を引退して来季からベイタル・エルサレムのスポーツ・ディレクター就任を発表した38歳のベテランMFは以下のようなコメントを残している。

「正直なところ、僕はキャリアを通じて多くの経験をしてきたけど、それでもキャリアを終えるという決断を準備させるのに十分ではなかったと思っているよ」

「イスラエル代表、僕はいつでもチームを支持しプレーする準備をしていたから公式に代表引退を発表するつもりはなかったんだ」

「たとえ、何処でプレーしていてもこの国の人たちを代表してプレーする気持ちを抱いていたし、常に心の不可欠な場所にある」

「僕にとって今回の発表を通じて最も重要だったことはファンたちに感謝を伝えることだった。みんなは何処でも僕に愛を注いでくれたのだからね」

「次の章が挑戦的で刺激的なものであると確信しているよ。自分の信条と共にこれからも前に進み続けるよ」

1997年に母国のハポエル・ベエルシェバでプロキャリアをスタートしたベナユンは、マッカビ・ハイファを経て2002年にラシン・サンタンデールに加入し、ヨーロッパ主要リーグでのキャリアをスタート。

その後、ウェストハム、リバプール、チェルシー、アーセナル、QPRといったプレミアリーグのクラブを渡り歩き、2014年に古巣マッカビ・ハイファに復帰。以降はマッカビ・テルアビブ、ベイタル・エルサレムと国内のクラブでプレーしてきた。

なお、リバプール時代にはプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、FAカップの3つのコンペティションでハットトリックを記録しており、これはマンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロ、トッテナムFWハリー・ケインの2人しか達成していない偉大な記録だ。

攻撃的MFや左右のウイングを主戦場に卓越したテクニックとパスセンス、高いシュートセンスを武器とする、イスラエル史上最高のアタッカーは、1998年にデビューを果たした代表チームでは歴代最多となる102キャップを記録し、歴代2位タイの24ゴールを挙げている。
コメント
関連ニュース
thumb

アタランタがセリエA得点ランク2位のD・サパタの移籍金を5000万ユーロに設定か

アタランタがコロンビア代表FWドゥバン・サパタ(28)の移籍金を5000万ユーロ(約62億5000万円)に設定したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今季のセリエAで21ゴールを挙げ、得点ランク2位に付けるD・サパタ。アタランタをチャンピオンズリーグ出場権争いに導く印象的な活躍を続けるFWに対し、イタリア国内ではインテルとローマが、プレミアリーグからはニューカッスルとウェストハムが獲得に興味を示しているとのことだ。 今季、レンタル料1400万ユーロでサンプドリアからアタランタに加入したD・サパタは、買い取りオプションを行使する際にはさらに1200万ユーロを支払う契約となっているが、倍近い金額で他クラブへ移籍することになるのだろうか。 2019.04.25 01:19 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェコ、ハマーズ移籍に「ノー」か

ローマに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ(33)のウェストハム移籍はないという。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 今夏の移籍報道が錯綜するジェコ。マンチェスター・シティ時代の恩師であるマヌエル・ペジェグリーニ監督のウェストハムが獲得に興味を示しているとみられ、移籍成立の見方も取り沙汰されてきたが、「ノー」の回答を突きつけた模様だ。 そのジェコの希望はセリエA残留であり、現時点で国内からインテルが関心。水面下での接触で前向きな反応を示しているジェコだが、インテルが獲得に乗り出すのはアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディを放出した場合に限るという。 なお、ジェコの契約は来シーズンまで。ローマは現時点で年齢面を考慮して延長オファーを出さない方針とみられる。 2019.04.19 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

マドリー、ユナイテッド熱視線のライスに関心か

レアル・マドリーがウェストハムのイングランド代表MFデクラン・ライス(20)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 14歳までチェルシーの下部組織に在籍し、そのあと加入したウェストハムで2016-17シーズンにトップチームデビューを果たしたライス。守備的MFを主戦場にセンターバックもこなせるユーティリティプレイヤーであり、今シーズンのプレミアリーグ31試合に出場している。 また、先日アイルランド代表からの国籍変更が認められて3月22日に行われたチェコ代表戦ではイングランドでのフル代表デビューも飾っていた。 そのライスにマドリーが関心を示している模様。チェルシーやベンフィカ、ウェストハムなどで活躍したスコット・ミント氏がイギリス『スカイ・スポーツ』で「レアル・マドリーもデクラン・ライスのドアをノックして、彼の家族と話していると耳にした。誰から聞いたか話すつもりはないが信用できる情報源だ」とコメントしたようだ。 しかし、ライスは昨年12月に2024年まで契約を延長したばかり。さらに、マンチェスター・ユナイテッドが、同選手の獲得に向け5000万ポンド(約72億8000万円)を用意していると具体的な数字も伝えられている。 ジダン監督は去就が不透明となっているスペイン人MFマルコス・ジョレンテの後釜としてライスをリストアップしているとのこと。ライスの獲得には激しい争奪戦が予想されるが、どのような結末を迎えるだろうか。 2019.04.15 21:40 Mon
twitterfacebook
thumb

PK2つでウェストハムに辛勝したユナイテッド、CLバルサ戦に弾み《プレミアリーグ》

マンチェスター・ユナイテッドは13日、プレミアリーグ第34節でウェストハムと対戦し、2-1で勝利した。 現在6位のユナイテッド(勝ち点61)。リーグ戦ここ3試合で2敗を喫し、スールシャール体制発足後から続いていた快調ぶりも陰りが見えてきた。直近のチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦では善戦しながらもホームで相手の先勝を許してしまった。負けられない戦いが続く中、今節のスタメンはバルセロナ戦から5選手が変更となった。 一進一退の序盤戦、10分に左サイドからクロスを上げたウェストハムは、味方の落としをフェリペ・アンデルソンが押し込んだがオフサイドの判定に。 ヒヤリとしたユナイテッドは気を取り直して攻撃へ。すると19分、左サイド深い所からの折り返しを狙いにいったマタが相手に倒されPKを獲得。これをポグバがきっちり決めてユナイテッドが先制に成功した。 しかし、その後はウェストハムにポゼッションを許す展開に。ユナイテッド相手に主導権を握ったウェストハムはフェリペ・アンデルソンを中心に崩しにかかるが決定的なシュートはない。 一方、ユナイテッドもポゼッションは相手に許しながらも効率のいい攻撃でシュート数では上回る。だが、枠内シュートがほとんどなく、前半のハイライトは序盤だけだった。 だが後半の立ち上がりに試合は盛り上がった。後半もボールを保持するウェストハムは49分、ボックス左でパスを受けたランシーニのインスイングのクロスをファーサイドでフェリペ・アンデルソンが押し込み同点とした。 予期せぬ展開にユナイテッドは55分、マタに代えてラッシュフォードを投入。するとそのラッシュフォードが早速チャンスを迎える。58分、スモーリングの縦パスからボックス右に侵入。右足を振り抜いたがGKファビアンスキに止められた。63分にもセットプレーの流れからラッシュフォードがヘディングシュートを放つも枠の上へ。 ラッシュフォードの投入から攻勢を強めてきたユナイテッドに対し、ウェストハムも20歳のアタッカー、ディアンガナを投入し活性化を図る。73分には古巣対決だったエルナンデスを下げてアントニオをピッチへ。 互角の戦いを続けていた両者だったが、均衡は80分に崩れる。ウェストハムのCKのカウンターから攻撃に転じたユナイテッドは、マルシャルがボックスに侵入。シュートを打つ寸前に後ろから途中出場のフレデリックスに倒され、2度目のPKが与えられた。そしてこれを再びポグバが沈めて勝ち越し。 そして、試合はこのまま終了。ポグバのPK2発で辛勝したユナイテッドがC出場権争いに踏みとどまると共に、バルセロナ戦に弾みをつけた。 2019.04.14 03:36 Sun
twitterfacebook
thumb

香川真司にプレミア復帰の可能性! ウェストハム&エバートンが関心

ベシクタシュに所属する日本代表MF香川真司(30)にプレミアリーグ復帰の可能性が浮上した。イギリス『Tribal Football』が報じた。 今冬に出場機会を求め、シーズンローンでベシクタシュに活躍の場を移した香川。その新天地トルコでスュペル・リグ7試合3得点1アシストと輝きを取り戻しつつあり、先の代表ウィークでロシア・ワールドカップ(W杯)以来の日本代表招集も受けた。 ただ、2020年夏までドルトムントとの契約を残す香川を巡っては現在、今シーズン終了後の去就が錯綜。ベシクタシュが今夏の買い取りを希望しているとされたが、人員整理や経費削減を理由に完全移籍での獲得が難しいという見方も少なくない。 そうした状況の香川に対して、ウェストハムとエバートンが接触を図っており、マンチェスター・ユナイテッド時代以来となるイングランド復帰のチャンスがあるとのこと。なお、ドルトムント側もオファーが届けば、引き止めの意思はないとみられる。 香川にとって、イングランドは十分に真価を証明できずに去った苦い思い出が残る地。以前にスペイン挑戦希望を公言した香川だが、未来はどこにあるのだろうか。 2019.04.13 19:30 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース