イスラエルの英雄ベナユンが現役引退! リバプールやチェルシー、アーセナルで活躍2019.04.11 23:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてリバプールやチェルシー、アーセナルなどでプレーしたベイタル・エルサレムの元イスラエル代表MFヨッシ・ベナユン(38)が今季限りでの現役引退を発表した。同氏が11日に自身の『インスタグラム』で明かした。今季限りで現役を引退して来季からベイタル・エルサレムのスポーツ・ディレクター就任を発表した38歳のベテランMFは以下のようなコメントを残している。

「正直なところ、僕はキャリアを通じて多くの経験をしてきたけど、それでもキャリアを終えるという決断を準備させるのに十分ではなかったと思っているよ」

「イスラエル代表、僕はいつでもチームを支持しプレーする準備をしていたから公式に代表引退を発表するつもりはなかったんだ」

「たとえ、何処でプレーしていてもこの国の人たちを代表してプレーする気持ちを抱いていたし、常に心の不可欠な場所にある」

「僕にとって今回の発表を通じて最も重要だったことはファンたちに感謝を伝えることだった。みんなは何処でも僕に愛を注いでくれたのだからね」

「次の章が挑戦的で刺激的なものであると確信しているよ。自分の信条と共にこれからも前に進み続けるよ」

1997年に母国のハポエル・ベエルシェバでプロキャリアをスタートしたベナユンは、マッカビ・ハイファを経て2002年にラシン・サンタンデールに加入し、ヨーロッパ主要リーグでのキャリアをスタート。

その後、ウェストハム、リバプール、チェルシー、アーセナル、QPRといったプレミアリーグのクラブを渡り歩き、2014年に古巣マッカビ・ハイファに復帰。以降はマッカビ・テルアビブ、ベイタル・エルサレムと国内のクラブでプレーしてきた。

なお、リバプール時代にはプレミアリーグ、チャンピオンズリーグ、FAカップの3つのコンペティションでハットトリックを記録しており、これはマンチェスター・シティFWセルヒオ・アグエロ、トッテナムFWハリー・ケインの2人しか達成していない偉大な記録だ。

攻撃的MFや左右のウイングを主戦場に卓越したテクニックとパスセンス、高いシュートセンスを武器とする、イスラエル史上最高のアタッカーは、1998年にデビューを果たした代表チームでは歴代最多となる102キャップを記録し、歴代2位タイの24ゴールを挙げている。
コメント
関連ニュース
thumb

プレミア王者シティがハマーズに4発快勝でウルブズとの決勝へ!《プレミアリーグ・アジアトロフィー》

プレミアリーグ・アジアトロフィー2019準決勝、マンチェスター・シティvsウェストハムが中国で行われ、4-1でシティが快勝した。 昨季プレミアリーグ王者のシティはシルバやラポルテ、新戦力のロドリらがスタメンとなった。そのシティがシルバを軸に攻勢に出るも、26分にアンへリーニョがPKを献上してしまう。このPKをノーブルに決められ、シティは先制されてしまった。 それでも33分、右サイドからのベルナベのインスウィングのクロスをファーサイドで受けたシルバが見事な胸トラップからボレーシュートを叩き込み、シティが試合を振り出しに戻した。さらに3分後、エンメチャがボックス右で仕掛けたところでオグボンナに倒されてPKを獲得。これをエンメチャ自ら決めてシティが逆転に成功し、前半を終えた。 後半からデ・ブライネやベルナルド・シルバ、スターリングにザネといった主力を投入したシティは、59分に3点目を奪う。ザネのスルーパスに抜け出したスターリングがGKとの一対一を制した。 さらに72分、スターリングが2点目を奪う。デ・ブライネのラストパスをボックス右のスターリングが難なくゴールに蹴り込んだ。終わってみれば4-1と圧勝したシティが、ニューカッスルを4-0と粉砕したウォルバーハンプトンと20日に決勝を戦う。 マンチェスター・シティ 4-1 ウェストハム 【マンチェスター・シティ】 ダビド・シルバ(前33) ルーカス・エンメチャ(前36)[PK] ラヒーム・スターリング(後14、後27) 【ウェストハム】 マーク・ノーブル(前26)[PK] 2019.07.17 23:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ハマーズ、クラブ史上最高額でフランクフルトFWアラーが加入! 「移籍金の意味はわかっている」

ウェストハムは17日、フランクフルトからフランス人FWセバスティアン・アラー(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年となり、1年間の契約延長オプションが付随している。 ウェストハムは具体的な金額に関して伏せているものの、アラー獲得にクラブ史上最高額の移籍金を支払ったと伝えている。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』は今回の移籍金に関して、昨夏ブラジル代表MFフェリペ・アンデルソンを獲得した際に支払ったとされる4200万ポンド(約56億4000万円)を300万ポンド上回る、4500万ポンド(約60億5000万円)と推定している。 クラブ史上最高額での加入という大きな期待を背負う新エースストライカー候補は新天地での意気込みを語っている。 「本当に気分がいいんだ。ここに来ることは自分にとって本当に良いチャンスだと思っているんだ」 「それ(クラブ史上最高額での加入)は多くの意味を持っている。そのうちの1つはクラブが長年僕を欲しがってくれていたという証明になると思う。個人的にクラブが自分とサインしたいという熱意を感じていたんだ。同時にここが野心的なクラブであり、良いクラブで素晴らしい街と素晴らしいファンを持っているということもね」 「クラブが僕に示した信頼に応えるためにいつでも全力を尽くすことを約束したい。毎日、毎試合すべてを捧げることを誓うよ」 母国の名門オセールでキャリアをスタートしたアラーは、オランダのユトレヒトでの活躍を経て2017年にフランクフルトに加入。昨シーズン、主力としてDFBポカール制覇に貢献すると、今シーズンはシーズン終盤に数試合の離脱を強いられながらも公式戦41試合で20ゴール12アシストの数字を残した。 190cmの長身に加え、フィジカルだけに頼らない懐の深いボールキープ、ポストワークに優れるターゲットマンは、ここ数年フィニッシュの局面でも精度、落ち着き共に向上中でレ・ブルー入りも期待される好タレントだ。 なお、アラーは現在中国ツアー参戦中のチームには帯同せず、このままロンドンで調整を続ける。 2019.07.17 21:56 Wed
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがアラーのハマーズ移籍合意を発表…推定移籍金60億円

フランクルトは16日、フランス人FWセバスティアン・アラー(24)のウェストハム移籍を発表した。 フランクルトとウェストハムはアラーの移籍に関して、クラブ間合意。アラーは今後、ロンドンでウェストハムのメディカルチェックを受け、問題なければ移籍が正式に決まる見通しだという。 レ・ブルー入りも期待されるアラーは2012年にオセールでプロデビュー後、ユトレヒトを経て、2017年夏からフランクフルトでプレー。昨シーズンは公式戦41試合20得点12アシストの好成績を収めた。 イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、移籍金は推定4500万ポンド(約60億5000万円)。ウェストハムにとって、退団したオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチに代わるストライカー到着となる。 2019.07.16 18:05 Tue
twitterfacebook
thumb

プレミア昇格のノリッジ、ハマーズからバイラムを獲得!

ノリッジ・シティは16日、ウェストハムに所属するイングランド人DFサム・バイラム(25)の獲得を発表した。契約期間は4年間となる。 バイラムは、リーズ・ユナイテッド所属時代にいち躍注目を集めた右サイドバックで、2016年夏にエバートンらとの争奪戦の末、ウェストハムに移籍。だが、ウェストハム加入後、ケガに泣くシーズンが続くと、2018年夏に再起を期してレンタル移籍したノッティンガム・フォレストでも故障に苦しみ、わずか公式戦8試合の出場にとどまった。 新シーズンからプレミアリーグ昇格組のノリッジでプレーすることが決まったバイラムは「ここにいることを嬉しく思う。1、2週間前にこのクラブからの興味を聞いた。明らかにウェストハムの計画に含まれていなかった僕には新たな挑戦が必要だったんだ」とコメントしている。 昨シーズンのノリッジはチャンピオンシップ(イングランド2部)を戦い、2003-04シーズン以来4度目の優勝。4シーズンぶりのプレミアリーグ参戦が決まっている。 2019.07.16 17:45 Tue
twitterfacebook
thumb

アルナウトビッチらFW陣退団のウェストハム、マレガ獲得にリベンジ 昨季ポルトで21G11A

ウェストハムがポルトに所属するマリ代表FWムサ・マレガ(28)を狙っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 マレガは、アミアンなど複数のフランスクラブでプレーし、チュニジアのエスペランス、ポルトガルのマリティモを経て、2016年1月にポルトに加入。半年間で期待されていたような活躍を残すことができず、翌年はヴィトーリアへのレンタルを経験すると、2017-18シーズンから主力に接近し、昨シーズンは公式戦47試合21ゴール11アシストを記録した。 また、現在行われている2019アフリカネイションズカップ(ANC)では、ここまで4試合1ゴールを記録。チームのベスト16進出に貢献した。 ウェストハムは今夏、元イングランド代表FWアンディ・キャロルが退団し、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチが上海上港に、スペイン人FWルーカス・ペレスがアラベスに移籍した。そのため、新ストライカーの獲得が急務となっており、昨夏にも獲得に動いていたマレガに再びオファーを提示したようだ。 マレガとポルトの現行契約は2021年6月まで。伝えられるところによれば、3000万ユーロ(約36億5000万円)の契約解除金が設定されており、選手本人はプレミアリーグへの移籍に前向きだという。 なお、ウェストハムは現在、マレガの他にフランクフルトのフランス人FWセバスティアン・アラー(25)、WBAのベネズエラ代表FWホセ・サロモン・ロンドン(29)の獲得にも動いている。 2019.07.13 09:55 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース