【ブンデス第29節プレビュー】首位奪還のバイエルンが宇佐美デュッセルドルフと対戦2019.04.12 18:00 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
前節はバイエルンとドルトムントによる首位攻防のデア・クラシカーが行われ、バイエルンが5-0で圧勝する結果に終わり、首位奪還に成功した。そして、6連勝のフランクフルトがチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位を堅守している。残留争いでは久保のニュルンベルクがシュツットガルトとの残留争いを引き分けに持ち込まれ、4ポイント差を縮めることができなかった。迎える第29節、バイエルンは宇佐美デュッセルドルフと、ドルトムントはマインツと戦う。ドルトムントに圧倒する形となった首位バイエルン(勝ち点64)は、日曜に10位デュッセルドルフ(勝ち点37)とアウェイで対戦する。前半だけで4ゴールを奪い、ドルトムントとの格の違いを見せ付けた王者バイエルン。7連覇へ向けて大きく前進した中、2連勝中のデュッセルドルフを撃破し、首位キープとなるか。前節途中出場し、逃げ切り勝利に貢献した宇佐美に出番が回ってくるかにも注目だ。

一方、土曜に登場する2位ドルトムント(勝ち点63)は、12位マインツ(勝ち点33)とホームで対戦する。バイエルン戦ではザガドゥを筆頭に守備陣の軽率なプレーが目立ち、手も足も出なかったドルトムント。王者との実力差を改めて示された中、気持ちを切り替えてバイエルンにプレッシャーをかける勝利を手にできるか。

ラストプレーのPK弾でシャルケに辛勝した4位フランクフルト(勝ち点52)は、15位アウグスブルク(勝ち点25)とホームで対戦する。CL出場権獲得へ邁進する絶好調のチームは木曜にベンフィカとのヨーロッパリーグ準々決勝を戦い、序盤に退場者を出したこともあって2-4と敗戦した。公式戦16試合ぶりの敗戦となった中、残留争いに巻き込まれ監督交代のあったアウグスブルク相手に連勝を7に伸ばせるか。

復帰戦となった前節ボルシアMG戦で同点弾をアシストした大迫の8位ブレーメン(勝ち点43)は、13位フライブルク(勝ち点32)とのホーム戦に臨む。アジアカップでの負傷により長期離脱していた大迫が見事なクロスから同点弾をアシストし、チームに勝ち点1をもたらした中、ヨーロッパリーグ出場のためにも必勝を期したい一戦となる。

原口がフル出場したものの、決定機を決めきれずに敗戦し7連敗となった最下位ハノーファー(勝ち点14)は、5位ボルシアMG(勝ち点48)とのホーム戦に臨む。格上のチームに押し込まれることが予想されるため、原口は引き続き守備に追われる展開が予想されるが、CL出場権を目指す相手に対し、粘り強く戦いきれるか。

最後に味方の負傷により前半途中から出場した久保の17位ニュルンベルク(勝ち点17)は、金曜に14位シャルケ(勝ち点26)とのホーム戦に臨む。前節シュツットガルト戦では逃げ切りに失敗してシックスポインターをモノにできなかったが、監督交代後も調子の上がらないシャルケを下して残留争いに巻き込むことができるか。

◆ブンデスリーガ第29節
▽4/12(金)
《27:30》
ニュルンベルク vs シャルケ

▽4/13(土)
《22:30》
ライプツィヒ vs ヴォルフスブルク
ハノーファー vs ボルシアMG
ブレーメン vs フライブルク
シュツットガルト vs レバークーゼン
《25:30》
ドルトムント vs マインツ

▽4/14(日)
《20:30》
ホッフェンハイム vs ヘルタ・ベルリン
《22:30》
デュッセルドルフ vs バイエルン
《25:00》
フランクフルト vs アウグスブルク
コメント
関連ニュース
thumb

オドイにくびったけ! バイエルン、増額オファーを準備!

チェルシーのイングランド代表FWカラム・ハドソン=オドイ(18)に対するバイエルンの関心は本物のようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今冬の移籍市場で複数に及ぶアプローチが伝えられたバイエルン。だが再三にわたるオファーもチェルシーから門前払いされていた。 それでもオドイ獲得を諦めきれないバイエルンは、近々チェルシーに4500万ポンド(約61億円)のオファーを提示する模様。これは今冬に同クラブが最後に用意したものより1000万ポンド増額したオファーであるようだ。 しかし、何度も拒否しているようにチェルシーも将来有望な若手を放出する気はさらさらない様子。新たに就任したフランク・ランパード監督も絶賛する逸材で「将来チームの中心になる」とまで言わせた。 現在はケガの治療中でチームのプレシーズンツアーには帯同していないオドイ。クラブが選手登録禁止処分を受けていることも含めて、ウインガーを探すバイエルンにとってイングランド代表アタッカーの獲得は困難を極めそうだ。 2019.07.14 16:46 Sun
twitterfacebook
thumb

トリッピアーがバイエルンのショートリスト入りか

バイエルンがイングランド代表DFキーラン・トリッピアー(28)の獲得に乗り出す可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2015年6月にバーンリーからトッテナムに加入以降、正確なキック精度と豊富な運動量を武器に主力に定着したトリッピアー。ロシア・ワールドカップ(W杯)でもイングランド代表として印象的なパフォーマンスを見せたが、その後、迎えた昨シーズンは守備面でのイージーミスや肝心の攻撃精度を欠く場面も多く、公式戦38試合に出場しチャンピオンズリーグ(CL)では決勝進出に貢献したものの、徐々にマウリシオ・ポチェッティーノ監督の信頼を失い始め、今夏の放出候補にも挙がっている。 バイエルンは今夏、サイドバックの選手層の拡充を目指しており、トリッピアーがショートリストの上位に名を連ねているという。ただ、バイエルンは右サイドバックで定位置を確保しているドイツ代表MFヨシュア・キミッヒのバックアップとして考えているようで、同メディアはトリッピアーがバイエルンに加入した場合は、ベンチを温める時間が長くなると予想している。 なお、トリッピアーには現在、バイエルンの他にアトレティコ・マドリー、ユベントスらからの関心が伝えている。 2019.07.14 12:58 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン、レヴァンドフスキバックアッパーにマンジュキッチ?

バイエルンが、ユベントスに所属する元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(33)の獲得を考えているようだ。ドイツ『sportbild』が伝えている。 絶対的エースとしてFWロベルト・レヴァンドフスキが君臨するバイエルン。しかし、センターFWを本職とするバックアッパーが不在で、これまではMFトーマス・ミュラーなどが務めていた。 そこで、ドイツ王者のスポーツディレクター(SD)を務めるハサン・サリハミジッチ氏が、2012年から2年間バイエルンに在籍していたマンジュキッチをリストアップ。しかし、ドルトムントも目を光らせていることから、ベテランFWを巡って"デア・クラシカー"が勃発する可能性があるようだ。 そのマンジュキッチは、昨シーズンの公式戦33試合で10ゴール7アシストを記録。4月に2021年まで契約延長したばかりだが、ユベントスの新指揮官にマウリツィオ・サッリ監督が就任したことで去就が不透明な状況となっている。 2019.07.10 18:15 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルン、モナコのDFヘンリクスをリストアップ!

バイエルンがモナコに所属するドイツ代表DFベンヤミン・ヘンリクス(22)の獲得に関心を示しているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 今夏の移籍市場でブラジル代表DFラフィーニャが母国フラメンゴに旅立ったバイエルンでは、本職のサイドバックの枚数が不足している。それぞれシュツットガルト、アトレティコ・マドリーから獲得したフランス代表のDFバンジャマン・パヴァール、DFリュカ・エルナンデスに関してはサイドバックでプレー可能もニコ・コバチ監督は両選手をセンターバックとして勘定している模様だ。 一部では3バックを新シーズンのメインシステムとして構想していると言われているが、それでもウイングバックの選手層には不安を抱えており、補強ポイントの1つと言える。 『レキップ』が伝えるところによれば、その中でバイエルンが関心を示しているのが、先日行われたU-21欧州選手権でもU-21ドイツ代表の主力としてプレーしていたヘンリクスだ。 2018年夏に2000万ユーロ(約24億4000万円)といわれる移籍金で5年契約をかわしたモナコでは、昨季の公式戦30試合に出場し1ゴール3アシストを記録。しかし、今年2月以降はリーグ戦の出場が4試合にとどまるなど、徐々に出場機会を失っていた。 また、モナコは今夏にモンペリエのフランス人DFルベン・アギラール(26)の獲得に動いているとの報道も出ており、ヘンリクスはクラブ内での自身の扱いに不満を抱いている模様だ。 なお、バイエルンはヘンリクス獲得に向けて2500万ユーロ(約30億5000万円)のオファーを準備しているようだが、モナコ側は3500万ユーロ(約42億7000万円)を要求している模様。そのため、交渉にはある程度の時間を要する見込みだ。 レバークーゼンの下部組織で育った両サイドバックをこなせる右利きのヘンリクスは、レバークーゼンのトップチームで公式戦76試合に出場。また、2017年にデビューを果たしたドイツ代表ではこれまで3試合に出場している。 2019.07.09 13:19 Tue
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキ、2023年まで契約更新へ

バイエルンが、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(30)との契約更新に近づているようだ。ドイツ『tz』が伝えている。 記事によると、バイエルンは2021年6月までとなっていた契約を2023年6月まで延長。両者はすでに合意に至っており、レヴァンドフスキは休暇明けの8日以降に正式に署名すると見られている。 同選手に関しては、FWエディソン・カバーニの代役を探すパリ・サンジェルマンや、FWロメル・ルカクの後釜としてマンチェスター・ユナイテッドなどからの関心が伝えられていた。しかし、今回の情報によってその線はなくなったとドイツメディアは報じている。 2014年にドルトムントからバイエルンへ加入したレヴァンドフスキ。2015-16シーズンと17-18シーズン、そして18-19シーズンと3度のブンデスリーガ得点王に輝き、加入以降のリーグ5連覇に大きく貢献している。 なお、バイエルンではライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの獲得に動いているとされていたが、ライプツィヒ会長が「交渉を行っていない」と噂を否定。エースの契約延長も合意に至ったことから、ヴェルナー獲得からは手を引いたのだろうか。 2019.07.06 15:30 Sat
twitterfacebook




アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース